TAG'S HOME THE BLOG

FC岐阜の話題を中心に気楽に綴ります。
WEBサイト TAG'S HOMEもよろしく。

動作チェックとパワーアップを実施する。

2020-08-02 16:11:20 | ジャンクPC

 8/2

 前日にやっと梅雨明け。今年の梅雨は長かった。梅雨でジトジトするよりは猛暑のほうがましだ。ところで新型コロナウイルス感染拡大は完全に第2波の様相。東京都は1日の感染者数が400人を超えたり、僕の住んでいる愛知県でも200人に迫ったりホントどうなってしまうのだろうかと心配は尽きない。

 さて、今日は久々の日曜休みということで先日大須の老舗中古パソコンショップパウさんで購入したジャンクデスクトップPC、ACER VERTIX X4620Gの動作チェックを行い手持ちのパーツでパワーアップを図ることにした。デスクトップPCとしてはご存じ「超道楽ガチャで当てたジャンクデスクトップPC 富士通 ESPRIMO D551/DW お値段¥300」が動画専用マシンとして活躍しているのでX4620Gの改造はゆっくり行おうと思う。

 先日某ヤフオクを眺めていたらもともと搭載しているものと全く同じメモリが2GB×2枚で出品されていたので¥1000で落札。これらをあらかじめ取り付けた。小ぶりなマザーボードだがトップの画像で分かるようにメモリスロットが4本あり、合計8GBのデュアルチャンネル動作で動かすことができる。

 とりつけた様子はこんな感じ。後々4GB×4枚の16GB搭載を目論んではいる。

 電源を投入しBIOSを投入するとご覧の通り8GBをしっかり認識した。このままWindows10も問題なく起動。Celeron G1610は2コア2スレッドのCPUでオフィスソフトやWEB閲覧などは問題なく動くが動画視聴となるとちと物足りない。

 

 そこで手持ちのCore i3 3240Sに換装することにした。もともとこのCPUはD551/DWに取り付けようとして失敗し行き場をなくしていたものでここでようやく陽の目を見るチャンスがやってきた。ヤフオクで¥800だった。

 CPUファンを外すとG1610が顔を出す。これをCore i3 3240に載せ替えてファンを取り付け電源を投入してみると・・・

 BIOS上で見事に認識。このあとWindows10もCPUのドライバ更新のための再起動を経て無事起動することができた。CPUベンチの定番Cinebench R15では295cbというスコア。D551/DWにi3 2120を取り付けたときのスコアが280cbだったので第2世代と第3世代の差はそんなにはない。内蔵グラフィックがHD2000からHD2500にアップデートされていて,、TDPが65Wから55Wと省電力化が進んでいるという違いもある。

 というわけで最低限の出費でまずまずの改造を行うことができた。この後はグラボの増設とSSDへの換装ということになるがじっくり進めていきたい。

コメント

Zoomの環境を整える。

2020-07-18 21:48:52 | ジャンクPC

 7/18  

 明け方の雨はすごかった。あとでスマホを覗いて驚いたが名古屋市内ではレベル3の警戒情報が出ていたとのことだ。今日は出勤日だったが。会う人会う人「梅雨明けはいつになるんでしょうねえ?」というのが時候の挨拶になってしまっている。早く梅雨明けしてほしい。

 さて、会社帰りにダイソーに立ち寄ると少し前に話題になっていた¥500の小型Bluetooth スピーカーが入荷しているのに気づいて迷わず購入した。人気商品らしく長い間品切れしていた。350mlの缶ビールと比べるとこの通り。

 これを何に使うかというとアレだ、テレワーク華やかりし頃話題になったZoomによるテレビ会議。これまでZoomは何度か利用したが少々フラストレーションが溜まっていた。

