京都の長岡京市会議員の小原明大(おはらあきひろ)です。九小・三中・西乙・神戸大卒。ツイッター・FBもお願いします。
おっはー!



一般質問の報告、その2です。


弾道ミサイルへの対応の広報については、市トップページに出ています。全国各地同様です。

隣県では、学校で弾道ミサイル対応の文書を配り、子どもたちに大変な不安が広がったそうです。


そして避難訓練が、各地でやられています。






毎日新聞ニュースより)


原発事故のときは、放射性物質が飛んでいても、不安をあおると言って知らせなかった政府が、飛んでもこないミサイルについてはしつこく広報する。ほんとうにモヤモヤします。

本気で飛んでくるというなら、こんな訓練子どもにさせてないで、シェルターでも設置する予算措置をしろ!



話はもどって、今回は、質問の文章ほぼそのまま載せてみたいと思います。

ではスタート!



質問の一点目は、「弾道ミサイル」に関する広報についてです。

日本共産党は、いかなる国や勢力であっても、武力行使や武力による威嚇で、人々の命や平和への願いを踏みにじることは許されないと考えます。

この間の北朝鮮によるあいつぐ弾道ミサイル発射については、国連安保理決議や日朝平壌宣言にもそむく暴挙であり、その都度厳しい抗議の意を表明してきたところです。

同時に、この核やミサイル開発をやめさせていく道は外交交渉にしかなく、アメリカや韓国などからも生まれている対話をめざす機運を生かし、6か国協議の再開も含めた外交交渉を実現していく、経済制裁の強化もその目的意識で行うことが必要です。

対話を求めず軍事的側面に傾倒する安倍政権の姿勢は国際的にも異常です。



その安倍政権はこの間、全国の自治体に対し、2度にわたって事務連絡をしてきました。

「弾道ミサイル落下時の行動について、住民への広報を充実させよ」というものです。

内閣府のHPにリンクをするだけでなく、自治体のHP上にも文章をこのように書きなさいとか、かなり細かい指示をしています。


本市はそれを受け、ホームページでの広報を行いました。

当初は「北朝鮮に関する政府発表について」というタイトルで、現在は「弾道ミサイル落下時に関する政府発表について」というタイトルで、「重要なお知らせ」としてトップページに表示されています。

しかしリンク先の内閣府HPでは、頑丈な建物の中や地下に避難するとか、地面に伏せて頭を守るとか、サイルに対応するにはおよそ心細いことが書かれているにすぎません。

これは市民に大々的に知らせるほどの情報なのか。デメリットとのバランスを考える必要もあるのではないか。

そう感じましたので、いくつかの質問をさせていただきます。



<子ども等への影響をどう考えるか>

まず子ども等への影響です。

われわれ大人は、それなりに事態を客観的にとらえて、日本本土にミサイルを着弾させるようなことは常識的に考えにくいし、「考えたところで仕方がない、そのときはそのとき」などと受け流すこともできるでしょう。

しかし子どもだったらどうでしょうか。

テレビに加えて、政府や自治体までミサイルが飛んでくると言いだしたら、大変な不安とストレスを感じる子もいるのではないでしょうか。

子どもだけでなく、精神的に不安定な方などもおられます。ストレスで健康を害するようなこともあるかもしれません。そのような可能性についてどう考えますか。お聞かせください。


部長答弁
子どもを含めた住民の不安感を煽るのではないかと議論し、当初「北朝鮮による政府発表について」と広報した。しかし政府からより具体的に広報するように再度要請があり、マスコミも頻繁に報道しているので、「弾道ミサイル落下時・・」というタイトルにした。



<外交的な意味合いをどう考えるか>

この「弾道ミサイル」に対する広報は、防災に関する広報と似ているようで大きく違う点があります。個人や組織によって意図的に引き起こされる被害だという点です。

地震や津波、台風などと違い、弾道ミサイルは誰かが発射しなければ飛んできませんから、その危険について広報するときには、誰かが撃とうとしているという前提がついてきます。

