日常散策

日々の記録とその他のこと

近江八幡。アンドリュース記念館。

2016年12月04日 | 近代建築


 アンドリュース記念館。昔のYMCA会館です。
 


 1907年築。「神に任せよ」のヴォーリズ自筆の額があって感激。ヴォーリズ建築第1号。



 医院だった、M邸。



 ヴォーリズ記念館。見学予約制。月・祝は休み。

 次はハイド館を目指します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

近江八幡。ウォーターハウス記念館。

2016年11月26日 | 近代建築


 近江八幡、池田町洋館街のウォーターハウス記念館に行って来ました。
 1913年築で、もちろんヴォーリズ建築です。
 2009年に改修されて、たまに公開されているそうですが、吃驚したのがお隣の吉田邸も外観見学が可能となっていたことです。



 すごく綺麗に改修されています。



 奥には、移築された和館もあります。



 お隣の吉田邸。今は外観だけですが、内部公開も検討されているそうです。楽しみ。



 ベランダにはこんなタイルがありました。かわいいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

近江八幡。ヴォーリズ巡り前。

2016年11月24日 | 町あるき


 旧八幡郵便局へ行く前に、三松に寄ると、あのまぼろしの本もろこの佃煮がありました。わかさぎの方が。。との方もいらっしゃるかもしれませんが。。



 えび豆。大好きですよ。えびを噛むとじわっと甘い汁がほとばしります。



 〆はこれも琵琶湖産のしじみで。

 次はフナ鮓ですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イケフェス 2016! その3 住友本店~青山ビル

2016年11月20日 | 近代建築


 三井住友銀行大阪本店ビル。営業フロアを今年も拝見しました。何度見てもすばらしいです。
 何とか撮影出来るようにお願いしたいものです。



 ステンドグラスの応接ロビーは撮影可。



 芝川ビル。4階テラス。カフェ開催前でした。



 伏見ビル。ショップが入っているので、何時でも入れると云えばそうなんですが、オーナーの愛着が感じられるビルです。



 お隣の青山ビル。ビルの裏側なども見れました。ふ~ん、なるほど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イケフェス 2016! その2 中央電気倶楽部~リバーサイドビルディング

2016年11月13日 | 近代建築




 駅ビルから土佐堀方面へ向かいます。途中にある中央電気倶楽部。散髪屋さんが地下にあります。



 川沿いに建つ、リバーサイドビルディング。1965年築。岸田日出刀。
 安田講堂の方です。



 歩道橋が架けられて、見学には丁度具合良し。



 階段の手すり。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

名古屋明治屋

2016年11月07日 | 東海の近代建築


 名古屋明治屋。昭和13年。清水組。



 3階から上は貸店舗として計画されたそうです。京都の明治屋も変わった建物があると思っていたら、すぐに建て替えられてしまいました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イケフェス 2016! その1 マヅラ~King of Kings

2016年11月07日 | 近代建築


 イケフェス。また、行って来ました。



 大阪駅から近いので、今年もまたマヅラへ。モーニングで本日のコースを検討。



 同じフロアなんで、King of Kingsも覗きました。今度は営業時間に行きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都ハリストス正教会

2016年10月30日 | 近代建築


 京都非公開文化財特別公開が、10月28日から11月7日まで開催されていて、ハリストス正教会も初めての公開となりました。
 イコノスタスと云う正面のパネルが見どころです。

 一部屋拝観800円が高いか安いかは、人それぞれですが、見せて戴いたと云うことで満足です。
 


 他に社寺など21カ所ありますので、全部行くと所帯が荒いですが、興味のある方はと云うことで。

 来週は生きた建築開催。近江八幡のヴォーリズ建築特別公開もあるらしいので、久しぶりにがんばって廻りましょい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リコーフレックス7

2016年10月23日 | 写真機


 1954年発売開始のリコーフレックス7です。
 当時、高価だったカメラを55年からは6800円で販売して、あまりの人気に生産が追い付かず、プレミアムが付いたそうです。

 シャッタースピードは、B ・25 ・50 ・100の4種類だけの簡易版。でもこれだけ写れば皆満足だったでしょう。

 壇密さんの実家の愛機で、修理をこの道では有名な早田カメラさんに依頼して、撮影する番組がありましたが、わたしは、シャッターとか、レンズとか二台をの良い所取りをしてしまいました。今は安くて、構造も簡単なので、興味のある方は楽しめると思います。





