させぼ moonlight serenade

たとえ泡沫でも
ここへ のこして
いきましょう
大切なヒトへの
想いと 今を
そう
夜想曲の奏でのように

空の住人

2017-07-15 07:56:52 | 日々のこと


あんまり

話したり

かかわり



持たずとも

印象に

残っている

クラスメイト



戯れあったり

群れなす

同級生

とは

すこしだけ

違っていたっけ



いちばん

残る

印象



空を見上げていた

コト



大きな窓



額縁のようで

クラスメイト



空の住人

のようだ



ワタシには

映った





いつも

褒められるコトばかり

意識していた





ほんとうは

自信のない

自身



はずかしかった




いつになったら

ワタシの額縁



探し当てられるんだろう





オトナになっても

そんなコト



空を見上げるたび

憶い起こしていた




クルマ



走らせ

見上げた空

から

夏の匂い



した




だいすきな季節



ココロからの

笑顔で

過ごせる迄になった

今。



いとしく

想った






褒められるのも



認められるのも



必要とされるのも





必要とするヒト。

から

だけで

いい






ワタシ



ようやく




等身大



いられる

額縁



見つけた





ワタシ










見つけた




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バードモナミ三連休&お盆の営... | トップ | サングラスをはずしたら »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む