すなわち、「北朝鮮がミサイルをいよいよ撃とうとしていると認められる」ということを、日本政府や自治体が広報することになります。


ただ内閣府のHPでは、弾道ミサイルを誰が撃ってくるか、主語は抜かれています。北朝鮮という単語が出てくるところも、「場合」という例示で述べています。


しかし本市は初動の段階で、「北朝鮮に関する政府発表」と表示しました。

国連決議に反する暴挙をくり返し、威嚇的な発言をくり返している国だとはいえ、宣戦布告をしているわけでもない国について、「ミサイルを撃ってくる」と、市として名指しで広報したことになると思いますが、そのことの外交的な意味合いをどう考えますか。お聞かせください。



部長答弁
一自治体が特定の国を名指しすることについては、もう少し外交的配慮があってもよかった。今後は適切な対応に努めたい。



<広報が特定の国や民族への反感を市民に広げる危険をどう考えるか>

社会的批判の広がりにもかかわらず、ヘイトスピーチは今もなくなっていません。

むしろネット上での特定の国家や民族への蔑視は深刻化しているようにも見えます。

今のように北朝鮮情勢が緊迫していた約20年ほど前、チマチョゴリを来た女子に危害を加える事件が多発したことがありましたが、そういった事象が再燃することを私は恐れます。

本市にも、朝鮮半島にルーツをもつ市民は多数おられます。


信頼できると思われている政府や自治体が、北朝鮮がミサイルを撃ってくるという広報をしても、朝鮮半島の人々への反感が広がらないと言い切るのはむずかしいと思います。

また、民族蔑視の思想を行動に移している人間にとっては、政府や本市の広報はお墨付きを与えるものになっていないでしょうか。

特に子どもへの影響を心配するものですが、本市として、広報が特定の国や民族への反感を市民に広げるのではないかということをどう考えますか。お聞かせください。



部長答弁
これまでもミサイル発射の度、市町と議長の連名で抗議声明を出してきた。差別的意識については、全庁的な人権啓発活動の中で差別のない意識の醸成につとめる。



<小原再質問(要望)>

いろいろお考えになったのはわかったが、結局この広報で起こりうる影響について直接のフォローはしていない。今後よく検討してほしい。

(以上)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




一般質問しました~。

先日「え???」と紹介した「道の駅的施設」構想についてです。(市の構想へのリンクはりました)

先日のブログはこちら





当初、あんまり否定から入らず、冷静に材料をそろえるつもりで質問を書きました。



まず第一回目の質問。


①平成27年度の議会で、道の駅的施設の検討をすすめる場として、「若手職員ワーキング」「地産地消推進協議会」「商工会や観光協会、JAなどでの検討組織」があげられていましたが、市の出した「構想」にはその議論が出てきません。そこで、この3組織の議論の成果を尋ねました。


市長答弁は
「若手職員ワーキング」・・・まちの活性化に結びつくシンボル的な魅力ある施設をテーマに目的やターゲット、課題について議論した。
「地産地消推進協議会」・・・直接「道の駅」の議論はしていない。
「検討組織」・・・立ち上げていない。   



②次に、「年商6億円」「土地2万㎡、建物3千㎡」「家賃や物販手数料で年1億2千万円」等の根拠を尋ねました。


市長答弁は
「上質」「ほんもの」がテーマのため、類似施設を参考にしつつ少しグレードが高いものを売り出す想定で試算した。家賃や物販手数料は売り上げの20%で試算した。



③次に、「農林業センサス」では長岡京市の年間売り上げ5百万円以上の農家は18(3百万円以上なら34)であり、品ぞろえはどうしてもよその作物になる。いまの地産地消を発展させる取り組みの方がいいのではと提起しつつ、「道の駅的施設」でどのように農業振興につなげる議論をしているのかを尋ねました。


市長答弁は
これからの農業は高付加価値化が必要。道の駅は高付加価値化を実現する一つの手法



④そして、「道の駅的施設」ができるのはまちがいなく市街化調整区域と思われるので、「農業振興」とは裏腹に開発の流れを起こさないかという点について尋ねました。


市長答弁は
懸念する声もあるが、期待する声もある。



⑤また、構想にある「オーガニックレストラン」や「カジュアルカフェ」って家賃1千5百や2千も払って誰がするか、よその人ばかりが儲けたのでは意味ないと言いつつ、「道の駅的施設」でどのように商業振興につなげる議論をしているのかを尋ねました。


