今日の覚書、集めてみました

いつの間にか、10歳になりました。

TTIPが議会民主主義を脅かすなら潰してしまえ

2016-05-13 23:11:21 | Telegraph (UK)
Let the TTIP trade pact die if it threatens Parliamentary democracy
(TTIPが議会民主主義を脅かすなら潰してしまえ)
AMBROSE EVANS-PRITCHARD
Telegraph: 4 MAY 2016 • 10:47PM
Unloved, untimely, and unnecessary, the putative free trade pact between Europe and America is dying a slow death.

望まれてもいなければ、タイムリーでもなく、必要ですらない、ヨーロッパと米国の自由貿易協定案が緩やかな死を迎えつつあります。

The Dutch people have amassed 100,000 signatures calling for a referendum on this Transatlantic Trade and Investment Partnership, or TTIP as we know it. The number is likely to soar after Greenpeace leaked 248 pages of negotiation papers over the weekend.

オランダ人は環大西洋貿易投資パートナーシップ(TTIP)を巡る国民投票を呼び掛ける10万人の署名を集めました。
グリーンピースが週末に248ページに及ぶ交渉文書をリークした後は、ますます急増しそうです。

The documents do not exactly show a "race to the bottom in environmental, consumer protection and public health standards" - as Greenpeace alleges - but they do raise red flags over who sets our laws and who holds the whip hand over our eviscerated parliaments.

本文書は(グリーンピースが申し立てているように)「環境、消費者保護、公衆衛生のスタンダードをどん底に追い込む競争」を示しているというわけではありませんが、誰が法を制定するのか、そして誰が骨抜きにされた議会をコントロールするのかについて、確かに警告を促しています。

Dutch voters have already rebuked Brussels once this year, throwing out an association agreement with Ukraine in what was really a protest against the wider conduct of European affairs by an EU priesthood that long ago lost touch with economic and political reality.

オランダの有権者は今年に入ってすでに一度、EUを痛烈に非難すると、実は経済的、政治的現実を疾くの昔に見失っているEU上層部によるより広範な欧州問題のあり方に反対する抗議の中で、EU・ウクライナ協定を頓挫させました。

French president François Hollande cannot hide from that reality. Faced with approval ratings of 13pc in the latest TNS-Sofres poll, a TTIP mutiny within his own Socialist Party, and electoral annihilation in 2017, he is retreating. "We don't want unbridled free trade. We will never accept that basic principles are threatened," he said.

フランソワ・オランド仏大統領もその現実から目をそらすことは出来ません。
最新の世論調査で13%という支持率、与党社会党内のTTIP反対運動、そして2017年の選挙大敗を前に、大統領は退きつつあります。
「抑えの利かない自由貿易を望まない。基本原則が脅かされることなど決して許さない」と発言しました。

In Germany, just 17pc now back the project, and barely half even accept that free trade itself a "good thing", an astonishing turn for a mercantilist country that has geared its industrial system to exports.

ドイツでも、TTIPの支持率は今やたった17%になりました。
自由貿易そのものを「良いこと」と考える人もかろうじて半数です。
産業を輸出向けにしてきた重商主義の国としては驚くべき方向転換です。

The criticisms have struck home. The Dutch, Germans, and French, have come to suspect that TTIP is a secretive stitch-up by corporate lawyers, yet another backroom deal that allows the owners of capital to game the international system at the expense of common people.

批判は急所を突いています。
オランダ、ドイツ、フランスは、TTIPは企業の弁護士による密かな裏切り行為ではないか、これも資本家が一般人を踏み台にして国際システムでゲームが出来るようにする舞台裏での合意ではないかと疑るようになりました。

Weighty principles are at stake. The Greenpeace documents show that the EU's 'precautionary principle' is omitted from the texts, while the rival "risk based" doctrine of the US earns a frequent mention. Clearly, the two approaches are fundamentally incompatible.

重大な原則が危機にさらされています。
グリーンピースの漏えい文書からは、EUの「予防原則」が文書から削除されている一方で、相対する米国の「リスクに基づく」ドクトリンは頻繁に登場することがわかります。
明らかに、2つのアプローチは根本的に相容れないのです。

Personally, I think the EU's regulatory philosophy is a key reason why the region has missed the big technological leaps of the last quarter century. But that is not the point. If democracies wish to ban genetically-modified crops out of scientific infantilism, that is their prerogative.

