命光不動尊のブログ

貴方の知らない神道や仏教の教えが命光不動尊にはあります。

わが師僧の遷化は辛らく悲しい一年でした。

2017年04月30日 | 日記

   昨年4月30に吾が師の僧は遷化された。奇しくも私の誕生日は4月30日でした。

月命日には御恩報じのご供養をさせて頂き、本日一周忌のお勤めをさせて頂いた。

以前の様に体の中から力が湧いてきた。今日は私の誕生日生まれ変ったような気がする。

一周忌の一粒(食)満腹長者供養(霊界施餓鬼会)利供養の供物、数々品々。

見えない世界の大師様よりお授けの秘傳 秘法を施せば一粒の米で餓鬼は満腹となる。

これを霊界の餓鬼に施せば餓鬼は膨満の状態となり此の餓鬼が施しの側に回り、市となる。

この利供養のお供え物の粒の数は約70,000粒なので私の居住する橋本市の

住民全員にお食事を差し上げた勘定になる功徳積みには最高と思って居る。

利供養の供物です。当山のブログでもお知らせしています。

大変難し難問でも、叶えて貰っている。信者様は沢山居られます。

一粒(食)満腹長者供養(霊界施餓鬼会)ついては言葉で上手くお伝え出来ませんが。

制約の部分もあり秘開できないこともございますのでご容赦願います。

南無大師遍照金剛

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小さな事の繰り返しが大事に繋がる。

2017年04月29日 | ひと口法話

何気ない日常の生活習慣が、

今の自分を作っているのである。

育った家の環境は、自分の基礎となっており、

親を見ると、どういう子に育っているのか、よく分かるものである。

 

本日も、母親(50代)と娘さん夫婦(30代)と子供さん4人の7人でご相談に来られました。

子どもさんは、長女 9歳・ 長男 8歳  次女 4歳  三女 生後約二か月です。

持つてきたお菓子を食べておりました。

そこは子供さん、喧嘩しても不思議でないのですが、実に静か。

普通であれば、騒がしくてご相談出来ない様な状態になるのですが。

お子さん達は、おばあちゃんと母親に連れられてよくお参りに行っているのだとかで。

 小さい頃からすでに素晴らしい躾をされているので、とても行儀がいい。

お焼香など、堂に入ったような作法でこちらがびっくりいたしました。

真冬の役行者祈り滝です。

 

(ほうけんさんのひとり言)

小さな善も悪も軽視するな。

水滴もやがて、水瓶を一杯に満たす。

 

南無大師遍照金剛

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人の噂は恐ろしい

2017年04月28日 | 修行(滝行、写経、巡拝、法螺貝・・・)

ご近所さんから聞いたのお話です。

私のことを、定年退職をしてお坊さんになったので、何も出来ないらしい。

又、「高野山に行ったことがない」と私が言っていたなど、ひどい話である。

 

今回は祈りの滝の昔の写真が出て来ましたので、見ていただきます。

 

祈りの滝で行をするまでは、滝谷不動尊で滝行をしておりましたが、

昭和56年の8月1日 PLの花火大会の日に

大雨で滝谷不動尊の滝がとんでしまいました。

(滝が崩れてお堂が潰れ当時、お不動様が行方不明)

その頃の写真は残念ながらございません。

 

当時滝谷ではなんとか滝行は出来ておりましたが、

その後、危ないということで行を禁じられました。

 

そしてあちこちの滝を探しながら行をしておりましたが、

その時に命光不動尊より導かれて 祈りの滝で行をする様に。

大雨で道路は寸断されており、滝に行くのも一苦労でした。                                       

昔のことですから、写りは良くありません。

1983年 昭和57年(今から35年前)

左下の小さな祠にお不動様がお祀りされておりましたが、

ボロボロでしたので、綺麗に整備してお祀るようになりました。

 

