させぼ moonlight serenade

たとえ泡沫でも
ここへ のこして
いきましょう
大切なヒトへの
想いと 今を
そう
夜想曲の奏でのように

夏が終わる

2017-08-31 07:14:39 | 日々のこと




8月最後の日




風も

雲も

変わり始めて




ノースリーブ







擽ぐる





この夏を

想い巡らす






愉しかったなぁ






何度

声を立てて

顔をシワくちゃにして

笑っただろう




何度

時間が止まればいいって

眠る時間すら惜しいって

想えただろう




飛行機雲

たくさん

見たっけ




あんなふうに

シアワセの余韻



目に見えたら

イイのにな



もっと

強くなれるのにな



そう

呟く

ボクに



強くなろう。



するよりも

弱さ。

さえも

抱きしめてあげられるヒト



ステキよ



キミは

そう

笑ったね





奇跡のような

流れ星



想いを託すよな

フタリ



ステキだけれど




軌跡のような

飛行機雲



互いの存在



重ねるよな

フタリ



居たいね




これからも




夏が終わる




淋しいなぁ

なんて

浸る暇なく




さぁ

ボクら



秋が始まる











夏が終わる 〜 Spitz 〜




遠くまで うろこ雲 続く

彼はもう 涼しげな

襟もとを すりぬける

日に焼けた 鎖骨からこぼれた

そのパワーで

変わらずにいられると 信じてた



またひとつ夏が終わる

音もたてずに

暑すぎた夏が終わる

音もたてずに

深く潜ってたのに




遠くまで うろこ雲 続く

彼はもう 涼しげな

襟もとを すりぬける


キツネみたい 君の目は強くて

彼方の 記憶さえ

楽しそうに つき刺してた



軽い砂を 蹴り上げて走る

濡れた髪が 白いシャツ

はずむように たたいてた



またひとつ夏が終わる

音もたてずに

暑すぎた夏が終わる

音もたてずに

深く潜ってたのに




遠くまで うろこ雲 続く

彼はもう 涼しげな

襟もとを すりぬける


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

燃えるような花束に抱かれて

2017-08-30 07:32:37 | 日々のこと


一枚



ポストカード



眺めている




ワタシ



初めて



シャガール




「燃えるような花束」





あれは

たしか

ジグソーパズル



当時

ちょっとだけ

仲良しだった

ボーイフレンドの家



ふたりで

ワイワイ

云いながら

作ったっけ




小さなピース

には

カラフルな

踊るような

色彩が

溢れていて

まだ

子どもだった

ワタシたちには

眩しくて

憧れ

だった




結局

作りかけのまま

ボーイフレンドとも

いつしか

疎遠になって

カレの

行く末

にも

まして

その

シャガールのジグソーパズル



行方のほうが

ずっと

頭の片隅に

残り

気になっていたっけ



先日の

シャガール展



於いては

展示こそ

なかったモノの

ミュージアムショップ



その作品



ポストカードとして

だけど

完成されたモノ

として

再会した時には

思わず

感嘆の声を

あげてしまった






通わせ合えなかった

キモチ




添い遂げられなかった

ココロ



答えなど持ち合わせてなかった

若さ



未来なんて遠いセカイの話

そう想っていた

醒めた現実



それらも

いつしか

自身の

糧や

財産となって




いま

ワタシは

此処にいる





ちょうど

この

燃えるような花束



抱かれて

浮遊しているような

裸婦

みたいに





日々が

カラフルで



日々が

隆起している





いつか

花々は

朽ちていくのかもしれない




そんな

不安も

時折

過るけれど




その時は

ワタシも

一緒に

朽ちていけばいい




それぐらい



覚悟






花束のように

抱きしめられる




花束のように

芳しき

色香を放つ




こんな人生






こんな

燃えるような花束





待ち続けていて

よかった




忘れずにいて

よかった





あきらめないで

よかった




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ことりっぷ〜佐世保市街地編〜

2017-08-29 07:05:05 | 日々のこと


久しぶりに

クルマを

使わず

佐世保市街地



ぶらり旅








スタート



亀山八幡宮



だいたい

こちらに

伺うのは

大晦日から新年に

かけての

真夜中なので

ヒトも

疎らで

緑と静寂に

包まれた

美しい場所

なんだと

恥ずかしながら

今回

改めて

気付きました










隠れハート

発見!







