最適化問題に対する超高速&安定計算

クラスタ計算機やスーパーコンピュータ上での大規模最適化問題やグラフ探索などの研究のお話が中心

自己紹介と重要リンク

2017年10月19日 22時11分55秒 | Weblog
大規模最適化問題に対する超高速&安定計算。
半正定値計画問題(SDP)の対するソフトウェア SDPA, SDPARA の開発者及び SDP の超大規模計算に対する世界記録保持者。
JST CREST ポストペタスケールシステムにおける超大規模グラフ最適化基盤:研究代表者

1: GraphCrest ホームページ
2: SDPA ホームページ(sourceforge)
3: Katsuki Fujisawa HP
4: 最短路問題 Online Solver
5: SCOPE(「計算と最適化の新展開」研究部会)(すでに終了)
6: Twitter : sdpaninf

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JST CREST : ポストペタスケールシステムにおける超大規模グラフ最適化基盤

2017年08月27日 23時53分47秒 | Weblog
JST CREST (Core Research for Evolutional Science & Technology)
応募研究領域 : ポストペタスケール高性能計算に資するシステムソフトウェア技術の創出
研究課題名 : ポストペタスケールシステムにおける超大規模グラフ最適化基盤

◯研究課題要旨
 大規模災害等は突発的に発生するため事前予測による防災計画だけでなく、動的なデータ収集等とスパコン上での高速計算によって速やかに避難、誘導計画を策定する必要がある。すでに研究代表者らのグループでは首都圏道路網や鉄道網を精密なグラフデータに変換して、超大規模なグラフ処理を用いた避難、誘導計画の策定を進めているが、非常に計算量やデータ量などの規模が大きく従来の手法では処理が困難である。ポストペタスケールスーパーコンピュータ(スパコン)における最重要カーネルのひとつでもある超大規模グラフ処理を実現するためには、理論的性能限界等からボトルネック箇所を特定、数値演算能力とメモリバンド等のトレードオフ関係を把握、計算量とデータ移動量の正確な推定、疎性やサイズなどのデータ特性と性能値の見極め、などが必要とされる。しかし、従来手法では、数千万規模の並列性を備え、ストレージの階層性が深化したポストペタスケールシステム上でのスケーラブルな実行は困難であり、アルゴリズム、システムソフトウェアと同時並行的な解決が求められている。我々は、これらの問題に対応した超大規模グラフ最適化システムを提案する。本システムは、大規模グラフデータに対するリアルタイムストリーミング処理、計算量とデータ移動量を考慮したグラフ最適化アルゴリズム、ストレージの階層性を考慮した大規模グラフデータストア、超大規模グラフのリアルタイム可視化など従来のスパコンでは実現されてこなかった新しい問題を解決する。これらのシステムは TSUBAME2.0のようなペタスケールスパコン上で構築と評価を行い、今後、出現が想定されるポストペタスケールスパコンのアーキテクチャ上での実行に適したソフトウェア基盤を構築し、エクサスケールスーパーコンピューティングへの方向性づくりに大いに貢献する。



◯研究組織
◇研究代表者
藤澤克樹(九州大学)
◇研究グループ
1: 超大規模データを伴う最適化問題に対する高速計算システムの構築と評価 (グループリーダ : 藤澤克樹 (九州大学))
ー グラフ探索(最短路、幅優先探索、重要性計算)、数理計画問題(半正定値計画問題:SDP, 混合整数計画問題 MIP or MINLP 等)

2: リアルタイム大規模グラフストリーム処理系及びグラフ最適化ライブラリの開発 (グループリーダ : 鈴村豊太郎 (バルセロナスーパーコンピュータセンター))

3: 大規模グラフ処理向けオンデマンド階層型データストアの開発 (グループリーダ : 佐藤仁 (東京工業大学))
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本OR学会 2017年春季研究発表会

2016年12月10日 00時54分58秒 | Weblog
沖縄県那覇市にて開催されます、2017年春季研究発表会
(創立60周年記念大会)の発表受付が本日より開始されました。
詳細は下記ページをご覧ください。
http://www.orsj.or.jp/~nc2017s/index.php/submission/

