させぼ moonlight serenade

たとえ泡沫でも
ここへ のこして
いきましょう
大切なヒトへの
想いと 今を
そう
夜想曲の奏でのように

幸福なひとりごと

2015-06-30 07:35:48 | 日々のこと




「有り難いなぁ・・」



幸福なひとりごと。



呟くコトが

多い

このごろ






すこしだけ

視点を

変えたり

外したり

するコトで

セカイは

輝いて見えたり

くすんで見えたり

するから

不思議だ



云い換えれば



気の持ちよう。

とも



自身の中に

沁み付いたモノ



これだけの月日に

換算すれば

相当あるけれど



いま

この瞬間から

始まる

未来は

真っさらなセカイ



ワタシのモノ

なのに

ワタシにも

解らない

物語



たいして

目新しいコトも

無いかもしれない



逆に

とんでもない

天変地異が

起こるかもしれない



そう

すべてが



有り難いコト。

なんだ



たとえば

出逢い



別れ





新しい

記憶



経験



授けてくれる



悦び



痛み





あぁ

ヒトリでは

噛み締められない



有り難いモノ。



今日も

呟く

幸福なひとりごと



だれかを

想って



未来を

受け容れて





Taking The Central Course

~槇原 敬之~




正しいことをしようとしてるか

いつも確かめ合っていよう

僕らが信じようと決めたこと

物差し代わりに心に当てながら


どこかに味方がいるなんて

変な希望はもたないでいよう

世界が僕らと反対のことを

正しいと言う時が来ても



その世界の真ん中の道を

君と一緒に胸張って

歩いていきたいんだ



悪く言われれば平気じゃない

でもだからこそ その傷みを胸に

僕らは悪く言わないという

生き方を選んでいこう

祝福されないのは残念だけど

だからこそ祝福すべきものを

祝福しながら生きていこう

そのために僕らは出会ったんだ



正しいことをしようとしてるか

いつも確かめ合っていよう

僕らが信じようと決めたこと

物差し代わりに心に当てながら

まだ不安ばかりだった頃

互いの名前を呼ぶあの声に

どれだけ救われたか思いだそう

一人で強くなったわけじゃない



この世界の真ん中の道を

君と一緒だから胸を張って歩けるんだ



悪く言われれば平気じゃない

でもだからこそ その傷みを胸に

僕らは悪く言わないという

生き方を選んでいこう

祝福されないのは残念だけど

だからこそ祝福すべきものを

祝福しながら生きていこう

そのために僕らは出会ったんだ



悪く言われれば平気じゃない

でもだからこそ その傷みを胸に

僕らは悪く言わないという

生き方を選んでいこう


祝福されないのは残念だけど

だからこそ祝福すべきものを

祝福しながら生きていこう

そのために僕らは出会ったんだ


この世界の真ん中の道を

胸を張って一緒に歩いていこう
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オトコノコノユメ

2015-06-29 08:01:23 | 日々のこと


ロック



フォーク



オトコノコ



理想や叫び

だと

想って

あまり

聴く機会が

無かった



特に

洋楽は

馴染みがなく

アーティスト







一致しなかったり

うろ覚えだった




バードモナミで

仕事を

させてもらえて

よかったなぁ



想うコトの

ヒトツに



いろんなジャンルの音楽が聴ける




そんな

スーパー特典が

ある



ワタシたち

スタッフは

専ら

CDを

気分で

セレクトして

店内BGMに

かけているが



カウンターに

座ったコトが

ある方なら

ご存知かと

想うけれど

あらゆるジャンルの

レコードも

たくさん

あって



ごく稀に

マスターが

解説付きで

かけてくれる

コトがある

(お客さまからのリクエスト
とか お客さまへのサービス
としてではなく 話の流れでと
いったカンジだけれどね)




U2やPOLICE

TALKING HEADS

ボブ・ディラン・・



あぁ

貴方でしたか

この曲は!



