日々好日

さて今日のニュースは

チキンレースと化した与野党攻防

2010-11-30 14:41:14 | Weblog
相手が怯むまでぎりぎりの点までつっ走る命をかけたチキンレースの様相さえ
見えてきたこの頃の与野党の攻防です。

自民党側は兎に角問責決議された仙谷官房長官と馬淵国交相が出る全ての会合
を拒否すると強い構えです。

是に対して仙谷官房長官は辞める積もりもなく辞めよとも言われてないと徹底
抗戦ですが二人が出ない国会なんて到底あり得ない事です。

兎に角何とかしたい菅政権ですが、身内からは擁護が無く中にはバッサリ切れ
と言う声さえ挙がる始末です。

野党はもう管政権の命は長く無いとみて余計傘にかかって責め立てます。

是では國の重要法案の審議処ではありません。

それに朝鮮半島が緊迫さを増して来た今日こんなつまらない事で角突き合わせて
居る場合かと国民は皆イライラしています。

國の重要な法案審議を止めてまでするチキンレースですか?

この際菅首相の参謀格の仙谷官房長官を何が何でも潰そうと言う下心が見え見え
で理由は何であっても構わないと言う事で仕掛けたのでしょう。

野党にとっては些細な行き違いを渡りに舟と問責決議をしたが、国民にとっては、
まともに考えたらバカバカしい事です。

意地と意地の張り合い一番困るのは国民です。

チキンレースに浮かれる国会議員の先生はもう結構です、要らないと叫びたい
心境です。

この記事をはてなブックマークに追加

WikiLeaksの暴露情報の反響

2010-11-30 09:49:18 | Weblog
米国の秘密公電の極秘情報がWikiLeaksと言われる団体にスッパ抜かれて
大騒動になっ居ると言う。

すっぱ抜かれた各国の情報で迷惑を蒙る人達、すっぱ抜きを見逃し
立場をなくした米国極秘文書を取り扱う部署とオバマ大統領の微妙な
立場等々・・・

是には米韓で朝鮮半島南北統一後の協議内容や、イランに北朝鮮が
19基のミサイルを提供して居たと言う最高級の極秘文書が含まれて
居る模様です。

日本も例外でなく麻生総理が中国高官を元気が無いと話して居たとか
言う小さな話しから、日米間で60年台に核武装の可能性を肯定して
居たとか物騒な文書まですっぱ抜かれました。

すっぱ抜かれた国々でも大問題に発展する可能性があってこのWikiLeaks
による米国秘密公電の公開は大きな波紋を呼んで居ると言う。

そもそもこのWikiLeaksは元ハッカーの人が始めたもので「情報は全て公開
されねばならない」と言う信念で始まったと聞く。

その情報はそう言った極秘文書を取り扱う内部告発の方法で手に入れて
是まで大問題に発展した経緯もあるとか。

言うなればスパイ行為を是認する方法はどうもアンフェアで国益を損じる
恐れがあると批判的声が多い様です。

幾ら知りたいとは言え方法を選ばないやり方や、国益を超えた情報には
限度があるのではないか。

知らせては不可ない事、知っては不可ない事は必ず出て来るでしょう。

確かに裏でこそこそやられるのは愉快な事ではないが、迷惑も考えず
すっぱ抜くのは将来の世界平和を壊す恐れがあるのではないか?

世界が今後この様なWikiLeaksの考え方を支持する事は、大変コワイ気が
してなりません。

是は見解の相違で多分反対意見の人も多いと思います・・・

勿論常識内の情報公開には賛成です・・・

この記事をはてなブックマークに追加

沖縄知事再選の意味するもの?

2010-11-29 10:11:02 | Weblog
注目の沖縄知事選は現職の仲井知事が再選されました。

共産党や社民党推薦候補を4万票の差で破った仲井知事は基本的には県内移転は無いと
軸足を代えましたが、政府との会話は続けたいと言う柔軟性を出しての当選です。

沖縄県民に取っては県外移転か国外移転しか選択の道はないと言う切実な願いである
事は理解できます。

ただ日本の安全、世界の安全のため日米同盟の絆のため誰かが犠牲にならねばならぬ事も
現実の問題として存在します。

その大半を沖縄に押しつけて居る事も事実です。

その代償に多大な国費を払って居る事も事実で決して無料で押しつけて居るのではないと
言う現実も忘れてはならない事です。

この様な事を言うと沖縄県民からお叱りを受けると思います。

金は要らない平和な沖縄が望みだと言う願望は理解できます。

是は言うてはならな事ですが基地補償で支払われた莫大な国費が沖縄発展の原動力になった
事はまぎれもない事実です。

たいした産業も無かった沖縄で支払われる政府の補償金が今日の沖縄に役立ってないとは
言って貰いたく無い感じです。

復興したからもう金は要らない、直ぐ引き取って貰いたいと言う気持ちは判るが是をなんとか
話し合いで解決して行くのが今後の行き方ではないかと思います。

そう言った意味では今回仲井知事が再選された意味は重い。

ただ今回の沖縄知事選で沖縄県民が徹底した民主党拒否反応を示し、話し合いさえ応ぜず、
知事候補すら立てられなかった事は沖縄県民にとってもマイナスではなかったか?




