日々好日

さて今日のニュースは

謝罪会見

2007-11-30 19:20:12 | Weblog
今年に入って何回謝罪会見があったろうか?
食品関係の偽装問題。政治家の不適切発言や不適切措置に対しての謝罪。一番新しいのでは、防衛省不祥事に対する異例の制服組の謝罪。ある大物女優の息子の薬物
再犯に対する謝罪会見。何れもお騒がせして済みませんと深々と頭を下げてチョン
それ以上世間は追求しないのが、定番になって居る。
その中で注目の謝罪会見が二つありました。
それは犯則行為で処分受けたプロボクシングの亀田大毅ふてぶてしい謝罪会見で、かえって世間の反感を買い亀田一家叩きに遭い、国外で復帰戦でカンバックし
謝罪会見を開く事になったらしいが、折しもこれも、地方巡業をボイコットし
謝罪なしでモンゴルに帰り乖離性障害も治ったと26日処分解除を期に再来日し
謝罪会見がセットされていたので、これに便乗したと穿った噂もある。
会見は短く、味もそっけない単に会見を開いたと言うものの様に感じた。
これに対し朝青龍の会見はさすが高砂親方等がガードし、朝青龍のあのふてぶてしい態度は嘘の様に一生懸命に謝罪して居る様に感じました。
もう日本の相撲界から追放すべきと、思っていたがこれなら行けるのではと、思い
直しています。
謝罪会見一つで世間の考え方は良くも悪くもなるものだと、つくずく思いました。

この記事をはてなブックマークに追加

守屋前次官逮捕

2007-11-29 09:37:41 | Weblog
東京地検はとうとう守屋前次官と奥さんの逮捕に踏み切った様ですね。
防衛装備品納入をめぐり便宜を図った見返りに300回以上ゴルフ旅行の招待を受けて居た収賄容疑が固まったとして、また贈賄側の防衛商社山田洋行元専務の山田容疑者を再逮捕した。
調べによると、北は北海道から南は九州まである時は夫婦で豪華なゴルフ旅行の
招待を受けて居たとか。奥さんの銀行口座には山田洋行から200万円の口座振り込みが有り、奥さんも身分なき共犯として、前代未聞とは云えないが非常に珍しい逮捕となった様です。
奥さんは防衛省の奥さん方の集まり美鳩会の女帝と言われ、会を牛耳っているとか。おねだりママを地でいく、むしろ奥さん主導で次官も転落を辿ったのではとの
噂さえあるとか。そう言えば守屋氏が何かの折り、自分は退職金は辞退します、
その様な立派な資格が無いと漏らしたのを記憶しています。多分根は実直な人かも
しかし腹たちますね。大事な国防のためと我々が出した防衛予算2兆円を寄って
多寡って、水増し請求や、不正流用する防衛商社、見返りを見越して贈賄する商社
それを理解して平気で収賄を受けるお役人。どうやらその間には政治家が関わって
いた節が見受けられるが、悪知恵の働く彼等はシッポを掴ませない。
額賀財務大臣の宴会参加と云う事はどうと云う事ではないが、そこでどの様な話が
あったか?事と次第では額賀氏一人に止まらず、福田政権など吹っ飛ぶ位の大事件
になりかねない。スネに傷持つ先生方が総力を挙げて額賀氏擁護に回るのも判る
気がする。これでは出会い解散ハプニング解散が囁かれこっそり選挙ポスター印刷
する議員があると云うのも頷けます。
それにしても、防衛省は伏魔殿と云われても仕方ないのでは。
国家機密の保持と云う隠れ蓑で、やり放題の事をやって居る。世界一高いF2支援
戦闘機や216億円のヘリ、防衛商社により1・5倍もの水増しされた部品を買わされた事等々数え上げれば限りがないと思われます。
防衛商社なしではどうにもやっていけない、現在の防衛省の体制では起こるべくして起きた事です。防衛商社のおんぶにだっこ丸抱えの状態それに商社には防衛省の
OBが天下りしています。防衛予算の2兆円の分捕り合戦に参加しない手はありません。それには有力政治家を巻き込んでの疑惑は当然生まれます。
防衛省をどうかせんば!!いっその事また防衛庁に格下げして、内閣の管理にしてはどうかとの論さえ起きています。
この防衛省の問題の最中、政府は新テロ法案は別だから、国民の理解をと盛んに
云って居るが、同じ国防に関する問題で、直轄する防衛省の問題だから国民は納得
出来ないのではないかと思います。
兎に角防衛省は大事な国防を担当する部署だから、速く何とかして欲しい。








この記事をはてなブックマークに追加

独立行政法人

2007-11-28 11:50:26 | Weblog
政府行政減量・効率化有識者会議と何か御大層な名前の諮問機関が、102ある
独立行政法人のうち、11法人を廃止民営化を、年内に取り纏める政府の整理合理化計画にに盛り込む様進言した。
しかし驚いたものですね。高級公務員の天下り先で、政府の補助金や出資金等で
運営される効率の悪い赤字だらけの特殊法人をあれだけ統廃合したり、民営化したりしても、まだ102もの独立行政法人と名前を変え生き残って居るとは。
既に決まっている自殺した松岡農相が関連した緑資源機構の廃止。通関情報処理
センターの民営化等はすんなり決まりそうですが、中には統廃合や廃止民営化の やり玉に挙がった独立行政法人は組織を上げて抵抗し難航が予想されるとか。
何時も見られるお役人と行革のせめぎ合いと云えばそれまでですが、役人の縄張り
根性で自分たちの存在を危なくするものに必死に抵抗するのも判る気がする。
まだ民営化出来ない国立印刷局と造幣局は財務省の抵抗で民間委託の拡大でお茶を
にごすらしい。
現在も残っている特殊法人の事業団。公庫。特殊銀行。金庫。特殊会社。公益競技
その他特殊法人に準じる組織まだまだあるものです。
大半は来年の10月1日解散予定の特殊法人等であるが、日本中央競馬会、自転車新興会。NHK等々・・・がまだ残っています。
特殊法人から独立行政法人に移行した組織も私達から見るとどうでも良い様なもの
がなお残っている様に思えてならぬ。
たった11組織の廃止民営化でなく、半分くらいの大なたを振るい一挙に行革を
進めて欲しいものだ。
遅々として進まない行革に対し、そんな無責任な言葉を言いたくなって来る。

この記事をはてなブックマークに追加

216億円のヘリ

2007-11-27 15:41:14 | Weblog
国会は1日で1億円の貴重な国税を浪費して、国民に直接関連のある法案はそっち
のけで、やれ財務大臣や守屋元次官の同時喚問だとか、又ガセネタで踊らされてる民主党の輩は怪しからん、議員の品位が無いとこの頃は自民党総動員で額賀大臣擁護に躍起になっています。
国民は益々疑惑を覚え福田内閣すら信用出来ない気がしてきました。
どだいこの様な疑惑の財務大臣を抱えた内閣を信用せよと言うのが大体可笑しい。
そもそもの発端である防衛省の国費不正疑惑何の解明も行われず、次々に疑惑が
出てきて収拾出来ない様になってしまった感じがする。
防衛省と言えば、来年度概算要求している陸自AH64D戦闘ヘリコプターの価格は、世界一高い戦闘機と言われたF2支援戦闘機(120億円)より更に高く
216億円と云うからスゴイ。戦闘機より高いヘリなんて聞いた事もない事が
平然と行われ様としています。
F2支援戦闘機は米国ロッキードと我が国三菱重工との日米共同開発と云う事で、米国の様々な要求や部品の国産化等の産物として当初1機当たり54億円だったのが最終的には120億円に跳ね上がり、世界一高い戦闘機となった経過がある。
今回も陸自のAHIS戦闘ヘリの後継機種として当時世界最強ヘリと云われたAH64D戦闘機を選定に当たり防衛省の甘さで、ボーイング社の生産取り止めや
ライセンス生産中止になった富士重工設備投資の経費400億円を生産できる
ヘリの3機に振り分けると、機体価格1機当たり83億円が1機当たり216億円
と云う驚異的な価格になった。
幾ら自分のさいふが痛まないからと、めちゃくちゃな国費の乱費は許されるもの
ではない。我々が血の滲む思いで収めた税金がこの様に使われて居ると言う実態を
国民に広く報告すべきです。
防衛省の甘い体質、よってたかって甘い蜜を貪る軍需産業?と言われても可笑しくない、日本の商社や企業、政府はそれを許して、金が足らぬから消費税を上げろ
とはあんまりではないか。
兎に角防衛省が聖域とされノウタッチでやり放題の現状には、国民もたまったもの
ではない。幾ら国家機密とは云え、この様に国家に損害を及ぼした担当者はちゃんと責任をとって貰いたいものです。

