TAG'S HOME THE BLOG

FC岐阜の話題を中心に気楽に綴ります。
WEBサイト TAG'S HOMEもよろしく。

カースピーカーを交換する。

2024-04-26 18:08:18 | 日々の生活

 4/26

 今日明日と連休である。明日は義母の一周忌法要が行われるということで休みを取っておいたのだが、シフト編成担当者の粋な計らいで本日もお休みにしてもらった。感謝しかない。

  昨年の今頃はブログの更新をするような余裕はなく触れてこなかったが本当によいお義母さんだった。ところで同じころ・・・つまり1年ほど前、実家から1台の軽自動車を引き取ってきた。マツダキャロル HB25S型。現行から2代前のモデルである。母もちょうど1年ほど前に体調を崩しており、心配していたのだが実家にあったこの車をよく見るとところどころに傷があり、タイヤのサイドにもこすってできた傷がある。テールランプにもヒビが入っていた。このまま乗せておくわけにはいかない。高齢ドライバーによる悲惨な事故は後を絶たない。とはいえ車検は1年以上残っているし、母の通院に付き添うため帰省するときの移動手段ということでこちらで有効活用しようということになった。

 このクルマのメンテにはお金はかけていられないので、タイヤはいわゆるアジアンタイヤ、ロードストーンHP02というのが近くで安く販売されていたので4本とも交換した。普段使いには全く問題ない。むかしガソリンスタンドでバイトしていてタイヤの脱着などしていたのだが、ちょうどそのころからプライベートブランドのタイヤがガソスタの店頭に並ぶようになり、店長さんから「韓国製なんだよ。」などと教えてもらった記憶がある。当時は安かろう悪かろうというイメージしかなかったわけだが、少なくとも2024年の現在では素晴らしい品質だ。

 テールランプに関しては中古パーツを某フリマサイトで調達して取り付けた。キャロルのOEM元であるスズキアルト HA25Sのものを検索した。本体に刻印されているパーツナンバーまで同じである。以降本題のスピーカー交換に関して調べ物をする際もHA25Sアルトについて調べるよう心掛けた。やはり情報量が違う。テールランプの交換もガソリンスタンドでのバイトの経験が役立った。

 このキャロルには今はなきサンヨー製のカーナビがついているのだが、あるとき助手席側のドアのスピーカーから音が出ていないことに気づいた。

 この車を購入したいきさつを知らないので、はじめは「もともと助手席側のドアにはスピーカーユニットがついていないのか?」と疑った。そこでドアの内張りをはがしてみる。

 この「内張りをはがす」というのが自分にとっては初めてのことでおっかなびっくりで腰が引けてしまったが、思い切りで何とかなるようだ。ところでスピーカーユニットはついている。となると音が出ない原因はユニットが壊れたか、スピーカーケーブルが断線しているかのどちらかだ。

 そこで自宅に転がっていた小型のジャンクスピーカーをスピーカーケーブルの端子にあててみる。すると難なく音は出た。画像中央やや右の黒い箱だ。となるとユニットが故障していることになる。即、修理を決心した。純正スピーカーをヤフオクなどで調達してもよいが純正なだけあって高いし、見てのとおりダブルコーンのフルレンジでよい音とも思えなかったので中華製のそれっぽいものを安価に調達して運転席側も含め交換しようという方針を立てた。

 さて、スピーカーは調達するとしてそのままではアルトの・・・いやキャロルのドアには取り付けられない。タッピングビスで無理やり鉄板に取り付けるという方法もあるにはあるがここは正攻法で鉄板とスピーカーの間を取り持つインナーバッフルを購入した。これも「スズキ車用」で検索。とどいたインナーバッフルはおがくずを固めたようなMDF製なので防水のため100均のラッカーで防水塗装をする。

 そしてヤフオクで中華製のスピーカー本体を調達。なにやら白い箱が届いた。

 220Wというのは嘘だろ、と思うのだがデッキはそんな出力を持ち合わせていないしあまり気にしないことにする。

 中からはこんな見た目のスピーカーユニットが出てきた。一見「4WAY!?」と思ってしまうが同軸2WAY。左右のドームツイーターらしきものは飾りだ。よくよく調べると某国産メーカーのもののデザインをパクっているらしい。もっというとこのスピーカーは中華ブランドでちゃんと型番もついたある商品と同じ見た目をしているのだがどこにも刻印やラベルがない。箱も白箱である。つまりこれは「国産ブランドのデザインをパクった中華製品のバルク品」だ。バルク品という概念は自作パソコンでCPUを調達するときによく目にする。なのでラベルがないことや白箱に入っていることにもそんなに違和感はない。2個一組で約¥2000だがおそらくそこそこの音質なのではないか?ちゃんと鳴れば、ではあるが。