 生駒ビルとガスビル。



 ピントもこの通り。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

川崎重工創立120周年記念展 飛燕

2016年10月22日 | 町あるき


 記念展の目玉展示は、修復なった旧陸軍の戦闘機飛燕。
 液冷で、スマートな機体です。





 横から見ると、やはりドイツ戦闘機に似てます。エンジンはライセンス生産でした。



 当時の日本は、液冷エンジンに慣れていなかったので、整備等に苦労したとか。
 家の父親は、勤労動員で、生産にかかわっていたと言っていました。

 11月3日まで、神戸ポートターミナルで公開中。近代建築ファンには建物も魅力的だと思いますが、昔行けた所に行けなくなっているような。。よく分かりませんが、探訪してみて下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マッチラベル。アルサロなど。

2016年10月14日 | パンフレットなど


 今のナビオの所にあった阪急航空ビル。地階にはビヤホールがありました。



 アルサロ。処女苑。令女プールも良いネームです。



 キャバレー日乃丸。夕方5時から8時はたそがれサービス。下記の本によると、キャバレーはお客とホステスが踊れる広い踊り場があって、ダンスをするためにバンドを入れ、さらにショーも出来る社交場がキャバレーで、踊り場もバンドも無ければサロンの許可しかおりないとあります。


昭和キャバレー秘史 (文春文庫 PLUS)
昭和キャバレー秘史 (文春文庫 PLUS)福富 太郎 文藝春秋 2004-03-12売り上げランキング : 604320Amazonで詳しく見る by G-Tools
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

BE-PAL(ビーパル) 2016年 11 月号

2016年10月10日 | 読書
 BE-PAL(ビーパル) 2016年 11 月号は、35周年特別付録で創刊号付きで発売中ですが、山道具の変遷がやはり興味深いです。



 こちらは、ヘッドランプ。登山では必携とされている物の一つです。早朝と云うか、夜明け前に歩く時とか、消灯後のトイレなどで使います。昔は豆球で、今は当然LED。電池込みで74gですね。最新式は。



 雑誌のものは、単3電池4本使用のものですが、わたくし所有は2本使用のタイプです。多分もっと大きな奴から買い替えたと記憶します。今はLEDのを使ってますが。
 次はザックを買いたいです。

BE-PAL(ビーパル) 2016年 11 月号 [雑誌]
BE-PAL(ビーパル) 2016年 11 月号 [雑誌]
小学館 2016-10-08
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天牛書店 秋の万博本フェア

2016年10月10日 | パンフレットなど


 天牛に寄りましたら、万博本フェアが開催中。パンフなどもわたくし的感覚では安価で販売されていました。



 万国博ホールでのポピュラー催物プログラム。
 セルジオメンデスやタイガースなど。



 アサヒカメラの70年1月号。万博の特集号かと思ったらそうでもありませんでした。ペンタックスはSPが主力製品。



 万博協会の博覧会概要案内。68年10月発行ですが、デザインも含めほぼ出来てます。

 太陽の塔の内部公開への応募者数の倍率がすごいとのこと。前回の公開で行ったので、もう良いのですが、改修後を楽しみにしてます。

 二十世紀少年ではありませんが、大阪で再度開催するなら、一つ位は、前回の再現パビリオンをこさえて欲しいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

デートスペシャルなび

2016年10月05日 | 写真機


 デートスペシャルなびの表紙が有村架純さんで、手にはニコンF2でした。



 これってすごく良いカメラなんです。ニコンは色々持ってますが、やはりどれかを選べと言われるとこれになります。
 露出計が壊れているのが多いのがたまに傷ですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天下無双の建築学入門

2016年10月02日 | 読書
 以前に買った本で、読んでなかった本をぱらぱら。

 縄文時代には、どのような家(巣)に住んでいたのかなどなど。
 気になったのが、「アサガオ復活への主張」。

 雨戸、ベランダはデザイン上の理由で、建築家には好かれていないらしいですが、小便器であるアサガオは、男性用であることから無くなって行ったとか。
 スペースの関係もあるのでしょうが、わたくしも復活を主張するものです。

 理由はこぼすからですね。家のとある高齢者が、どうしても座ってしないので、汚すのであります。掃除がたいへん。。

 多少、目標が外れてこぼれても大丈夫な小便用便器とトイレスペースをこれから新築される方々には設置することをお勧めします。何時かは年取りますから。トイレも水洗いが可能ならば、タイル張りにするとかが、より良いですよ。我が家も何とかならないかな。


天下無双の建築学入門 (ちくま新書)
天下無双の建築学入門 (ちくま新書)藤森照信

筑摩書房 2001-09-19
売り上げランキング : 79053


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
コメント
この記事をはてなブックマークに追加