今日の覚書、集めてみました

いつの間にか、10歳になりました。

デフレ危機接近で、RBSが「全部売り払えっ!」

2016-01-26 19:35:49 | Telegraph (UK)
RBS cries 'sell everything' as deflationary crisis nears
(デフレ危機接近で、RBSが「全部売り払えっ!」)
By Ambrose Evans-Pritchard
Telegraph: 7:54PM GMT 11 Jan 2016
Clients told to seek safety of Bunds and Treasuries. 'This is about return of capital, not return on capital. In a crowded hall, exit doors are small'

クライアントは、債券に逃げよと言われました。「問題は資本利益じゃなくて資本返還なんだよ。激混みな上に出口が狭いんだから」


RBS has advised clients to brace for a "cataclysmic year" and a global deflationary crisis, warning that major stock markets could fall by a fifth and oil may plummet to $16 a barrel.

RBSがクライアントに「とんでもない一年」と世界的なデフレ危機を忠告して、株価は5分の1ほども大暴落して石油価格は16ドルまで爆下げしかねんとワーニングしました。

The bank's credit team said markets are flashing stress alerts akin to the turbulent months before the Lehman crisis in 2008. "Sell everything except high quality bonds. This is about return of capital, not return on capital. In a crowded hall, exit doors are small," it said in a client note.

同行のクレジット・チームによると、マーケットは2008年のリーマン危機までの混乱の数ヶ月によく似たストレス・アラートを点滅中とか。
「優良債権以外、全部投げ売れ。問題は資本利益じゃなくて資本返還なんだよ。激混みな上に出口が狭いんだから」とクライアントノートに記しました。

Andrew Roberts, the bank's credit chief, said that global trade and loans are contracting, a nasty cocktail for corporate balance sheets and equity earnings. This is particularly ominous given that global debt ratios have reached record highs.

クレジット・チーフのアンドリュー・ロバーツ氏は、国際的な貿易と融資が減少中だけど、これって企業のバランスシートとか投資収益にゃサイテーのコンボなのね、と仰います。
世界的な債務比率が史上最高達成!ってことを思えば特に不気味ですな。

"China has set off a major correction and it is going to snowball. Equities and credit have become very dangerous, and we have hardly even begun to retrace the 'Goldlocks love-in' of the last two years," he said.

「中国が大調整の引き金を引いたから雪だるま式だ。株も信用も相当危険になってる上に、過去2年間の『Goldilocks Love-in』の戻しなんて殆ど始まってもいない」

Mr Roberts expects Wall Street and European stocks to fall by 10pc to 20pc, with even an deeper slide for the FTSE 100 given its high weighting of energy and commodities companies. "London is vulnerable to a negative shock. All these people who are 'long' oil and mining companies thinking that the dividends are safe are going to discover that they're not at all safe," he said.

ロバーツ氏の予想だと、ウォール街と欧州の株価は10-20%下落して、FTSE100はエネルギーやらコモディティやらの比重が大きいおかげで、もっと酷い下げになるんだとか。
「ロンドンはネガティブ・ショックに弱いからね。配当がガチだからって石油会社だの鉱業会社だのを『ロング』してた連中は、全然安全じゃないじゃん!ってわかるんだよ」



Brent oil prices will continue to slide after breaking through a key technical level at $34.40, RBS claimed, with a "bear flag" and "Fibonacci" signals pointing to a floor of $16, a level last seen after the East Asia crisis in 1999. The bank said a paralysed OPEC seems incapable of responding to a deepening slowdown in Asia, now the swing region for global oil demand.

34.40ドルの下値支持線をぶち抜いた後は、ブレント原油価格もダダ下がり続行だろうな、とRBS。
「ベア・フラッグ」と「フィボナッチ」シグナルは16ドルが底って言ってますし。
1999年の東アジア金融危機からこっち、みたことないレベルだけど。
それから、麻痺状態のOPECに、今じゃ石油の世界需要を左右する地域になったアジアの減速悪化対応はムリだろうなあ、とのこと。

Morgan Stanley has also slashed its oil forecast, warning that Brent could fall to $20 if the US dollar keeps rising. It argued that oil is intensely leveraged to any move in the dollar and is now playing second fiddle to currency effects.

