2014年2月号(通巻492号):目次


■市民活動総合情報誌
『ウォロ(Volo)』
2014年2月号・目次
(2月1日発行)
定価500円(年間購読10冊:5000円。2014年4月からは年度購読6冊:3000円)


《V時評》
「震災を伝える」とは

《特集》
「どうせ分かってもらえない」になる前に
~当事者による広域避難支援が見つめるもの


《私のボランティア初体験》
まちに前向きかかわる最初の一歩、ボランティア
 小阪亘(公益財団法人みらいファンド沖縄 代表理事)

《語り下ろし市民活動》
「ボランタリズムの精神」が“美しき幻”を現実のものにする②
 岡本榮一(大阪ボランティア協会 顧問)

《昼の月》
弱いがゆえに、美しい

《CRM入門講座》
「偽善」と思われないCRMとするには
 CRM(コーズ・リレーテッド・マーケティング)研究会

《この人に》
周防正行さん
(映画監督)

≪現場は語る≫
地域や施設のニーズから生まれた特技ボランティアの取り組み
 齋藤竜也(山形市社会福祉協議会 
 地域福祉部門 福祉のまちづくり係 主事 
 ボランティアセンター担当)

《東日本大震災 福島から》
防災の基本は、みんな仲良く
考え方で防災は地域づくにりなる
 掃部郁子(NPO法人うつくしまブランチ理事)

《トピックス》
日中韓のNPO/NGO関係者が集まって4回目のフォーラムを開催
 山岡義典(市民社会創造ファンド運営委員長)

《トピックス》
「共有」「つながり」、そして「これから私たちは……」
 3.11から1.17へ ~若者たちが語り合う震災と未来~

《私の未来予想図》
貧困とひとりぼっちのない社会を
今の子どもたちと市民でつくる
 村井琢哉(山科醍醐こどものひろば理事長)

《わたしのライブラリー》
「家族」を選ぶということ ~その苦悩が開示する可能性

《うぉろ君》
「グリーンウォッシュ」って?
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 2014年2月号(... 2014年3月号(... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。