岡本りょういち の活動日誌

◇命とくらしが大切にされる市政を◇

一般質問の主な答弁と内容(12月議会)

2016年12月14日 | 活動
小中学校の図書館司書の配置について

①本市では、中学校3校・小学校9校、計12小中学校に4名の司書が配置されており、1名の司書が3つの学校を受け持ち3週間で受け持ち校を一巡している。子どもの読書環境の改善を図るためにも、1校1名の学校司書の配置を求める。

②雇用にあたっては、継続して働き、責任をもって学校図書館運営に携わることができるよう専任・専門・正規での学校司書の配置を求める。

③データベース化の実施と、その進捗状況について問う。

教育部長
①現在、4名の学校司書を配置し、各学校において、学校図書館運営の充実や、工夫した読書活動の取組を進めている。学校司書の配置充実については、今年度の「学校図書館教育関係者等連絡会議」において、「図書を活用した授業づくり」を中心課題の一つとして取り組んでおり、授業実践に当たっての学校司書の役割や関与状況を見て検討をしたい。
②雇用については、専門性と継続性の観点から、非常勤嘱託職員として採用しており、今後も、この形態で運用していきたい。
③データベース化については、今年度、読書活動推進モデル校である大住小学校で導入し、10月より本格運用を始めている。モデル校の研究成果を、他校へと波及させ広範に行うべきと考えており、データベース化についても、その一つとして研究したいと考えている。


子ども施策について

①本市においては、今後人口増加が予測されている。とりわけ市南部地域においては、子育て世代の増加もあり三山木幼稚園に入園したくてもできない状況が続いているが、市の認識を問う。

②三山木小学校区内での入園希望者全員を受け入れできるよう、早期に三山木幼稚園を増築すべきと考えるがどうか。

教育部長
①②三山木幼稚園については、ここ数年、定員数を超える応募があり、一部の保護者の方にはご了承上、他の園に就園いただいているところである。現在、今後における市の就学前教育と保育の基本的なあり方について検討を進めている。


交通安全対策について

①三山木保育所に通所する際、生駒井手線(同志社南から二又交差点)より北側に居住している方は、信号機のない横断歩道を渡らなければならない。近年、交通量も増え横断することが困難な実態について市の認識を問う。

②三山木保育所に通所する方や、近隣住民が安全に横断できるよう保育所北側の生駒井手線(交差点)に信号機の設置を求める。

建設部長
①②府道生駒井手線(同志社南から二又交差点)における信号機設置について、現在、地元自治会からの設置要望にもとづき、田辺警察署に相談しているところだが、コンビニ付近(市道越前初メ線)の交差点は交通量が少ないこと、また、保育所入口付近(市道高木東線)の交差点は二又交差点との距離が近いことから、現状での設置は難しいと伺っている。今後、交通状況の変化を見ながら、適宜、田辺警察署に相談していく。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ここが聞きたい一般質問(12月議会)

2016年12月07日 | 活動
小中学校の図書館司書の配置について
①本市では、中学校3校・小学校9校、計12小中学校に4名の司書が配置されており、1名の司書が3つの学校を受け持ち3週間で受け持ち校を一巡している。子どもの読書環境の改善を図るためにも、1校1名の学校司書の配置を求める。

②雇用にあたっては、継続して働き、責任をもって学校図書館運営に携わることができるよう専任・専門・正規での学校司書の配置を求める。

③データベース化の実施と、その進捗状況について問う。


子ども施策について
①本市においては、今後人口増加が予測されている。とりわけ市南部地域においては、子育て世代の増加もあり三山木幼稚園に入園したくてもできない状況が続いているが、市の認識を問う。

②三山木小学校区内での入園希望者全員を受け入れできるよう、早期に三山木幼稚園を増築すべきと考えるがどうか。


交通安全対策について
①三山木保育所に通所する際、生駒井手線(同志社南から二又交差点)より北側に居住している方は、信号機のない横断歩道を渡らなければならない。近年、交通量も増え横断することが困難な実態について市の認識を問う。

②三山木保育所に通所する方や、近隣住民が安全に横断できるよう保育所北側の生駒井手線(交差点)に信号機の設置を求める。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自民新風会・奥村議員に暴力団対策法による中止命令

2016年11月01日 | 活動
 10月27日、京都府警は自民新風会・奥村良太京田辺市議に対して
暴力団対策法に基づく中止命令を出しました。さらにこの日、大阪府警
は指定暴力団組長らとともに暴行した傷害容疑で奥村議員を逮捕しました。

 奥村議員は10月6日に建設業の無許可営業で逮捕されています。その
翌日に開かれた市議会幹事会で日本共産党は「無許可営業は建設業法違反
では一番罰則が重く、懲役3年以下または罰金300万円以下とされてい
る。本人がその容疑を認めているのなら、その時点で議員としての資格は
なく、議員辞職すべきだ。」と主張するとともに、「幾つかの報道では逮
捕に至る発端は4月に宇治市で起きた暴力団員同士の乱闘事件の捜査がき
っかけとなっており、奥村議員と暴力団とのつながりを疑わせるものだ。
この点について本人は真相を明らかにする責任がある。」と指摘してきま
した。(建設業法違反については10月27日、略式起訴され罰金50万
円が確定しました)
 今回、奥村議員と暴力団との関わりが明白になったことを踏まえて開か
れた10月28日の幹事会では、すべての会派から「議員辞職すべきだ」
「議会として結論を出すべき」という意見が出され、早期に臨時議会を開
き奥村議員に対する議員辞職勧告決議をあげることで合意しました。
 10月31日になって奥村議員から弁護士を通じて「議員辞職願」が提
出され、議長によって即日許可されました。これにより臨時議会は見送ら
れます。

 奥村元議員は市議会では自民党の議員として行動してきました。また、
京田辺市地域の自民党組織の役員をしているとも言われています。そうい
う議員が、暴力団と深い関係をもち、暴力団対策法にもとづく中止命令を
受け傷害容疑で逮捕までされたことについて、自民党は市民の前に、こと
の経過と見解を明らかにして、謝罪すべきです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京田辺市消防団市長査閲

2016年10月30日 | 活動
 午前9時から田辺公園多目的広場で京田辺市
消防団市長査閲が開催されました。



 内容としては、小隊訓練をはじめ小型ポンプ
操法訓練や一斉放水など、日ごろの訓練が披露
されました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

府道生駒井出線等自転車歩行者道開通式

2016年10月30日 | 活動
 10月29日(土)午前10時から三山木駅前広場で
府道生駒井出線等自転車歩行者道開通式が開催されました。



 この事業は、平成20年に自転車通行環境モデル地区の
指定を受けて、これまで進められてきました。同志社大学
と三山木駅をつなぐ幹線道路で、歩道・自転車・車道が分
離し、これまで以上に安全で安心な道路となりました。



 式典の後は、セレモニーがあり、同志社大学の吹奏楽部と
チアリーダ部の演技が行われ、続いてくす玉開花や三山木
幼稚園児との通り初めが行われました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加