ぼくの近代建築コレクション
東京の都心と下町を中心に、戦前に建てられた古い建物の写真を投稿していきます。
 




明治座。中央区日本橋浜町2-31。1990(平成2)年5月27日

1958(昭和33)年3月に開場し、1990(平成2)年6月まで使われた旧明治座。当ブログ前回の歌舞伎座で吉田五十八(いそや)を知ったわけだが、彼の作品の中に「1958年 明治座復興増改築(東京都中央区/現存せず)」があり、これなら写真を撮っているので、ついでにそれを公開するわけである。閉場する1か月前の撮影だ。垂れ幕では「明治座5月薫風公演/花は散らない」の最終日で、次の上演は高橋秀樹の「桃太郎侍」。そして6月28日、高橋英樹特別公演をもって閉場となる。

元々、明治座は久松警察署の向かい側、浜町川に向いたところにあったが、関東大震災後、現在地に移って1928(昭和3)年3月に新装開場した。この洋風の劇場の写真は割とよく目にする。昭和20年3月10日の空襲で、明治座に逃げ込んだ人々が大勢焼け死んだことはよく知られている。何人の人が亡くなったのかはっきりしないようだが、『東京都の空襲被害データ』では、「明治座避難者数百名焼死」とある。中央区全体ではこの日の死者は1275人だ。
戦後の復興は、新田建設や浜田屋(料亭)が中心になって株式会社明治座を設立したことから始まる。松竹から所有権を譲り受け、劇場を再建して1950(昭和25)年12月に開場。この時の建物の写真をいまだに見ていない。それが1957(昭和32)年4月に漏電による火災で焼失。写真の建物は焼失した建物の基礎の上に建っているという。



明治座(南東側の正面)。1990(平成2)年5月27日



明治座(北西側の裏面)。1990(平成2)年5月27日

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





永井印刷。中央区日本橋人形町1-4。1987(昭和62)年5月31日

手前の通りは芳町通り。左へ行くとすぐ人形町通りとの人形町交差点。現在はパチンコ百億のビルを中心に周囲の家屋をまとめて「人形町センタービル」(1994年3月築、9階地下2階)が建ち、百億もそこの1・2階に入った。それが昨年2月15日で閉店して、今はローソン、磯丸水産(海鮮料理)、トレーニングジム等になっている。
永井印刷は『大正元年日本橋区地籍地図』に写真とほぼ同じ位置、当時の元大坂町に「永井活版所」の記載があるがはたしてそれなのかどうか。昭和30年頃の火保図では「三葉印刷KK」である。



永井印刷、清心丹薬局。日本橋人形町1-4。左:1990(平成2)年12月16日、右:1986(昭和61)年9月7日

左写真の永井印刷から奥へ、相模屋豆腐店、清心丹薬局住居、同店舗。百億の左後ろの縦長窓は人形町郵便局。永井印刷の、横丁の向かい側の塔屋のある建物は中村眼鏡店だった家。
右写真は清心丹薬局のほうから芳町通りのほうを撮ったもの。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )





萬武染工所。中央区日本橋人形町1-5。左:1985(昭和60)年4月29日、右:1986(昭和61)年10月12日

人形町通り商店街の1本西の裏通りにあった銅板張り看板建築の家。左写真の白い壁の家が現在は日本橋人形町郵便局が入るビルになっている。
後ろは入母屋屋根の3階建て。普通は前にあるベランダが横についている。写真ではなんの商売をしているのだか分からないが、出入り口左の出窓のような部分の壁(右写真ではベンチが立てかけてある)に「萬武染工所」の木の看板が下がっている。『下町残照』(村岡秀夫著、朝日新聞社、1988年、1500円)によると、昭和60年の取材では店主は6代目。江戸時代は「おん紅どころ、萬屋武兵衛」と称した。廃業する前は絹糸を染める仕事を主にしていたという。
1987(昭和62)年に取り壊して現在の「萬武ビルディング」(6階建てオフィスビル)が1990年5月に完成した。
左写真右の家は料理屋だか料亭のように見える。昭和30年頃の火保図に(当時の住所は芳町1丁目6番地)「吉鶴」というそれらしい名前があるが、住宅の記号がついている。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





