すぷりんぐぶろぐ

陥穽から風穴をさがす

二月末日の馬鹿話

2017年02月28日 | その他
 2月28日が「バカヤローの日」であることを数年前に知った。
 昭和期の国会解散時のエピソードから出たものだが、この日を記すそうというセンスというのは結構好きだなあ。

 そもそも「馬鹿」とはどんな意味なのか、とつい調べたくなってしまう。
 世の中、そんな馬鹿者が無駄なことを繰り広げているから、面白くなる。


 まずは『日本 語源辞典』(日本文芸社)より

【語源】⑴痴の意を持つ梵語moha慕何(ばくか)から。
    ⑵同じく無知の意のmahallaka摩訶羅(まから)が訛ったもの。


 ここを知ると、「馬鹿だなあ」という冗談を「マカラだなあ」と言って煙に巻いても洒落ている気がする。


 電子辞書で調べると、内蔵している三辞書ともやや違いがあって面白い。
 一番シンプルにかつ多方面に書いてある『明鏡国語辞典』を引用してみよう。

 ➊頭のはたらきがにぶいこと。また、その人
 ➋つまらないこと。何の益もないこと。
 ➌損をすること
 ➍機能を果たさないこと
 ➎一つのことだけにかかわっていて、広い視野の判断ができないこと
 ➏程度が並外れていること。


 こう並べてみると、「あなた、馬鹿ではありませんか」と問われて、即否定できる人などなかなかお目にかかれない気がする。

 「本当に、そうだなあ。➊そのものだ」
 「ぼくは➋の馬鹿です」
 「俺なんかまったく➌の人生を送っている」
 「この頃、まったく➍の馬鹿ですね」

といった、妄想返答は十分考えられる。


 ネットの「語源由来辞典」に俗説が載っていた。

 『史記』の故事「鹿をさして、馬となす」からというものである。
 秦の時代、趙高という権力者が二世皇帝に、鹿を「馬です」といって献じた。
 周りの家臣たちは、趙高の権勢を恐れ「馬です」と答えたが、それを「鹿」といった者は暗殺された。

 このことから、自分の権勢をよいことに矛盾したことを押し通す意味として「馬鹿」と言うようになったというものである。

 なんだか、現在も世界のどこかで、あるいはこの国でも見られそうなことだなあと、思ってしまう。


 こんな馬鹿話を書き連ねるうちに、二月は過ぎる。




 本当に良いお天気の末日でした。
 そして、とうとう新聞に花粉情報が載りました。
 今年も、いよいよ戦いが始まりそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加