受付期間:2016年12月1日(木)~2017年1月9日(月・祝)

皆様からの発表申し込みをお待ちしております。

なお、研究発表会の概要は以下のとおりです。

日程: 2017年3月15日(水)~17日(金)
場所: 沖縄県市町村自治会館
発表会ページ:http://www.orsj.or.jp/~nc2017s/
※今回はシンポジウムを併催しません。
※初日(3月15日)は特別講演および表彰式を行います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成28年度公開ワークショップ プログラム 再掲載

2016年12月09日 17時21分20秒 | Weblog
JST CREST 「ポストペタスケール高性能計算に資するシステムソフトウェア技術の創出」研究領域主催により、
以下の公開ワークショップを開催致します。
公開ワークショップのため、研究領域以外の外部からのご参加も可能です。ご参加希望の方は下記までご連絡下さい。 
JST担当:(メールアドレス:bigdata-app@jst.go.jp)

本ワークショップ終了後に、同コンベンションホールにおいて第16回PCクラスタシンポジウムを開催致します。
http://www.pccluster.org/ja/event/2016/10/16pc121516.html

年末の大変お忙しい時期ではございますが、皆様のご参加をお待ちしております。


「ポストペタスケール高性能計算に資するシステムソフトウェア技術の創出」研究領域 平成28年度公開ワークショップ プログラム
http://www.jst.go.jp/kisoken/crest/event/2016/2016Workshop_program.pdf

日時: 平成28年12月14日(水)から12月15日(木)
場所: 東京 秋葉原 コンベンションホール
http://www.akibahall.jp

スケジュール:
http://www.jst.go.jp/kisoken/crest/event/2016/2016Workshop_program.pdf
平成28年12月14日(水) 
講演会:10:00 ~ 17:30    
ポスターセッション&研究展示: 17:45 ~ 19:15     
研究交流会: 19:30 ~ 21:00
12月15日(木) 
講演会:9:30 ~ 11:40 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

IEEE BigData 2016 Online Discussion Forum

2016年12月08日 00時47分56秒 | Weblog
IEEE BigData 2016開催中ですが、以下の IEEE BigData 2016 Online Discussion Forum が Open しています。

IEEE BigData 2016 Online Discussion Forum

2016 IEEE International Conference on Big Data (IEEE BigData 2016)
Dec. 5-8, 2016 @ Washington D.C., USA
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

数学・数理科学 4 研究拠点合同市民講演会

2016年12月07日 03時30分37秒 | Weblog
私は別件の出張のため参加できません。

数学・数理科学 4 研究拠点合同市民講演会
クリスマス(イヴ)2の数学ワンダーランド


主催:
情報・システム研究機構統計数理研究所
明治大学先端数理科学インスティテュート
京都大学数理解析研究所
九州大学マス・フォア・インダストリ研究所

開催日 平成28年12月23日(金) 13:00開場 13:30開演 (17:10閉会予定)

開催場所 814-0002 福岡市早良区西新2-16-23
九州大学西新プラザ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界最速クラスのディープラーニング基盤と、業種・業務に対応したAIサービスを提供

2016年12月06日 18時05分18秒 | Weblog
世界最速クラスのディープラーニング基盤と、業種・業務に対応したAIサービスを提供

富士通のAI「Zinrai」でお客様のビジネス革新を加速

当社は、2015年11月に「Human Centric AI Zinrai(ジンライ、以下、Zinrai)」として体系化したAI(人工知能)に関する知見や技術をベースに、お客様のAI活用を加速させる「Zinrai」関連のサービス5種を開発し、順次提供を開始します。当社はこれらを、お客様のビジネス革新を加速する「FUJITSU Digital Business Platform MetaArc(メタアーク)」の中のサービスに位置付けています。