理容 浪花軒。中央区日本橋人形町2-26。1982(昭和57)年8月29日

写真左のタクシーが走ってくる通りは芳町通りで、左端に写っているビルは「NTT茅場兜電話局」の新館。そのビルの手前、浪花軒の向かい側には、大正14年に建った旧館があった。写真手前の通りは大門通り。
当ブログ前回の太田屋染物店の左のビルの二階が浪花軒という理髪店なのだが、写真の浪花軒はその旧店舗である。大門通りの斜向かいに移ったわけで、昭和61・2年のことである。写真の建物は戦後すぐ、間に合わせに建てられたバラックが残っていたのかもしれない。正面の写真を撮っておかなかったのが残念だ。現在は「オリコ人形町ビル」という9階建てのオフィスビルが建つ。
店のHPには「since1887」とあり、明治20年創業である。『大正元年日本橋区地籍地図』(中央区沿革図集[日本橋編])に、写真と同じ場所、浪花町一八番地に「理髪浪花軒」で記載されている。
浪花軒の後ろに日通のマークがある建物は「日本通運人形町支店/ヤマトインターナショナル東京支店人形町別館」。日通が建つ前は「人形町大映」と「人形町武蔵野館」という2棟の映画館が並んでいたところだ。昭和40年頃にはなくなっていたような気がする。現在は「NEX人形町ビル」(1991年7月築、12階地下2階)というオフィスビルに建て替えられた。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




太田屋染物店。中央区日本橋人形町2-7
1987(昭和62)年5月31日

当ブログ前回の小林果実店の建物の大門通り側の隣の家。モルタル仕上げの看板建築だが、商売にふさわしい和風の表面のデザインが施されている。モダンなデザインにも見えるが、和風のファサードの看板建築は割と珍しいと思う。軒下の中央のマークは富士山の下に「太長」の字を入れたものらしい。その下の字は、1行目が読めなかったのだが、samatsutei様にコメントでご教示いただき、「美術/染物あらひはり」と判明した。
バイク呉服屋の忙しい日々>洗い張り職人 太田屋・加藤くん(1)(2013.05.19)』に太田屋のことが紹介されていた。甲府市の松木呉服店から発信しているブログである。洗い張りの仕事がどういうものかなんとなく分かるが、同時に着物を着ることが贅沢なものなのだな、ということも分かる。当記事によると「太田屋」という屋号は初代が修行した浜町の店の名前で、明治25年に暖簾分けしての創業である。今は四代目という。需要を見込んで芳町の花街に出店したわけだ。創業時から戦前までは大変な忙しさだったのではないかと想像できる。
太田屋は、今は近くだが甘酒横町の裏手に移っているが健在。マークの文字が「大増」と変わっている。

下の写真は太田屋を中心にした家並み。写真右端が芳町通りとの交差点で、その角に小林果実店、同じ建物の青い日よけは「パーラー桃山」、街路樹で隠れた太田屋の左は「純喫茶Doll」。上の写真ではドールがビルに建て替わっている。



純喫茶Doll。日本橋人形町2-7。1985(昭和60)年4月28日

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )






小林果実店。中央区日本橋人形町2-7
上:1985(昭和60)年4月28日
左:1986(昭和61)年8月24日(?)

芳町通りと大門通りとの交差点。1986年の住宅地図では電話局前交差点とあるが現在はその表示板はない。当時は小林果実店の斜め向かい側はNTTの茅場兜電話局だった。
小林果実店はたぶん明治期の創業である。『大正元年日本橋区地籍地図』(中央区沿革図集[日本橋編])に、写真と同じ場所、住吉町九に「小林果物店」で記載されている。
交差点に向いた隅切り部分が正面で、芳町通り側の面がないから、かなり細い建物だ。同じ建物の後ろは、当時の地図では「桃山」というスナックだか喫茶店だったらしい。
いつ廃業したのか分からないが、今は2枚目写真の中央内科クリニックのビルの下屋のような平屋の建物が建って、その医院が使っている。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





