させぼ moonlight serenade

たとえ泡沫でも
ここへ のこして
いきましょう
大切なヒトへの
想いと 今を
そう
夜想曲の奏でのように

ポッカリト

2010-07-31 19:06:21 | 日々のこと

ぽっかり

浮かんだ

夏雲を

ぽっかり

口を開けて

仕事帰りの

駐車場で

しばし眺める

日々変化する

空模様に

一喜一憂する

晴れた日には

木々の緑を

通して

雨の日には

お気に入りの

傘ごしに

鏡みたいな

空を見上げる

明日も

たくさん

笑えますようにと

笑顔の素って

ヒトツじゃ

ないんだなぁ

そんなコトを

ぽっかり

考える

日常が

とびきり

嬉しく

ちょっとだけ

淋しい

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キラキラ

2010-07-28 09:02:34 | 日々のこと

目醒めると いつもと変わらない朝

でも 仲良しさんからの

HAPPY BIRTHDAYメールに

ココロ踊る

ありがとう

ヒトツ 年を重ねるコトで

人生ガラリと

変わる訳じゃないけれど

色んなコトやヒトの

重みや有り難みは

より深く 強く 刻み込まれていく

ワタシの血となり糧となる

全てのモノに

今日は 感謝しよう

素敵な 一年になりますように

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リョウヲモトメテ

2010-07-27 06:00:28 | 日々のこと

哀しいかな

リビングのエアコンが壊れた

いや 涼風が出ていないコトに

薄々 気づいていたのだが

まだ大丈夫と 思い込んでいた

でも もう限界だぁ~と

エアコンちゃんは

熱い吐息を 吐き始めた

ギブアップ~と 唸っているようだわ

二代目にバトンタッチするまで

あと数日

家族は 食事を終えると

銘々の個室へ 引き上げていくのだが

キッチンが 自室のようなものの ワタシは

さすがに キッチンで

ゴロゴロする訳にも いかないので

和室で 眠りに至るまでの

時間を 過ごすコトにしている

あら 不思議!

意外と 涼しいじゃありませんか

微かに そよぎ 吹き込む風

何処からともなく 聞こえる虫の声

そして 青くはないけれど

嗅ぎ慣れた畳の 懐かしい匂い

時折 風鈴の音やウクレレみたいな

爪弾く小音すら 届く気がする

ちょっぴり不自由な 現実は

五感と代謝の為には

ちょうどいいのかもしれない

なんて、強がりかしらん

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キドアイラク

2010-07-26 23:03:55 | 日々のこと

夏真っ盛り!

暑い日が続きますね

みなさん体調など崩されてませんか?

ワタシは元気です!

あと2日で また一つ

年を重ねるので

最後の悪あがき!?

毎日楽しいコト探しに

余念がありません(笑)

仕事にせよ

スキマ時間にせよ

常にキョロキョロ

できるだけボンヤリしないよう

アンテナを張り巡らしているのです

そうすると 飛び込んでくる飛び込んでくる!

笑顔の素、元気の素が!

それは お客様の笑顔だったり

スタッフ同士のちょっとした声掛けだったり

見上げた空の美しさだったり

大切なヒトの横顔だったり

傍から見れば

取るに足りないモノでも

誰かのココロを ほぐしたり

突き動かしてくれるモノが 多々ある

そんなコトに 気づかせてくれる

この環境に 身を置けるコトが

たまらなく嬉しい

明日も 最大限の喜と楽

最小限の怒と哀で

過ごせますように

そんなシンプルで

ささやかな野望を

今日も 抱く

今日も 祈る

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ナツグモ

2010-07-23 22:25:57 | 日々のこと

高く

碧く

広く

どこまでも

突き抜けるような

夏空みたいな

笑顔と

ココロモチで

どうか

明日も

過ごせますように

ワタシも 

アナタも

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウチミズニレインボー

2010-07-22 08:38:57 | 日々のこと

今朝 庭木に

水撒きをしていると

ふいに現れた

小さな虹に

ココロも

ふいに洗われる

 

カラカラに

ならぬよう

心がけるコトで

ささやかでも

シアワセは訪れる

 

シアワセには

大きさも

スケールも

関係ナイ

 

大切なのは

ココロのふり幅

 

たとえそれが

一瞬でも

つかの間でも

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ココロ

2010-07-20 08:07:14 | 日々のこと

真夏の入り口

ピーカンの連休 いかがでしたか?