御神籤は

小吉

でした



内容は

まずまず


じわじわ上るくらい



ほんとうは

いいのでしょうね







市役所を

眺めながら

国道沿いを

歩き


だいすきな

国際通りを

眺め

いつも

気になっている

建物群に

続く

石の階段で

ひとやすみ









猫ちゃんが

優雅に

シエスタを

愉しんで

いましたよ







そして

目的地

島瀬美術センターへ





ようやく

伺えましたよ

シャガール展



シャガール創世記

とも

云える

いままで

触れたコトのナイ

作品群



シャガールの人生



おいて

深い影響力を

与えた

三人の女性を

軸にした

学芸員さん



解説が

何処と無く

18禁で

面白かったです(笑)



愛の色。

って

きっと

モノクロ

から

始まるモノ

なのね・・・






そして

島美と

公園を挟んで

対面している

私設ミュージアム

とも

云える

ディープスポット

ワイワイ貿易さんへ!



お目当ては

そう

もちろん・・





STARWARS !







1/1スケール

ヨーダ様



近づく



フォース



感じたような・・






銀河系最速のガラクタ

我らが

millennium Falcon 号



大迫力のスケール !!



悶絶していると






佐世保の

超有名人

優しい店長



緒方さん



記念写真

撮ってあげるよ!



気さくに話しかけて

くださいました











パダワンくらい

には

見えるかな?
(年の頃が・・・(笑))





記念に

チューバッカが表紙



アメコミ紙



購入








おまけに

ライトセーバー型バルーン

まで

いただきました






店内には

隣接した

島瀬公園で

保護された

生後1週間ほどの

子猫ちゃんたちが

すやすやと

安心して

微睡んでいましたよ


ただいま

里親さん募集中

だそうです


気になる方

いらっしゃいましたら

ぜひ

ワイワイ貿易さんへ

尋ねられてみて

くださいね






そして

佐世保川を渡り


最終目的地

温水プールへ




佐世保公園には

気になっていた

満天星つつじ



植栽として

たくさん

ありました



春になったら

可憐な花々を

見に行きたいな




日頃の疲れ







スカッと

吹き飛んだ

ことりっぷ

でした



改めて

この街が

大好きだなぁ




そう

想いましたよ




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ありふれた人生

2017-08-28 07:41:52 | 日々のこと


ありふれた人生



望んでいた



いつからか





朝目醒め


朝陽に目を細め


美味しい食事をいただき



朗らかに笑う




ちょっとだけ

ムリをして



ほんの少し

ガマンして



鼻唄混じりに

やり過ごして



月を見上げては

大切なヒト



想い



夜に

感謝して

眠る




ありふれた人生。





平凡な人生。


そんな

意味じゃない




有り触れた人生。





在り溢れた人生。


なんだって




ほんとうは


なかなか


有り難い人生。


在り得ない人生。


なんだって




感じる

この頃




噛みしめる

この頃




そんな

気付き



与えてくれる



この街





この空





この

ぬくもり





ココロから



微笑み











ありふれた人生 〜 spitz 〜




ありふれた人生を探していた

傷つきたくないから

君といる時間は短すぎて

来週まで もつかな




ああ

心がしおれそう

会いたい

もう待てない

これ以上

待てない



そして今日もまた 眠れない



空回るがんばりで

許されてた

現実は怖いな

逃げ込める

いつもの小さな部屋

点滅する色たち




ああ

時々

聴こえる

あの声




もう待てない

これ以上

待てない



文字を目で追って

また始めから



ああ

会いたい

夢でも

会いたい



もう

待てない

これ以上

待てない



わかっているけど

変われない
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安らげる場所

2017-08-27 07:16:04 | 日々のこと




キミ



無人島



暮らしてみたい





互いしか

居なくて



互いしか

見えなくて



互いしか

補い合えない

状況



追い込まれてみたい




キミ



存在



重さ



想い知って

みたい




キミ





以外



モノなんて

聴こえなくなって

しまえばいい





雑音



雑念





憶測



好奇心





それらに

晒されるコトなく




風を読むように




空を読むように





ずっと

キミ



耳と

ココロを

傾けていたい






あらゆる

不都合なモノ



妨げとなるモノ



瞬時に消せる

石鹸が

在ればいいな





すべては

泡の中



すべての

くすみは

忘却の彼方







・・・なんて

あり得ないコト



ありもしないコト



あってはいけないコト



期待したり

固執したり

するなんて

馬鹿げているよね



そう

大人げないよね





このセカイだから

ボクらは

出逢って



このセカイだから

ボクらは

繋がって

いられるのにね




このセカイの

あらゆるモノが

味方してくれなくたって



キミがボクを

理解して



ボクがキミを

信頼している



そんな環境さえ

在れば




何処にも行かずに



何かを喪わずとも



何物にも頼らずに




ただ

安らげる場所



手に入れられるんだから





ただ

安らげる場所



ふたり

手を繋いでいられるんだから










安らげる場所 〜 Mr.Children 〜



十月の夕暮れが寂しげに街を映す

僕はただそれを見ているだけ 

君を想って

何処からか愛しさが

胸に込み上げたなら

セーターなど着てなくても 

そっと温もる



僕はなぜ繰り返す別れを

受け入れてきたんだろう?



その謎が君と出会い 

ちょっと解けた




孤独とゆう暗い海に 

ひとつの灯台を築こう

君はただそれを見ていればいい

一番安らげる場所で




人はなぜ幸せを

闇雲に求めてしまうんだろう?

何より大事な物も守れずに



この恋の行き先に

何があるかは知らない



ただ静かに手を取っては 

永遠にと願う



いつも君と二人で
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

だっこしようよ。

2017-08-26 08:11:02 | 日々のこと


先日

だいすきな

常連さん



お孫さん



話題になって



2歳前



その

女のコ



彼女が

仕事から

帰宅すると

ニコニコと

駆け寄ってきて



「ばぁば、だっこ、しようよ。」



そう

語りかけて

くれるそう





「だっこ、して!」


では

なく


「だっこ、しようよ♡」

なんて



ばぁば。

じゃなくても

骨抜き

ですよね(笑)




欲望。



つい

千本ノック



ように

打つけがちな

ワタシには

変な汗が出た

目から鱗



ひととき

でした




ヒト



ヒト

との

関わり



想い遣り



デリカシー



間合い



ほんとうに

大切で



近くなればなるほど

お座なりになるコト

ほど

ていねいに

包み込んでいかなくちゃ

いけないのかも

しれません



こんど

キミに

逢えたら

云ってみようかな




「もっと

ずっと

仲良く

しようよ♡」




って





ね?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヘンタイツカイ

2017-08-26 06:51:04 | 日々のこと



夏休み



終盤



差し掛かり




24時間テレビ



観ながら

涙目で

宿題を

やっつけていた

あの頃を

想いおこす

今日この頃です




ちょうど

昼間

写真を

眺めながら

カレ、元気でいるかしら?

そう

考えていたら

その夜には

強烈な残暑見舞い



飛び込んできて

ビックリしました




バードモナミ



常連さん

でもあり

勤労学生の星でもあった


等々靴磨店店主

コト

山邊 恵介さん
(通称 山邊氏)




山邊氏



夏休み子ども科学相談室



ヘビィリスナー

だったのは

知っていたけれど

今回は

あの

糸井重里氏



web企画の中で


「先生」役



大抜擢されるという

快挙を

成し遂げたのですYO !



内容



お悩み相談

ではなく

カレの半生を

振り返りながら

現代を生きる若者たち



指針となるべく

他者との関わり

だったり

目標への歩き方

だったり

とても

面白いモノでした



その中には

バードモナミのマスター



ちゃっかり

登場しています






その頁の

写真の

山邊氏



マスターの

ポージングを

形態模写しているようで

笑ってしまいましたよ




今日に至るまでには

4人の先生との

出逢い



影響力



大きかった



山邊氏



記述しているけれど

きっと

その4人の先生たちに

とっても

山邊氏との

出逢い



関わり



風穴だった



想うのです




蛇には

蛇つかい




のび太には

ドラえもん



変態には
(変態。は称号だと想うの)

