最適化問題に対する超高速&安定計算

クラスタ計算機やスーパーコンピュータ上での大規模最適化問題やグラフ探索などの研究のお話が中心

自己紹介と重要リンク

2017年10月19日 22時11分55秒 | Weblog
大規模最適化問題に対する超高速&安定計算。
半正定値計画問題(SDP)の対するソフトウェア SDPA, SDPARA の開発者及び SDP の超大規模計算に対する世界記録保持者。
JST CREST ポストペタスケールシステムにおける超大規模グラフ最適化基盤:研究代表者

1: GraphCrest ホームページ
2: SDPA ホームページ(sourceforge)
3: Katsuki Fujisawa HP
4: 最短路問題 Online Solver
5: SCOPE(「計算と最適化の新展開」研究部会)(すでに終了)
6: Twitter : sdpaninf

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JST CREST : ポストペタスケールシステムにおける超大規模グラフ最適化基盤

2017年08月27日 23時53分47秒 | Weblog
JST CREST (Core Research for Evolutional Science & Technology)
応募研究領域 : ポストペタスケール高性能計算に資するシステムソフトウェア技術の創出
研究課題名 : ポストペタスケールシステムにおける超大規模グラフ最適化基盤

◯研究課題要旨
 大規模災害等は突発的に発生するため事前予測による防災計画だけでなく、動的なデータ収集等とスパコン上での高速計算によって速やかに避難、誘導計画を策定する必要がある。すでに研究代表者らのグループでは首都圏道路網や鉄道網を精密なグラフデータに変換して、超大規模なグラフ処理を用いた避難、誘導計画の策定を進めているが、非常に計算量やデータ量などの規模が大きく従来の手法では処理が困難である。ポストペタスケールスーパーコンピュータ(スパコン)における最重要カーネルのひとつでもある超大規模グラフ処理を実現するためには、理論的性能限界等からボトルネック箇所を特定、数値演算能力とメモリバンド等のトレードオフ関係を把握、計算量とデータ移動量の正確な推定、疎性やサイズなどのデータ特性と性能値の見極め、などが必要とされる。しかし、従来手法では、数千万規模の並列性を備え、ストレージの階層性が深化したポストペタスケールシステム上でのスケーラブルな実行は困難であり、アルゴリズム、システムソフトウェアと同時並行的な解決が求められている。我々は、これらの問題に対応した超大規模グラフ最適化システムを提案する。本システムは、大規模グラフデータに対するリアルタイムストリーミング処理、計算量とデータ移動量を考慮したグラフ最適化アルゴリズム、ストレージの階層性を考慮した大規模グラフデータストア、超大規模グラフのリアルタイム可視化など従来のスパコンでは実現されてこなかった新しい問題を解決する。これらのシステムは TSUBAME2.0のようなペタスケールスパコン上で構築と評価を行い、今後、出現が想定されるポストペタスケールスパコンのアーキテクチャ上での実行に適したソフトウェア基盤を構築し、エクサスケールスーパーコンピューティングへの方向性づくりに大いに貢献する。



◯研究組織
◇研究代表者
藤澤克樹(九州大学)
◇研究グループ
1: 超大規模データを伴う最適化問題に対する高速計算システムの構築と評価 (グループリーダ : 藤澤克樹 (九州大学))
ー グラフ探索(最短路、幅優先探索、重要性計算)、数理計画問題(半正定値計画問題:SDP, 混合整数計画問題 MIP or MINLP 等)

2: リアルタイム大規模グラフストリーム処理系及びグラフ最適化ライブラリの開発 (グループリーダ : 鈴村豊太郎 (バルセロナスーパーコンピュータセンター))

3: 大規模グラフ処理向けオンデマンド階層型データストアの開発 (グループリーダ : 佐藤仁 (東京工業大学))
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大規模並列数値計算技術に関する研究集会 -多倍長計算と精度保証-

2017年02月23日 00時58分10秒 | Weblog
理化学研究所計算科学研究機構からのイベント案内
第5回 大規模並列数値計算技術に関する研究集会 -多倍長計算と精度保証-
Fifth Workshop on Largescale Parallel Numerical Computating Technology (LSPANC 2017) http://www.aics.riken.jp/labs/lpnctrt/LSPANC2017/
◆------------------------------------------------------------------◇◆◇◆

【日 時】2017年3月27日(月) 13:00 - 18:00 および 28日(火) 9:30 - 11:35
【場 所】理化学研究所 計算科学研究機構 1F セミナー室
【参 加 費】無料(懇親会参加者は別途徴収)
【参加登録】事前参加登録は不要です.
但し,懇親会または京コンピュータ見学会の参加希望者は別途申込が必要です.
【概 要】本研究集会では多倍長と精度保証計算に重点を置き,専門の方に講演をして頂きます.
プログラムは下記URLをご参照ください.
http://www.aics.riken.jp/labs/lpnctrt/LSPANC2017/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ライブラリ3個

2017年02月22日 01時27分52秒 | Weblog
SASH

An index for approximate similarity search

A SASH (Spatial Approximation Sample Hierarchy) is a general-purpose data structure for efficiently computing approximate answers for similarity queries. Similarity queries naturally arise in a number of important computing contexts, in particular content-based retrieval on multimedia databases, and nearest-neighbor methods for clustering and classification.


nmslib

Non-Metric Space Library (NMSLIB): A similarity search library and a toolkit for evaluation of k-NN methods for generic non-metric spaces.


