すぷりんぐぶろぐ

陥穽から風穴をさがす

アネコとゴンボ

2016年10月18日 | その他
 昨日書いたやくみつる氏のトークのなかに、方言の話題があった。言語ハンターを自称する者としては、この機会にもう少し深く確認したい事柄なので項を起こす。まずは「アネコムシ」。当然多くの人が知っているように「カメムシ」が正式名称(総称ということ)である。やく氏から逆にその由来を訊かれていたが…。


 もちろん「姉っこ虫」。どうして「姉っこ」か。『秋田のことば』によると「カメムシの発する特有の臭気を女性の脂粉になぞえられたもの」と意味づけられている。脂粉とは白粉を指すだろう。これは男性側の一種の照れなのか、実際に山間部の女性がつけるとそんな匂いなのか。いずれ今だと女性蔑視と言われそう。


(これが、やく氏の紹介された綺麗なカメムシの「アカスジキンカメムシ」です)

 もう一つ、ご両親が鹿角出身であるやく氏が使った「ごんぼほり」がある。「ゴボウを掘る」ということ。聞いたことがない。人間の性格を表す言葉として「頑固者」のニュアンスを持つ、という話であった。その時はなるほどと思ったが、実は『秋田のことば』には挙がっていない。「ごんぼねる」がそれに該当するようだ。


 ところが意味は少々違う。ゴボウの掘り出しが容易でないことから「駄々をこねる」「管を巻く」に使われているようだ。「頑固」という側面にもつながるから間違いとは言えない。しかし伝わるうちに一部分が強調されたのではないか。ネット検索ではこのサイトが詳しい。青森のゴボウ生産高1位が関連あるだろう。
 http://barber-hide.com/1144.html
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 聴きたかった学習論 | トップ | 納豆ネタが糸をひく »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。