させぼ moonlight serenade

たとえ泡沫でも
ここへ のこして
いきましょう
大切なヒトへの
想いと 今を
そう
夜想曲の奏でのように

キミノミライ

2014-10-31 07:49:19 | 日々のこと


高2になる

ムスメは

今月中

つまり

今日までに

進路希望書を

作成

提出しなければ

いけないんだと

めずらしく

眉間にシワを

寄せて

ここ

数日

悩んでいた



今朝

どうしたものかと

尋ねてみたら

就職分



進学分



両方

仕上げていた

みたい



でも

出すのは

どちらか

1枚である


憧れ。

だけを

考えたら

迷わず

具体的一歩になる

進学なのだろう

けれど

多額の費用が

かかるコト



勉強と

慣れない土地での

一人暮らしの

両立など

不安要素は

拭えないらしい


かと

云って

いち早く

社会に

出たところで

やりたい仕事が

やれるのかな・・

なんて

ワタシと違い

慎重かつ

自信なさ気な

ムスメは

自分の可能性や

内に秘めたる

熱き血潮に

気が付きやしない


でも

振り返れば

みな

そんなもの


夢イコール憧れ

だから

ムリしないと

手に入れられない

って

尻込みしたり


現実イコール平凡

西の果てで

ドラマチックな

展開なんて

望めやしないって

夢見る田舎娘は

半ば

諦めていたっけ・・
(と、いうコトは
半分は期待していたと
いうコトになりますな)



振り返れば

幼少の頃から

夢や妄想を

オヤツに

ムシャムシャ

貪りながら

なかなか

シビアな

実生活の中で

それなりの

愉しみを

見い出す

訓練をしていた
(鏡の前で
松田聖子になりきって
唄って振り付けしたり)


その成果か

他のヒトから

見たら

鼻で笑われるような

コトでも

自分の中で

幸福のファンファーレを

鳴らすコトが

出来れば

上等!



思えるようになったし


現状のベストを

自ずと

見い出すコト



振り返った時に

後悔しないで済む

最善策だと

信じ

実践してきた


手に入れたモノにも

手放したモノにも

意味は在る。

そう

言い聞かせてきた


2年前に

ムスコにも

云ったのだけれど


「したいコトや

自分に向いてるコト

なんて

なかなか解らないモノ

でもね

感覚的に

したくないコトは

はっきり解るハズ

それだけは

避けていいから

敢えて

選択する必要はないから」


そう

云って

送り出したのだった


そのコトバに

こちらを振り返り

少しだけ笑ってくれた

ムスメは

きっと

ワタシより

うんと

冷静で

真面目に

未来の自分を

想っているんだろう

なって

妙に

神々しかったなぁ・・


今日

どちらの1枚を

提出して

くるのかな


具体的に

踏み出すコトで

また

修正も

効くし

選択肢も

拡がる

だろう



大丈夫


大丈夫


周囲が

騒めこうが

環境が

変わろうが

たいてい

みな

ココロづもりは

決まっている



キミの未来は

キミのモノ


誰にも

たじろぐな


自分に

負けるな






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Savon de Rin さん 入荷しましたよ

2014-10-30 08:05:54 | 日々のこと



アルカイックスマイル





決め込んだら

くちびる



ピリッと・・



乾燥が

季節の

移り変わり



教えてくれる

今日この頃
(妙な 導入編で スミマセン)


いとしの

いとしの

Savon de Rinさんの

作品が

到着しました



ベーシックソープ 4点(各800円)
※ホワイト、ピンク、グリーン
リメンブランスグレイ


シーズナルソープ 3点(各800円)
※米ぬかとはちみつ
りんごとゴートミルク
ネロリとカレンデュラ


みつろうバーム 3点 (各880円)
※ゼラニウム&ローズ
ローズウッド&レモン
ローズマリー&ベルガモット


リップバーム 2点 (各780円)
※レッド、コーラル


クレンジングオイル (1,350円)


ルースパウダー (1,200円)


リフレッシュミスト (780円)
※ローズウッド&マンダリン



作品名を

見ているだけでも

リラクゼーション効果が

ありそうですね

パッケージも

ステキです



今回初入荷の

みつろうバームは

10~4月の限定品



万能バーム!


