命光不動尊のブログ

貴方の知らない神道や仏教の教えが命光不動尊にはあります。

開秘したくない秘法秘傳 を開秘する訳は、

2017年05月31日 | ご供養

当山の四家先祖供養は、

当山の山主が水行5千日成満の砌、
親しく見えない世界のお大師様からお授け頂いた特別な供養法であり、

秘法中の秘法でございます。


これは一般的な伝授法で授かるものではありません。

又、一般のお寺様でも四家を供養するという供養はございますが、
当山の供養法とは全然異なった供養をなさっております。

                              

近年当山の供養法を勝手に解釈し、山主より伝授を受けずに、

自ら感得した秘法秘傳の如く、行われているヤカラがおります。

この様な者に対しては、冥罰が降ります。

今までも数多くの本職の方が冥罰を受けており、

 

山主は、とても心配されております。

 

 

山主の言葉ですが、


見えない世界の全て霊を供養することは絶対不可能です。


山主に供養を求めて目の前に現れる霊は僅かであり、

 見えない霊のほうが計り知れない数である。

 
山主が修行の砌、ご本尊様よりご霊示があり、

 霊は霊に依って救いあげよ。

 

仮に各家に一万霊の先祖があれば、

 五千霊は成仏していると思え、半分は不成霊と思え。
汝は成仏している霊に対し、

 

「般若心経無量萬巻之大事」

「観音経無量萬巻之大事」

 「念仏無量萬辺之大事」

「不動慈救呪真言 無量萬辺之大事」等の

お経を以って供養せよ。

 

ひたすら、成仏霊の向上に尽くせ。という有り難いお言葉をいただき、

 現在も供養に専念している。以上が、

 山主が見えない世界のお大師様より感得いたしました修法です。

 

つづく 

 

南無大師遍照金剛

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仏縁は大事にしないとね。

2017年05月29日 | 命光不動尊のお言葉

佛縁は、一度お切りになられますと、簡単に結び直すということはできません。

ですので、せっかく、お願いごとをしておりましても、あと、少しというところで、

自らの意思で運を切ってしまわれる方が多く、残念でなりません。

本尊曰く、

「もう少し頑張れば、願いがかなったのにのぉ。残念じゃのぉ。」

 

このような方は、どこにお参りに行かれても叶いません。

辛抱が足りないのです。

中途挫折の因縁がある為に長続きしないのです。

 

 ご先祖様の因縁は、供養で少しづつ消滅していきますが、

個人の因縁は、自分自身の努力で解消しなければなりません。

 

誰に文句を言ってもダメなんです。

親が悪い・亭主が悪い・子どもが悪い・職場が悪い

全て自分の業から出ているのです。

 

自分が変われば、自然と周りの人も変わってきます。

自分自身も魂の浄化が一番大事です。

 

南無大師遍照金剛

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中途挫折の因縁があなたの運勢をダメにする

2017年05月28日 | ひと口法話

当山のブログを見られている方は、

少なからず、当山とご縁がある方です。

 

たまたま命光不動尊のHPが目に留まり、“ご相談に”と思われ来られる方がいらっしゃいます。

私どもも皆様との出会いを大切に、ご相談をお受けしております。

しかし、ご縁の浅い方は、一回の出会いで終わりになりますし、

又、ご縁の深い方は、

何十年も当山でご供養やお参りをされ、身内のような付き合いをするほどになります。

 

一度、仏縁で当山とご縁を結ばれても、

先方様のご都合で一方的にご縁を解消なさる方もいらっしゃいます。

ご縁を切られた方はそれでよいのかもしれないのですが、

その方々のご先祖様は大変悲しんで、山主に訴えてこられます。

 

なぜなら、当山にご相談に来られる方の大半は、

ご先祖様が何十年も捜して、捜してやっとたどり着いた安堵の寺だからです。

先祖は子孫が供養をしてくれると喜んで何とか子孫のためにと頑張ろうとされるのですが、

親の心子知らずとでもいうのでしょうか。

 

ご供養をお願いされた当のご本人様方が、金銭的な都合とか、仕事が都合とか

何らかの理由をつけて長く続けられずご縁をお切りになられます。

このような方々はほとんど「中途挫折の因縁」を持たれています。

 

つまり、これまでにも、また、これからも何事も途中半端で大成しないのです。 

ましてや財などは積めるわけがありません。

 