モルガン・スタンレーも予想を引き下げて、米ドルが上昇継続ならブレント原油は20ドルまで下がるかもよとのこと。
曰く、石油は米ドルの動きに思いっ切り振り回される、今じゃ為替相場の影響の言いなりだ、とか。

RBS forecast that yields on 10-year German Bunds would fall time to an all-time low of 0.16pc in a flight to safety, and may break zero as deflationary forces tighten their grip. The European Central Bank's policy rate will fall to -0.7pc.

RBSの予想だと、安全への逃避で、ドイツ国債10年物の金利は史上最低の0.16%まで下落するそうで。
でもってデフレ・フォースが本格化すればゼロも割っちゃうかもしれないんだとか。
ECBの政策金利は-0.7%まで落っこちるかも?

US Treasuries will fall to rock-bottom levels in sympathy, hammering hedge funds that have shorted US bonds in a very crowded "reflation trade".

米国債も一緒になってどん底までいっちゃって、激混み「リフレ・トレード」で米国債をショートしてるヘッジファンドを叩きまくるかも。



RBS first issued its grim warnings for the global economy in November but events have moved even faster than feared. It estimates that the US economy slowed to a growth rate of 0.5pc in the fourth quarter, and accuses the US Federal Reserve of "playing with fire" by raising rates into the teeth of the storm. "There has already been severe monetary tightening in the US from the rising dollar," it said.

RBSは11月に世界経済お先真っ暗ワーニング第1号を出しましたが、彼らが心配したよりも更にスピーディーに事態が展開。
米経済の成長率は第4四半期に0.5%まで減速するだろうと予想して、FRBは台風の目に向けて利上げして「火遊びすんな」と非難。
「米ドル爆上げで米国内じゃもう十分ヤバい金融引き締めになってんじゃん」とのこと。

It is unusual for the Fed to tighten when the ISM manufacturing index is below the boom-bust line of 50. It is even more surprising to do so after nominal GDP growth has fallen to 3pc and has been trending down since early 2014.

ISM製造業指数が50を割ってる時にFRBが引き締めるって珍しい。
名目GDPの成長率が3%まで落っこちた上に2014年上旬からずっと下降線、な挙句にやっちゃうのはもっとビックリ。

RBS said the epicentre of global stress is China, where debt-driven expansion has reached saturation. The country now faces a surge in capital flight and needs a "dramatically lower" currency. In their view, this next leg of the rolling global drama is likely to play out fast and furiously.

RBS曰く、世界的ストレスの震源地は、債務主導型の成長が限界に達しちゃった中国だとか。
今や資本逃避に見舞われて、人民元の「爆下げ」が必要なのです。

"We are deeply sceptical of the consensus that the authorities can 'buy time' by their heavy intervention in cutting reserve ratio requirements (RRR), rate cuts and easing in fiscal policy," it said.

「当局がRRRを引き下げたり金利を引き下げたり財政政策を緩めたりして超介入して『時間稼ぎ』出来る、とかぜんぜん信じらんないんですけど」とのこと。

Mr Roberts said the tightening cycle by the Anglo-Saxon central banks is already over. There will be no rate rises by the Bank of England before the downturn hits, and the next action by the Fed may be a humiliating volte-face and a rate cut.

ロバーツ氏曰く、アングロサクソン諸国の中銀の引き締めサイクルはもう終了、だとか。
景気後退になる前にイングランド銀行が利上げすることなんてないし、FRBの次の一手は屈辱の掌返し利下げかも。



RBS is not alone in fearing trouble. UBS issued what it called a "significant change" to its house view late last week, saying policy chaos in China had unsettled markets. It cut exposure to equities from overweight to neutral on a "six-month tactical horizon". It went underweight emerging markets.

ヤバいヤバいって言ってるのはRBSだけじゃないし。
UBSも先週終わりに、いわゆる「超チェンジ」を宣言しまして、曰く、中国の政策カオスが市場を引っ掻き回したとのこと。
「今後6ヶ月間の戦術的見通し」として株へのエクスポージャーをオーバーウェイトからニュートラルに引き下げました。

UBS said it is a precautionary move, insisting that the current global credit cycle has not yet peaked. Low oil prices should ultimately feed through to higher consumer spending and boost growth.