乾燥が気になる

箇所に

おまじない

みたいに

チョンチョン



塗ってくださいね


Savon de Rinさんの

作品を

日常的に

使用できるようになって

肌が

のびやかに

なった気がします


深呼吸して

いるような


背伸びして

リラックスして

いるような


余計なモノだけ

取り除いて

差し上げましょう

さぁ

貴女本来の

快復力を

引き出して

あげて

くださいね

って

優しく

語りかけて

くれてる

ような

頼もしき

アドバイザー的存在



今日も

朝から

ムスメと

二世代で

ニッコリ

です



来月8,9日に

長崎市内にて

行なわれる

ナガサキリンネ

にも

出店されます



作家さんに

お逢いして

想いを

訊ねられたら

なお

作品の

素晴らしさを

実感されると

想います



どうぞ

そちらも

いらして

くださいね

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

えぇ、肉食ですとも

2014-10-30 07:40:05 | 日々のこと



ガルルルル


無性に

お肉が

食べたくなる


霜降りトロロン

ではなく

赤身の

熟成した

ヤツ





年を重ねると

体型の

メリハリは

無くなるけれど
(涙)

感情には

メリハリが

出てくるようだ


周りに

流されず

抗わず

修行僧のように

自身の

信念にだけ

耳と

ココロを

預けられたら・・

ホント

人生は

生きやすい





いうコトで⁈

肉が食べたい!

そう

ココロが

カラダが

欲する

すっかり

テンションが

出来上がった日は

人知れず

いそいそと

dining BAR

カフカ



突撃するのです!



血気盛んな

ガルルルル女を

目の前にしても

たじろぐことなく

冷静で職人な

マスターは

手際よく

野菜とフルーツも

たっぷり摂れる

ステーキサラダディッシュ



絶妙なタイミング



味付け



いつも

提供して

くださいます


これが

ほんとうに

美味しいのです



味わいながら

感動しながら

ただ

ひたすら

食べる

食べる



こんな時間って

ほんとうに

大切ですね



こんな時間のために

きっと

頑張っているのです



そうそう

一緒に

いただいた

豚足のスープ



トロロン

ホロロン

絶品でしたよ




とことん

肉食


とことん

シアワセ




ごちそうさまでした!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まみちゃん。

2014-10-29 08:39:49 | 日々のこと



見慣れない

番号で

何度も

着信が

あって

首を傾げながら

掛け直すと



「まみちゃん?

あのね・・・」



時候の挨拶も

すっ飛ばして

話し出した

お相手は

16才年上の

従姉妹

でした


母のお兄さんのムスメ

ふみこさん。


つい

すっかりお互い

オトナになってしまった

ので

「お久しぶりです

ふみこおばさ・・」



言いかけたら

早速のダメ出し


「まみちゃん。



ふみこおねえちゃん。

でしょ⁈」

って(笑)



聡明で

テンポよくて

母を

とても

慕ってくれていて

それもあって

なかなか

しょっちゅうは

逢えないけれど

よく

可愛がって

くれていたっけ


「(母の故郷)

新潟に

帰省した時には

トウモロコシを

まみちゃん

美味しいから

もうヒトツ

食べていい?

って

聴きながら

5本も

ニコニコして

食べてたよ~」

なんて

当の食いしん坊本人は

忘れてしまっていた

まみちゃん。らしい

想い出話を

昨日のコトのように

話してくれました


ワタシたち

家族が

神奈川に

住んでいる時も

自営業で

家族サービス

なんて

なかなか

出来やしない

両親に

代わって

休日には

東横線に

2人で乗って

池袋とか

デパートに

連れて行って

くれたっけ


最後に

あったのは

20年以上も前

社会人に

なって

東京に

遊びに

行った時も

代官山やら

渋谷やら

お洒落スポットを

案内して

くれたんだった


お互い

子育ても

ひと段落して

最近は

母と

よく

電話で

話しているそうな


来年早々には

九州に

遊びに行くのよ!

