最適化問題に対する超高速&安定計算

クラスタ計算機やスーパーコンピュータ上での大規模最適化問題やグラフ探索などの研究のお話が中心

自己紹介と重要リンク

2017年10月19日 22時11分55秒 | Weblog
大規模最適化問題に対する超高速&安定計算。
半正定値計画問題(SDP)の対するソフトウェア SDPA, SDPARA の開発者及び SDP の超大規模計算に対する世界記録保持者。
JST CREST ポストペタスケールシステムにおける超大規模グラフ最適化基盤:研究代表者

1: GraphCrest ホームページ
2: SDPA ホームページ(sourceforge)
3: Katsuki Fujisawa HP
4: 最短路問題 Online Solver
5: SCOPE(「計算と最適化の新展開」研究部会)(すでに終了)
6: Twitter : sdpaninf

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

現行システムの運用終了について&新スーパーコンピュータ"ITO"の稼働開始について

2017年09月25日 00時20分00秒 | Weblog
+--------------------------------------------------------------------------+
|1.現行システムの運用終了について                    |
|2.新スーパーコンピュータ"ITO"の稼働開始について             |
+--------------------------------------------------------------------------+


-----------------------------------------------------------------
情報基盤研究開発センター研究用計算機システムWWWホームページ
    https://www.cc.kyushu-u.ac.jp/scp/
-----------------------------------------------------------------

1.現行システムの運用終了について

 新スーパーコンピュータ"ITO"への機種更新に伴い,現在運用している以下の全シス
テムは平成29年9月29日(金) 17時をもってサービスを終了いたします.

 1.高性能アプリケーションサーバシステム(hakozaki/mikasa)
 2.高性能演算サーバシステム(tatara)
 3.スーパーコンピュータシステム(hayaka)
 4.SASサーバ(najima)

 上記システム ホーム領域のファイルについては,10月よりサービス開始予定の新シ
ステムからアクセス可能な場所に配置します.配置場所の詳細については新システム
の試用利用 承認書の同封書類をご参照下さい.
 この措置は12月17日(日)までで終了となりますので,それまでに必要なファイルの
バックアップをお願い致します.
 なお、期間終了後は全ファイルを削除致します.



2.新スーパーコンピュータ"ITO"の稼働開始について

 新スーパーコンピュータ"ITO"の試用運用を以下のとおり開始致します.
 
 ◯試用期間:
  平成29年10月2日(月) 15時 ~ 12月18日(月) 17時
 (ただし,この期間中で保守作業を行う時はシステムを停止させていただきます.
  また,試用期間の終了日時は,後日変更になる場合があります.
  その際は終了日時をあらためてセンターニュース・Web等でお知らせします.)

 ○試用に当たっての注意事項:
 ・期間中は作業の都合により事前の予告なしにシステムを停止したり,
  ジョブをキャンセルする場合がありますので,予めご了承下さい.
 ・平成30年1月開始予定の本運用に際しては,別途申請が必要です.
 ・試用期間中に旧システムの必要なデータは新システムへ移行して下さい.
  旧システムのデータ配置場所は新システム 利用承認書の同封書類に記載しています.
  旧システムのデータは12月17日(日)以降に削除致します.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SS研HPCフォーラム2017 : プレゼン資料公開中

2017年09月24日 02時24分13秒 | Weblog
SS研HPCフォーラム2017 : プレゼン資料公開中

SS研HPCフォーラム2017
計算科学の新たな可能性 [開催済]


パネルディスカッション
HPC の社会シミュレーションへの展開
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

RAMPシンポジウムの事前申し込み

2017年09月23日 00時14分15秒 | Weblog
RAMPシンポジウムの事前申し込みを現在受け付けております。
ご希望の方は10月6日(金)までにお申し込みください。

=========================================================
第29回 RAMPシンポジウムのご案内
=========================================================

RAMPシンポジウムは、日本オペレーションズ・リサーチ学会の数理計画研究部会(RAMP: Research Association of Mathematical Programming)によって年一度開催される、最適化・数理計画に関するシンポジウムです。