古川好美堂。中央区日本橋人形町3-13。1985(昭和60)年4月28日

人形町交差点角のTT-2ビルの裏を入ったところで、右の通りが芳町通り、その向かい側に白く写っているのが京樽の店舗。蔵のあるのが「古川好美堂」、芳町通りとの角がそばの寿々木屋。この2軒は今も変わらないが、寿々木屋は建物を少し改装して、今は「きしめん」を売りにした立食いそば屋といった店になっている。
古川好美堂の蔵は戦前から建っていたと思われるが、店舗の方は戦後のもの。信玄袋などの袋物の製造と販売の店だった。写真の頃はどうだったか分からないが今は廃業したようだ。昭和8年の火保図に「古川」で載っている。



サクライ美容室、松寿し。日本橋人形町3-9。1987(昭和62)年4月5日

古川好美堂の斜め向かいになる。写真左の「サクライ美容室」の左が玄冶店の路地との角。写真の通りは人形町通りと大門通りとの間をそれらと平行に南北に通じている。関東大震災後の区画整理で新しく通された道路である。東京大空襲ではこの辺りでは、この裏通りの東側までが焼失したようである。
写真の家並みは今もそのまま残っている。サクライは「ヘアサロンステファン」に変わった。「松寿し」は1階を住居の造りに改装したが、2階から上は洋風看板建築の造りを残している。その右は二軒長屋で、左側の「達ちゃんオムライス」は閉店したという。右の「くじらい」(居酒屋)は健在。3階建てのビルの1階は今は「ポニークリーニング店」。その右は「新和ビル」。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





キクヤカメラ。中央区日本橋人形町3-9。1988(昭和63)年4月24日

人形町通りの人形町交差点の北で、写真右に有名なうぶけやがある。写真右端のビルは次田株式会社東京支店のビル。このビルは寄席の人形町末広が1970(昭和45)年1月20日で廃業した後に、その周囲の木造商店などをまとめて建てられたビルで、1971年5月竣工。今は再度建て替わって2004年7月に建った読売ISの本社ビルになっている。
横丁との角の建物は一応看板建築になるのだろうか。建物の左は写真では空き家のようだが、伊原紙店だった。
建物右のキクヤ(喜久屋)カメラは末広の右にあったのが、次田ビルの建築で移ってきたもの。それ以前は「北上電気店」。現在はつけめんの孔雀軒という店が入っている。
横丁側の新興電気(新興ビル)、角の看板建築、うぶけやの3棟が現存している。



うぶけや刃物店。日本橋人形町3-9.1984(昭和59)年1月

うぶけやは天明3年(1783年)創業の打刃物(日本刀などの製造技法を受け継ぐ伝統的な鍛造法で造られた刃物)の老舗。建物は昭和2年の建築という。入母屋造りとも数寄屋風ともいわれる店舗の造りは東京の商家としては珍しいかもしれない。『まち日本橋>日本橋ごよみ>うぶけや(2013.02、28号)』には「店内の総桑でつくられた大きな陳列棚や、唐傘天井が見事だ。昭和50年頃に改装した際には、これらのしつらいを保管しておき、完成後にそっくりそのまま移設したのだという」とある。この店構えから商品の確かさが伝わってくる。



1967(昭和42)年頃の人形町通り

当ブログの『伊勢龍商店』で、1967(昭和42)年の神田祭の神幸祭巡行と推定した写真の別ショット。人形町通りのわりと広い範囲が写っている。店名は右から、「土橋刃物店、キクヤカメラ、人形町末広、翁薬局、うぶけや」。その左は写真からは確認できないが「北上電気店、伊原紙店」だろうか。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





