させぼ moonlight serenade

たとえ泡沫でも
ここへ のこして
いきましょう
大切なヒトへの
想いと 今を
そう
夜想曲の奏でのように

時間軸

2017-03-31 09:01:10 | 日々のこと

(だいすきな友人親子サンからいただいた
お守りみたいな一冊!ありがとう!)




時間軸のズレ。







友人としながら

帰宅して



ヒトリきり

ダイニングテーブルから

リビングで

テレビを観ている

家族たちを

ボンヤリ眺めながら

夕食を摂っていると

ひどく

淋しくなった



いやいや

疎外感なんか

感じてる場合じゃなくて・・



ただ単純に

此処にもヒトリ

時間軸がズレているだけの

ワタシが居て



他人事みたいに

話して居た

さっきまでの

自身が

なんだか

可笑しくなって

笑えた




ヒトツの

括りの中に

居ても



どんなに

好いていたり

気が合ったとしても



何から何まで

ピタリと重なるなんて

そうそう無くて



ふと

冷静になれば

そんな

ストンと

沁み込ませられる事象でも

自身の

「こう、在って、ほしい」



勝ると

想う様にいかぬコトに

気を取られ過ぎてしまう




そんなコトを

ボンヤリ考えていたら

夜も更け

みんな

それぞれの寝床へ

散って行ったので

ワタシも

慌てて

後を追った




ムスメが

敷いてくれた

ふかふかマットレス



コタツでつい

寝てしまい

やれ腰が痛いだの

疲れが取れないだの

嘆く

自業自得オンナ



先日

家人が

プレゼントしてくれたモノ



幼い頃に

母がフワリ

掛けてくれた

ブランケットみたいな

優しさに

包まれて

あっという間に

眠りの世界へと

落ちていった



我が身の単純さに

感謝しながら




朝方

まだ薄暗い時間帯に

否が応でも

時間軸をずらさなきゃならない

家人が

仕事へ向かう

気配を感じた



「ありがとう。いってらっしゃい!」



そう

なかば夢の中で

むにゃむにゃ

呟いた

出来ぬ嫁に

やれやれと

想うヒマもなく

下方の

駐車場からは

返事代わりの

遠ざかっていく

エンジン音が

届いた




時間軸は

それぞれの世界が

確立されると

ズレていくけど

理解しようと努めたり

応援しているよと伝え合うコト



ちょうど

輪唱のように

協和音で

居られる筈だから





ワタシが

まだ

仕事をしている間



正しい時間に

夕食を摂るであろう

家族へ

感謝を込めて

さぁ

夕餉の支度でも

しようかな




朝なのに

夕餉の支度とは

やはり

ズレ過ぎだよね




ごめんね




ありがとうね








You are what eat need 〜槇原敬之〜




好きな事をやっている

だからといって

辛い時やしんどい時も 山ほどある 

当然!