本年度のシンポジウムは筑波大学(春日キャンパス)において開催されます。
多数の皆様のご参加をお待ちしております。

日程:2017年10月12日(木)・13日(金)
会場:筑波大学春日講堂
共催:筑波大学人工知能科学センター https://air.tsukuba.ac.jp/

参加申込:下記のHPにおいて事前のお申し込みを受け付けております。
RAMP2017ホームページ https://infoshako.sk.tsukuba.ac.jp/~ramp/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伊都キャンパス建設中 : 2017年9月中旬

2017年09月22日 00時14分54秒 | Weblog
イースト1,2号館


COI棟からセンター3号館、中央図書館方面


建設中のウエスト5号館



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第70回 九大祭

2017年09月21日 00時37分46秒 | Weblog
第70回 九大祭

平成29年10月7日(土)・8日(日)

九大祭は、10月上旬に開催される九州大学最大級の行事です。

例年11月下旬に開催されていましたが、今年度から4学期制が導入されたことにより、九大祭の日程も変更となり、10月7日(土)・8日(日)に伊都キャンパスで開催することになりました。
当日の企画は、九大生による教室企画やステージ企画、テント企画に加えて、特別講義や九大受験を考えている高校生の皆様に向けたガイダンス企画など、多くの方々に楽しんでいただける充実した企画の数々となっております。
例年、来場者数は2万人を超えており、普段は静かな学びの場であるキャンパスもこの2日間は活気溢れるにぎやかな場へと姿を変えます。
第70回となる今年度の九大祭のテーマは「好いとーよ。」です。普段から九大を応援してくださっている方々やサークル活動、研究、そして何より来場者の皆様に対する「好き」という思いを九大生が一丸となって表現する決意の下に、このテーマを設定しております。
たくさんの「好き」が詰まった2日間を通して、皆様の心は愛で溢れるはずです。是非お越しください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

The 2nd ISM-ZIB-IMI MODAL Workshop on Mathematical Optimization and Data Analysis : 9/22 開催

2017年09月20日 19時59分52秒 | Weblog
Welcome to the 2nd ISM-ZIB-IMI MODAL Workshop on Mathematical Optimization and Data Analysis

Motivation

The Institute of Statistical Mathematics (ISM) in Tokyo, the Institute of Mathematics for Industry (IMI) of Kyushu University and Zuse Institute Berlin (ZIB) have established collaboration agreements in 2016, confirming the mutual interest in cooperation for research in applied mathematics and initiating a regular exchange between the institutes.
The first ISM-ZIB-IMI workshop was carried out at ISM in Tokyo, Japan, from 2017-01-19 to 2017-01-22, as a kick-off for joint research activities in applied mathematics and data intensive high performance computing. Special focus was the organization of cooperations between research and industry. To build up on the success of the first joint workshop the "2nd ISM-ZIB-IMI MODAL Workshop on Mathematical Optimization and Data Analysis" will take place on September 22nd to September 26th at the Research Campus MODAL at ZIB.

Concept

The first joint workshop in January at the ISM showed that the involvement of experts from both, science and industry, is a great way to promote knowledge exchange. Sharing of the perspectives from science and industry fosters research cooperations, which will lead to scientific progress and innovations. We want to build up on the success of the first workshop.
Therefore, partners from the industry, who already cooperate in the Research Campus MODAL, partners from associated projects and possible new partners are invited to participate in the upcoming event. Organized by the Research Campus MODAL at ZIB, ISM and IMI, topics of applied mathematics are presented by speakers from science and industry, which will inform about latest progress and different perspectives to encourage discussions for planned cooperations.
Another focus is the promotion of young talent. The institutes ZIB, ISM and IMI plan a student and early stage researcher exchange. Concepts for such an exchange program need to consider the basic conditions of career paths in Germany and Japan to achieve a sustainable promotion of young talent.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Intel® Parallel Studio 2018 登場

2017年09月19日 00時54分31秒 | Weblog
Intel® Parallel Studio 2018 が登場しましたので、以下の比較実験を行いました。

ソフトウェア SDPA 7.4.1

◯問題1:karate.dat-s
gcc 4.8.5 + OpenBLAS 0.3.0.dev : 76.74s
gcc 4.8.5 + Intel MKL 2018.0 : 78.19s
icc 18.0.0 + Intel MKL 2018.0 : 78.17s