この記事をはてなブックマークに追加

ツエッペリンNT

2007-11-26 09:27:15 | Weblog
今ゆったりと東京空中遊覧に飛行船が人気を呼び来月まで予約で一杯だそうです。
世界に3隻しかないツエッペリンNTは全長75メートル幅19メートル、
不燃性のヘリュウムガスを使用、化石燃料は余り使わないエコーロジィクな理想的
乗り物だそうです。
あのジャンボ機の全長が70メートルと云うのでその大きさが想像出来ます。
7名から8名を乗せ300メートルから600メートルの
上空をゆらりゆらり遊覧飛行する気持ちは神になった心地がするとか。
国会で重要な法案をそっちのけして財務大臣が宴会に出席したとかしないとか、
もし喚問して何もでなかったらどう責任をとるのか?と福田総理まで脅しの
発言が飛び出す等てんやわんやの国会の醜い争いを超越した遊覧飛行も乙なもの
だと思います。但し1回の遊覧飛行で12万円から16万円と云うからすごい。
つぎは大阪で遊覧飛行の予定だそうですが、サイフの堅い関西人が果たして乗るか
これも又見ものですね。
ところで年末ジャンボ宝くじの発売は今日からです。発売所には朝7時と云うのに
200名からの長い列が出来ているとか。何れも常連さんばかりで、こう世の中が
世知辛くなってくると、一獲千金の億万長者を夢見たくもなって来ます。
わざわざ神社に行き当選祈願を済ませて買いに行く人までいるとか。
欲深の人間様に果たして神様が答えて呉れますか?
とかなんとか云っても私も早く買いに行かなくては。買わなければ当たらないの
だから、運試しに一発いってみるか。


この記事をはてなブックマークに追加

海自補給艦の帰還

2007-11-24 13:00:20 | Weblog
2011年12月よりテロ特措法に基づき6年間インド洋で給油活動をして来た
海自の補給艦ときわが同法失効により東京晴海埠頭に帰還した。
これで先に佐世保に帰還した海自護衛艦きりさめと共に海自の派遣活動は完結した
事になる。
6年間に米国、英国、パキスタン、等11ケ国の他国艦艇に794回で48万7千
キロリットルの燃料を無償提供した事になる。
この間給油量訂正をめぐる隠蔽疑惑や給油先で転用されたのではとの疑惑等が生まれ、継続給油に暗雲がかかり、そして参院選での民主党圧戦で参院のねじれ国会
が民意と出ました。ご存じの様にテロ特措法の期限切れ失効、給油再開が国際約束とした政府は装いも新たに新テロ法を国会提出した。衆院は通っても、参院では仲々審議して貰えず現在に至っている様です。
インド洋給油活動が本当にアフガンのテロ抑制の国際協力なのか?
国連要請のEUによる国際治安支援部隊(ISAF)でなく、米国有志連合の不朽の
自由作戦(OEF)の1翼での活動であるだけに、米国のために奉仕している様に
しか国民には、見えない。
まかり間違えると、前回の失敗の轍を踏み戦争に引きずり込まれる可能性がある
給油活動に臆病になるのも、判って貰いたい。
例えば給油活動中にテロの攻撃を受けた場合護衛艦は友國の艦隊と共に闘う覚悟が
あるのか?簡単に給油継続と云って貰っては困る。
ただ聞くところによると、インド洋の海上権を狙って給油活動の後釜を狙い
中国が虎視淡々という噂もあると云う。
日本経済の動脈とも云うべきインド洋を中国に押さえられたら、どうなるか
云わなくても判る。
そう言った諸々の事柄を考えると、益々難しい問題となる。
補給艦ときわの帰還はそう云う意味では、日本の影響力の低下と取られ兼ねない
一面も有る事は事実の様です。

この記事をはてなブックマークに追加

国会再延長?