 さて、準備は整った。というわけで本日取り付け作業を行った。事前にインナーバッフルに木ネジを当ててスピーカー本体と仮組みしておいた。まずは助手席側ドアの鉄板の穴にインナーバッフルをボルトとナットで取り付け。インナーバッフルの裏には100均で買った隙間テープを貼ってある。余計な振動を吸収しようという狙いだ。

 スピーカーを配線したうえでインナーバッフルに取り付け。音出しチェックをすると問題なく音が出た。この時点では運転席側は純正のスピーカーがついたままだ。

 次に運転席側ドアの作業。本日初めて開けた。内張りを外すとき、パワーウインドウのコネクタを外す必要がある。運転席側は加えてドアミラーの調整用のコネクタの配線もあるので大変である。

 こちらも難なく取付完了。内張りをはめ込んで作業完了。

 内張りをはめ込んだ状態で音を出してみる。内張りがバッフルボードの役割をするため、はめ込んだ状態で評価しないとフェアではない。果たしてその音質は同軸2WAYらしい高音もよく伸びる満足のいくものだった。画像にはないが後ろのマグネットも相当大きなものだった。低音はデッキのイコライザーで増幅しても余裕を持ってなっている感じ。これで約¥2000ならお値打ちだ。本日はここまで。

 実はこのキャロルには後ろの座席にもスピーカーが取り付けることができるようになっていて配線も来ている。というわけでゆくゆくは4スピーカー化に挑戦したい。X(旧Twitter)でも【 「ひとまず名古屋に持ってきた母のクルマ」の4スピーカー化 】 と銘打ってツイートを続けている。ハッシュタグはつけていない。何より自分が「X(旧Twitter)」などと表記するとは思っていなかった。これも時代の流れか。

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

この1年余りを振り返る。

2024-02-12 21:47:15 | 日々の生活

 2/12

 インフルエンザに罹り1週間ぶりに出勤した。それよりなにより1年以上ぶりのエントリーである。

この1年本当にいろいろなことがあり正直心身のバランスを崩していた。夏ごろからようやく落ち着いてきたのだがとてもブログを更新するような状況ではなかった。そんな中家族で過ごす時間を大切にしようというわけでこの1年を振り返りたい。

これは8月に家族で行った長野県の赤沢森林鉄道。ボールドウィン号という蒸気機関車だ。とても涼しかった。

これは11月に家族で行った蒲郡オレンジパーク。何十年ぶりかでみかん狩りを行った。この日1日で1年分のみかんを摂取したような気がする。ちなみにこのエントリーを作っている今この時は悪びれずにいちご狩りを推している。

そしてこれは12月30日早朝に家族で十何年ぶりかで行った柳橋中央市場。お正月の買い物だ。十何年前と違うのは家族に息子が加わったことと、その息子のたっての願いで朝ごはんにこの市場の名物のラーメンを家族ですすったことである。朝ごはんだ。ちなみに以前はいいとこ串カツか何かだったと思う。なんというかパワーアップしている気がしないでもない。間は空いてしまったがこれからも頑張ろう。

 

 

 

 

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ストレージを装着してOSをインストールする。

2023-01-23 20:10:29 | ジャンクPC

 1/23

 3連勤後の休日。職場のコロナ禍がひと段落して何もやることがない。自宅の床にワックスをかけたいところではあるがそこまでの体力は残っていない。職場がコロナ禍に陥ると一日中歩きずくめになる。こんなときは朝寝を決め込むに限る。

 とは言え、1時間も余計に寝ていれば何か活動しようという気にもなる。そこで「大須パウさんの初売りで購入したジャンクデスクトップPC Lenovo ThinkStation E31 SFF お値段¥2000」制作の続きを行うことにした。

 今回も3.5インチベイに2.5インチのストレージを2台マウントできる変換フレームを採用。上段にSSD、下段にHDDを取り付ける。

 さて問題はこの3.5インチのマウンタ。本来は3.5インチのHDDを抱え込んでいたはずなのだがどのように取り付ければよいのかパッと見では想像がつかない。

 画像の右側からスライドさせて挿入は無理。内側の出っ張りや、ネジ替わりのピンが干渉するに決まっている。どうしたものか小一時間考える。

 よく観察してみると画像の箇所に矢印のマークが。この方向へそらすことができるという印だ。ここをそらせて何とか上から押しこみ4つのピンをかませる、ということで変換フレームの装着に成功。バキッと行かなくてよかった。

そしてマウンタをケースに取り付け。マウンタからのぞいているのはHDDだ。このあとWindows 10をインストール。最新ビルドの22H2のインストールは初めてだがあっさり成功。

 さっそくドラクエベンチを走らせてみる。最高品質、FHD、フルスクリーン設定で「すごく快適」判定。動画視聴も問題なさそうだ。これで3代目居間動画視聴用PCは一応の完成をみた。あとはメモリを16GBにしたりステッカーチューンを施すことを考えている。