なんて

嬉しいお知らせまで

飛び出して

盛り上がった

ひととき

でした


時間は

刻々と

流れている

けれど

時代は

ちゃんと

その場所に

留まって

いてくれて

目を閉じると

ココロを澄ますと

ギューンと

タイムスリップ

できる

術を

ワタシたちは

持っている


想い出や

輝かしい過去を

振り返り

愛おしく

想ったり

慈しんだり

できるのは

やはり

充実した

「現在ーいまー」



あるからですよね



42歳のまみちゃんは

一丁前に

迷えるオンナトモダチに

アドバイスを

したり

励ましたり

オトナ風吹かすコトも

あるけれど

ホントは

相変わらず

泣き虫で

弱虫です


でも

タイムスリップしながらも

前を見据える

強さや

期待は

抱けるようには

なったかなぁと

思えるのは

きっと

守りたいモノ



かけがえのないモノ



出逢えたから


もぅ

あまり

まみちゃん。



呼んでくれるヒトは

少ないけれど



ワタシを

甘やかさず

でも

ワタシらしく

捉えて

受け容れてくれる

シアワセな

環境に

身を置かせて

もらうコトで

42歳のまみちゃん。



今日も

笑って

いられる



ココロの中で

ちょっとだけ

泣いてみたり

しながらも



明日も

ずっと

その先も

笑い皺だらけに

なっても

いいから

笑っていられたら

いいなぁ


そう

夢見て

いる
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

概念を覆し 期待を裏切る いい意味で

2014-10-28 08:25:45 | 日々のこと


昨日の

ミステリーツアー

お土産選びも

弾丸で


道の駅に

放出され

では

15分後に

出発でーす



さわやかに

言い放たれ

初売りのデパート

みたいに

半狂乱で

ご当地グルメを

捜す

探す


あった!

あった!

ありましたー! !


久留米と

いえば

キムラヤのパン


あの

東京の名店

木村屋總本店

から

正式に

暖簾分けした

87年もの

歴史ある

地元に

愛され

根付く

老舗パン屋さん


大好きな

菓子パン
(この響きが好き)



わさわさと

買い占めていたら

センスのイイ

オンナトモダチ



ニコニコしながら

持ってきた

レトロカッコいい

パッケージ

そこには

ホットドッグ



文字が !


いやーん

アメリカングラフィティー


家に

帰り着いた

途端

かぶりつきましたぜ

コーラ



共に


・・・ん?

ウィンナー

でもなく

ケチャップ味

でもなく

具材は

からしマヨネーズ



効いている

キャベツ

プレスハム

スライムチーズ



シンプル

コッペパン

サンドイッチ

なのでした


正直な商売

ココにあり


ホームページを

覗いてみれば

~毎朝、焼きあがったパンを

お届けする―それが私たちの

伝統です。

保存料や着色料は一切無添加。

買っていただくお客様への感謝が、

木村屋の品質を支えているのです。

だから、パンが美味しい状態で

お届けできる距離でしか

販売していません。~



記してありました



~基本守らずして

応用は効かず~



まさに

その言葉が

ぴったりの

後引く

美味しさ

でした



あー

いい旅

だったなぁ


あらためて


いろんな意味で
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マジカル ミステリー ツアー

2014-10-27 19:51:54 | 日々のこと



ミステリーツアー



行ってきました


ずっと

ずーっと

一度は

行ってみたかったのです


でも

一度

行ったら

また

行きたくなるくらい

充実した

内容でしたよ





バスに乗った

瞬間


「で、何処へ?」



つい

口走ったトコロ

から

もぅ

旅の

テンションは

あがります



幾つかの

キーワードを

たよりに

何処かな?

彼処かな?



ワイワイ

云いながらも

運転手さんは

知っているから
(当たり前か~)

時間のロスも

なく


仮に

予想がついても

団体さんの強み



内容は

はるかに

それを

超えるくらいの

お得感MAXの

充実っぷり

でしたのよ


季節を

そして

まだ

知らない土地の

特色



魅力



満喫できる

ミステリーツアー



好奇心は旺盛

だけど

好き嫌いとか

ナッシングな

方は

ぜひ

オススメです



最寄りの

バス停から

乗り降りできると

いうのも

ポイント大

でしたね


笑いすぎて

声は

枯れても

愉しみを

貪欲に

探求し続ける

枯れない元気を

持ち続ける

仲間を

見つけたら



あなたも



さぁ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

月とスリッポン

2014-10-26 22:54:53 | 日々のこと



せっかくの休日

ですもの

用事で

出掛けても

タダでは

帰らない

デベソな

ワタクシ



ブラリ

ウィンドウショッピング



つもりが

ずっと

欲しかった

スリッポン



好きな色味



しかも

安価で

発見!


一日一出逢い

一感動



モットー


今日も

達成 !?