市長答弁は
まずは巻き込んでいく努力が必要。



⑥さいごに、損が出たらたちまち市民の負担になると指摘し、リスクに対する市長の認識を尋ねました。


市長答弁は
構想の数値そのままやろうというのでなく、あくまで議論のためのイメージ。リスクは市が全部負うのでなく、民間との協働が前提。しっかり考慮する。



これで納得いくでしょうか。そこで再質問を行いました。


この構想は、コンサルタント業者の出した報告書そのまんまです。マーケティングをもとに、こんなお店にと提案してるだけ。

市長は一般質問初日の答弁で、「農業振興、商業振興が第一の目的」と言いました。しかし農業振興も商業振興も、ろくに議論されていません。


しかしこの構想の冊子は「長岡京市」と書いてある。
構想というのは、市の意思としてこのようにやりたいんですと周囲に知らしめるものではないんですか。



市長が本気でこの通りやりたいというなら、はっきり言って市長の経営感覚を疑います。

しかしそうではなく、さっきの答弁のように単に議論のたたき台にしたいだけなら、今すぐ白紙撤回したらどうですか。もう一旦出した時点で十分たたき台にはなったでしょう。このまま市の方針としてかかげたままなら、むしろ議論のさまたげになるだけです。

構想は白紙撤回し、地元のみなさんと一緒に、地に足ついた農業振興・商業振興を練り上げてはどうですか。



市長は「市がコンサルに委託したのだから、市の構想とするのは当然。撤回しない」と言いましたが、あなたが「構想」として出してしまってるから、市民は「マジか???」と思っちゃうわけです。

安倍首相きもいりの「地方創生」がらみの交付金でやってるから、ひっこめるわけにもいかないのかもしれません。



なんか、「共謀罪」と似てる気がする。

あの国会審議のなかで、自公・維新の議員でも絶対「ちょっとこの法律おかしいとこあるな」とは感じてるはず。なのに誰も逆らわない。誰から見てもおかしいものが、粛々と通っていく・・・。

この「道の駅的施設」構想も、誰から見てもちょっと待てよという内容なのに、誰もストップかけない。
誰も腹くくらないままに、なんとなく既成事実になって、主体性なく実行するなんてことにならないように心から願う。
へたに進めていくと、「土地買うてくれんの」とかになって、利害が出てきちゃうんですから。


「共謀罪」強行に反対し緊急宣伝!






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ご無沙汰してすみません。あそびすぎて倒れそう。

そう言ってる間に、投票日が正式に決定!



もう4か月切った。走ります。
「あんた死ぬほどやったか?」山田ちえ子向日市議の名言を胸に・・・。



ですが、6月議会です。
いまやるべきテーマは山積。一般質問、我ながら豪華だと思います。
15日の午後になると思います。ぜひぜひ見に来てください^^



「弾道ミサイル」に関する広報について

・真に市民の安全につながるのか。子ども等への影響をどう考えるか
・外交的な意味合いをどう考えているか
・特定の国や民族への反感を広げる危険をどう考えているか


新庁舎整備構想、開田保育所あと地への民間収益施設整備構想について

・「1万6千㎡」ありきは都市計画の軽視ではないか
・「1万6千㎡、80億円」ありきにはせず、必要最小限の規模と費用を目標とすべきではないか
・「産業文化会館の移設」について
・開田保育所あと地に「スーパー」「ドラッグストア」「学習塾」などが公益性か


「道の駅的施設」整備構想について

・若手職員ワーキング、地産地消推進協議会、「検討組織」等でどのような議論が積み上げられてきたのか
・「年商6億」「2万㎡」等の数字の根拠について
・農業振興や商業振興とのつながりについて
・リスクに対する市長の認識について


次期水道ビジョンに向けて

・府営水道ビジョン中間改定について
・本市時期水道ビジョンに向けた取り組みについて
・浄水場の建て替え等で地下水活用の拡充をはかることについて



以前、市民と議会の意見交換会で、「通告要旨がわかりづらい」という声をお聞きして以降、中身が想像しやすいように努めています。

逆にあいまいなところは、まだ煮詰まってないまま通告している部分。

今日にはもう書いて出したので、あと2日ほど前倒ししたらいいだけなんですけどね・・。これができない(^^;


ほかの皆さんのも含めた一般質問通告要旨(pdfにリンク)






にしても「弾道ミサイル」問題、住民巻き込んだ避難訓練が全国で。

何ともいえない違和感・・・。




11日(日)、介護現場のみなさんの座談会します!