個人的には、EUの規制哲学がこの地域が過去四半世紀にテクノロジーの大躍進を見逃した主な原因だと思っています。
しかし重要なのはそこではありません。
民主国家が科学的幼稚症から出てきた遺伝子組み換え作物を禁止したいと言うのならば、それは彼らの権利です。

It is a heresy in our liberal age - a sin against Davos orthodoxies - to question to the premises of free trade, but this tissue rejection of the TTIP project in Europe may be a blessing in disguise. You can push societies too far.

リベラルな時代において、自由貿易の前提に疑問を持つことは異端(ダボス教に反する罪)なのですが、ヨーロッパにおける今回のTTIP拒絶反応は別の形を装った祝福なのかもしれません。
社会にも限界がありますから。

The European Commission's Spring forecast this week has an eye-opening section on the rise of inequality. Without succumbing to the fallacy of 'post hoc, propter hoc', it is an inescapable fact that the pauperisation of Europe's blue collar classes corresponds exactly with the advent of globalisation.

今週出された欧州委員会の春の予想には、格差の悪化に関する目から鱗のセクションがあります。
「前後即因果」の誤謬に屈することなく、ヨーロッパの労働者階級の貧困化はグローバライゼーションの到来と完全に一致していることは、逃れのようのない事実です。



The report admits that "offshoring" by manufacturers may have played a role, meaning of course that Western multinationals have been able to play off workers at home against cheap labour in China, emerging Asia, or Eastern Europe. This game is limited only by cost of shipping goods, or by worries about the rule of law. It is why the profit share of GDP has been rising relentlessly. The owners of capital have never had it so good.

同文書は製造業者の「オフショア化」が一役買っていたかもしれないと認めていますが、これはつまり、言うまでもなく、西側の多国籍企業は国内の労働者を中国、アジアの新興国、または東欧の安価な労働者と競争させることが出来たという意味です。
このゲームの制限は輸送コスト、または法の統治に関する懸念だけです。
だからこそ、GDPに占める利益の割合が一貫して上昇しているのです。
資本家は今までにないほど上手くやりました。

Yes, other factors are at work. A shift in technology has raised the premium on skills. Reliance on QE instead of fiscal stimulus has inflated the price of assets held largely by the rich. The eurozone's austerity regime has made matters even worse, hitting the poor hardest.

確かに、他の要因もあります。
テクノロジーの進歩は技術のプレミアムを引き上げました。
財政出動の代わりにQEに依存することで、主に富裕層が保有する資産の価格が上昇しました。
ユーロ圏の緊縮政策は火に油を注いで、貧困層が最も苦しめられています。

Even today the youth jobless rate is still 51.9pc in Greece, 45.5pc in Spain, 36.7pc in Italy, and 24pc in France. The report shows that those with incomes below 40pc of the eurozone median have suffered a 14pc drop in their net receipts even since the Lehman crisis.

今日ですら若年失業率はギリシャで51.9%、スペイン45.5%、イタリア36.7%、フランス24%もあります。
本文書からは、ユーロ圏の所得の中間値を40%下回る人々が、リーマン危機以降ですら純所得を14%も減らしたことがわかります。



This is not just a political failure: the inequality itself perpetuates the depression, for the poor spend and the rich save, and the core problem in the world economy is excess savings.

これはただの政治的ミスではありません。
格差そのものが不況を長引かせていますが、これは貧困層は金を使い、富裕層は金を貯めるからであり、世界経済の問題の核心は過剰貯蓄なのです。

The imbalances that led to the savings glut and the global financial crisis - and has fed the 1930s malaise of excess capacity ever since - all track in one way or another to globalisation, whether it has been unchecked capital flows or the rise of China.

過剰貯蓄と世界的金融危機をもたらした(また、1930年代からずっと過剰生産能力問題の糧となってきた)不均衡は、抑制のない資本の流れや中国の台頭に関係なく、全て何らかの形でグローバライゼーションとつながっているのです。

Perhaps great shock of globalisation is a one-off effect, already past its worst as Chinese wages shoot up and the Communist Party weans the economy off manic over-investment, or at least talks about doing so.