いたしました



スリッポン

slip-on



語源で

意味も

そのまま

紐など無く

ラクに

足を滑り込ませられる

靴のコト



比較的

靴先が

ゆったりした

デザインのモノも

多いので

外反母趾の

この

足先には

とても

機能面でも

ありがたい



そりゃぁ

ヒールの

内側に

真紅のアクセントを

施した

クリスチャン・ルブタン



JM.WINSTON



ウィングチップ

にも

いつかは・・



憧れますが


先ずは

己れを

知るコト

ですね


どんな生きモノ



どんな生き様



どんな生き方



望むのか



自分の

不恰好さ



不器用さ



認めたうえで

それでも

あきらめず

理想を

追い求められるのか



ムリを

しては

続かぬが

自身の

心地よさの

拠り所を

探り当てられれば

なんと

生きるコトが

苦しくなくなるかな



お気に入りに

出逢えた

帰り道は

ヒトリ

車中で

スピッツの曲に

鼻唄で

参戦



暮れ行く空に

薄っすらと

儚いながらも

存在感ある

二日月を

見つけては

感嘆の声を

あげる



「満ちた

とか

欠けた

とか

ヒトから

どう見られようと

構わない

ただ

ワタシは

月で

在り続けるの


そう

貴女も

唯一無二の

貴女で

在り続けるのよ


流されないで」


そう

優しい光に

のせて

真理が

天から

舞い降りてきた

気がした


踏み出す

一歩


それは

新しい靴

でも


履き古した靴

でも

甘んじるコト

なく


然りと

踏みしめて

いこう


戻るのは

かんたん


だからこそ

前に

踏み出さなきゃ






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シアワセの波動

2014-10-25 08:20:03 | 日々のこと


最初は

桜の頃

だった



暑い季節に

エアコンの

調子が悪くて

迷惑を

お掛けしたことも

あったなぁ


シアワセな

偶然の

出逢いが

出逢いを

繋ぎ

十年の

月日



絆が

紡がれた



近しい方々には

昨年の

作陶展の

段階で

お知らせ

させて

いただいたの

ですが


ワタシの

自宅で

行なって

おりました

小城在住の

陶芸家

坂井 理華さん



作陶展は

十年目の

昨年を

もちまして

いったん

閉じさせて

いただきました


理華さんは

佐賀の

山内町を

中心に

人気がある

ケーキ屋さん

ララフィール



主要スタッフと

しても

多忙な日々を

送っています


多店舗展開の中で

陶芸の

制作時間も

ままならないと

ここ数年は

ムリを

していたようです


でも

毎年訪れてくださる

方々の

笑顔や

会場で

起こる

シアワセの波動

それらに

彼女は

支えられ

励まされ

やってこれたんです



話してくれました



駆け抜けてきた

ワタシたち


人生の春夏を


これから

立ち向かうで

あろう


人生の秋冬の

ためにも


一度

立ち止まり


深く

深く

呼吸を

整えなければ

いけないの

かも

しれません


いつも

頑張っている

けれど

ムリは

できるだけ

しないよう

強い意志を

持ち続ける

彼女は

尊敬する

アーティスト

であり

憧れの

女性像

なんです


このヒトの

信念を

見届けたいな


それが

ワタシの

理華さんとの

心地よい

distance



計り方

だと

思うから



でもね

先日

さりげない

フリして(笑)

ララフィールに

逢いに行きました



やはりね

定期的に

顔見て

コトバを

交わしたいのです


大切なヒト

だから


顔見た途端

小さな子ども

みたいに

ワーン ワン

泣いてしまいました


迷い子の

ココロ持ち

でしたの


それぞれを

懸命に

生きるコトが

誇るべき

友への

エールにも

なると

信じて



いまは

それぞれの

場所で

頑張ろう


理華さんの

器を

愛してくださっている

みなさま


また

逢える日まで


彼女だと

思って

ガシガシ

使って

くださいね


みなさまの

日常が

ちょっとだけ

おだやかで

やわらかな

モノに

なる筈

ですから


理華さんも

きっと

そんな

シアワセの波動に

光を

見い出して

くれる

筈だから


これからも

応援しあって

いきましょうね





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

LOTUS IN THE DIRT

2014-10-24 08:48:46 | 日々のこと



とても

笑顔が

魅力的な

オンナノコ



昨日は

ひとりで

やってきた


いつもは

ツンデレなカレ



一緒なのに・・



めずらしく

カウンター席に

腰掛け

ズラリと

目の前に

並んでる

レコード棚を

ボンヤリ

見てる


話し掛けると

反射的に

笑顔と

風鈴が

風と戯れた

時のような

踊るような

声で

受け応えを

してくれる



「いつも

笑顔で

すばらしいね」


そう

称賛すると


「あはは

そうですかね

あはは

でも

イヤなコトが

そういえば

ありましたね

最近。

あははは」



・・・気づいていたけど

確信した



蓮池の花だ。




ちょうど

日中

常連さんと

話していた


どうして

蓮の花って

あんなに

厳かで

高貴で

美しいの

だろうね

って



きっと

池の中の

澱みや

暗さすら

エネルギーに

変えてしまうんだろうね

って




帰り際に

ポツリと

カノジョは

云った


「カレと

喧嘩したんです

いつも

笑ってばかりで

おまえは

いいな

って。

(カレから)