◯問題2:DSJC500.9.dat-s
gcc 4.8.5 + OpenBLAS 0.3.0.dev : 24.08s
gcc 4.8.5 + Intel MKL 2018.0 : 23.85s
icc 18.0.0 + Intel MKL 2018.0 : 23.68s

◯問題3:NH3+.2A2\".STO6G.pqgt1t2p.dat-s
gcc 4.8.5 + OpenBLAS 0.3.0.dev : 133.00s
gcc 4.8.5 + Intel MKL 2018.0 : 129.78s
icc 18.0.0 + Intel MKL 2018.0 : 133.74s

◯計算サーバ
CPU : Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2687W v4 @ 3.00GHz x 2
メモリ:512GB
OS : CentOS 7.4
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

某製造最適化問題 その5

2017年09月18日 00時45分11秒 | Weblog
OS は Windows 10 ですが、以下の Core i9 マシンを実験に加えてみました。CPLEX の方がスレッド数の影響が大きいように見えます。

○問題1
計算サーバ1
CPLEX 12.7.1 : 38.41秒
Gurobi 7.5.1 : 78.74秒
計算サーバ2
CPLEX 12.7.1 : 44.23秒
Gurobi 7.5.1 : 78.72秒

○問題2
計算サーバ1
CPLEX 12.7.1 : 146.15秒
Gurobi 7.5.1 : 664.34秒
計算サーバ2
CPLEX 12.7.1 : 330.81秒
Gurobi 7.5.1 : 412.51秒

◯計算サーバ1
Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2687W v4 @ 3.00GHz x 2個
メモリ:512GB
OS : CentOS 7.3

◯計算サーバ2
CPU : Core i9 7900X (10コア/20スレッド/3.3GHz/tb4.3GHz/13.75MB/140W) LGA2066, 14nm
メモリ : 64GB (16GB×4) DDR4 2666(PC4-21300)
OS : Windows 10
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「オープンキャンパス2017」を開催しました

2017年09月17日 00時13分21秒 | Weblog
「オープンキャンパス2017」を開催しました 

本学の「オープンキャンパス2017」を平成29年8月5日(土)から7日(月)にかけて、箱崎、伊都、大橋、病院の各キャンパスにおいて開催しました。台風の影響も懸念されましたが、当初予定どおりのスケジュールで開催し、3日間で合計1万4,000人を超す来場者がありました。
 開催期間中、多くの制服姿の高校生らが志望する学部の説明会場に詰めかけ、学部・学科の紹介や模擬講義に熱心に耳を傾けていました。また、積極的に研究室や実験室を訪問する姿などがあちらこちらで見られました。
 6日(日)の伊都キャンパスセンターゾーンでは、平成30年4月に開講する共創学部の企画による、概要説明、高校生と九大生による討論会、ビブリオバトル等を実施し、大勢の参加者を集めていました。
 その他、今回のオープンキャンパスでは、附属図書館や総合研究博物館の開放、カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所(I²CNER)、伊都キャンパス学生寄宿舎の見学ツアー、キャリアデザイン制度の紹介、在学生による相談コーナー、サークル紹介など様々な企画も実施し、来場者の真剣な様子が伺える熱気に満ちた3日間となりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

研究室:新部屋 その2

2017年09月16日 00時14分11秒 | Weblog
研究室新部屋の現況です。。。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

RAMP 2017

2017年09月15日 02時17分28秒 | Weblog
RAMPシンポジウムは、日本オペレーションズ・リサーチ学会の数理計画研究部会(RAMP: Research Association of Mathematical Programming)によって年一度開催される、最適化・数理計画に関するシンポジウムです。

本年度のシンポジウムは筑波大学(春日キャンパス)において開催されます。
多数の皆様のご参加をお待ちしております。

日程:2017年10月12日(木)・13日(金)
会場:筑波大学春日講堂
共催:筑波大学人工知能科学センター https://air.tsukuba.ac.jp/