ぜひぜひお話を聞かせてください!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




東京レインボープライドに初参加してきました!(性的指向や性自認にかかわらずだれもが自分らしく幸福を追求できる社会をめざすイベントです)



↑すごい人出




↑参院議員・山添拓さん(5向小出身!)

衆院議員・池内さおりさんも!座間市議のもりや浩一さんとは党大会以来^ ^ほかにもわが社からたくさん来てはりました。もちろん他社からも^ ^



↑もりやさん



パレードはすげー人数。隊列が23あったそうで、何千人やろ。目の前の方が超イカシてたので、多くの人の写真に私もおさまったことでせうw






「HAPPY PRIDE!」と沿道からめっちゃハイタッチを求められる(私は遠慮して車道側にw)すんごく温かい空間でした。


「HAPPY PRIDE」 なんと訳すのがいいのだろう。深いなあと思います。


参加者がすごく国際的だった。あと、障がいのある方もけっこう見かけた。いろんな面で幅広い場になってるんやなあ。


あ、山添さんは何と2周したという!(最初のほうの隊列で歩くとゴールしたときまだ後ろが出発してないという)


え?何しに行ったって?決まってるやん、恵解山古墳のアピールでんがな。(せっかくのパレードなのに、なんもプラカとか作ってかなかった。後悔。)





イベントの雰囲気はこのニュースなどから↓

LGBTパレードのメッセージを読むと、幸せになるために必要なものがわかる
https://t.co/yIEJRIT5VM



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )







<↑クリックで動画表示>撮影し送っていただいた村上さん、ありがとうございました!



伏見の板橋小で行われた演説会、500人を超える盛況でした。長岡京市の6人の候補者も紹介され、私が代表して訴えました。


見るのもかったるいと思いますので、テキストもあげときます。

内輪向けに言ってるので、若干きつい部分はご笑覧くださいませ。



 みなさんこんにちは。長岡京市会議員団、団長の小原明大です。こんど新人で挑戦する広垣くんは小学校からの同級生です。6人全員当選へがんばりますので、よろしくお願いします。

 前回の市会議員選挙は、5人でたたかいました。今回は1人増やすたたかいです。


 1月にあった共産党の党大会では、全国の共産党地方議員がこの3年で100人以上増えたことが報告されました。そのうちの4人は、この京都3区です。

 さきほどご紹介いただいた、長岡の補欠選挙で定数2で通ったすみだ議員。伏見の赤阪さん、山根さん、そして上原さんです。


 この党大会で決めたのは、安倍政権を倒して、野党連合政権を本気でつくろうということです。本気で政権をとろうというとき、地方議員もたくさん必要なのは当然です。

 5人から6人、けっして楽なたたかいではありません。維新も2,3人出てきそうです。それでも、政治を変えたいと願うすべての人と力をあわせて、かならず勝利する決意です。

 その力で、上原さんの分もともにがんばって、京都3区から金森さんを押し上げましょう。よろしくお願いします。



 いま、安倍政権による地方創生というのが、行政をゆがめています。

 これから人口が減っていくから、施設やお店はまちの真ん中に集めます。へんぴな所に住まないでまちの真ん中に集まりなさい。市町村は観光客を呼んで稼ぎなさい、移り住んでくる人を増やしなさい。これが地方創生です。

 要は大っぴらに地方を切り捨てながら、まちの真ん中は再開発して企業にもうけさせる政策です。


 向日市でも、市役所と市民会館をまとめて建てかえるとか、JRの駅を大開発して儲けようという話が出ています。

 大山崎町でも、学童保育の施設を学校のなかに放り込んで、空いた土地に民間保育所を建てて公立はつぶすという方針に、ちょっと待てという署名が人口の8割ぐらい寄せられています。

 長岡京市では、市役所の向かいにあった保育所を小学校の中に放り込んで、できた空き地を企業に貸してもうけさせる方針です。さらに、わずかな農地を2万㎡もつぶして、20億円以上税金かけて道の駅をつくる構想が出ました。農家や商店街からも疑問の声があがっています。