 ジャンクではない正規のノートPCはカメラも内蔵されていて、内蔵スピーカーもヤマハがチューニングしていてなんのストレスもなく使えるのだが少々大きい。どこかへ持ちこんで・・・というのには不向きだ。そこでコンパクトさが売りの「ジャンクノートPC5台目」HP 4230Sを核としてハードウエアを整えたいのだが、4230Sはカメラを内蔵していない。それに「SRSプレミアムサウンド」と謳っている割にはいかにも音が悪い。外部スピーカーを導入したかった。今回のダイソーの¥500の小型Bluetooth スピーカーはコストパフォーマンスがとても優れていると評判で実際接続してみると人の声はとてもクリアに聞こえた。

 カメラはご覧のGoProのパチモン。画質はウェブ会議用としては申し分ないのだが、焦点距離がかなり大きくかなり後ろに設置しないと映像がしっくりこない。小型の三脚を購入して後ろに設置してもよいのだがノートパソコンのディスプレイ上部に固定できる一般的なものに買い替えたほうがよいかもしれない。

 カメラ以外のセッティングはこんな感じ。左に写っているのはおなじくダイソーで購入したUSBライトに半透明のプラスチックを張り付けて作った照明だ。明るさを調節することができる。天井の蛍光灯がついている状態で、WEBカメラを使い自分の顔を撮影するとかなりの確率で逆光となり顔が真っ黒になる。それを補正するために小型の照明が欲しかったのだが見事にハマった。これで次のZoom会議に臨みたいと考えている。

コメント

ジャンクデスクトップPCを入手する。

2020-07-17 21:20:14 | ジャンクPC

 7/17

 今日はおやすみ。前回のエントリーから1か月経過してしまった。この1か月の間新型コロナウイルス感染拡大は収束に向かうに見えたが、ここにきて東京では1日に300人近い新規感染者が報告されるなど難しい局面を迎えている。「GO TO トラベルキャンペーン」は東京発着が除外されるなど尻切れトンボの様相。アベノマスク並みの評判の悪さといって差し支えないだろう。

 さて、本日は午前中大須に行ってきた。まさに「GO TO 大須」。東京発着ではないし旅行代理店をかましているわけではないのでさすがに恩恵には預かれない。「超道楽ガチャで当てたジャンクデスクトップPC 富士通 ESPRIMO D551/DW お値段¥300」でお馴染み、大須の老舗中古パソコンショップパウさんへ取り置きしておいてもらったジャンクデスクトップPCを引き取ってきた。

 それがこちら。ACER VERTIX X4620G。Windows 10インストール済みで¥1980。掘り出し物の一品だ。DVDドライブのトレイから推察できると思うがかなりの省スペースパソコンである。今回はこれに手を加えて高性能化を図ろうと思う。

 背面はこの通り。画像出力はDVIが一つとDPが二つ。いかにもビジネスモデルらしい。販売にはダイワボウ情報システムも関わっていたようで中古市場にはそれなりに出回っているようだ。USB3.0ポートも搭載している。

 搭載しているCPUはCeleron G1610。第3世代Core iシリーズの廉価版CPUだ。メモリスロットは4本ある。画像下には空いているSATAコネクタとPCI-Expressスロットも確認できる。HDDは500GBのものを積んでいる。富士通 ESPRIMO D551/DWに比べて世代が一つ新しく、拡張性も高い。

 改造としてはCPU交換、メモリ増設、SSD換装、グラフィックボード増設といったところだ。このうちCPUは前回富士通 ESPRIMO D551/DWに装着しようとして失敗した Core i3 3240を持っているのでそれを活用する。その後のCPUアップグレードには秘策がある。今はまだ秘策の段階だ。

 メモリは富士通 ESPRIMO D551/DWにもともと刺さっていた2GBのものをとりあえず追加する。できれば4GB×4本で16GBまで増設したい。

 SATAの端子が余ってはいるがHDDを残したまま増設できるかということに関しては省スペースパソコンということもあり微妙なところだ。一度分解して電源をよく観察しないといけない。グラフィックボードのこともよくは分からない。