      写真は、私です。裸に見えますが、褌(ふんどし)姿です。
 
赤丸は、当時、湧水がでていた場所です。
 
護摩と焚いて滝行をしておりますと、
水を汲む人が増えて私の前をうろうろするようになりました。
 
現在と同じ場所に湧水の水脈を見つけ、
私は整備し、湧水を汲めるようにしました。
 
祈りの滝の水汲み場の始まりです。
 
以前の湧水はトンネルが出来、水源が枯れてしまいましたので、
現在のようになりました。
 
今のように観光目的で来る人はおらず、
当時はのんびりしたものでした。
 
 
 
5月4日に滝行に行きます。
 
滝行の予約は締め切りました。
 
合掌
 
 
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

時間が掛かりましたが、今では自分の思い通りに

2017年04月27日 | 信者様のお声

本日は、堺市よりS様が、四家先祖供養に来られました。

清荒神様の新しいお札を頂いてきましたので、お願いしますということでした。

本来であれば、別の日にお願いするところですが、月に3回のお参りされておりますので、

特別にご供養の日とご一緒でもいいですよ。と本日、御霊鎮めをいたしました。

 お社に新しいお札を入れ替え、祝詞を奏上し、

家運繁栄のご祈念させていただきました。

当山では、清荒神様のお札は、毎年新しいお札とお取り替えするようご指導しております。

しかし、立里荒神様のお札は、今年たばって貯めて行くようにご指導しております。

 

その後一粒満腹長者供養と四家先祖供養をお勤めさせていただきました。

 

古い信者様です。

色々と悩みがあり、時間が掛かりましたが、ようやく全てが丸く納まるようになってきました。

今では自分の思い通りに物事が進んでいると喜んでおりました。

 

娘さんは昨年、希望する職場ではなく、お不動様の勧めでの就職で、

一年契約だと言うことで悩んでおりました。

 

しかし、毎月の不動護摩供に参加するようになり、

今年の再就職先は、

以前の職場よりも通勤時間が短縮し、残業なし、休みを交代で出ることもない。と好条件です。

 

又、ご自分が希望していた仕事が出来る職場であり、

お不動様の言うとおりにして善かったと大変喜ばれております。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

己が身霊(みたま)を磨く

2017年04月26日 | ひと口法話

当山の四家先祖供養と一粒満腹長者供(霊界施餓鬼会)をしながら、

霊界の先祖霊、有縁先祖霊の霊格を向上させ。

なおかつ、ご自分の霊磨きに成功した方からのお話です。

このお話は、4月25日夕刻にその方からの電話に、

わたくし自身が物凄く感動を受けたのでブログに書かせて頂きました。

以前はあまり好く言われた事の無かった姑さんからのお礼の言葉

O様から(義理の母親から今までになかった感謝と労わりの言葉や、

また、跡取りの嫁として〇〇家を良く守ってくれて有難うね。

孫もこんなに良い子育ててくれて有難う感謝しています)と

お礼を言われたそうです。

 

O様曰く(山主さまの御諭しをお聞きして来てよかつた。

他では悪いことばかり言われて来たのに、

山主様からは全然悪い事は言われた事は無い、

いつも好い事ばかり言うてくれた

山主様の言われた様に成った)

と感謝された。

 

 

また、実家の母親にも(もしも、仮に今の仕事を辞めたら、お母さん怒る)

と 聞かれたそうです。お母様のお答は。

(あんたの人生や、あんたの好きにしたら)

以前なれば、激怒され手が点けれなかったそうです。

素晴らしいでは、有りませんか。

 

まず、身内から、身近から、世間から全ての人に、

認められるには、ご先祖様の霊格向上、所縁霊、

祖父母霊、、父母霊、霊格向上の利敬行のご供養は必須です。

施主様の慈悲、慈愛の心をともに育てる、これにが真理です。

O様のみたま磨きは、すでに完成の域に達している様です。

 

(人をゆるす、慈しむ、人に大事にされる、人から尊敬される)

上記が(己が身霊磨きの完成度を表す絶対尺度)です。

ギャテイ、ギャテイ、ハラギャテイ、ハラソウ、ギャテイ、ボウジ、ソワカ、

南無大師遍照金剛

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加