2007-11-23 10:26:35 | Weblog
何が何でも国際約束の新テロ法案を通さねばならぬ、福田首相ねじれ国会打破のため動いた大連合も見事に失敗、国会延長してどうにか衆院は通過したが、民主党 優勢の参議院では仲々審議して貰えない。
そこにふって湧いたような額賀財務大臣を取り巻く防衛庁疑惑。止まる処を知らない、国民の税金の不正流用疑惑に関する事なので、新テロ法案も大事ですが(もっともインド洋給油にしても兎角問題が多く国民は法案成立に大半は疑問を持って居ます)こちらをはっきりさせて貰いたい。ましてや國の予算に携わる日本の財務大臣に関する事ですから、余計信用出来ない気持ちです。
当の額賀財務大臣は3ツ星指定で有名になった料亭浜田の会合で、守屋次官や  元米国高官や理事長に会った事がないと言明している。元米国高官や理事長が会った事無いと云うので、絶体その様な事はないと断言している。
それはおかしな論法だと思えてならぬ。盗人どうしが口裏を合わせている様に
思えてならぬ。
それに間違いなく額賀さんは参加したと言う守屋さんと、その席を事細かに民主党に内部告発ともとれる内容を説明した参加者が嘘を言っているのか?
この様な疑惑のある人を財務大臣にしておくのはどうかと思います。
福田さんもさじ投げてたのか、それとも居直ったのか、疑惑があればトコトン
追求したら良いと、何か意味ありげなコメントでした。
それはさておき、福田さんも国民に努力している姿勢をみせるためか野党党首と 会談新テロ法案に協力を持ちかけた、当然拒否の回答。
国会は再延長して来年にでも衆院3分の2による再決議で成立させる構えの様です
その行き着く先は、福田首相の問責提出、否決、解散?なのか。
國の予算案は、そして国民に密着した法案の数々は?
それより先に防衛省をとりまく疑惑を1日も早く解決して欲しい。
それには、額賀財務大臣が真実を述べる事が解決法だと思えてならない。

この記事をはてなブックマークに追加

額賀財務大臣疑惑

2007-11-21 12:03:22 | Weblog
日本の国防の要であるべき防衛庁をめぐる数々の汚職疑惑事件は止まる処を知らず、まったくうんざりしてしまいます。
守屋前防衛庁事務官をめぐり次々と実名入りで明かされる新事実。
山田洋行や額賀財務大臣、元仙台防衛施設局長、それに米国の元国防総省日本部長まで飛び出る国際色ゆたかなものになった。
そして遂に久間元防衛大臣の名前が飛び出し、証人喚問するか?せぬか?で大もめ
次期輸送機CX選定で汚職があったのか?なかったのか?当事者達が記憶にない
とか、合った事もないと口を揃えて云えばそこから立ち入る事は出来ない。
国民はイライラしながら推移を見守る外はない。
そしてますます政治不信を増幅させて行きます。この際大治療でウミを出してしまう事が出来ないものでしょうか?
他にインド洋での海自隊の給油量訂正にからむ隠蔽問題にしても元海幕防衛課長
や守屋次官関与にしても合った記憶がないととぼける始末。
何か防衛省はガタガタにゆるんで居る様な感じがしてならぬ。
防衛費予算5兆円在日米軍再編関連の経費等膨大な金を使い、一体防衛省は何を
しているのか?これも皆国民が太っ腹な人達で何の文句もつけないから、余計
思いのまま出来るのではないかと、勘ぐりたくなって来ます。

   PS
    額賀財務大臣の喚問に対し福田首相はもし喚問して何も出てこなかったら
    野党等はどう責任をとるのか?そう言うガセネタを出した元仙台防衛施設
    局長信じて喚問ができるのか?
    参院で首相問責に掛ける事に対しては、私を問責出来る人がいるのか?
    と一転攻勢に転じ今までの低姿勢が嘘の様です。

