はるみのひとり言

気ままなお散歩と猫と美味しいもん

かぐや姫の物語

2013-11-10 | こんな映画観たよ



試写会で観ました。

正直予告を見た時全然期待していませんでした。
絵もシンプル過ぎひん?って思ったのと、「姫の犯した罪と罰」というキャッチコピーに、
こういう意味ありげなコピーは怪しい予感がしたんで。ダルくなりそうな。
しかも上映時間が2時間17分という長さで、かぐや姫の話でもつんかと思ったほど。

で、観た結果・・・・号泣でした。

翌日も思い出してはウルウルなってました。(引きずり過ぎ?
絵も美しかったです。

かつて地球に下ろされたことのある月の世界の人が、ある歌を歌いながら涙するのを見たかぐや姫は、
地球で生きてみたいと願うようになります。
その罪で地球に下ろされたかぐや姫。
竹取の翁のもとで人の子として育てられるようになります。
ストーリーは昔話の「かぐや姫」がそのまんまですが、より丁寧で姫も人間味溢れていました。

前半は翁のもと山奥の村で幸せに暮らす姫の姿が生き生きと描かれてます。
村の子供らに「たけのこ」と呼ばれ元気に遊ぶ様子が微笑ましい。

しかし天から小金を授かった翁は、美しい姫をこのまま村で暮らせてはいけないと思い、高貴な姫として
都に出すことを決意します。
翁としては身分の高い人に嫁がせることが姫の幸せと考えたと思います。自分の出世でなく。

最初は大きなお屋敷、美しい着物に喜ぶ姫でしたが、高貴な姫として振る舞わなければいけなくなっていくにつれ、だんだん心が沈んでいきます。
姫の噂を聞きつけた身分の高い家柄の求婚者らが、ニセモノの自分のために多額のお金をつぎ込んだり、
周りを不幸にしたり、命まで落とすもの出てしまい、さらに姫は心を痛めてしまいます。
さらに帝のご寵愛を断ることは出来ないとなった時、姫の心は壊れてしまいます。

誰もが望む幸せなことかもしれませんが、姫はこの時なぜ自分がこの地に来たかったのかを思い出します。

話は淡々と進んでいきますが、姫の心情が手に取るように分かり胸が痛かったです。
かくや姫がこんな切ない話と思わなかった。
最初から最後までずっと入り込んでしまってました。

ただ再会した捨丸兄ちゃんの言動はちょっとだけ「え~」と思ってしまいました。
最後に会えて良かったと思いますが・・・。
月に帰るシーンは涙無くしては見れませんね。

でもでも阿弥陀如来様と菩薩様がオールスターで来られたのには吃驚しました。
これって・・・。

この時初めてスピリチュアルなものを感じてしまいました。

天上人でないにしろ、私たちもチャンスを得て人間界に生まれて来れたわけで。
前世が人間でなかったにしても、何だかの願いをもって生きたいと思ったはず。
でもそれは生まれる時に消えてしまって、また同じ過ちを繰り返してしまったてたり。
マッキーのようにハエに生まれ変わっても人間の記憶を持ってればいいけどね。

ちゃんと願ったように生きれてるのかな~?

淡々としたストーリーの中にそんなメッセージが込められてる気がしました。

主題歌の「いのちの記憶」は、エンドロールに活きますね~。
さらに涙があふれました。

11月23日(土)より公開です!

(P.S アントニオ猪木さんとパタリロいたよね ふざけてごめん(><))


 ☆上映時間 : 137分
☆監督 : 高畑勲
☆キャスト: 朝倉あき / 高良健吾 / 地井武男 / 宮本信子 / 高畑淳子 / 田畑智子


ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

↑ランキング参加中
    応援クリックよろしくお願いします!励みになります

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (27)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中之島バラ園へ | トップ | マラヴィータ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます。 (BROOK)
2013-11-24 06:05:26
古典文学の「竹取物語」を高畑監督ならではのアレンジで、
かなり“魅せる”作品になっていたと思います♪

水彩画のような作画はホント綺麗でしたね。
額に入れて飾りたいくらい。

月の迎えが御釈迦様や菩薩だったのは、
やはりそういった解釈になるんでしょうかね。
奥が深いです。
Unknown (Ageha)
2013-11-25 16:01:35
すいません、上のコメントなにやら
途中で途切れたようで削除お願いいたします。

パタリロとアントニオ猪木
使わせていただきました。まる。(^-^)
BROOKさんへ、 (はるみん)
2013-11-28 16:56:06
こんにちは~。
映画を観る前は絵にもあまり興味が無かったのですが、映画観て美しいなと思えました。
ほんとに水彩画のようですね。
竹から生まれて月に帰ったかぐや姫の物語が、高畑さんの解釈で深いお話になりましたね。なんだか凄いものを見たように思えました。
Agehaさんへ、 (はるみん)
2013-11-28 16:59:14
やっぱりそこ食い付いてしまいますよね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