そんな

講座を

受講でき

ほんとうに

有難いなぁと

想う







先日は

よしだ屋の大将から

晩年の

ボブ・ディランが

イイっさね~



1枚CDを

貸していただいた



独特な声と

歌い回しは

健在だけれど

逢ったコトもない

ボブ・ディランを

グッと

近くに

感じるような

穏やかで

成熟した

アルバムだった

なぁ



オンナノコが

ロマンティックな

love songを

食べて

オトナに

なっていくように

オトコノコは

魂を揺さぶる

音楽に

鍛えられて

オトナに

なっていくのかな



だって

マスター



大将



好きなアーティスト



アルバム



話をしている時は


見事に

オトナ



少年



両面が

混在して

いるようで

それが

表情に

滲み出ているんですもの!



たくさん

好きな唄が

あるって

いうのは

たくさん

恋をするコト

よりも

眩しく

逞しきコト

なのかも



オンナノコの夢



それは

ワタシたちには

計り知れないくらい

実は

繊細で

刹那いモノ

なのかもしれない




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オンナはソレをガマンできない

2015-06-28 23:40:08 | 日々のこと


連日

ドラッグストアに

通っている



もちろん

買い物も

ある



でも

中毒性が

あるのは



アノ娘の

せいだ



買い物しながら

100円玉の

お釣りが

あるコトを

願う



レシートを

貰う頃には

もぅ

キモチは

アノ娘の

元へ

テレポーテーション

している




一回だけ

あと

一回だけ

逢いたい



そう

ワクワク

高鳴る胸で

向かうは

ガチャガチャワールド



住む



コップのフチ子 3~ピーチ~



クローバーのフチ子さんに

逢いたくて

願掛けしてるけど

表情にひとしく

奥ゆかしい

彼女は

なかなか

現れない







シャチホコフチ子さん



ねっころがりフチ子さん



アクロバティックな

ポーズ



わたしたちも

イケてるでしょ?



誘惑してくる



フーゾクに

ハマる

殿方の

リピーター心理

って

こんなカンジ

なのかしらん



手を伸ばせば

伸ばすほど

虚しく

空を

掴むよう

なのに



一瞬の

ハラハラ



快楽を

貪ってしまうのよ



「あぁ

オトナって憐れね

簡単に手に入るような

モノを

シアワセと

縋るなんて・・」



そう

同情の目を

向けながらも

今日も

わたしを

待っているんじゃ

なかろうかと

想わせる

フチ子さんは

史上最小の

小悪魔かも

しれない




恐るべし

フチ子さん



羨ましいかな

フチ子さん





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

悪魔の花嫁

2015-06-27 08:20:03 | 日々のこと



本の

醍醐味は

読み手の

いま。



反映させられるコト

かな



若かりし頃は

よく

解らなかった

世界観が

後年

グンと

リアリティー



帯びたり



時を経て

本質が

浮き彫りに

なってきて

キュンと

したり

ゾクッと

したり



この漫画も

そう



「悪魔の花嫁~ディモスのはなよめ~」




小学生の頃

まさに

なにかに

取り憑かれたように

夢中になって

読んだのは

美しい絵



散りばめられた

残酷さに

魅入られて




また

いつか

読みたいなぁと

願っていたら

偶然にも

劇団 HIT ! STAGE



偉大なる脚本家

森 馨由さんが

愛読書として

掲げられていて

頼み込んで

貸していただいている
(長々とすみません・・)




悪魔の仕業かと

見舞うが如く

不思議と

スラスラと

読み進めないのである



1頁

一言



蓮池の

如く

美しくて

重くて

深い



漫画の枠を

超えた

歴史モノ

であり

哲学書

であり

恋愛バイブル

なのだ



光と闇

希望と絶望


すべてが

愛するが故



さぁ

その



生かすも

殺すも

貴女次第よ



いったカンジ

なのだ



ため息

とも

吐息

とも

つかぬ

自分の

囁きに

いちいち

驚きながら

じわりじわり

噛みしめて

いるのです




見えないモノこそ

真実なり



抗えないモノこそ

本質なり



天使が

美しいとは

限らない



悪魔が

忌まわしとは

限らない



表裏一体



どちらも

自身のココロの中で

上手く

飼い慣らして

いかなければ

いけないのかも

しれない

ねぇ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

目に良し 口に良し 記憶に良し

2015-06-27 08:18:13 | 日々のこと



繰り返し

眺めている



夜空なんか

すっかり

夏の匂いに

覆われている

このごろ



涼しげな素材の

衣服



口あたりの

やわらかな

食物



雨の粒を

沁み込ませた

ような

色合いの

花々



そして

ガラスの器たち



気になって

仕方ない




先日

訪れた

晴る。さん



いただいた


熊本の

うつわ屋さん



行われている

grass works 2015



フライヤーに

KILN WORK
(透明なモザイクガラスを
色ガラスで縁取る技法)