天気が変わるように人も

同じじゃ居られない

風邪も引くし 飲みすぎて

二日酔いの時もある


だけど僕は今日も

スタートラインに立って

昨日までの続きを始める

たとえ困難が待っていると

知っていても


耕して種を蒔いて

水をやって知恵を絞って

守って愛を注いで

育てて 届ける


どんな日も心に誰かの

笑顔を思い描いてる

その誰かは他の誰でもない 君なんだ


やらなきゃだめな事で

心を 忙しくしてよう

よからぬ事を思いつくのは

心が暇な時だから


そして僕は明日も

スタートラインに立って

今日の続きを始めるだろう

頼まれたわけでもない

勝手な使命感を胸に


耕して種を蒔いて

水をやって知恵を絞って

守って愛を注いで 育てて 届ける


どんな日も心に誰かの

笑顔を思い描いてる

その誰かは他の誰でもない

君なんだ



そして僕は明日も

スタートラインに立って

いつものように続きを始める

とても大事な事なんだ

食べたものが君になるから


耕して種を蒔いて

水をやって知恵を絞って

守って愛を注いで 育てて 届ける


どんな日も心に誰かの

笑顔を思い描いてる



その誰かは他の誰でもない

君なんだ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キミの匂いに恋してる

2017-03-30 08:30:48 | 日々のこと


最近

お気に入りの香り



いや

昔から

すきだったっけ



柔軟剤ソフラン



フローラルな香り



いまは

柔軟剤の種類が

増え過ぎて

定まらずにいたけれど



懐かしいような



新鮮なような



面倒な

洗濯モノを

干すのが

畳むのが

愉しくなるような



慣れ親しんだ

この匂いに

落ち着きそうです





匂い。

って

大切だよね



匂いの記憶。

って

強いよね



むかし

むかし

好きだったヒト



匂い(オーデコロン)



聞き出して

つける勇気は

ないから

店先で

クンクン嗅いでたよなぁ・・



その後

そのシリーズが

廃番になったと知って

ショックだったけれど

折に触れ

そのヒトを

想い出す度

ふと

鼻先を掠めたっけ



なつかしい・・(遠い目)




余談ですが





かの有名な

ココ・シャネル



名言




〜香水は

キスして欲しいトコロに

つけなさい〜



とな




ヒャーッッ





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

mojomojoサンの作品が届きましたよ

2017-03-29 23:04:49 | 日々のこと



ちいさな美術館。



mojomojoサン



作品を

密かにそう

呼んでいる



緻密かつ繊細



筆跡



観るモノ

手に取るモノ



心地よい余韻



微笑み



のこす



こどもの頃

憧れたモノ



大きくなったら

忘れてしまいそうなモノ


日々の中で

後回しに

しがちなモノこそ

ほんとうは

自身を

カタチ創るモノ



そんな

メッセージが

込められている

気がする






今回

想わず

泣きそうになった

作品たち




いつかの夢の夜



星が降って来そうな

一生忘れるコトのナイ



其処には

首が痛くなるくらい

飽きるコトなく

空を見上げる

あの日のフタリが

居る気がした



祈るため



生まれてきたんだ。




平和を


永遠を









躍動感ある

イキモノシリーズ




ヒトツヒトツ


じっと眺めていると

身近なだれかに

似てる気がして

想わず

あだな。で

呼んでしまいそう






80年代の

ポップワールド



想い起こさせる

カラフルメガネ



憧れのセンパイ



かけていたよな

セルロイドメガネ






アート



仕上げのスパイス



遊びゴコロ!



Dear.ウォーホル♡



バナナバッジ




アイ♡ロックンロール



あの娘に

つけて欲しいな

エレキピアス




想像力と創造力



掻き立てられますよ



いつも

ありがとうね



mojomojoサン♡
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

両義的思考

2017-03-28 07:42:50 | 日々のこと


ワタシは

眼鏡を

かけた

または

眼鏡が

似合う

男性に

めっぽう弱い



それは

キリリ

知的に映る

という

印象



何処か

全体を捉えるコトなく

ボンヤリとしている

という

二面性に

惹かれるから

だろう



想う



よって

決めつけや

想い込みの

強い

一方的なヒト



敬遠する傾向にある
(眼鏡は関係無く)



村上春樹サン



ハルキストなる

信者まで

居るくらい

人気があるのも

その両義的解釈
(ノルウェイの森の装丁も
赤と緑だものね)



長けているからなのかな



この恋愛短編集を

読んで

改めて

想った



帯にもあるように

ヒトは

生きてる限り

ゼロ。には

なれない



諭してくれる




終わりは始まり。


孤独と自由は背中合わせ。




なんて

コトバが

腑に落ちるほど

年々

ある事象を

どちらの側面から

捉えるかで

明日が

輝くのか

くすむのか

大きな違いがある



気付かされる




恋愛も然り



成就すれば

喪うコトを

畏れたり



喪えば

何処かしら

解き放たれたよな

安堵感にさえ

包まれる場合もある
(万人に受け入れられるとは
想わないあくまでもの持論です)




先日

〜片恋がいちばん。〜



おっしゃった

人生の先輩は

何処か

一理ある気もする
(自身の中で責任を持って
進退を決められるから)



この短編集の中で

いちばん

印象に残った作品は


「独立器官」



オンナは

嘘をつく時。



オトコは

恋をする時。



ある独立器官が

発達し

作用するという


逆に

それが

衰えるコト



呼吸法さえ

奪われたかのよに

生命の危機にすら

晒されるという

半ば

ホラーな話



読みながら

ユーミンの

「魔法のくすり」



頭の中を

ぐるぐる

駆け巡ったっけ




村上春樹サン



コトバを

引用するなら



〜女のいない男たちの世界は

月の裏側そのもの〜




そうな



男のいなくなった女たちの世界は

果たして・・



きっと

其処は

真っ暗闇では

ないと

想う




女は

自身を

月そのもの。

だと

想っている

から




少なからず

ワタシ

自身









魔法のくすり 〜松任谷由実〜



恋の悩み答えられるほど

火の粉くぐって来たわけじゃないんだけど

つらい夜も 安らかになれる

一粒のくすりを あなたにあげましょう



男はいつも最初の恋人になりたがり

女は誰も最後の愛人でいたいの


だから所詮おんなじ気持ちで

求め合っていると思っちゃいけない



さめたふりをして ふいうちをかけて

欲しいものは欲しいと云った方が勝ち



前の彼を思い出しなさい

どんなカサノヴァでもきのうは消せないわ



男はいつも最初の恋人になりたがり

女は誰も最後の愛人でいたいの


まずは少し余裕を持つのよ

するとふくらし粉もききめをあらわす



さめたふりをして 逃げごしはだめよ

欲しいものは欲しいと云った方が勝ち



さめたふりをして ふいうちをかけて

欲しいものは欲しいと云った方が勝ち



眠れ今宵

魔法のくすりで



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

14歳の肖像

2017-03-27 15:29:46 | 日々のこと


今日は

末の

息子クン



誕生日



14歳

おめでとう



あの日は

桜が満開だったけれど



今日は

桜の蕾も

まだまだ硬く

雹なんて

降っているね




同じ春は

来ないのだと

教えてもらうように



子育てにも

同じ。は

無いのだと

気付かせてくれた

存在



ベテランママさん

とは

云い難い

自身優先子育てだったな



ゴメンね




それでも

トモダチや環境に

恵まれて

大病をするコトもなく

此処まで

成長してくれて

ほんとうに

感謝しているよ





美術の授業で

描いたという

肖像画



鏡を見ながら

描いたって




視力が悪いから

ジッと

凝視した模様



よく

捉えているよね

今の自身。





なりたい自身に

近付いているのかな?




小さい頃は

スパイダーマンに

なるんだって

決めポーズを

いつも見せてくれてたよね



特殊能力は

残念ながら

備わっていない

みたいだけど

少しずつ

少しずつ

だれかのヒーロー



なれる要素



持ち合わせた

イイオトコに

なりつつあると

親バカだけど

想っているよ



あとは

経験値



大切なヒト



出逢ったり



憧れの場所



手を伸ばしたり



いっぱい

恥ずかしい想い

やら

口惜しい想い

やら

現を抜かしたり

してごらん



自身の

光と

闇を

愛してごらん



きっと

鏡に映る自分を

今より

もっと

好きになるから




半分こども

半分おとな



14歳の肖像画




きっと

今も好きであろう

スパイダーマンの

フィギュアと

一緒に

此処に

飾っておくね



行き詰まったり

息詰まったり

した時には

眺めてごらん



確実に

自身の

歩幅で

前進してる

コトに

気付ける筈だから




あの頃。



在ったから



きっと

そう

想える




未来のキミ



創る




眩しい

14歳の肖像画











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

だれかのため。は いつかの恩返し

2017-03-26 08:30:43 | 日々のこと


オトコのヒト

には

モテませんが



ステキなオンナのヒト

には

恵まれていて

巡り合えていて



旅立ちの季節には

改めて

それに

気付かされます



赤いバッグが

とてもステキで

似合っていて

それからだったかな

テイクアウトの支度の間

ひと言ふた言

コトバを交わしていたのが

始まりだったね



仕事帰りに

忙しい合間を縫って

顔を見せてくれていた

カノジョ



時には

しばし

カウンター越しに

甘いモノで

エネルギーチャージする間

互いの環境のコトとか

話すようになって

何を優先するべきか

なんて

共通のテーマで

語り合ったりもして



ある日


「決めました!」


って

決意表明してから

旅立ちの日まで

あっという間だったね




大切なヒトのために

しばし

住み慣れた

働き慣れた

環境を

離れるコトを

決めた

カノジョの表情



曇りなく

迷いなく

澄み渡っていたっけ



いただいた

季節感溢れる

お手紙



滅多に

貰う機会ないから

うれしいな




互いに

相手に向けて

発し

話していたコトバは

互いに

自身に

沁み込ませるためだったと

カノジョとの

関わりを

振り返りながら

手紙を読んでいて

気付かされたよ




仕方ない。

とか

なんで、ワタシばかり。

とか

諦めたり

不貞腐れたら

すべてが

台無しになって

しまうから



キモチを

少しだけ

切り換えて




目線も

少しだけ

上やら

遠くやらに

うつして



いまは

恩返し



守られてきた過去。





支えられるであろう未来。







なんて

ストン



納得いくまで

ココロに

理解させて

きたんだよね




あの日の

カノジョは

いつかの

ワタシ





ワタシより

うんと若い

カノジョも

ワタシにとっては

立派なセンセイ

誇るべきお手本




「行ってらっしゃい!

大切なヒト



笑顔のもとへ」




また

逢おうね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

COCOSARAサン 大人気です

2017-03-25 09:08:24 | 日々のこと


みんな

愉しみに

待ち侘びている

COCOSARAサン



作品たち









LIMITED NUMBERとの

コラボも

話題になっていますよね



いつも

緻密で

愛らしく

カッコイイ

作品群たち




今回は





ファン続々

増殖中



ブローチたち











丸襟の白いブラウス



着たくなる!

ヘアアクセサリー













女子力が

上がりすぎて

まいっちんぐ



小さな惑星たちのような

ネックレス

ブローチ

リング

ピアス

イヤリング








そして

ワタシのだいすきな

ちいさなおうち。オブジェ



新築や

お引越しの

プチギフトに

よろこばれそう!!




精力的に

そして

ていねいに

ココロを込めて

ひとつ

ひとつ

作り込まれている

COCOSARAサン



作品群たち




ちゃんと

寝る時間あるのかしら・・



老婆心をいだいてしまいます(笑)



神様

カノジョには

1日を

30時間くらいに

してあげてください!



なんつって
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゲンキノミナモト

2017-03-24 07:54:01 | 日々のこと


昨年

新潟へ

帰省した際

お土産に

持たせてくれた

お米が

とても

美味しくて

それ以来

お手間をかけて

申し訳ないの

だけれど

従兄に

新潟産コシヒカリ



送ってもらっている



ワタシは

カレーや

炊き込みご飯が

大好きなのだけれど

それらに

用いるのが

勿体ない程

お米本来の

甘みと旨みが

グッと

口いっぱいに

広がるので

オカズは

いたって

シンプルなモノ

くらいが

ちょうどいい



白米。を

食べるために

食事を摂っていると

云っても

過言ではないのであーる




小さい頃から

米粒を残さぬよう

厳しく云われたのが

なるほどな



想う



もったいない。



意味が

心底わかる




〜イイモノには背景が見える〜



イイモノ・イイヒト



出逢うと

それを

育んだ

環境にすら

想いを馳せ

なんだか

御礼参りに

行きたいくらい

その巡り合わせに

手を合わせたくなる




2日かけて

届く

元気の源


それは

お米

のみならず

優しき

従兄の想い



然り





カレを

取り巻くであろう

幸福な背景にも




感謝



感謝






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ワンニャン狂騒曲

2017-03-23 08:22:54 | 日々のこと


知らぬ間に

腕やら

顔やらに

引っ掻き傷が

出来ている


好奇心世代の

ネコのマキハラクン



最近の

マイブーム



脱走

みたいだ



外で

逢うと

他人みたいな顔して

ビューンと

走り去って行く



カレの大好きなオヤツ

片手に

息切らす

四十路オンナは

ご近所さんには

どう映っているのやら



連れ戻すと

何も無かった様に

寛いでいる



ケッッと

舌打ちしたいけれど

それより

ホッッが

勝るので

ワタシも

何も無かった様に

いとしく想う



家に帰ると

シッポを

タケコプターのように

ブンブン振り回す

ワンコが

待っている






いじらしくて

たまらないのだが

一旦

家人たちが

寝静まると

カレは変貌を遂げる



餓鬼のように

食べ物を

物色し出す




朝起きると

器用に開けられ

空けられた

オヤツの

包み紙が

散乱しているコトも

しばしば・・
(今朝も例に漏れず)




ワンコは

その瞬間に

怒らないと

躾けの意味が無い

そうなので

出るのは溜め息ばかり



いそいそ

片付けるワタシを

またまた

ジーッと

眺めている

ワンコ



タケコプターを

振りながら




あぁ

どうして

ペットなんか

飼ったのだろう



正直想う瞬間がある



でも

カレらを

眺めたり

撫でていると

救われているのは

自身の方だと

気付く



ワタシたちが選んだ訳でも

カレらが望んだ訳でも

なく

やはり

縁の糸を

信じたくなるほど

巡り合わせだった気もする




いつか離れる日も来るだろう



解っていても

いま寄り添うコトが

ただ

ただ

シアワセなのだから

引っ搔かれようが

オヤツを奪われようが

イキモノと向き合う

そう決めたなら

ドンと構えて

いなくちゃね



毎日

脳内リピートする

ワンニャン狂騒曲


ペットという

家族のような

恋人のような

存在がいる

人生って

なんだか

運動会みたい



つな引き

借り物競走

追いかけっこ



怪我もするし

笑いもあれば

涙あり



予備知識も

予行練習なんてのも

何の役にも立たないね



だから

愉しいんだろうね



いざ

今日も

スタートラインへと

さぁ

向かおう



さぁ

後悔の無いよう

与えられし

今を

共に

生きよう

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

目線が捉えたモノこそ

2017-03-22 23:42:35 | 日々のこと


またしても

グーンと

追い越して

行ってしまった・・



今日は

ムスメの

19歳の

誕生日



記念すべき

10代最後の

バースデーを

カノジョは

韓国で

迎えている



在籍する

短大の

カリキュラムの一環で

3泊4日の

提携校との

交流の旅



初の海外旅行に

備えて

年明けから

パスポート取得



海外旅行保険加入



手続きも

自身で

サクサクと

こなして

いたっけ



ワタシは

恥ずかしながら

海外旅行未経験だし

よって

パスポートすら

持っていない



アドバイスなんて

出来る筈もなく

逆に

質問ばかりして

ワーワー

キャーキャー

騒ぐばかり










今は

便利な時代で

先ほど

LINEで

ムスメから

写真が届いた



ハングル文字一色の

都会的な街並みと

チマチョゴリを

着せてもらった

愛らしい姿



食べるモノ全て

美味しく

出逢うヒト全て

優しい

なんて

旅の醍醐味を

満喫している模様



プレゼントを

あげなきゃいけない筈の

ワタシが

なんだかジンとする

キモチのギフトを

もらった気がしたよ



来年の誕生日は

どうしてるかな



誕生日に

限らず

いまを生きる

歓びを

噛みしめ

感謝できる日々を

過ごしてね

これからも





貴女の目線が捉えた

セカイ

こそ

貴女が

必要とし

成長すべき場所



なる筈

だから

コメント
この記事をはてなブックマークに追加