 なによりディスプレイを調達する必要があり置き場所も含めてじっくり取り組んでいこうと考えている。楽しみは尽きない。

 

 

コメント

来シーズンの構想を練る。

2020-06-17 21:56:41 | 日々の生活

 6/16

 この日はお休み。この1週間仕事で大変バタバタしていたので3日ぶりとはいえ待望の休日だった。

 午後から嫁と近くのホームセンターに買い物に出かける。お目当てはやかんだ。6月から小学校に通っている息子は毎日水筒にお茶を入れて持っていく。新型コロナウイルスの対策という側面もあるだろうし熱中症予防ということもあるのだろう。息子は麦茶がお気に入りのようだが2Lのペットボトルを買い置きしたのでは家計が傾きかねない。ということでティーバッグで沸かして作り置きするためのやかんと冷蔵庫で保冷するためのボトルが必要というわけだ。

 一通りのものを手に入れるとふと、梅酒用の保存瓶コーナーに3Lの瓶があることに気づいた。来年も時期が来たら梅酒を仕込もうと考えているが3Lの瓶は意外と売っていない。買うなら今のうちということで来年に向けて1本購入した。

 これが東洋佐々木ガラスの商品だった。前身の佐々木硝子は倒産して吸収されてしまったが高品質なガラス製品のメーカーとしての佐々木硝子のブランド力は健在だ。昔は球体のガラスにユニットを取り付けたスピーカーも製造していた。この保存瓶も佐々木の名に恥じぬ素晴らしい瓶だ。来年はこの瓶を使ってジンベースの梅酒を仕込みたいと考えている。

 一方5/28に仕込んだウオッカベースの梅酒はご覧のとおり。氷砂糖はほとんど溶けて少しずつ琥珀色になってきた。試飲するのが待ち遠しいがしばらくの辛抱だ。

 買い物から帰ってくると、こちらも待ちに待った特別定額給付金の申込用紙が来ていた。名古屋市はかなり後手に回っているようだ。早速必要事項を記入して郵便局のポストへ投函してきた。最近はかなり落ち着いてきたものの新型コロナウイルス感染拡大対策でマスクをはじめとした出費は馬鹿にならない。小市民としてはぜひ恩恵にあずかって取り返したいと考えている。

コメント

アベノマスクが到着する。

2020-06-06 16:28:20 | 日々の生活

 6/6

 今日はおやすみ。職場の都合で昨日までシフト調整があっての8連勤だった。なんとか乗り切ったがかなり疲れた。代わりに連休を手に入れた。割に合うかはわからない。

 午後4時頃ポストを確認するとニュースやネット上で散々目にしたアレが配達されていた。厚生労働省が全世帯に二枚ずつ配布する布マスク、通称アベノマスク。拙ブログでは散々新型コロナウイルス感染拡大に伴うマスク品切れを題材とした投稿をしてきたので、アベノマスクが配達されたら投稿しなくてはならないという変な使命感に燃えていたのだがそれが今日というわけだ。

 裏表を眺めてみるとWikipediaで紹介されている画像とは封入されているリーフレットが違うようだ。このアベノマスク、評価が大変難しいところである。全世帯に配布するというのは並大抵のことではないと思うが現時点では本日配達されたということに関しては遅いと断じざるを得ない。未曽有の事態にひねり出した苦肉の策ではあったと思うがそこにはマーケティングという考えはなかったのだろう。「配布」とはいえもとは税金だ。おそらく後の世の評価は芳しくなかろうと思われる。

 とはいえ、届けられたものを有効活用しない手はない。非常用持ち出し袋の中にありがたくしまうことにした。懐中電灯、携帯ラジオ、保存食といった定番グッズのなかにマスクを加える、ということが「新しい生活様式」の中の一つの事項に加わったのは間違いないだろう。

 

コメント

WEBサイト ”TAG'S HOME” もよろしく!

http://tagshome.web.fc2.com/