主とする

ガラス作家

サブロウさん



名前を

見つけた時には

思わず

感嘆の声を

あげてしまった



それからと

いうもの

こうして

手にとっては

ニヤニヤ

して

いる

毎日




小さい頃から

身近に

慣れ親しんだ

琵琶湖の

水の波紋を

イメージした柄

だとか



とんでもない

存在感なのに

きっと

盛りつける

食材あれば

グンと

引き立ててしまう

のでしょうね




考えたら

ワクワクが

止まりません!



行ってみたいなぁ


眺めてみたいなぁ


実際に




こんなふうに

次の季節を

追いかけられる

素晴らしき

日常に

感謝

です



http://blog.livedoor.jp/kumamotoutsuwaya/archives/1763282.html
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シャツはなんでも知っている

2015-06-26 08:31:35 | 日々のこと


キミの笑顔に

触れた

あの日



着ていた

シャツが

6月の風を

受け

揺れている



すっかり

乾いているのに



まだ

干したまま

だった



あきらめなくちゃ



たたんでみては

また

広げて

眺めてみたり



つぎに

着るのは

いつかしら



つぎに

逢えるのは

いつかしら



シャツのしわと

キミの目尻の

笑い皺が

重なっては

滲んでいく



願掛け



もしも



たいてい

独りよがり



哀しい

結末



だから




望むコトは

2人の

ハッピーエンド

なんか

じゃなくて



ただ

ただ

キミが

元気で

いてくれるコト



あの日

たしかに

2人が

そこに

いたコト



見届け人



タンスの奥



今日も

眠る



どんな

ドレス

よりも

愛しき

1枚



なって
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

月刊 はなはな 7月号届きましたよー

2015-06-25 08:52:10 | 日々のこと


ワタシは

子どもの

学校の

広報部の役員を

していて



年に3回だけの

広報誌の

発行にも

関わらず

毎月

ハラハラ

ドキドキ

取材・撮影して

おります



慌ただしいながらも

仲間のサポートが

まさに

神がかりの域で

日々

静かに感動も

させていただいてます



なんでも

飛び込んでみると

思うより

愉しいモノ

ですな



バードモナミの

お客さまには

常々

地元に

密着した

情報誌の制作に

携わってらっしゃる

方が

結構いらっしゃって

取材のハプニングや

胸に沁みる話を

お聴きするコトも

あり

みなさんの

センスや

タフさに

ホホゥと

感心するばかり

なのです



その中でも

女性を中心に

人気の

月刊 はなはな
(なんと フリーペーパーよ!)



美人編集長さん

率いる

プロフェッショナルチームが

写真と情報溢れる

誌面で

毎月ワクワク

させてくれます



しかも

知り合いが

結構載っていたりして・・
(今月の表紙、るんるんさん。だ!
しかも、chikaさんのインタビュー記事は、erikawaちゃん。だよ)

この街の

「いま」



ギュウギュウ詰めです



バードモナミにも

数十部

預からせていただいて

ますので

どうぞ

ご来店の際は

眺めたり

お持ち帰り

くださいね



来月は

貴女が

誌面を

飾っているかも

しれませんね



ふふ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ボクのいちばんのシアワセは キミのシアワセ

2015-06-25 07:45:18 | 日々のこと

(さくらんぼ 大好きです❤️
ごちそうさまでした!
でも 茎を舌では結べません(笑))



朝いちばんに

おめでたい

ニュースが

飛び込んできました



ステキな恋をしている

オトコトモダチが

この秋

結婚するコトに

なったそうな!



ワーイ !