今回提供するサービスは、300件を超えるAI関連の問い合わせや実証実験から導き出された、特にニーズの高いAI機能30種をAPI(注1)として提供する「FUJITSU AI Solution Zinraiプラットフォームサービス(以下、Zinraiプラットフォームサービス)」と、世界最速クラスの処理性能を実現したディープラーニング基盤サービス「FUJITSU AI Solution Zinraiディープラーニング(以下、Zinraiディープラーニング)」、お客様のAI活用に向けたコンサルティングから導入、運用までをトータルに支援する「FUJITSU AI Solution Zinrai活用コンサルティングサービス(以下、Zinrai活用コンサルティングサービス)」、「FUJITSU AI Solution Zinrai導入サービス(以下、Zinrai導入サービス)」、「FUJITSU AI Solution Zinrai運用サービス(以下、Zinrai運用サービス)」です。

「Zinraiプラットフォームサービス」と「Zinraiディープラーニング」を、コンサルティングや導入、運用に関するサービスと組み合わせて活用することで、お客様は高品質で高速なAI活用システムを短期間で構築することが可能になります。

当社はAIを、デジタルイノベーションを加速するための中核技術の一つと捉え、今後も技術開発を継続していきます。また、これまでのスーパーコンピュータ開発で培った先端技術の応用などにより、さらなる技術革新を推進することで、お客様の業務変革や新規ビジネスの創造に貢献していきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オープンイノベーションラボラトリ

2016年12月05日 00時55分42秒 | Weblog
オープンイノベーションラボラトリ

産総研は2016年度から、経済産業省の進める「オープンイノベーションアリーナ構想」の一環として、大学等のキャンパス内に設置する産学官連携研究拠点「オープンイノベーションラボラトリ」、通称「OIL(オー・アイ・エル)」の整備に取り組んでおり、2020年度までに10 拠点以上のOILの設置 を目指しています。
OILの設置を行うことで大学等の基礎研究と、産総研の目的基礎研究・応用技術開発を融合し、産業界へ技術の「橋渡し」を推進します。

OIL設置のポイント
シームレスな研究体制
基礎研究、応用研究、開発・実証を切れ目なく実施

クロスアポイントメント制度の活用
大学教員と産総研研究員を兼ねるクロスアポイントメント制度などの活用により、研究を加速

実践的博士人材の育成
大学院生を産総研リサーチアシスタントとして雇用し、産業界で活躍できる幅広い視野を持った実践的博士人材を育成
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第十六回PCクラスタシンポジウム

2016年12月04日 00時56分36秒 | Weblog
HPC研究会の協賛を得て、12月15日(木)-16日(金)にPCクラスタコンソーシアム
主催の第十六回PCクラスタシンポジウムを東京秋葉原コンベンションホールで開催
いたします。

事前参加申込みは、PCクラスタコンソーシアムホームページイベント画面(下記URL)
からお進みいただき、ウェブからのお申込をお願い致します(12月5日締め切り予定)。
http://www.pccluster.org/ja/event/2016/10/16pc121516.html

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

【開会趣旨】
第16回PCクラスタシンポジウムの初日は、PCクラスタプラットフォーム最新動向に
加え、「AI, Big Data with HPC」をサブテーマとして、弊コンソーシアム会員企業
の取り組みをご紹介いたします。

2日目は、産業技術総合研究所の関口智嗣様に基調講演を、東京工業大学の松岡聡
先生、東京大学の中村宏先生に最新のスーパーコンピューターについての講演をい
ただきます。

さらに、PCクラスタコンソーシアムの専門部会の活動報告に加え、「HPCシステムの
ユーザビリティ」をテーマにスーパーコンピューターのユーザ、提供者を交えたパ
ネル討論を行い、使い勝手のよいスパコン像を議論します。

並行して、コンソーシアム会員9団体による展示もいたします。Cクラスタや計算科
学に関する情報が満載のシンポジウムとなっています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成28年度公開ワークショップ プログラム

2016年12月03日 02時14分42秒 | Weblog
JST CREST 「ポストペタスケール高性能計算に資するシステムソフトウェア技術の創出」研究領域主催により、
以下の公開ワークショップを開催致します。
公開ワークショップのため、研究領域以外の外部からのご参加も可能です。ご参加希望の方は下記までご連絡下さい。 
JST担当:(メールアドレス:bigdata-app@jst.go.jp)

本ワークショップ終了後に、同コンベンションホールにおいて第16回PCクラスタシンポジウムを開催致します。
http://www.pccluster.org/ja/event/2016/10/16pc121516.html

年末の大変お忙しい時期ではございますが、皆様のご参加をお待ちしております。


「ポストペタスケール高性能計算に資するシステムソフトウェア技術の創出」研究領域 平成28年度公開ワークショップ プログラム
http://www.jst.go.jp/kisoken/crest/event/2016/2016Workshop_program.pdf

日時: 平成28年12月14日(水)から12月15日(木)
場所: 東京 秋葉原 コンベンションホール
http://www.akibahall.jp

スケジュール:
http://www.jst.go.jp/kisoken/crest/event/2016/2016Workshop_program.pdf
平成28年12月14日(水) 
講演会:10:00 ~ 17:30    
ポスターセッション&研究展示: 17:45 ~ 19:15     
研究交流会: 19:30 ~ 21:00
12月15日(木) 
講演会:9:30 ~ 11:40 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

動線分析ソリューション

2016年12月02日 00時11分49秒 | Weblog
パナソニックの動線分析ソリューションの紹介です。

Location Data Analyzer
動線分析ソリューション


「動線分析ソリューション」のご利用イメージ
「動線分析ソリューション」は、広い施設内で従業員やお客様の位置情報をリアルタイムに記録し、統計的な分析を行うサービスです。工場、倉庫、オフィス、集客施設などにおける人やモノの動きの見える化や分析のソリューションを提供し、業務の改善、業績の向上を支援します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

九州大学マス・フォア・インダストリ研究所 共同利用研究計画公募要領

2016年12月01日 00時05分09秒 | Weblog
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%
平成29年度 九州大学マス・フォア・インダストリ研究所
共同利用研究計画公募要領


本研究所は日本初の産業数学の研究所であり,多様な数学研究に基礎を置く,
新しい産学連携の拠点として平成23年4月に附置研究所として設立されました.
平成25年4月には文部科学大臣から共同利用・共同研究拠点「産業数学の先進
的・基礎的共同研究拠点」に認定され,理念である「マス・フォア・インダス
トリ」の具現化を推進しているところです.その事業の一環として,本研究所
は平成29年度の共同利用研究を下記の通り公募します.多数応募いただきます
ようお願い申し上げます.なお,本研究所では今回の公募からテーマを決め,
一定数の研究計画を「プロジェクト研究」として別途確保することとしました.
詳細は以下をご覧下さい.

1. 公募する研究種目
研究集会
本研究所もしくは九州大学の施設において,数日間の研究集会を公開で行うも
のです.内容や規模に応じて(I), (II)の2種に分かれています.両者とも組織
委員会の委員と講演者には,それぞれ産業界からの参加を必須とします.また
国際連携を進めるため,講演者として海外からの参加者を含めることが望まし
いです.研究集会終了後には研究代表者にA4で2ページ程度の成果報告書を提
出していただき,また,会議録を出版していただきます.会議録は原則として
本研究所のウェブページで公開します.

短期共同研究
本研究所において,数名のグループで1週間程度の実質的な共同研究を行うも
のです.研究テーマとして,個々の企業の知的財産に直結するような狭い問題
よりは,複数の企業や研究機関の研究者が協力して取り組めるような,ある程
度の普遍性をもった問題を重視します.また,産学連携を推進するために原則
として産業界からの参加者を含めることとし,共同研究実施中に講演などの一
部を公開できるように計画してください.ただし,研究発表が主となるような
計画は上記の研究集会の種目に応募してください.研究終了後には研究代表者
にA4で10ページ程度の成果報告書を提出していただきます.