恐らく、グローバライゼーションの大きなショックは一回限りのものでしょう。
また、中国の賃金が急上昇して共産党が経済と狂気の沙汰の過剰投資から引き離している、もしくは少なくともそうすると表明しているので、最悪の時は既に過ぎ去っています。

But right now China is still adding excess capacity across a swathe of industries, and there is every reason to fear that the next global downturn will bring matters to a head, either because President Xi Jinping devalues the yuan to buy political time or because capital flight forces his hand. Either way we would face a deflationary tsunami.

とはいえ、今も中国は過剰生産能力を様々な業界で強化していますし、次の世界的景気後退局面で、習近平主席が政治的に時間稼ぎをするために人民元をデバリュエーションする、または資本逃避でそれを余儀なくされるといった理由により、事態が本格化するのではないか、と懸念するのももっともです。
いずれにせよ、僕らはデフレ津波に直面することでしょう。

Western leaders did not fully understand what they were doing when they tore down the defences over the last quarter century, and lightly overlooked what competition with Chinese labour might mean for tens of millions of their own electors.

過去四半世紀に亘って障壁を壊し、中国の労働者との競争が自分達の有権者、数千万人にとってどういうことを意味し得るのかを甘く見ていた時、西側首脳陣が自分達は一体何をしているのか完全に理解することはありませんでした。

The great socialist parties of Europe abandoned the field, leaving it to the far-Left and far-Right. It falls to the Front National's Marine Le Pen to denounce globalised capitalism as a conspiracy against workers, the "law of the jungle".

ヨーロッパの社会政党は野を離れ、これを極左と極右に残しました。
グローバライゼーションされた資本主義を労働者に対する陰謀、「ジャングルの掟」だと痛烈に非難する役目は、国民戦線のマリー・ル=ペン党首に回ってきました。

Nor do the elite really know what they are doing with TTIP this time. Brussels estimates that the treaty would ultimately increase Europe's GDP by 0.5pc. If that is all there is, it is a trivial prize set against a further loss of sovereign democratic control over our laws, rules, principles, and way of life.

エリート達は今回も、TTIPに関して自分達が何をやっているのかしっかりわかっていません。
この条約でヨーロッパのGDPは最終的に0.5%増大する、とEUは試算しました。
各国の法律、規則、原則、生き方に対する主権民主主義の統治が益々損なわれることに対し、取るに足らない目標です。

The treaty's army of critics is right to grumble about plans for special tribunals outside the normal court system that would allow companies to sue governments and to overturn laws passed by elected legislatures.

同条約に反対する多くの批判者には、通常の裁判制度の外に、全ての企業が政府を訴えられるようにし、選挙で選ばれた議会が可決した法律をひっくり返せるようにする特別法廷を構えるという計画に不満を表明する権利があります。



You can argue there are already 57 of these 'ISDS' tribunals in action around the world, whether for the Energy Charter, or the Moscow Convention on Investor Rights. Their workload is rising exponentially, nearing 600 cases a year. But do we want another one, and with vastly greater scale?

エネルギー憲章だろうが投資家の権利に関するモスクワ協定だろうが、このような「ISDS(投資家対国家の紛争解決)」裁判は、世界中で既に57件進んでいると論じることは出来るでしょう。
その仕事量は幾何学級数的に増加中で、年間600件近くに上っています。
しかし、僕らはこんなもののおかわりなど、しかもより大きなスケールのものなど要らないのです。

We are living in an age where people feel overwhelmed by global forces. The wiser statecraft is surely to shift the balance back a little towards parliamentary supremacy, whether in Britain, America, Germany, or France.

僕らは皆がグローバル・フォースに圧倒されていると感じる時代に生きています。
より賢明な政策が、議会の優越性への振り戻しであることは、英国、米国、ドイツ、フランス、国によらず確かです。

The paramount issue at hand is to conserve the vitality of our core democracies at a time when they are under multiple pin-prick attacks, from the European Court, or trade tribunals, or from any one of the proliferating supra-national bodies run by lawyers and technocrats on the margins of accountability. If TTIP whithers on the vine, so be it.

目先の大問題は、僕らの中核的な民主主義が多方面から攻撃されている時に、欧州司法裁判所や貿易裁判所やアカウンタビリティの境界線にある弁護士やテクノクラートが運営する、急増中の超国家機関から、これを保存することです。
TTIPが立ち枯れになるなら、捨てておけば良いでしょう。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加