 

ある信者様に四家先祖供養を勧めた時のお話です。

四家先祖供養は最低3年はかかる供養なのですが、その信者の方は「3年間もする様なお金が無い」と言われました。

山主は「貴方は毎日毎日使っている出費は有りませんか?」と聞くと

その方は毎朝、喫茶店でモーニングを食べて出勤していると言われました。

山主に「三年間そのモーニングを絶ちなさい。そのお金を毎日の先祖供養を使いなさい。」と言われ、

その方は、山主の言いつけどおり三年間モーニングを絶ち、先祖供養をされました。

その時に山主が

先祖供養と言えども立派な修行である

貴方はモーニングを絶って供養するのですから自分が一番願うことを願掛けしなさい。と指導しました。

その方は、「職場の同僚は皆、役職についているのに私だけが平です。家内にも甲斐性が無いと言われています。」

そう言われるので、それならせめて係長になれるように願掛けしなさいといいました。

四家先祖供養も3年間熱心にされ、その方は課長に昇進されて居りました。

「あの時先生に指導して頂いて本当に良かった。娘もお蔭様で大学に行っていますし、家庭は何の問題も有りません。幸せです。」

ともの凄く感謝され、もう10年以上経ちますが今でも熱心に供養をされています。

 

つづく

 南無大師遍照金剛

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

前世からの夫婦とは、前世も来世もおしどり夫婦やで。

2017年05月27日 | ひと口法話

本日、ご夫婦でお参りに来られた方のお話です。

ご主人の母親がお亡くなり、その次の年に続けて父親が亡くなられたそうです。

ご両親が続けて亡くなるのは、障りであると、あるところで言われたそうでうす。

 

その話を聞いて、山主が仰るには、

ご両親は、前世からの本当ご夫婦だったんですね。

本当に夫婦と言われる方は、どちらか片方が亡くなりましと、三年以内に続けてお亡くなりになるそうです。

 

その話を聞いて、ご主人が、そう言えば、葬儀に時に奥様が号泣されていたと、

奥様は、霊を感じるそうで、葬儀の時の何かの霊を感じていたそうです。

 

山主は、そのお話を聞いて、

それは、先に亡くなられた母親(奥様)が、自分の夫が亡くなった事で、

やっと夫婦で一緒に居られると喜んでいたんでしょうね。

今は「霊界でも一緒のところにおられます」と言われ

それをお聞きになったご夫婦は、お喜びになり、帰られました。

 

昨日の夜のテレビで

「来世も今のご主人と一緒に成りたいですか?」

という質問でした。

なんと70%の方の女性が、来世は、別の男性を希望されておりました。

 

今は、死んでまで一緒のお墓に入りたくなりと言われる方が増えているそうですが、

霊界では、夫婦と言えども同じ境涯の処に

おられる方は稀ですね。

 

それは、現世の行ないや死後に営まれる供養により、

死後に行く境涯が違うからなんです。

死後も一緒に居たければ、一緒に信心をなさることですね。

 

南無大師遍照金剛

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

信じて頑張れば

2017年05月26日 | ひと口法話

こんなに勉強してるのに、

こんなに働いてるのに、

こんなに努力してるのに報われない・・・

そんな思いで心が折れそうになる時があります。

 

水が一滴ずつしたたり落ちて、

バケツを満たすには相当時間がかかるように

「いい結果」とは長い努力の末に、あらわれます。

 

私は今の続けております。

 

待ちくたびれて、もうやめたと諦めたり、怠けてはいけません。

あと一歩頑張れば、

最後には大きな幸運で満たされます。

 

瞬発力も大事ですが、人生は長いマラソンのようなものです。

やはり、続ける力にはかないません。

 

持久力をつけて、根気よくコツコツと生きている人は、

しなやかな強い心が育ってきます。

 

強い心があれば、

自分の幸せは自分の力で引き寄せることが出来ます。

 

人生には何よりも根気が必要です。

すぐに諦めるクセがある人はこのことを思い出してみてください。

 

ちなみに、ダイコン、ニンジン、ゴボウなどの根菜類を食べれば、

粘り強く物事をやり遂げる意欲を与えてくれると

言われています。

 

南無大師遍照金剛

コメント
この記事をはてなブックマークに追加