UBSは、これは予防的な動きだと言ってまして、現在の世界的な信用サイクルは未だピークじゃないからと言い張ってます。
石油安はいずれ消費者支出の増加だの成長促進だのまでフィードされるはずだとか。

Larry Summers, the former US Treasury Secretary, said it would be a mistake to dismiss the current financial squall as froth. Markets often sense a gathering storm when policy-makers are still asleep at the wheel. He has long argued that the world economy is so far out of kilter that it takes permanent financial bubbles to keep growth going, an inherently unstable structure.

ラリー・サマーズ元米財務長官は、今の金融ゴタゴタはただのフロス、とスルーすんのは間違ってるよと言いました。
政策立案者が未だぼけーっとしてる時に、マーケットが台風接近を察知するってのは良くあることです。
元長官は前々から、世界経済は思いっ切り調子っぱずれだ、外れ過ぎてて成長継続のために永遠の金融バブルが要るくらいだ、本質的に不安定な構造なんだ!と仰ってますからね。

Yet there is something strange about the latest events. Austerity is finally over in Europe and fiscal policy in the US this year will be expansionary.

でも最近の事件はちょっとニオうのです。
ヨーロッパじゃ緊縮が遂に終わったわけで、米国だって今年遂に財政政策が拡張的になるわけでしょ。



China's slowdown hit its bottom in June and a fitful recovery has been building, driven by extra budget spending and credit growth. While the composite PMI indicator for manufacturing and services slipped back last month, it is still higher in the summer.

中国の減速だって6月に底打ちしたし、追加の財政支出と信用成長が燃料になって、断続的な景気回復も強化されてるでしょ。
製造業とサービス業のPMI指数は先月はちょっと戻っちゃったけど、それでも夏より高いじゃん。

David Owen, from Jefferies, said there is a "weird disconnect" between the economic fundamentals and the market malaise.

ジェフリーズのデイヴィッド・オーウェン氏曰く、経済ファンダメンタルと市場混乱が「奇妙につながってない」んだとか。

"There is no evidence of anything rolling over in the US. Europe is clearly recovering and the M3 money supply in Germany is growing at almost 10pc, which normally means stronger activity," he said.

「米国でなんかがロールオーバーしてるって証拠なんてなんもないし。ヨーロッパはきっぱり回復中だし、ドイツのM3マネーサプライの伸び率は10%近いし。普通ならもっとイケてるはずだから」とのこと。

Bank of America said panic selling had triggered its "contrarian buy signal", since 88pc of global equity indexes are now trading below their 200-day and 50-day moving averages. The "Bull & Bear" index is at an ultra-negative level of 1.3.

バンク・オブ・アメリカは、パニック投げ売りで「逆張りシグナル」が出たと言ってます。
だって世界的な株式指数の88%が今じゃ200日移動平均線と50日移動平均線を下回ってるわけで
「ブル・ベア」指数なんて超ネガティブな1.3だから。



It said a "big tradable multi-week rally awaits" but requires catalysts, above all a stabilisation of the Chinese yuan and oil, better PMI data and a halt to the rising dollar.

きっかけさえありゃ「何週間も続くビッグなラリーが待ってるぜ」とのことです。
なによりも中国人民元と石油の安定、もっとましなPMIデータ、米ドルの上昇停止なんだとか。

The risk is that this market storm drags on long enough to hit investment, regardless of what the economic data should imply. At the end of the day, market psychology can itself become an economic "fundamental".

経済データが何を意味してんのかに関係なく、市場の混乱が投資に影響するくらい長引いちゃうリスクもあるけどね。
結局さ、市場心理そのものが経済「ファンダメンタル」になっちゃ得るわけだし。

Pessimists warn that unless there is a batch of irrefutably good data from China over the next two or three months, the sell-off could become self-fulfilling and quickly metamorphose into the next global crisis.

悲観主義者は、これからの2-3ヶ月に中国から反論しようのない超ナイスなデータが山ほど出てこない限り、投げ売りは自己実現的になって、それからさっさと次の世界危機に変身しちゃうぞ、とワーニングしてます。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 英国:新技術で値下がりしてる時... | トップ | 英国のブレギジット癇癪がガラス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。