 このように企業のもうけの開発に走る行政のなかで、保育所の待機児童はどんどん増えています。高齢者も、障がい者も、若者も、きびしく不自由なくらしをされています。

 京都市もそうだと思いますが、外から観光客を呼んできて稼がねばならんという行政の発想そのものが、実際に住んでいる市民のくらしがきびしいことを示しているんじゃないでしょうか。


 戦争や教育勅語ばっかり好きな安倍政権。そして開発ばっかり好きな市政。共通するのは、住民のくらしに目が向いていないことです。しかし住民のくらしが守られていないのに、まちが豊かになったり、日本人の心が豊かになったりするでしょうか。


 日本共産党議員団は4年前にかかげた公約を実現してきました。水道料金値下げ。小学校卒業まで医療費無料化。中学校給食の実施決定。東部地域に新しいバス路線。市民のみなさんと運動をすすめ、補欠選挙で6人にふえての成果です。


 くらしを守る6議席。そして野党共闘を前進させ、総選挙で勝ち抜くための6議席。京都3区のみなさんの力をぜひ6議席実現のためにお貸しください。ありがとうございました。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




4月17日、副市長と環境経済部長から「道の駅的施設整備基本構想」の説明を受けました。

「道の駅的施設」


なんで「的」がついてるかというと、「道の駅」を冠するには一定の条件クリアが必要で、補助金は多いがその分縛られるとのことで。

条件に縛られず、長岡京らしいものをつくるために「的」がついてるそうです。


以前から、平成クラブ(自民党)が精力的に政策提言をしてきてました。

第4次総合計画で盛り込まれ、昨年度コンサルタントに委託して検討がされていたものです。




さてその中身。

施設は土地2万㎡、駐車場76台、バス5台。建物3千㎡。





農産物直売施設。

ギフトショップ。

体験工房・調理室。

交流広場、ギャラリー、多目的室。

オーガニックレストラン。

カジュアルカフェ。

チャレンジショップ。

観光案内所。



土地購入と施設建設は税金。

土木工事6億。建物10億。設計やその他2億で、

合計18億円。(土地購入費は別途。)

土地購入は、西代公園の単価と同じと仮定すれば、2万㎡で7億円強となります。

てことは25億円か??



想定年商6億円。

物販手数料と家賃収入、施設使用料で1億2千万を稼ぎ、それで運営経費と減価償却とがほぼトントンになってる収支計画表が・・・。



メインターゲットは

「地産地消・健康に関心があり、高付加価値を求めるミドル世代の女性」


施設コンセプトは

「”京”の『ほんもの』『上質』を気軽に体感できる拠点」


マーケティング調査でそうなったみたいです。



・・・大丈夫か???


・・・・マジで大丈夫か?????



25億も税金使って、さらに家賃等が不足すれば毎年税金が出ていくことになります。

減価償却も65年で見てあったけど、道の駅って流行りすたりが激しい。もしダメになっても、転用するあてもありません。



で、「ほんもの」「上質」を提供するって、誰がするの???

オーガニックレストラン??カジュアルカフェ??長岡にあったっけ??

ちょっとでも販売を行っている農家すべて数えて240(H22農業センサス)ですけど???いま中学校給食を地産地消でするために供給体制を協議してるとこって聞きましたけど??



あ、ちなみに場所は、市長によると市北部だそうです。2万㎡で幹線道路沿いとなると、小倉山荘周辺ではないかと思います。

開発を規制してきた市街化調整区域です。ほんとうに農業振興なの??



疑問だらけです。

しっかり議会でやっていきたいと思います。









コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




こんばんは。

今日はいい天気でした。



小畑川の土手と、部活行き帰りの三中生はベストカップリングです。




人影は、同級生の金ちゃん。いつもここで走っている。



今日は選挙に向けて応援メッセージを取ってこいとの指令で、若者と、同世代を訪ねました。

20代の若者からいただいたメッセージがうれしすぎたので、見せびらかしたいと思います。



「小原さんは僕が高校生だった時に『選挙なんて何の意味があるんだ』と突っかかってしまった時に、なぜ選挙にいくことが大切なのかを丁寧に話してくださいました。

それまで僕は社会の中で自分の意見なんて無価値だと思っていたので、初めて自分の存在を認めて貰えたような気がして凄く嬉しかったです。

政治には全く関心がなかったのですが、駅前で小原さんをお見かけすると関心が沸いて、ニュースについて家族と話したり、成人してからは選挙にも行くようになりました。

これからも元気で活躍して欲しいと思います。」



ぬおおおお~!!!もう死んでもいいっす!!!