咎められても

すぐに

元気になるから

堪えてないんだろ

って。

・・そんなコト

ないんですけどね

あはは」


流石に

最後の

あはは



今まで

聴いた中で

いちばん

か細い

あはは

だった


愉しいだけのヒト

なんて

楽しいだけの人生

なんて

在る筈が

無い


それだけならば

その意味すら

解らない筈

だから


ヒトリを

知るから

フタリが

温かくて


痛みを

知るから

歓びに

感謝

できるんだ



カレも

ホントは

解ってる筈



カノジョが

いつも

笑顔で

いてくれる

理由を



カレが

カノジョの

そういう

トコロを

好きになった

コトを



いま

この時

きっと

カレは

カノジョの

笑顔を

何処かで

待ち侘びて

いるんだろうな



「あっ

甘いケーキでも

お土産に

買っていこう

あはは

きっと

疲れて

待ってる筈

だから」




すばらしいね!




ヒトリで過ごす時間が

きっと

カノジョに

気付かせてくれたんだ



「やっぱり

フタリの時間が

シアワセだ」


って



ケーキの小箱



小さな

赤い

リボンを

つけた



フタリが

仲直り

できますように


フタリが

運命の糸で

繋がって

いますように



そう

祈りを

込めて





LOTUS IN THE DIRT


~槇原 敬之~



飛び込んでくるニュースに

僕はもう慣れかけていた

それよりも今日の夜 何を

食べるかを考えていた

言うことを聞かない犬を

必要以上に叱った

自分の中に真っ黒い

泥が詰まっていると知った



みんなそんなもんだよ

その言葉に何の意味があるんだろう

そんなことを確かめるために

生きてるなんて思えない



この世界はまるで泥沼だ

きれいな花なんて咲かない

あきらめそうになった僕の目の前

「泥沼でもきれいに咲ける花が

あるなら君はどうする」と

真っ白い蓮の花が咲いていた



なにも与えようともしないで

満たされないと嘆く

学ぼうともしないくせに

解らないと逃げてばかり

可哀想と眉をひそめて

自分じゃなくて良かったって

安心しているだけ

ただそれだけなのが怖くて


みんなそんなもんだよ

その言葉に何の意味があるんだろう

そんなことを分かり合うために

人は人の中で生きているの?



この世界はまるで泥沼だ

きれいな花なんて咲かない

あきらめそうになった僕の目の前

「泥沼でもきれいに咲ける花が

あるなら君はどうする」と

真っ白い蓮の花が咲いていた




優しくなりたい 賢くなりたい

強くなりたい 弱さを知りたい

真っ黒い心の中 目を凝らしたら

正直な気持ちが

かすかに見えた気がした


この世界はまるで泥沼だ

きれいな花なんて咲かない

あきらめそうになった僕の目の前

「泥沼でもきれいに咲ける花が

あるなら君はどうする」と

真っ白い蓮の花が咲いていた





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キミノモノハキミノモノ

2014-10-23 08:48:37 | 日々のこと



つい

感情移入

してしまう



ハッピーな話を

聴けば

小躍りしたり



不条理な話を

聴けば

つい

声を荒げたり



大切なヒトは

みな

とても

懸命に

生きていて

ココロ

打たれる


目紛しく

展開される

パラレルワールド


目に

写るモノ


ココロに

映すモノ


すべての

意味を

つい

考えたり


時には

越えないで

いい筈の

境界線を

飛び越えてや

しないかなって

後になって

だけれど

考えてしまう


みんな

自分で

自分を

守り

高め

生きようと

してるんだから



だれかに

なんとかしてもらおう

そんな

ヒトとは

巡り逢わない

だろうから


ワタシも

自分の

陣地を

守らなきゃね

耕さなきゃね


思わぬ

外敵に

踏み込まれぬ

ように


ほんとうに

大切なモノが

朽ちて

しまわぬ

ように


コメント
この記事をはてなブックマークに追加