この記事をはてなブックマークに追加

問責決議可決で野党参院審議拒否?

2010-11-29 09:29:10 | Weblog
参院で仙谷官房長官と馬淵国交相の問責決議が可決されたのを受け
自民党はこの二人が出席する如何なる委員会も拒否すると強い姿勢
を打ち出しました。

是に対し「審議に応じない」と言う批判を極力避けたい公明党は、
限定的に対応したいと主張して居る様です。

自民党石原幹事長も折れてこの公明党の意向を尊重する考えで
調整を行って居て最終的には野党側は限定的審議拒否との考えで
纏まるのでは無いかと言われる様になったとか。

民主党側は12月3日までの会期延長は行わない方針との事。

是で政府提出の重要な与野党対決法案の成立は全てパーとなり
そうです。

しかし自民党提出の「財政健全化責任法案」については衆院議院
運営委員会で趣旨説明と審議を行う衆院本会議は、開く事で合意
したらしい。

(但し野党側が限定的審議に応じる最後調整が出来た場合に限り)

この様な限定的野党側提出の審議ばかりで果たして国会の機能が
あるのか疑問に思えてなりません。

民主党側は自民党からの提案の党首討論を問責決議可決を受け
拒否して居るとか、お互いに意地に張り合いは国民にとっては
マイナスです。

今年の最後ぐらい笑って来年の通常国会を迎えられる雰囲気
作りに努力して貰いたいものです。

この記事をはてなブックマークに追加

きな臭くなった朝鮮半島状況

2010-11-28 06:31:10 | Weblog
米韓合同海上演習がいよいよ今日から黄海で行われます。

是については北朝鮮が宣戦布告と見なし武力行使も辞せぬと極めて
物騒な発表をしています。

又中国も黄海での米韓海上演習には相当危機感を抱き重大な関心を
寄せて居る模様です。

一体これからどうなるのか?

一触即発の状況と憂慮する人が多い様です。

又朝鮮動乱勃発ですか?

理屈では休戦状態で朝鮮戦争はまだ終了してない状況です。

是に対し日本でも首都防衛集団を創設して5方面隊の上部組織を
検討するとか・・・

朝鮮半島に近い九州や日本海沿岸の各県も臨戦状態になりそうだ。

この記事をはてなブックマークに追加

エコポイントとは何か?

2010-11-27 19:14:37 | Weblog
政府の支援で始まったエコポイント制度は自動車と家電を対象に行われ
もの凄い売れ行きで日本のGDPを可成り引き上げました。

処が9月に自動車のエコポイント支援が打ち切られ途端に自動車の売れ行く
が止まりました。

家電のエコポイントも好評につき今年年末まで延期されたがエコポントは
12月からは半減されます。

ただ来年からは星マーク5っの家電で古い機械と買い換えの時に限定して
エコポイントが付くシステムに変わります。

これで慌てたのが購入者です。

駆け込み購入で商品が売り切れしかも価格も一時割り引きで安くなって居たが
価格が高くなって居ても列をなして奪い合う状態と言う。

これには家電業界も手放しで喜べない状況との事です。

売れ過ぎるのは大変喜ばしい事ですが、既に2年半の需要を先食いして居る状態
との事です。

地デジにしても来年7月から切り替わりますが、その分も既に食い込んで居ると
言われて今後の家電商品の売れ行きに赤信号が灯り出した模様です。

折角エコポイントで景気が持ち直しかけたのにその反動が心配されます。

大体エコポイントて何なんですか。

環境にやさしい「エコ車」を「エコ家電」をと言うのが本来の目的ですが余りにも
國の補助金のポイント制を、業界も政府もが強調し、踊らされた国民が良い面の皮
です。

そしてハイコレマデヨでは堪ったものではない。

極端な話し以後はエコに関係ありませんでは話しになりません。

本当に能のない貧弱な政策で日本国民は踊らされて居る様でやりきれない気持ち
です。

この記事をはてなブックマークに追加

熟議の国会はどうなった?