短期研究員
本研究所に1週間から2週間程度滞在し,本研究所を中心とする九州大学に所属
する教員と緊密に連絡を取りながら単独での研究ないしは共同研究を行うもの
です.研究テーマとして,短期共同研究や研究集会につながることが期待され
るような萌芽的な課題,あるいは企業等での研究開発現場で生起した,集中的
な共同研究が問題の解決やその糸口につながるような課題など,近い将来,産
業数学や産学連携の新たなシーズとなるような課題を歓迎します.応募の際は,
予め関係する本研究所または九州大学の他部局の研究者と連絡を取り,協議を
した上で計画を立てて下さい.研究終了後には,A4で5ページ程度の成果報告
書を提出していただきます.

2. 事業経費と研究支援
(1) 研究集会(I)
研究テーマが課題として認知され,産学連携も視野に入れた展開が可能なもの
を主としてこの種目で審査します.旅費(海外招聘旅費を含む)として80万円程
度を上限として支援します.ポスターを制作・配布することとし,これにかか
る作業および経費は本研究所が負担します.状況によっては本研究所以外の九
州大学の施設で開催することも可能ですので,ご相談ください.その場合には
会場費を本研究所が負担します.会議録は本研究所の出版する「MIレクチャー
ノート」(カラー150ページ程度)として出版していただきますが,研究所と
協議の上で,シュプリンガー社が出版する叢書「Mathematics for Industry」
の1巻として英文で査読付きの会議録として出版することも可能です.前者の
場合は当該年度内に出版していただきますが,後者の場合は必ずしも当該年度
内でなくとも出版が可能です.これにかかる出版費は本研究所が負担します.

(2) 研究集会(II)
研究テーマが研究集会(I)よりは萌芽的な色彩が強いものをこの種目で審査し
ます.旅費(海外招聘旅費を含む)として60万円程度を上限として支援します.
会場は原則として本研究所の施設とします.会議録を本研究所が出版する「マ
ス・フォア・インダストリ研究」シリーズの1巻(モノクロ200ページ程度)と
して当該年度内に出版していただき,出版にかかる経費は本研究所が負担しま
す.

(3) 短期共同研究
国内旅費として60万円程度を上限に支援します.参加者には本研究所内の研究
室とセミナー室を提供します.

(4) 短期研究員
国内旅費として25万円程度を上限に支援します.参加者には本研究所内の研究
室を提供します.また,必要に応じてセミナー室の使用も可能です.

なお,経費支援,会場の手配,会議録などの制作・配布に関わる事務や,共同
利用研究実施の際に必要な作業は研究所が行います.宿泊の手配や送迎は,原
則として行いません.また,参加者は図書館(会場によっては利用できませ
ん),インターネット接続などの研究資源を利用することができます.

3. 公募の種別
(1) プロジェクト研究
「よりよい都市・社会の構築のための基盤技術としての離散最適化の研究」
プロジェクト代表者:小林和博(東京理科大学),神山直之(九州大学)

平成29年度は本テーマに関する研究計画をプロジェクト研究として他の計画と
区別して公募します.本プロジェクト研究では研究集会(I)1件,短期共同研究
2件程度を実施し,短期研究員は1名程度を募集します.

(2) 一般研究
このカテゴリーでは研究分野を特に指定せずに公募します.研究集会(I)3件,
研究集会(II)2件,短期共同研究6件程度を実施する予定です.また,短期研究
員は3名程度を募集します.

以上の研究計画は,すべて平成29年4月1日から平成30年3月31日までに実施さ
れるものとします.

4. 応募方法
(1) 応募資格
大学・大学院・短期大学,大学共同利用機関,高等専門学校,国公立試験研究
機関,独立行政法人および企業に所属する研究者.

(2) 応募方法
本研究所のウェブページ
http://www.imi.kyushu-u.ac.jp/
から電子申請システムを利用して共同利用研究計画提案書を作成し,応募して
下さい. 採択された計画について,提案書の内容の一部はウェブページなど
を通じて公開します.応募に必要なデータや公開する項目などの詳細について
は上記ページの説明をご覧下さい.なお,共同利用研究計画提案書には,研究
集会,短期共同研究については本研究所内に専門分野が関連する研究者がいれ
ば,その名前を記入していただきます.特にいなければ記入の必要はありませ
ん.なお,所内の関連研究者の記入の有無が採否に影響することはありません.
また,短期研究員の場合は,研究テーマに関連する九州大学の研究者の記入は
必須です.本研究所員や九州大学の研究者の専門分野については,研究所もし
くは九州大学のウェブページをご参照下さい.

(3) 応募締切日
平成29年1月31日(火)

5. 選考方法と採否の連絡
学外有識者と学内教員(本研究所所員を含む)8名ずつで構成される共同利用・
共同研究委員会において審査の上,採否を決定します.プロジェクト研究はプ
ロジェクト代表者が審査し,共同利用・共同研究委員会で採否を決定します.
採否は平成29年2月末までに申請者にお知らせします.委員の名簿は研究所の
ウェブページをご覧下さい.

6. その他
研究は本研究所が支出する経費に外部の競争的資金などを加えて実施しても差
し支えありませんが,主催は本研究所とします.共催の機関を加える必要があ
る場合は,申請時にその旨を「備考」に記入して下さい.また,研究終了後に
提出していただく成果報告書は,個人情報などに関わる部分を除き,原則とし
て研究所のウェブページで公開します.ただし,3年間程度を限度として公開
を遅らせることができます.これまで問い合わせのあった事項に関して「Q&A」
を本研究所のウェブページに掲載していますので,参考にして下さい.短期研
究員に関しては,必要があれば本研究所の産学連携窓口が立案を支援します.
詳細は以下の問い合わせ先にお尋ね下さい.

7. 問い合わせ先
九州大学マス・フォア・インダストリ研究所
共同利用・共同研究拠点事務 伊藤 和子・藤 真夕子
〒819-0395 福岡市西区元岡744
Tel.: 092-802-4408
Fax: 092-802-4405
E-mail: kyoten-jimu@imi.kyushu-u.ac.jp
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新サーバ

2016年11月30日 00時32分24秒 | Weblog
現在の外部からのログインノードには 2008 年運用開始という古いサーバもあるので、そろそろ入替えたいと思います。
大きな負荷を掛けなければ長い期間運用できるものだと改めて感じます。

新サーバの仕様予定

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月 IMI Colloquiumを開催しました.

2016年11月29日 03時49分11秒 | Weblog
11月 IMI Colloquiumを開催しました.

11月 IMI Colloquium
平成28年11月9日,
講演タイトル:鉄道におけるシミュレーション技術の活用
講師:武内 陽子 氏 (公益財団法人鉄道総合技術研究所 信号・情報技術研究部 運転システム研究室)
場所:九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所 ウエスト1号館 4階
IMIオーディトリアム(W1-D-413)(円形階段教室)

講演者には,電車運行・旅客流動のシミュレーション技術について話していただきました。また,シミュレーターのデモもしていただきました。

参加者数:教員15名,院生28名
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Fedora 25 上での SDPA 7.4.0 その2

2016年11月28日 19時38分56秒 | Weblog
前回の続きですが、gcc 6.2.1 と OpenBLAS の組合せの性能が悪かったので、gcc 6.2.1 と Intel MKL 2017.1 の組合せを追加してみました。

ソフトウェア SDPA 7.4.0

◯問題1:karate.dat-s
gcc 6.2.1 + OpenBLAS 0.2.20 : 145.13s
gcc 6.2.1 + Intel MKL 2017.1 : 106.92s
icc 17.0.1 + Intel MKL 2017.1 : 107.28s

◯問題2:DSJC500.9.dat-s
gcc 6.2.1 + OpenBLAS 0.2.20 : 47.75s
gcc 6.2.1 + Intel MKL 2017.1 : 32.09s
icc 17.0.1 + Intel MKL 2017.1 : 32.42s

◯問題3:NH3+.2A2\".STO6G.pqgt1t2p.dat-s
gcc 6.2.1 + OpenBLAS 0.2.20 : 148.72s
gcc 6.2.1 + Intel MKL 2017.1 : 146.23s
icc 17.0.1 + Intel MKL 2017.1 : 146.75s

◯計算サーバ
CPU : Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2650 v3 @ 2.30GHz x 2
メモリ:256GB
OS : Fedora 25
コメント
この記事をはてなブックマークに追加