近所の子供達の

赤く日焼けした鼻の頭と

真っ白な歯のコントラストがまぶしくて

その笑顔を 抱き締めたまま

オトナになっておくれよ~なんて

願いを託すのでした(笑)

ワタシにとっては まさに

オトナは 楽しいぞぉ~って

エアーズロック辺りで 叫びたい休日でした

青春遊園地の フリーパスのもとを

充分とったカンジかな?

ココロに 刻まれた

出逢いの数々の中でも

彼女のコトは 強烈でした

名前は奈々子ちゃん

佐賀在住の 音楽ユニット「ナナコガ」の

ボーカリストであり 三線奏者でもある

メヂカラガール(菊地凛子似!)

喫茶ジジにて 空間と時間を

ふいに 共有したコトが縁

昨日まで知らなかった

音、ヒト、ダンスの刺激的な世界が

またヒトツ ココロに

妄想フォルダを 作ってくれました

贅沢な休日が 終わっていくのを惜しみつつ

これが 始まりの時間に

なりますようにと 紡ぎあげてくれた

自宅にて 行われた プライベートライブ

ご近所の仲良しさんと 

贅沢に ゆったりと 楽しませていただきました

ココロが 感動で 

震えたり 泣いたりしているのがわかりました

夢中で 手を叩きながら

 

アンコールで 唄ってくれた

 

「こころ」

 

わたしのこころは 旅人です

あなたは笛を お吹きなさい

月の下に 耳傾けて

こころ愉しく 夜を明かしましょう

 

わたしのこころは 落ち葉です

しばし お庭にとどめてください

やがて 風吹けば さすらひ人

またもや あなたを離れましょう

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サリユクセナカ

2010-07-19 08:17:41 | 日々のこと

真夜中のガールズトーク

直島紀行から

マツコデラックスに至るまで

ガールズの 攻守の範囲もテンポも

早い早い

修学旅行の消灯後って

こんなカンジだったなぁ~

楽しい時間は あっという間で

まだ夏の入り口なのに

最後の線香花火に

火を点けたようなココロモチになる

去り行く背中に

いつまでも手を振る

子供みたいに

それぞれの人生の 傍観者として

見上げた夜空の

無数の星は

ビックリするほど近くて

ポツリと立ち尽くした

ワタシに教えてくれる

孤独も 受け入れるのだと

大切なヒトの

傍らに いたいのならば

出逢えてよかった

ここに 居れてよかった

ここに 辿り着けてよかった

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハンメンキョウシ

2010-07-15 20:47:18 | 日々のこと

ヒトは

ヒトから 

学び 

教わり

引き上げてもらい 

生かしてもらう

 

でも

時に

ヒトは

ヒトに

舌打ちし

失望し

出口をふさがれ

闇に放り出される

 

意味のない

関わりなんて

無いのに

デメリットだけの

つながりなんて

無いのに

云わずと

悟れなんて

悪い時こそ

通用しないのに

 

今日は 教師だと

思っていたヒトが

明日は 生徒に

なっている

 

それが 

ヒトとヒトが

上手く いく 

術なのかも

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イツノヒモ

2010-07-15 06:30:03 | 日々のこと

最近 ヒトの縁というものを

しみじみ 実感する

ずっと 昔から関わってきたヒトとも

出逢ってホヤホヤの 方とも

昔 心友と アンド―ナツトークと

銘打って

(注。フリッパーズギターの

歌詞に 中身のない会話を

ドーナツトークと 表現していた

その 真逆の意味ってのと

中にアンコが入ってるぐらい

すんばらしいという 造語です)

口にしていたコトバを

この頃 よく思い出す

「自分が自分らしくいるコトで

大切なモノ・ヒト・コトは

がむしゃらに頑張らなくても

そばに いてくれるけれど

自分にとって 結果

そんなに 必要でない

モノ・ヒト・コトは

どんなに あがいても

スルリと いつのまにか

腕から 零れおちて

自分の下には 残らない」と

ほんと そうだなぁと思う

出逢ったコトに 何の意味がある?

それを失うために 得るものがある?

とか 瞬時に プラマイの判断は

できないコトであっても

ふいに 後々になって

あ~そうかって 

種明かしの時間が

やってきてくれたりする

身に起こるコト

イコール

納得できるコト の図になるのです

そう 思えるようになって

ラクに 気負わず 

過ごせるようになりました

でもでも 手抜きは禁物

(息抜きは 可)

感謝と尊敬を 忘れずに

スキなヒトには スキだといおう

(AKB48じゃん!)

大切なヒトには 大切だと云おう

いつの日も

いつまでも

ずっと そばに居られるように

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加