あとは

シアワセになるだけね

そう常々

願っていたから

とても

とても

嬉しいなぁ・・



昨日も

お客さまの

お誕生日を

お祝いしたり

トモダチの

甥っ子くんの

誕生のニュースが

舞い込んだり

周りには

明るい話題が

飛び交って

いたっけ



毎日が

だれかの

忘れられない日

なのかもしれない


みんな

日常を

何気なく

生きているよう

だけれど

ふと

スポットライトが

当たったり

ふと

ファンファーレが

鳴り響いたりする



もちろん

その逆も

あるけれど

抗えないコト

だらけの

茨の道では

ナイと

信じている


だって

そのヒトの

人生は

そのヒトに

選択権も

決定権も

あるんだもーん



ましてや

となりの人生劇場



愉しそうだったり

すると

つられて

ワクワクしたり

人生一粒

何度でも美味しい!

そんな

お得感に

包まれていくから



~だれかのシアワセを

当たり前のように

祈りたい~



そう

マッキーも唄っている



そんなヒトこそ

真の

強いヒト

なのかもね



色んな

シアワセの

カタチ



パターン



傍らで

眺めておくコトで

いざ

自分の番が

来た時に

みすみす

見逃さずに

済むかもね


同じエネルギーに

変えるなら

妬みや嫉みの

負のパワー

ではなく

歓びや微笑みの

プラスエネルギーに

変えて

快適な走りを

目指したいな



同じ眺めるなら

美しい

景色の中を

駆け抜けて

いきたいな


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キミのコトを考えて眠れなかった。と、云われるより キミが夢に出てきてさ。と、云われたい

2015-06-24 08:28:25 | 日々のこと



打ち明け話



されるコト



ある



迷い









どんなに

大切でも

ほんとうには

わからない



そのヒトの

苦悶など



ただ

想うのは



迷うというコトは

道はそこに在る

というコト



絶たれたわけでは無い



最短コースが

良くて

険しいコースが

悪いとは

限ら無いから

迷うんだ


じゃ

一通り

歩いてみましょうよ



いったりきたり



足の裏の

心地よい疲れ



それが

あなたに

相応しい

道を教えて

くれるコト

でしょう




闇も

必要ですよ



光の尊さに

改めて

感謝できるから



どんなに

涙を流しても

どんなに

顔を歪めても

闇が

醜さを

覆い被せて

くれるから



でも

やがて



どんな闇にも

ヒトの目は

慣れていくのです



その時に

飛び込んできたモノが

あなたが

欲しかったモノ

なのかも

しれません




好きなモノを

たべて

ぐっすりねむれたら

いいね



友として

大切なヒトを

想うモノとして

願うコトは

ただ


それだけ



ムズカシイ話は

わからない



むずかしく

生きるなんて

まっぴら

だから

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タイムラグ

2015-06-24 08:05:13 | 日々のこと



ボクの翼は

歪だから

上手く

早く



飛べない



キミが

駆けつけてほしい

タイミング

とは

大幅な

タイムラグが

あるかもしれない

けれど



せっかく

与えられし

翼を

活かすコトを

いつも

考えているから




キミの声は

小さすぎて

上手く

早く



聴き取れない



でも

キミが

発しているという

感覚は

伝わってくるから



これまた

タイムラグに

翻弄されながらも

ボクにも

じき

梅雨前線みたいに

かかるコトを

信じている



タイミングを

合わせるコトに

躍起になっていた

あの頃は

なにも

伝えていなかった

から

なにも

届かなかった



いまこうして

噛みしめるコトが

出来るのは

タイムラグの

おかげかも

しれないね



時には

淋しいコトも

ある



時には

歯痒いコトも

ある



でも

宇宙から

光が届く速さに

比べたら




ボクらの

タイムラグは

可愛らしいモノ




あの星の

輝きが

届く頃には

あの星は

無いかもしれない




でも

ボクらの願いが

叶う頃には

ボクらは

まだ

こうして

いられるかも

しれない



だから

まだまだ

長生きしようね



まだまだ

不完全なままで

いようね



時間にも

自身にも

押しつぶされないで

いようね





コメント
この記事をはてなブックマークに追加