命光不動尊のブログ

亀法師の一口法話

本日も滝行に

2017年06月28日 | 修行(滝行、写経、巡拝、法螺貝・・・)

昨日の雨がやんで一安心。

本日も滝行の指導に

本日は、キャンセルの方もあり、一名でした。

 

将来はアメリカで医師を。

心と身体の両方を治せるような医師を目指して

現在は、日本に帰国中だそうです。

 

瞑想の勉強もしてあり、

山主にあれやこれやと質問し、

いろんな方に質問しましたが、ほとんどが人の受け売りで、

山主のように理論的な答え方をされた人は、初めてたそうです。

とても感動して帰られました。

 

南無大師遍照金剛

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日、滝行に

2017年06月22日 | 修行(滝行、写経、巡拝、法螺貝・・・)

昨日の雨も上がり、本日 祈りの滝へ

神戸より 仕事 仲間4名様で滝行に

先ず、山主のお滝場の結界はり。

続いて申し込みの代表者が指導を受け、結界はりを

お滝に入る前に、身体のお清めで水をかぶります。

この時が一番寒くてつらいと言われます。

 

先ず、貞観が見本で入り、

続いて紅一点 女性の方 20代

寒かったそうです。

 (残念ながら写真がありません)

代表者が二番手 40代

「裸で入ります」と。

大きな声で真言を誦えられました。

とても気持ちが良かったそうで、

とても感動しておりました。

三番手の方も裸で。40代

 

四番手の方も裸で

写真がありませんでした。(ごめんなさい)

一番若い方 20代

しっかり真言をあげられておりました。

 

当山のような指導はとても時間がかかります。

最後に山主

今日は長く、色々なお経を次々とあげられました。

 

南無大師遍照金剛

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日、滝行に

2017年06月15日 | 修行(滝行、写経、巡拝、法螺貝・・・)

本日は、整体師の猿黄師、 二回の方 2名   初心者の方 1名 

の 6名で滝行に

本日は、天候も良く、気温の真夏のようで最高でした。

  

結界の指導中          初体験 

しかし、初心者の方や、二回目の方は、今日は非常に冷たくて、

始めから辛かったと言っておりました。

心地よく入れる時もあり、入れない時もあり、

これが、修行と言われる所以です。

   

  猿黄師 一回目        二回目の挑戦   

 

 

 右下に虹が出ております。

いつものことながら、年季の入った行をいたします。

どんなに寒くてもお湯?に入っているかの如く経をあげられます。

このような入り方を見た方は、滝行がすごく大変な行だとは思わないでしょうね。

 

初心者の方は、沢山の霊をつけておりました。

「今週は、とても大変でした。」と

ご本人様、滝行がすんで、すっきり、さっぱり とてもいい顔色をしておりました。

また、お願いしますと、笑顔でお帰りになられました。

 

次回は、21日に。

ご予約いただいております。

 

南無大師遍照金剛

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人の噂は恐ろしい

2017年04月28日 | 修行(滝行、写経、巡拝、法螺貝・・・)

ご近所さんから聞いたのお話です。

私のことを、定年退職をしてお坊さんになったので、何も出来ないらしい。

又、「高野山に行ったことがない」と私が言っていたなど、ひどい話である。

 

今回は祈りの滝の昔の写真が出て来ましたので、見ていただきます。

 

祈りの滝で行をするまでは、滝谷不動尊で滝行をしておりましたが、

昭和56年の8月1日 PLの花火大会の日に

大雨で滝谷不動尊の滝がとんでしまいました。

(滝が崩れてお堂が潰れ当時、お不動様が行方不明)

その頃の写真は残念ながらございません。

 

当時滝谷ではなんとか滝行は出来ておりましたが、

その後、危ないということで行を禁じられました。

 

そしてあちこちの滝を探しながら行をしておりましたが、

その時に命光不動尊より導かれて 祈りの滝で行をする様に。

大雨で道路は寸断されており、滝に行くのも一苦労でした。                                       

昔のことですから、写りは良くありません。

1983年 昭和57年(今から35年前)

左下の小さな祠にお不動様がお祀りされておりましたが、

ボロボロでしたので、綺麗に整備してお祀るようになりました。

 

      写真は、私です。裸に見えますが、褌(ふんどし)姿です。
 
赤丸は、当時、湧水がでていた場所です。
 
護摩と焚いて滝行をしておりますと、
水を汲む人が増えて私の前をうろうろするようになりました。
 
現在と同じ場所に湧水の水脈を見つけ、
私は整備し、湧水を汲めるようにしました。
 
祈りの滝の水汲み場の始まりです。
 
以前の湧水はトンネルが出来、水源が枯れてしまいましたので、
現在のようになりました。
 
今のように観光目的で来る人はおらず、
当時はのんびりしたものでした。
 
 
 
5月4日に滝行に行きます。
 
滝行の予約は締め切りました。
 
合掌
 
 
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

心の掃除が大事(瀧行)

2017年02月06日 | 修行(滝行、写経、巡拝、法螺貝・・・)

瀧の行より掃除が大事

心の掃除も一緒やで

寳顕

コメント
この記事をはてなブックマークに追加