日々好日

さて今日のニュースは

世論調査は阿倍政権下での改憲反対55%・賛成42%

2016-10-29 06:13:06 | Weblog

共同通信社が憲法公布70年に当たり郵送方式で行った世論調査結果を発表しました。

18歳以上の男女3千人を対象に行われた。

それに依ると阿倍政権下での憲法改正に55%が反対・42%が賛成と出た。
改憲反対が過半数超えて居るが、改憲賛成が42%ある事にも注目したい。

阿倍政権支持派では76%が改憲必要で、73%が改憲賛成。
政権不支持派は60%が必要なしで、87%が改憲反対。

自民支持派は75%が必要で、72%が改憲賛成。
民進支持派は40%必要・57%必要なし、88%が改憲反対。
公明派は64%が必要で、賛成46%・反対51%。
共産党派は19%が必要・78%が必要なしで、92%が反対。
無党派は48%が必要・50%必要なしで、72%が反対。

なお注目の憲法9条については、75%が海外で71年間武力行使せずに
済んだと理解して居るが、改正必要45%・必要なし49%。
改正必要は中国等の脅威を68%が挙げて居る。

憲法9条改正の必要性とし40%が自衛隊の存在の明記・軍として明記16%。

憲法9条改正で男性52%・女性39%が必要。
男性44%・女性54%が必要なし。

PKO活動駆けつけ警護新任務付与に賛成52%。反対45%。

賛成と答えた人の年代別では、30代以下が47%・40~50歳が44%。
60代以上は38%。

一体是は何を意味するのでしょうね?

与論調査が絶対ではない事はよく理解して居るがこの回答結果を見て何を感じ
取るべきなのか?

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 遠足の思い出を教えて下さい | トップ | 国連委核兵器禁止条約決議案... »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL