ぼくの近代建築コレクション
東京の都心と下町を中心に、戦前に建てられた古い建物の写真を投稿していきます。
 



出久根達郎の『笑い絵』という小説を紹介する。文春文庫で1998年11月に出ている。742円。単行本は1995年の出版。

二笑亭という建築ファンには知られた建物が登場するので当ブログのテーマにも関連する。「笑い絵+二笑亭」でネット検索したが、両方のキーワードが出てくるサイトはないようだ。文庫の倉本四郎の解説では二笑亭(小説では「可笑亭」)に言及されていて式場隆三郎― 式場病院本館 式場邸―の名前も出ている。ただしなぜか、「参考文献」には『二笑亭綺譚』は載っていない。可笑亭のなかを探検する場面で内部の様子が書かれているが二笑亭とどのくらい一致するのかは知らない。

「笑い絵」とは春画のこと。小説の時代は昭和6~8年で主に東京の本所・深川が舞台である。小学校の教師を首になって紙芝居屋になった男が主人公で、正体不明の富豪に頼まれて春本を書くことになる、というストーリー。ミステリーの範疇に入ると思う。
舞台がぼくには割りと把握しやすい地域なのがうれしい。筋書きとは直接関連するわけではないが、会話などに出てくる事件が当時の世相を映し出して興味を引かれる。黄金バット、煙突男、坂田山心中、大杉栄(小説では大松盛)虐殺事件―8年前の事件だが可笑亭に隠れ住んでいる男が目撃する―、玉ノ井バラバラ死体事件、白木屋デパートの大火。 丸の内ホテルで食事をする場面がある。人形町の ユニオンダンスホールが会話の中で出てくる。
小説は主人公が乗った日満連絡線の新造船うすりい丸が大連に着く前で唐突に終わっている。そんな小説は困ると言われるかもしれないが、読みの足りないぼくが感じただけだ。こういう小説をもっと読みたい。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





古いスナップ写真。1956(昭和31)年9月

当ブログの内容とは関係ない写真で申し訳ないが、今回は本編は休憩ということで。写真の人物は当ブログの「MY PROFILE」の写真の女性。つまりぼくの母、関口(旧姓)百合である。もう亡くなって何年になるだろう。ということで、たぶん写真を公開しても文句はでないと思う。
場所は昔、我が家があった鵠沼海岸(神奈川県藤沢市)で、サンダルを突っかけただけだから家のすぐ前だと思う。後ろの道路は湘南海岸沿いの134号線。土地の人は「遊歩道路」といっていた。調べてみると、湘南遊歩道路は1931(昭和6)年に工事が始まっていて、1935(昭和10)年7月に開通し、渚橋と鵠沼橋の渡り初めが行なわれたという。ぼくは意味も解らず「ユーホー道路」と言っていた。国道134号線になったのは1953年のことだ。
関口百合は当時36歳、3児の母である。自分で言うのもなんだが、もう少し若く見える。ぼくは中学1年だった。

コメント ( 9 ) | Trackback ( 0 )




ぼくが20年くらい前から撮りためた、戦前に建てられた建物の写真を中心に公開します。すでに取り壊された建物が多く、一般には現物が見られない建物には興味がひかれないかもしれませんが、資料としての意味があるだろうと思います。ただしぼくは、建築や地誌に関して専門に勉強したわけではなく、素人の趣味ですので記述したことが正確かどうかは保障できません。
写真は一眼レフカメラで撮ったものも混じりますが、ほとんどはいわゆるバカチョンカメラで撮ってサービスサイズに焼き付けたものをスキャナで取り込んだものです。
地域は東京の都心と下町が多く、かなり偏っています。ぼくの行動範囲がごく狭いせいです。

簡単に自己紹介をしておきます。ぼくは1943(昭和18)年、東京で生まれ、すでに定年退職して年金でひっそりと余生を送っている中高年(高老年か?)です。以前はCTS(コンピュータ・タイプ・システム)組版の会社でオペレータ的な仕事をしていました。住居は、最初の15年を藤沢市鵠沼、次に中央区日本橋蛎殻町でやはり15年、その後は江戸川の東に移って今に至っています。
それではプロフィールの写真はいったい誰だ?ということになりますが、あれは母の関口(旧姓)百合で、ブログの顔になってもらいました。昭和33年撮影の写真なので、38歳のときのものです。

ブログに関してはまったくの初心者です。「誰でもすぐできる」らしいので、マニュアル本一冊とヘルプを頼りにとにかく始めてみます。

写真は浅草消防署(台東区浅草橋3-10)。たぶん1987年6月の撮影。

2009.06.22追記
たまに当ブログに関してメールを頂くことがあります。最近、メールアドレスを変更したこともあり、わかりやすくここにメールアドレスを書き込んでおきます。
流一 メールアドレス:rsf72329@nifty.com km23721@gf6.so-net.ne.jp (2012.09.06変更) ryuw13@m.jcnnet.jp (2013.12.01変更) ryuw13@jcom.zaq.ne.jp (2015.07.04変更)


コメント ( 30 ) | Trackback ( 0 )