すぷりんぐぶろぐ

陥穽から風穴をさがす

聴きたかった学習論

2016年10月17日 | その他
 漫画家やくみつるの講演(トークショー形式)を聴きに行った。テレビ番組への出演も多いからだろうか、たくさんの人が集まった。稀代の「クイズ王・雑学王」らしく話題は確かに豊富。風刺の効いた漫画を見てもわかるように、視点のずらし方が独特だし、関連付けの巧みさもさすがだった。人気の高さがわかる。


 クイズ番組の裏側、外国へのツアー旅行の独特の楽しみ方、名を連ねている各種審議会等の内輪話など、生の口から伝えられる情報は面白おかしく、番組や話題に接するとき、また見方が広がる気がした。何より相撲への情熱は予想どおりで、興味深かった。長い間培われた文化や生態について関心が高く、また深い。



 「はやく詰め込んだことは忘れるのもはやい」といったニュアンスのことを話された。クイズ番組はあまり見ないが、常連と言われる方々の博学は、小さい頃から自らの興味、そして動きを伴いながら蓄積されるものだろう。「(答えが)降りてくる」という表現に重みを感じた。そのへんからぜひ学習論も聴きたかった。


 様々なコレクターとしても有名な講師、その興味への問いかけに対し「コレクター機関説」という点を持ち出したのは納得した。「機関」があることによって後世まで文化が伝えられる。公的に実施されなかったり、組織化されなかったりする内容の場合、コレクターの存在は実に貴重となる。そうか、志だなと思った。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自己責任は自業自得とは違う | トップ | アネコとゴンボ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。