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

釣りに出かける。

2023-01-19 20:02:31 | 日々の生活

 1/19

 5連勤のあとの飛び石連休2日目。なんともバランスの悪いシフトだが人手不足の職場故このようなことになるのも致し方ない。今日は満を持して今年の初釣行というわけで4時前に飛び起きてホームグラウンドである新舞子マリンパークへと向かう。コロナ禍で疲労困憊だがだからこそ大自然の癒しが必要だ。

 開門と同時に入場。あたりは真っ暗でこの看板の後方に常夜灯が何本も立っているので暗闇の中での逆光となり夏場と違ってうまく撮影ができない。夜の長さを感じる良い機会ではある。今回は胴付き仕掛けでの探り釣り用に1本、投げ釣り用に2本の竿を持ち込んだ。新舞子マリンパークでは一人が同時に出す竿は2本まで、というルールがあるので常にどれかは休ませないといけない。まずは投げ釣りと探り釣りを同時進行で始める。投げ釣りでのターゲットはずばりカレイ。探り釣りでのターゲットはカサゴなどの根魚だ。

 するとさっそく同付き仕掛けの重り代わりにつけたブラクリにカサゴが食いついた。今年のオープニングヒットはカサゴ。カサゴは裏切らない。10cmあるかないかの小さなカサゴだったのでリリース。夜が明け始めたころの撮影だったのでこちらも撮影に苦労する。

 しばらくすると探り釣りではピタリとアタリが止まったため、投げ竿2本に切り替えた。ところで向かって左側の竿は年末に購入して今回初めて使う420cmのもの。大変長い。右側の竿はこれまで自分の竿の中では一番長い360cmなので今回これまでのものより実に60cmも長いものを購入したことになる。画像でも長さの違いが一目瞭然だ。加えて今回用意した左側の錘は30号。こんな錘は扱ったことがない。左側は15号だ。60cmも長い竿に倍の錘。なかなかうまく振り切れない。ハマればすごい飛距離が出るはずなのだがこの画像を撮影したときは2本の飛距離は大差ない。せめて錘を20号にしておけばよかった。それにしても海も空も青い。風もほとんどない。素晴らしい天気だ。しかしながら投げ釣りでは左の竿でヒトデ、右の竿ではアメフラシしか釣れなかった。紫色の液体をピューピュー吹き出すアメフラシは強烈なインパクトだった。

 しかたなく、420cmの竿での投げ釣りと胴付き仕掛けでの探り釣りに切り替える。すると、探り釣りで藻が生い茂っている隙間に落とした途端強烈なアタリが。

 釣れたのは画像のタケノコメバル。カサゴの近縁種だ。藻をひっかけるリスクを背負って隙間に仕掛けを落としたのが奏功した。ヒトデやアメフラシに比べれば藻など何のことはない。メジャーで測ってみると21cm。なかなかの引きだった。この日はこれで納竿。タケノコメバルは持ち帰ることにした。

 クックパッドを見ながらなんとか姿揚げの唐揚げに調理。見た目の割にはあっさりとしていて大変おいしかった。次は投げ釣りでも探り釣りでもよいので更なる大物を狙いたい。

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

CPUを換装する。

2023-01-17 19:52:49 | ジャンクPC

 1/17

 5連勤をクリアしての休日。朝にゆっくりできるのはこの上ない幸せと感じる。とは言え慌ただしくしている嫁や息子に遠慮しながらの朝食ではある。嫁は職場に、息子は学校に出かけてしまったのですることがない。とりあえず、ということで部屋の掃除をする。掃除をしたらお昼寝。これが堪らない。

 午後になりポストを確認すると、先日某オークションサイトで落札した「大須パウさんの初売りで購入したジャンクデスクトップPC Lenovo ThinkStation E31 SFF お値段¥2000」改造の目玉と思しき小さな小包が配達されていた。

 換装用のCPU Xeon E3 1230 V2。4コア8スレッドでこれで性能が劇的に向上するはずだ。ちなみに「大須の老舗中古パソコンショップパウさんで購入したジャンクデスクトップPC、ACER VERITON X4620G お値段¥1980」には一つ上の1240 V2が載っている。それはさておき早速換装に取り掛かる。

 CPUを装着するとこんな感じ。マザーボードの型番はIS7XMであるということが確認できる。グリスを塗りヒートシンクとCPUファンを取り付けて動作確認をしてみる。

 あっさりとBIOS画面が表示され1230 V2が認識されていることが確認できた。3.30GHzで動作している。1240 V2は3.40GHzなので詳しくは忘れてしまったが、それぞれの購入価格からすれば大変お得だ。これで次期居間動画視聴用PCはまた一歩完成に近づいた。次はストレージの装着。今回もSSDとウチに余っている2.5インチHDDを搭載しようと考えている。

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

WEBサイト ”TAG'S HOME” もよろしく!

http://tagshome.web.fc2.com/