NGT

Neighborhood Graph and Tree for Indexing High-dimensional Data
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月 IMI Colloquium(2017/2/8)を開催しました

2017年02月21日 00時27分59秒 | Weblog
平成29年2月8日, 2月 IMI Colloquiumを開催しました.

2月 IMI Colloquium
講演タイトル:通信ネットワークにおける数学の応用と今後への期待
講師:佐藤 義治 氏 (富士通九州ネットワークテクノロジーズ株式会社 第二開発統括部第一開発部)
場所:九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所 ウエスト1号館 4階
IMIオーディトリアム(W1-D-413)(円形階段教室)

通信ネットワークにおける数学の応用の話をしていただきました。また,IoT時代に求められる技術についても話していただきました。

参加者数:教員8名,院生17名

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

計算機サーバ室 2017年2月

2017年02月20日 01時56分07秒 | Weblog
計算機サーバ室における CPU コア数は合計で 780 コアぐらいです(HyperThreading off の場合)

計算機サーバ室
サーバ名 ノード数 1ノードあたりのコア数 合計コア数
HP Moonshot 45 4 180
HP GPU Cluster 16 8 128
cmu 1 4 4
huawei 1 60 60
phi 1 24 24
ds 1 36 36
ssd910 1 32 32
westmere 1 32 32
fusion 1 32 32
numa 1 16 16
opt 1 8 8
sdpa 1 8 8
hpcs01 1 20 20
hpcs02 1 20 20
fermi1 1 12 12
fermi2 1 12 12
opt Culster 9 12 108
fedora25 1 4 4
nvm 1 24 24
pas 1 20 20
合計 780 コア

サーバ室以外の計算機
titan2 1 6 6
camera 1 2 2














コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「産総研・東工大 実社会ビッグデータ活用 オープンイノベーションラボラトリ」開所式

2017年02月19日 01時15分37秒 | Weblog
すでに参加登録は終了しておりますが、以下の開所式が 2/20 に開催されます。

「産総研・東工大 実社会ビッグデータ活用 オープンイノベーションラボラトリ」開所式

産業技術総合研究所と東京工業大学は、ビッグデータ処理オープンプラットフォームに関する研究開発により、ビッグデータを活用するデータ処理技術を確立し、その処理基盤・技術を応用し、産業界の保有する実社会ビッグデータの経営資源化・競争力強化を図るため、同大学内に連携研究サイト「産総研・東工大 実社会ビッグデータ活用 オープンイノベーションラボラトリ(略称RWBC-OIL)」を開所することに致しました。新拠点開所の記念として2月20日(月)に開所式を開催致します。ご多用のこととは存じますが 是非この機会にご来臨賜りたくご案内申し上げます。


開催概要

開催日時 2017年2月20日(月)14:00~18:00

場所 東京工業大学 蔵前会館(目黒区大岡山2丁目12-1)
http://www.somuka.titech.ac.jp/ttf/access/

主催者 国立大学法人 東京工業大学、国立研究開発法人 産業技術総合研究所

プログラム(予定)
14:00~14:50 ポスターセッション
15:00~17:00 記念式典(式次第【PDF:224KB】)
17:15~18:00 交流会

なお、式次第は予告なく変更となる場合がございます。予めご了承ください。

お問い合せ 産総研・東工大 実社会ビッグデータ活用 オープンイノベーションラボラトリ開所式事務局
(国立研究開発法人 産業技術総合研究所 企画本部)

お問い合わせは、下記アドレスに電子メールでお願いします。(*を@に変更して使用してください。)
info-oil-ml*aist.go.jp
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界最高レベルを目指す東工大のスパコンTSUBAME3.0

2017年02月18日 00時26分35秒 | Weblog
世界最高レベルを目指す東工大のスパコンTSUBAME3.0、2017年夏に稼働開始へ
~高温水を利用しトップレベルの冷却効率。機械学習やビッグデータ解析をターゲットに

東京工業大学(東工大)学術国際情報センター(GSIC)は7日、日本SGI 株式会社および関連各社と合同で、2017年夏の稼働開始を目標としてクラウド型ビッグデータグリーンスーパーコンピュータ「TSUBAME3.0」の開発を開始したと発表し、記者会見を行なった。政府調達「クラウド型ビッグデータグリーンスーパーコンピューター(TSUBAME3.0)」が実施され、日本SGI株式会社が落札した。今後、東工大、SGI、NVIDIAほか関連各社が開発していく。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今後の研究計画:グラフ探索&数理最適化と産業応用

2017年02月17日 00時24分48秒 | Weblog
今後の研究計画:グラフ探索&数理最適化と産業応用

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本学術振興会】特別研究員-PD・DC、特別研究員-RPDの募集について

2017年02月16日 01時07分07秒 | Weblog
平成29年2月13日付で平成30年度採用分特別研究員募集要項及び申請書様式等が電子システムに開示されたそうです。

【日本学術振興会HP】
  https://www.jsps.go.jp/j-pd/index.html

<特別研究員-PD・DC>
  http://www.jsps.go.jp/j-pd/data/boshu/tuti.pdf

 <特別研究員-RPD>
  http://www.jsps.go.jp/j-pd/data/boshu/tuti_rpd.pdf
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

名古屋大学情報基盤センター・東京大学情報基盤センター共催講習会

2017年02月15日 00時39分25秒 | Weblog
【名古屋大学情報基盤センター・東京大学情報基盤センター共催講習会】

■日 時: 2017年3月13日(月)・3月14日(火)
■会 場: 名古屋大学情報基盤センター 4階講習会室(名古屋市千種区不老町)
      http://www.icts.nagoya-u.ac.jp/ja/center/about/map.html
■主 催: 名古屋大学情報基盤センター、東京大学情報基盤センター
■共 催: PCクラスタコンソーシアム(PCクラスタ実用アプリケーション部会)
■受講資格: 特に制限はナシ,企業所属の方はスパコン利用にあたって別途手続きが必要です(各センターの申込URL参照)
       最低限emacsまたはvi等のエディタによりファイルの編集ができる必要があります。
■受講料: 無料
■定 員: 20名(先着順)
■講習会情報
 名古屋大学情報基盤センター設置のFX100、および東京大学情報基盤センター設置のReedbush、が
 それぞれの講習会で、無料で利用できます。
 双方の講習会ともに、アカデミックユーザに加え、企業の技術者の方の申し込みが可能です。
 各講習会は、各センターの手順にしたがって、個別にお申し込みください。

◎2017年3月13日(月)8:30~12:30
 名古屋大学情報基盤センター実施:
 第3回 FX100システム利用型MPI講習会(初級)
 http://www.icts.nagoya-u.ac.jp/ja/sc/news/event/2017-01-30-mpi.html

◎2017年3月13日(月)13:30 - 18:00
 東京大学情報基盤センター実施:
 第73回お試しアカウント付き並列プログラミング講習会
 「OpenFOAM初級 in 名古屋」
 http://www.cc.u-tokyo.ac.jp/support/kosyu/73/

◎2017年3月14日(火)10:00 - 18:00
 東京大学情報基盤センター実施:
 第74回お試しアカウント付き並列プログラミング講習会
「GPUプログラミング入門 in 名古屋」
 http://www.cc.u-tokyo.ac.jp/support/kosyu/74/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伊都キャンパス ウエスト5号館(農学部 ) & 中央図書館 & イースト1, 2号館建設中

2017年02月14日 00時52分42秒 | Weblog
伊都キャンパス ウエスト5号館(農学部 ) & 中央図書館 & イースト1, 2号館建設中












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Caffe CIFAR-10 train_full の時間測定 : 追加

2017年02月13日 00時44分25秒 | Weblog

Alex’s CIFAR-10 tutorial, Caffe style

Caffe CIFAR-10 の train_full の時間測定に以下のサーバ4を追加しました。 GeForce GTX TITAN は結構速い。。。

1: Tesla P100 : 13分34秒
2: Tesla K40m : 44分9秒
3: Quadro K620 : 84分38秒
4: GeForce GTX TITAN : 37分5秒


◯計算サーバ1
CPU : Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2630 v4 @ 2.20GHz x 2
メモリ:512GB
GPU : NVIDIA Tesla P100
OS : CentOS 7.3

◯計算サーバ2
CPU : Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2640 v3 @ 2.60GHz x 2
メモリ:256GB
GPU : NVIDIA Tesla K40m
OS : CentOS 7.3

◯計算サーバ3
CPU : Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2687W v4 @ 3.00GHz x 2
メモリ:512GB
GPU : NVIDIA Quadro K620
OS : CentOS 7.3

◯計算サーバ4
CPU : Intel(R) Core(TM) i7-3930K CPU @ 3.20GHz x 1
メモリ : 32GB
GPU : NVIDIA GeForce GTX TITAN
OS : CentOS 7.3
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

DEIM2017

2017年02月12日 00時55分25秒 | Weblog
第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム
(第15回日本データベース学会年次大会)
開催日時
2017年3月6日(月)~3月8日(水)

会場
高山グリーンホテル(岐阜県高山市西之一色町2-180)

開催趣旨
データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM)は,データ工学と情報マネジメントに関する 様々な研究テーマの討論・意見交換を目的とした合宿形式のワークショップです. 合宿形式とすることに より深い議論や活発な研究交流を促進する事を狙いとしております. 大学・企業の若手教員・研究者・技術者 および学生からの発表の他に,一般からの発表も広く受け付けています.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

産業技術総合研究所 人工知能研究センター 客員研究員

2017年02月11日 00時16分55秒 | Weblog
本当は招聘研究員ですが、客員研究員としても掲載されています。

産業技術総合研究所 人工知能研究センター 客員研究員

客員研究員 English
人工知能研究センターは、各方面より客員研究員を迎え、日本の人 工知能研究のコアセンターとなることを目指します。今後も多くの研究者をお迎えする予定です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加