28 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
かぐや姫の物語 (悠雅的生活)
姫の犯した罪と罰(試写会)
かぐや姫の物語 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】モロ竹取物語です。 【鑑賞後】 冒頭の古
『かぐや姫の物語』 高畑勲の「罪と罰」とは? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  2013年、高畑勲監督は実に14年ぶりとなる新作映画を発表した。  『かぐや姫の物語』は、まさに高畑アニメの集大成ともいうべき大傑作だ。これまで世界中を泣かせ、喜ばせ、感動させてきた高畑勲作品のあらゆる要素がここに結実している。  72...
劇場鑑賞「かぐや姫の物語」 (日々“是”精進! ver.F)
“生きる”ということ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201311230001/ 【送料無料】【新作CDポイント3倍対象商品】【先着特典:映画「かぐや姫の物語」音源CD(ジャケ...価格:3,000円(税込、送料込) 二階堂和...
かぐや姫の物語 (Akira's VOICE)
切なくて悲しくて美しい!  
『かぐや姫の物語』 (こねたみっくす)
生きているという手応えさえあれば、幸せだった。 日本最古の物語「竹取物語」を大胆に新解釈することもなく、ただかぐや姫の心情を中心に描くことで見事に大人の、そして家族の ...
かぐや姫の物語 (にきログ)
さて、ジブリの高畑監督最新作 風立ちぬと同時公開がここまで遅れたんですよね 高畑監督は火垂るの墓、平成狸合戦ぽんぽこ、そして初期の世界名作劇場のイメージです 独特のタッチの作画とかぐや姫が題材ということで個人的には気になっていたので見てきました 風立...
高畑勲監督『かぐや姫の物語』"人の情けをはぐくみて、まつとしきかば今かへりこむ" (映画雑記・COLOR of CINEMA)
※注・内容、ラストに触れています。(なお、あまりの衝撃にファーストインプレッションのみ勢いで書いています。後ほど追記します)高畑勲監督による誰もが知る(しかし本当のお話を知らない)「竹取物語」を題材と
かぐや姫の物語 (青いblog)
感想にネタバレ含みます。 ↓ ・ ・ ・ ・ ・ 1. テーマは高畑版「生きねば。」 生きろとか生きるって素晴らしいとかはジブリ作品の共通するテーマですが、今回も同じくです。 50億と8年間かけてスタジオジブリのプロが作ってるのだから、褒めざ...
映画:かぐや姫 「静」と「動」の緩急つけ具合に魅了される。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
ジブリ待望の新作。 古典『竹取物語』を元にした、シンプルなストーリー。 のはずが! 上映時間はなんと137分 最大の大作「もののけ姫」の133分を超え、ジブリ作品の長編作では最長(汗) おい大丈夫かと焦る自分が。 で実際は? 終わってみれば... 「例の」クライマ....
かぐや姫の物語 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。高畑勲監督。(声)朝倉あき、高良健吾、地井武男、宮本信子、高畑淳子、田畑智子、立川志の輔、上川隆也、伊集院光、宇崎竜童、古城環、中村七之助、橋爪功、朝丘雪路 ...
かぐや姫の物語 (とりあえず、コメントです)
高畑勲監督が『竹取物語』をもとに8年の時間を掛けて創り上げたアニメです。 あの御伽噺がどんな長編映画になるのだろうと気になっていました。 水彩画のような独特の絵の迫力と生きることへの強烈な想いに圧倒されるような作品でした。
たけのこ、パタリロ、アントニオ猪木(違)~「かぐや姫の物語」~ (ペパーミントの魔術師)
注※ネタばれで書きますのでこれから行かれる方は鑑賞後に。 予告編でのあのスピード感あふれる墨絵風な絵に まず度肝ぬかれましたね。 どんな展開になるのかまるで想像がつかなくて。 桜の下で嬉しそうにはしゃいでいる姫の笑顔と バックで流れるうたにとっても...
映画『かぐや姫の物語』 (健康への長い道)
 新宿ピカデリーにて『かぐや姫の物語』を鑑賞してきました。各回最大客席数の1番シアター(580席)での上映ですが、なぜか唯一小さな5番シアター(157席)で上映している11:40の回で。月曜日の午前中ですが、そこそこの入りでした。  元々は興味のない作品でした。『...
かぐや姫の物語 ★★★★ (パピとママ映画のblog)
数々の傑作を生み出してきたスタジオジブリの巨匠、高畑勲監督が手掛けた劇場アニメ。日本で最も古い物語といわれる「竹取物語」を題材に、かぐや姫はどうして地球に生まれやがて月へ帰っていったのか、知られざるかぐや姫の心情と謎めいた運命の物語を水彩画のようなタッ...
かぐや姫の物語 ★★★★ (パピとママ映画のblog)
数々の傑作を生み出してきたスタジオジブリの巨匠、高畑勲監督が手掛けた劇場アニメ。日本で最も古い物語といわれる「竹取物語」を題材に、かぐや姫はどうして地球に生まれやがて月へ帰っていったのか、知られざるかぐや姫の心情と謎めいた運命の物語を水彩画のようなタッ...
かぐや姫の物語 (ダイターンクラッシュ!!)
2013年11月25日(月) 21:00~ TOHOシネマズ川崎5 料金:0円(フリーパスポート) パンフレット:未確認 予告編、出し惜しみすぎ 『かぐや姫の物語』公式サイト フリーパスポート21本目。 ジブリにしては、客が入っていないようだ。 高畑勲の前作「山田くん」よ...
映画「かぐや姫の物語」 (FREE TIME)
映画「かぐや姫の物語」を鑑賞しました。
『かぐや姫の物語』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「かぐや姫の物語」□監督・原案 高畑 勲 □脚本 高畑勲、坂口理子 □キャスト(声) 朝倉あき、高良健吾、地井武男、宮本信子、高畑淳子、          田畑智子、立川志の輔、上川隆也、伊集院 光、宇崎竜童、        ...
「かぐや姫の物語」 生命力のある線 (はらやんの映画徒然草)
宮崎駿監督と並ぶスタジオジブリの2枚看板の高畑勲監督の最新作です。 当初は「風立
かぐや姫の物語 (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】高畑勲 【出演】朝倉あき/高良健吾/地井武男/宮本信子 【公開日】2013年 11月23日 【製作】日本 【ストーリー】 この地で、ひとりの女性が生きた。笑い、泣き、喜び、怒り、その短い生の一瞬一瞬にいのちの輝きを求めて。数ある星の中から彼女...
いのちの記憶~『かぐや姫の物語』 (真紅のthinkingdays)
 光る竹の中から、小さな女の子を見つけた竹取の翁(地井武男)は、家に連 れ帰り竹取の媼(宮本信子)とともにその子を育てる。たけのこのように急成長 した少女は、都に移り住み 「かぐや」 という名の美しい姫となった。  高畑勲監督、14年ぶりの作品。正直...
かぐや姫の物語 (映画的・絵画的・音楽的)
 『かぐや姫の物語』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)高畑勲監督が、製作期間8年、総製作費50億円を費やして作ったアニメだということで、映画館に行ってきました。  本作は、原作の『竹取物語』にかなり忠実に従いながらも(登場人物を若干増やしていますが)、な...
かぐや姫の物語 (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
かぐや姫の物語 '13:日本 ◆監督:高畑勲「ホーホケキョとなりの山田くん」 ◆主演:朝倉あき、高良健吾、地井武男、宮本信子、高畑淳子、田畑智子、立川志の輔、上川隆也、伊集院光、宇崎竜童、古城環、中村七之助、橋爪功、朝丘雪路、仲代達矢、三宅裕司 ◆STORY...
映画 かぐや姫の物語 (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画&nbsp; &nbsp; ◆スタジオジブリ作品 &nbsp;  「かぐや姫の物語」を姫の罪と罰に焦点を当てた作品と言うことで &nbsp;  昔読んだ絵本と違う印象を持ったので見に行ってきました。 &nbsp; ...
かぐや姫の物語 (いやいやえん)
【概略】 竹の中から生まれ、すぐに成長して美しい娘に育ち、求婚者たちを次々と振ったあげく、満月の夜、迎えにきた使者とともに月へと去ってしまう――かぐや姫はいったい何のために地球にやってきて、なぜ月へ帰ることになったのか。この地で何を思い生きていたのか。...
かぐや姫の物語 (銀幕大帝α)
2013年 日本 137分 ドラマ/ファンタジー 劇場公開(2013/11/23) 監督: 高畑勲 制作: スタジオジブリ 企画: 鈴木敏夫 原案: 高畑勲 脚本: 高畑勲 音楽: 久石譲 主題歌: 二階堂和美「いのちの記憶」 声の出演: 朝倉あき:かぐや姫 高良健吾:捨丸 地井....
かぐや姫の物語 (のほほん便り)
アカデミー賞、ノミネートまでいったのですが、惜しかったですね。まるで、水墨画のようなタッチだけど、無駄を削ぎ落したビビッドな動きが両立していて感動的。日本人なら、誰もが知っている「かぐや姫」及び、「竹取物語」は古典で学校で習い、原書を覚えさせられたので...