2010-11-27 08:20:46 | Weblog
今朝の新聞は相当重要事項が報道されて居る様です。

一番関心事の北朝鮮の砲撃に対する対応。米韓は断固たる態度を見せる為予定より」
もっと際どい黄海の海上で大々的軍事演習を明日から敢行するらしい。

挑発とも取れる大規模な軍事演習。

戦争の前触れになるのが何時も軍事演習と言われ、力の示威がそのまま行動になって
しまう例は良くある事。

ここの処は何とか冷静に返って無事に納まらないものか心配です。

ここで完全に蚊帳の外の日本も衆参両院で北朝鮮非難決議をしたとか、高校生授業料
支援も在日朝鮮系については凍結とか、何か対立姿勢を露わにして来た様ですね。

処で補正予算はすったもんだする間もなく参院審議開始と同時に否決後は衆院決議優先で
自然成立なんか是で良いのかと暗然たる思いです。

そして仙谷氏問責案可決菅総理は更迭拒否の構えとか益々国会は混迷度を深めるばかり、
失言、揚げ足取り、激しいヤジの応酬是では民主党政権が言う「熟議の国会」はどうなって
しまったのやら・・・

一番被害を蒙るのは国民だと言う事を国会議員の先生達は判って居るのだろうか?

この記事をはてなブックマークに追加

仙谷官房長官馬淵国交相問責決議引き替えに補正予算案成立?

2010-11-26 09:48:40 | Weblog
国民にとっては大変重要な2010年補正予算案は与野党の政争の道具とされ
一向に審議されずヤキモキしていましたが、どうやら参院で採決まで漕ぎ着けた
様です。

ただ参院では補正予算は否決され、両院協議会で協議不調で、衆院議決優先で
どうにか今日総額5兆9000億円の補正予算は成立する事になりそうです。

何故セレモニーみたいな田舎芝居がまた国会で繰り返されなければならないのか?
国民にとっては腹立たしい限りです。

その採決条件が仙谷官房長官と馬淵国交相の問責決議と言うから余計腹が立って
きます。

野党の面目でどうしてもすんなりと補正予算を通す事が出来ないので何とか
一本取ってからいやいやながら黙認しようと心の狭さがアリアリです。

確かに今の菅政権はなっていません。
しかしついこの間までの自民党政権だってこれ以上にお粗末な対応があった
かに思います。

そんな事は忘れたかの様な自民党政治家の皆さんの態度を見ると何か割り切れ
ない感じを禁じ得ません。

これが政治の常識と言うものでしょうか?

どうもイマイチ国民には判らない政治家先生の動きです。

この記事をはてなブックマークに追加

給与所得控除上限は1200万円か?

2010-11-26 09:09:30 | Weblog
この処、税制見直しで何かと話題になる政府税制調査会は、今回全体会議で
サラリーマンの年収の一部が、必要経費と見なし課税所得から差し引ける、
「給与所得控除」1200万円の上限を設定する案を提示しました。

また配偶者控除では厚労省から、所得1千万円(年収1231万円)を超える、
納税者を対象から除外する様に検討を求められました。

是は給与所得者全体の平均給与の約3倍の230~1200万円の給与を貰う
サラリーマン約120万人。

資本金1~10億円の企業の平均給与の約3倍の245~1500万円の給与
を貰うサラリーマン約50万人。

資本金10億円以上の企業の平均給与の約3倍の260~1800万円の給与
を貰うサラリーマン約30万人。

高給取りサラリーマン合計200万人。給与所得者の約5%弱の人に影響が
出て来そうです。

政府としてはこの高給所得者各種控除を縮小しこども手当の上積み財源にする
心積もりらしい。

是で1000億円を上回る税収が見込まれると算盤を弾いた様です。

税調としては上限を2000万円とする案も検討されたが、人数の多い
1200万円が上限と落ち着いた様です。

なお現時点では所得税の最高税率引き上げは難しいと判断し先送りになった
模様です。

この記事をはてなブックマークに追加

環境税来年度中に導入?

2010-11-25 08:34:37 | Weblog
民主党税制改正プロゼクトチームは総会を開き地球温暖化対策税所謂環境税を来年度中に
導入する様に政府税制調査会に提言する事を決めたらしい。

是は石油石炭税の仕組みを活用し二酸化炭素排出量に応じ産業界等から徴収する構想です。

課税する事で化石燃料の消費を抑え約2400億円の税収を環境対策に充てる一兎両得を
狙った政策の様です。

試算では環境税導入するとガソリンと灯油は1リットル当たり79銭の価格上昇が見込まれ
ガソリンや灯油に頼る産業界や灯油消費が多い寒冷地にとっては相当の痛手となりそうです。

この総会では議員から特定産業の負担が増大し影響が甚大だ。
また政府の雇用対策に逆行すると、導入に反対の意見が続出したと言う。

一方経団連は政府が検討して居る、企業毎CO2排出上限を定め過不足分を販売する
「国内排出量取引制度。
電力会社による」太陽光等「再生可能エネルギーの全量買い取り制度」。
そしてこの「環境税」の三点セットは国内投資を抑制し冷え込ませると強く反対を
表明しました。

一応政府は6月に閣議決定し「エネルギー基本計画」でCO2排出量を30年までに、
1990年比で30%削減を打ち出して居るので何とか実現したい意向の様で是に
沿った答申と思われます。

この様に産業界からの反発は強く色々問題が多くこの政策が実施されるか今の処不透明と
言わざるを得ないのではないかと思われます。

この記事をはてなブックマークに追加