参加申込:下記のHPにおいて事前のお申し込みを受け付けております。
RAMP2017ホームページ https://infoshako.sk.tsukuba.ac.jp/~ramp/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

研究発表募集:防災・避難計画の数理モデルの高度化と社会実装へ向けて:再掲載

2017年09月14日 00時46分02秒 | Weblog
研究発表募集:防災・避難計画の数理モデルの高度化と社会実装へ向けて

九州大学IMI研究集会
防災・避難計画の数理モデルの高度化と社会実装へ向けて

研究発表の募集

開催日:2017/11/30-12/1
場所:九州大学西神プラザ(福岡市早良区西新2-16-23)
http://nishijinplaza.kyushu-u.ac.jp/

■開催趣旨
防災や避難にかかわる情報システム技術の応用は,阪神淡路大震災や東日本大震災などの大規模災害を契機として関心が深まり,徐々に普及が進んできている.それらのコアとなる数理モデリング技術は多種多様である.本研究が主な対象とする避難にかかわる数理モデルに限ってもいくつかのジャンルがあり,それらの分野間の交流はあまり多くはない.例えば我々は,ネットワークフローに基づく離散アルゴリズムの応用分野として避難計画問題を捉えている.一方,より一般的な避難計画を中心とする防災分野では,マルチエージェントなどに基づく避難シミュレーションを基盤としていることが多く,それを活用したソフトウェアの販売やコンサルティングも,既に民間企業を中心としてなされている.しかしこの分野も未だ発展途上であり,様々な実験やより高度なモデリングの技術開発が進んでいる.
このような背景から本研究集会では,主に避難に関わる数理モデル化と応用を主なテーマとしつつ,それに関わる様々なジャンルの研究の最前線や企業も含めた応用の現状を紹介し議論を行う.そして,異なる分野間の交流から,本分野における新たな研究分野の開拓と,より効果的な数理モデリングの社会実装の契機となることを狙う.

■要件
開催趣旨に関連するテーマの研究発表を募集します.避難モデルやシミュレーションが主なテーマですが,関連する人流等の数理モデルに関する発表も歓迎します.
なお,会議終了後,会議録に収録するための梗概もしくは発表資料を提出していただきます.様式等は後日連絡しますが,一題あたりB5で6頁前後を想定しています.

■申し込み方法
タイトル,キーワード(3-6),アブストラクト(200文字程度),著者(発表者を明示),所属,連絡先を明記したe-mailを,9/15までに以下に送る.
IMI研究集会(避難計画)事務局宛
evac@graphics.arch.eng.osaka-cu.ac.jp

■スケジュール
2017/7/15:募集開始
9/15:募集締切
10/1:採択通知
11/30-12/1:研究集会
12/15:会議録のための原稿提出〆切

■九州大学IMI研究集会(避難計画)事務局メンバ
瀧澤重志(大阪市立大学工学研究科)
小林和博(東京理科大学理工学部)
佐藤憲一郎(関東学院大学工学研究科)
斉藤努(構造計画研究所)
清水正明(情報・通信システム社 ITプラットフォーム事業本部)
間瀬正啓(日立製作所 研究開発グループ)
藤澤克樹(九州大学マス・フォア・インダストリ研究所)
神山直之(九州大学マス・フォア・インダストリ研究所)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年秋季シンポジウム(第77回): 今日開催

2017年09月13日 00時20分57秒 | Weblog
2017年秋季シンポジウム(第77回)

日 程
2017 年9 月13 日(水)

場 所
関西大学 千里山キャンパス (大阪府吹田市山手町)
第4 学舎4 号館3 階4301 教室

シンポジウム特設HP
http://www.orsj.or.jp/~nc2017f/index.php/symposium/

テーマ
「機械学習が拓く新しいビジネスの世界」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

兵庫県立大学教員公募

2017年09月12日 00時50分43秒 | Weblog
研究領域:オペレーションズ・リサーチ
公募人員:教授または准教授
採用年月日:平成30年(2018年)4月1日
応募期限:平成29年(2017年)10月31日(火)必着

詳細は以下をご覧ください.
http://www.u-hyogo.ac.jp/biz/faculty/koubo2018.html
コメント
この記事をはてなブックマークに追加