左:伊勢龍倉庫。中央区人形町3-8。1983(昭和58)年10月
右:橘稲荷神社。人形町3-8。1986(昭和61)年8月24日

旧伊勢龍ビル(現・人形町ミハマビル)の横の路地は歌舞伎、あるいは「お富さん」で知られる玄冶店(げんやだな)があったところとされ、人形町通りの歩道の車道際に「史跡 玄冶店」の碑が置かれている。寄席の人形町末広の後に次田株式会社東京支店のビルが建つ以前、昭和45年までは、この路地の両側とも戦前に建った木造の家が並んでいたと思われる。
現在は玄冶店の路地の人形町通り側の入口の北側は次田ビルが建て替わった読売ISの本社ビルで、その後ろはGoogle地図では空き地だが2016年2月のストリートビューではオフィスビルが建っている。空き地の北側の「スペース」という会社のビルが増築したのかもしれない。というわけで、今や玄冶店跡はビルに挟まれた普通の都心の路地になってしまった。
左写真のタイル貼りの家は伊勢龍の倉庫。その左に長屋風の家で、写真では麻雀禧味(きみ)。
右写真は路地を出た裏通りとの角にある橘稲荷。TT-2ビル(1990年8月竣工)の建設に合わせて造り直されたが同じ位置に今もある。昔の橘稲荷などはだれも写真に撮っていないだろうと、へたくそな写真を載せたわけだが、『昭和の風景写真日本橋人形町・兜町』に1960年代前半の頃と思える写真が載っている。それには祠がちゃんと写っている。



越路。人形町3-9。1985(昭和60)年4月14日

玄冶店の路地の北側にあった喫茶店。『東京カフェ案内>越路』によると、昭和31年の開店という。そして『純喫茶コレクション>越路』によると、2008年6月27日で閉店している。わりと最近まであった店だ。1970年頃には人形町通りの向かいにも店を出していたように覚えているが正確な場所は分からない。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





伊勢龍商店。中央区日本橋人形町3-8。1984(昭和59)年10月

人形町通りの人形町交差点の間近にあった出桁造りの商家。伊勢龍は明治6年創業の老舗の陶器店。看板には「美術陶磁器」と入れている。二階の前面にベランダを設けたわりとよく見るタイプの商家だ。細部に和風の装飾が施されているが、それも含めてほぼ全面的に銅板を貼っているのが特徴だ。右の白漆喰と思われる壁の造りは増築したものだろうか。
どういうわけか、洋風建築をリストアップした『日本近代建築総覧』に「伊勢龍商店、日本橋人形町3-2〈1980年頃に住居表示変更があり、現在は日本橋人形町3-8〉、建築年=昭和2年〈1927年〉、設計=(大工)、施工=-〈不明〉、備考=純和風」で載っている。
現在の建て替わったビルは1986(昭和61)年4月の完成で、伊勢龍ビルとか伊藤ビルといった。現在は「人形町ミハマビル」という名称である。伊勢龍はビルの運営がうまくいかなかったらしく、ビルを手放して水天宮の先に移転した。水天宮参りの土産物なども置いているようだ。
写真左下に文字が白く飛んでしまっているが、2枚の掲示板が写っている。建物の左角はショーウインドーでその上に出ている。右が「建築計画のお知らせ」、左は「玄冶店と橘稲荷由来記」。歌舞伎、あるいは「お富さん」で知られる玄冶店(げんやだな)は元は借家のことから地名に転化したものだが、伊勢龍横の路地一帯の辺りにあったとされる。橘稲荷は路地を抜けた裏通りとの角にある。現在は歩道の車道際に「史跡 玄冶店」の碑が置かれている。



伊勢龍商店。日本橋人形町3-8。左:1982(昭和57)年7月31日、右:1983(昭和58)年10月

右写真で子供が立っているのは次田株式会社東京支店のビル。足元の石の板は「寄席/人形町末広跡」の石碑。次田ビルは、人形町末広が1970(昭和45)年1月20日で廃業した後に建てられたビルで、1971年5月竣工(『言いたい放題>「末広」か「末廣」か?』)。その後次田ビルは建て直されて、現在は2004年7月に建った読売IS(インフォメーションサービス)の本社ビルに替わっている。石碑はそのビルの玄関脇に移されている。



神田祭の神幸祭巡行が人形町交差点にかかろうとするときの記録である。妻のアルバムにあったものだが撮影日が不明。都電が運行しているので1969(昭和44)年より以前である。写っている自動車は1965年頃の形式なので、1967(昭和42)年である可能性が高い。
写っている建物は左から、人形町末広、喜久屋カメラ、土橋刃物店。玄冶店の路地があって伊勢龍商店、たばこも売っているのが上方屋玩具店、島村洋菓子店。その右が交差点角の東京銀行

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