それを悦ぶノーマル



そんな

キャッチボール関係




山邊氏は

20年しか

生きていないのに

そうそうたるメンバー



築いてきたコト



ほんとうに

凄いと

想うし

カレを

尊敬すべき

最大の理由

だと

想っています



誰かの人生



自身のコトのように

理解し

噛み砕き

モノマネまで

して

周りを

あっと云わせちゃうような

山邊氏から

またまた

まだまだ

目が離せません




カレ自身



いつか

変態。



なってくれたらいいな



そう

想う



カレの丁寧すぎるくらい



生き様



自身のコトのように

形態模写しちゃうような

心友や

書生が

現れた時に

カレは

偉大なる変態。



なるのだろうな




その時



真の意味で



「先生」



そう

呼ばれるので

あろう

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

深呼吸の必要

2017-08-25 01:23:56 | 日々のこと



真夜中



キッチン

にて

ひとり



冷蔵庫







今夜もまた

聴こえてくる

秋虫の声



包まれて

一日を

想い巡らす



久しぶりに

おもいきり

怒ったり

泣いたり

した



もう

消えたい



想ったり



居なくなればいい



願った



そのすぐ後



訪れた

虚しさ



自責の念



断ち切れず

引き摺るだけの

自身が

ホントは

いちばん

歯痒かった




自身以外のセカイ



カラフル



見えるコトから

目を背けたかった




遣る瀬無いなぁ



強張ったままの

表情



カラダ



融かして

解して

くれたのは




やはり

キミ

だった





〜深呼吸の必要〜





吐き出すコト



重要さ




大きく

吸い込んでいる

つもりでも

ホントは

ずっと

奥まで

届いていないコト






キミの手は



キミのコトバは



指し示し



掬っては



救ってくれた





この

巡り逢わせ



意味



問うならば




それは

きっと




〜循環〜





答え。



正解。



受け手



よって

異なる

このセカイ






きっと

自身



ラクにしてくれる

のは





いまだから

噛み締められる




この

〜循環〜





たくさん

吸い込んだ分

ほんとうに

必要なモノだけが

自身の中に

残るから

って




ありがとう



いつも

新しい季節



新しいセカイ



連れて来てくれて





〜アナタハ、シアワセダヨ。〜



そう

認めてくれて



優しく

抱きしめてくれて









深呼吸の必要 〜 MY LITTLE LOVER 〜




あなたといれば世界が変わった

何もかも新しく思えてた

愛と感じた全てが逆さの

ネガのように見えてくる時を過ぎて



いつか世界は 変わらなくなってた

悲しみや笑うことも

フィルム越しだった



青い空の中 雲が動いていく

久しく見ない空は普通の空

独りの心を感じたなら少し

あなたの気持ちを分かって

キュンとなった



夏の空では 鳥が舞ったから

幼日のあこがれを思い出した

海からの風 陸から吹く風

回るように絡むように流れになる



世界はいつも澄んでる訳じゃない

とりあえず迷うこと 怖がらずいよう



青い海の先 飛沫が跳ね上がり

行こうと船がうなりを上げてる

息をはき出して少しこらえたなら

いつか全ての気の力をすおう




こころにしみ込む水の雫に

溶けてしまうのは固い寂しさ



青い空の中 雲が動いていく

私の体は再び目覚めてく

独りの心を感じたならもっと

あなたの気持ちを分かって

キュンとなった



あなたへの道を

回り道してる



その途中で



その途中で
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋の足音

2017-08-24 08:32:55 | 日々のこと

(酒井駒子サンの装丁とタイトルが
ココロに沁み入ります)



あれは

一昨日の夜

から



夢か

現か



眠っているであろう

耳許に



停止しているであろう

思考に



定期的に

モールス信号のように



秋の虫の声



響き渡っている




そういえば

寝入りの酒の杯を

傾けている時に

ふと

蠕く

小さな

褐色の

蟋蟀を

視界の片隅に

捉えていたっけ



なんとはなく

掴まえずに

いたのは

そう

秋の訪れ



報せにきた

使者のような

気がしたから




季節







変わる

という



現実的には

まだ

ノースリーブ



ワンピース



夜着にして

寝返りを打ち

時折

寝苦しさに

目が醒めたり

しているけれど




確実に

そう

止まるモノ



殆ど

ないんだよ

このセカイには



そう

諭されているよう



前に進め



合図みたい



使者の通信





たった

ひと月ばかり



命のフィールド



此の場所



選んでくれて

ありがとう




愉しかった夏



終わっていくコト



少しだけ

唇を尖らせている

ワタシ





〜夏だから、愉しかったワケじゃ

ないでしょう?

シアワセなキモチだったから

夏を愉しく過ごせたんでしょう?

季節のおかげ。でも 季節のせい。でも

ないでしょう?

だれと過ごすか、だれと生きたいか、

でしょう?〜



そんな

気付き。



メッセージ信号





あぁ

今夜も

届くのかしら




あぁ

夜が

待ち遠しいわ



そう

秋も

きっと

もっと

愛せるわ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

wall flower

2017-08-24 08:31:11 | 日々のこと



出逢い



ヒトツ



でも

結末



フタツ



添い遂げる





傍観者



なる






一度

大切なヒト。

だと

認識したならば

きっと

そのヒト



ずっと

大切なヒト。





それを

伝え合える

ツキ。



ずっと

見倣されない

フタリ



きっと

前者






きっかけ



機会



指の隙間から

零してしまった

フタリ



後者



なる



このセカイ



起こりうるコト



存在するモノ

には

みんな

それなりの

なんらかの

理由が在るコト





ヒト



過ぎた

月日



持って

識る



ようやく

ボク



変わらぬ

キミ



笑顔



久しぶり



触れたコト



それに

気がつけたんだ





昔だったら

大嫌いだった

dry flower





いまなら

其れは

枯れたんじゃない。



乾いていったんだ。

そう

想えるんだよ




昔だったら

受け容れられやしなかった

wall flower



いまなら

それは

喪ったワケじゃない。

キチンと

美しい

装丁をして

ヒトツの

作品として

創り上げたんだ。




そう

想える

から




キミ



シアワセ





キミ



だれか



シアワセ





ボク



此処から

祈ってる





でも

安心してよ




ダンスパーティー



現れぬ

パートナー



待ち侘びるだけ



淋しい

wall flower

では

もう

ないからね




ボク



手を

優しく

包む

いとしき

パートナー



ボク



ボク



時間



踊ってる




ボクら



時間



創って

いく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加