そうして気を良くして、こんどは生協前で核兵器禁止条約の実現を求める署名。



(すいません、写真は昨日のイオンモール前)


意気揚々とやってるとこ、通りがかった若者に悪態をつかれた上に、ビラを丸めて目の前で捨てられてしまい・・。

つい自分もなんやねんと悪態をついてしまいました。



若いもん相手に何やってんやろ。彼の言葉にある背景や思いに少しでも思いを致せなかったのか。

さっきのメッセージはすべて帳消しです。もう死んでしまえ自分。

以上、惑いまくりの不惑の春でした・・・。



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )







やりました。ガッキー笑いも取ってみごとなデビュー。つくづく大物です。

宮本たけし衆議院議員は森友問題中心に。ワイドショーよりわかったわ。しかし背ー高い。傘を持つ手がたまらんかった。

足を止める方も多かったです。いま、打って出れば期待はある、と感じました。



さて、私も3分だけしゃべったので、載せておきます。



4期目に挑戦します。小原明大です。

この新しい、まー個性豊かなこの6人でがんばらせてください。心からお願いいたします。



前回の選挙は5人でたたかいました。

今回は一人ふやしての挑戦です。


共産党は1月の党大会で、この3年間で100人を超える地方議員が増えたと報告しました。

その一人がこの補欠選挙で通ったすみださんです。


いま共産党は、安倍政権を倒して、希望のもてる新しい政権をみんなでつくろうと本気です。

そのときに、地方議員もふやすのは、当然のことではないでしょうか。


大変きびしいたたかいです。

しかし、いまの政治を変えたいと願うすべてのみなさんとともに、必ずこの6人全員で勝利する決意です。よろしくお願いします。



なぜ6人いるのか。

中小路市長は、待機児童が92人も出るのに、「市が保育所を建てるのは民間でやるよりも市民の負担になるからやらない」と言いました。

そのくせにあの広い開田保育所あと地を、民間企業に貸し出すと言っています。

安倍政権と一体の、企業のもうけ優先、くらし後回しの政治に、きびしく対決する6議席がどうしても必要です。



一方で4年前、みなさんとかかげた公約、水道料金値下げ、小学校卒業までの医療費無料化、中学校給食、東部地域のバスやはっぴぃバスの祝日運行、実現しました。

すべて、2年前の補欠選挙で勝って、6議席になっての成果です。

政治を変える6議席。くらしを守る6議席。

ふじもとさん、野坂さん、そして市民のみなさんとつくったこの6議席を、なんとしてもこの新しい6人で実現させてください。

ありがとうございました。



ひさしぶりの聴衆だったので、宙に浮いているようでした。聴衆全体をしっかり見れなかったなあ。

緊張で、言葉も抜けてしまいました。市長のあたり、少し誤解をまねく言い方になったかも。反省です。



仕事ありすぎてストレスたまりまくってるけど、選挙やっぱり好きやわ。いざ!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




こんばんは。

8日(土)16:30~JR長岡京駅西口で、長岡京市議選おひろめ街宣。

森友問題を最初に追及し、籠池氏の証人喚問にも立った宮本たけし衆議院議員が来援します。ぜひぜひのぞいてください。




さて、中小路市議の裁判に行くといって、書くのをさぼっていました。

いいかげんに書きます。



京都地裁の2階で、わずか15分ほどのことでした。

まず最初に、中小路氏が議員辞職したので、市議という肩書の提出書類等が訂正されました。

そして、やりとりが始まりました。


弁護士:

辞職の決断の経緯は。



中小路:

起訴を受けて辞職すべきかどうか悩んでいた。

支援者らに相談する中、今回の事象をしっかり受け止め辞すべきとご意見をいただき、自分自身もそう考え、閉会までにと3月22日に辞職願を提出、24日に認められた。

いろいろな方に迷惑をおかけしたことを深く反省。被害者、長岡京市、市会議員の先生方に迷惑をかけた。しっかりけじめをつけ反省したい。



裁判官:

厳重注意を受け、新聞報道され、社会的制裁を受けたところにさらに議員辞職が付け加わった。言っておきたいことは。



中小路:

今回の辞職はいろんな方にご迷惑をかけた。支援者のアドバイスも受け、しっかりけじめをつけ反省。

罪を償いながら家族と一緒に過ごしていきたい。


裁判官:

罰金30万円に処する。

平成28年3月16日午後2時44分ごろ、長岡1丁目24-1先道路でミニカーを運転中、自転車の〇〇さん(22才)の背部に自車左バックミラーを衝突させるなどし自転車もろとも転倒させ、加療に2週間を要する右肩打撲症の傷害を負わせたが、救護する等の措置を講じず、警察に報告しなかった。

被害者と本人の供述から、被告人はただちに停車したというのは事実と認められる。

被害者の負傷は比較的軽い。


被害者がしゃがみこみ立ち上がらず、何らかの傷害を負っていると認識しているにもかかわらず違反に及んだが、自車を止めてかけよって声をかけその様子から重い傷害を負っていないと確認してはいるのだから悪質性・危険性が高いとはいえない。

議員という地位にありながら安易に違反に及んでいる点で非難の程度が大きいことを考慮しても、懲役とせざるをえないほど重いとはいえない。

罪を認め反省を示している。議員をやめるなど社会的制裁を受けている。前科前歴もない。妻も今後の監督を誓っている。

被告人に酌むべき事情もあるので、罰金刑にとどめるのが相当である。



これで終わりです。

裁判官がかなりドライな感じでふつうの口調だったので(重々しくやるのはドラマだけ?)、よけいにああ、こんなもんかという感じがしました。



さて、このことで市会議員は定数24のところ21人になってしまいました。

少なくなった分、しっかり審議したいと思います。もちろん、24人いても手抜きするのではありませんが・・。



ところで私も以前に市議を辞したことがあります。

その時は、もちろん党市議のみなさんの力を借りながらですが、市政報告、市議会報告を続けました。

そのとき、市議じゃなくなっているのを忘れられていることが多々ありました。

議会での発言は大事ですが、それだけじゃないなと思ったものです。


議員ってなんなんでしょうね。




地裁に行くついでに、府庁へ後援会の収支報告を出してきました。来るたびにとりあえず写真撮ってしまう旧府庁。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )







10月1日投票が予想される長岡京市会議員選挙に、6人の予定候補を発表しました。

ふじもと秀延・野坂京子の両市議は交代いたします。





浜野 利夫(はまの としお)
1948年石川県生まれ。京都教育大学卒。元小・中学校教員。
野添1丁目。 
市議6期/副議長/議会運営副委員長/建設水道常任委員



武山 彩子(たけやま さいこ)
1971年京都市生まれ。京都教育大学卒。元(株)きかんし印刷勤務。 
八条が丘2丁目。
市議4期/総務産業常任委員/乙訓福祉施設事務組合議会議員



小原 明大(おはら あきひろ)
1977年長岡京市生まれ。神戸大学卒。元長岡京市職員。 
東神足1丁目。
市議3期/会派幹事/議会運営委員/総務産業常任委員/乙訓消防組合議会議員/京都地方税機構議会議員



住田 初恵(すみだ はつえ)
1949年吹田市生まれ。大阪鉄道病院付属高等看護学園卒。元大阪鉄道病院看護師。 
神足芝本。
市議1期(2015年市議補選(定数2)で当選)/文教厚生常任委員



二階堂 恵子(にかいどう けいこ)
1952年京都市生まれ。光華女子大学卒。元長岡京市学童保育指導員。
天神1丁目。
新人。



広垣 栄治(ひろがき えいじ)
1977年京都市生まれ。長九小、長三中、綾羽高校卒。元クリーニング店主・日本共産党京都市会議員団事務局員。
長岡3丁目。
新人。
僕とは九小以来の同級生です^^同級生のみんな、びっくりしてや~!




前回は5人でのたたかい。その後補選で1議席増をかちとったため、今回は6人で挑みます。

容易ならざるたたかい。でも、政権取ろうと言っている今、前進を目指すのは当然。

絶対負けない。不退転の決意で臨みます。





さっそく、街頭に打って出ます。森友問題を最初にとりあげた宮本たけし衆院議員をむかえ、街頭演説会。

4/8(土)16:30~17:00 JR西口ファミマ前です。

ぜひ激励に、冷やかしに、おはこびください。(雨が心配やわ~)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