この記事をはてなブックマークに追加

サブプライムローン

2007-11-18 11:01:22 | Weblog
米国低所得者向けの住宅貸し付けローンの焦げ付きに始まる世界金融危機は対岸の
火事と見られていたが、日本でも野村ホールディングが1千5百億円を始めてとして、相当額の被害が明らかになった様です。
何様日米欧で7兆円を超える損失見通しとなったとか。最終的には総額で20兆円規模にも達すると予測されとか。震源地の米国ではおよそ5兆円とも云われる。
そもそもこの様な危ない投資を証券化して甘い蜜をつけ世界に売り出した一部金融業者、それを承知で投資に応じた金融業者が世界経済を大混乱に落としいれて
しまつた。
世界一金利の安い日本で資金を調達して金利の高い外国で利ざやを稼ぐ、所謂
円キャリー取引で稼いで居た投資家は、この経済危機でドル安となり、今度は
資金確保のため円買いをし、所謂円キャリー取引の巻き戻し現象が起きいきなり円高となった。一時は1ドル109円と云う何年振りかの円高為替ルートが出現したがまたこの頃は大分落ち着いた様です。
経済なんてそんな単純なものではないと云われればそれまでですが、当たらずと云えども、遠からずではないかと思います。
なにせ1ドル当たり1円何て為替ルートが上下すると、何十億円と云う損益が出る
企業に取っては大変な事です。たちまち株価に跳ね返り折角上げ傾向の株価に
冷水を浴びせかけた事になった。
日本の株価は一時1万5千円を割り込み最低の株価を記録した。
その後幾分か落ち着き少しずつ元に戻ったかに見えますが、まだ爆弾を抱えた
状態の様でどうなるか危険含みのようです。
私達には一見関係ない様な米国のサブプライムローンも私達の生活に密接に関わり
影響を及ぼす事になる。これ以上生活を脅かす事件は起きて欲しくない気持ちです

この記事をはてなブックマークに追加

岩国市

2007-11-17 12:08:14 | Weblog
今終戦時そのままで日本各地に居座る米軍基地再編問題はアチコチで問題を引き起こして居る。その最たるものが、沖縄普天間基地移転問題と岩国の米海兵隊空母艦載機移駐問題ではなかろうか。前にも岩國基地については書いた事があるが、これには岩国市の新庁舎建設予算が絡み、防衛庁の意向で在日米軍再編計画受け入れが建設補助金交付の前提と云うのに対し、移駐反対の住民や市長と容認派の市議会や容認派の市民団体が地域振興は市の財政は県や國とどうするのか?真っ向から対立している。反対賛成が拮抗して居たが市町村合併後推進派が3分の2を占める勢いとか民意を2分しての対立反対派はアメとムチの汚いやり方國の横暴に追従反対。
市長も議員も辞職解散選挙で信を問うべきだと、何処かで聞いた様な事態になって
いるとか。始め普天間基地の空中輸送機部隊移駐で新庁舎建設補助金が認められたのに、國は米軍再編成で厚木基地の大部隊の艦載機移転まで追加移駐をせまって来た。
これには流石の岩国市長も事が事だけに拒み現在の状態になってしまった。
基地問題はこの頃問題になった、米軍にたいするおもいやり予算の問題や普天間
基地を始め沖縄の基地問題。アメリカに國の防衛の一角を担って貰うと云う負い目
で米国の云うままに日本は聞いてきた。
今や米軍に対する予算は5千億円余りと云う。日本に於ける駐留経費は米国の他の
同盟国26ケ国の合計より多いと言う。例えば独の2・8倍。韓国の5・2倍
伊の12倍。英の18・5倍それぞれの国情があるので一様には論ずる事は出来ないが、日本だけダントツだと米国軍事関係の高官も認めているようです。
日本が米軍に支払うおもいやり予算は2,738億円と云う。
これまで米軍に支払った経費は6兆円とも云われこれに関連し地方自治体に支払われた経費等を加算すると12兆円とも言われ巨額な金額です。
日本の1年間の財政予算は86兆円防衛予算は5兆円それにこの米軍駐留経費
日本防衛と云う名のもとに、米軍べったりで、踏んだりけったりの取られ放しと映るのは私の僻みか?
この頃は米国が本当に日本を守ってくれるのか?疑問に思える事が度々起こって居る。米国はご存じの様に国益優先の國だから、日本と利益が一致する間は問題無い
と思いますが、そうでない時は世界のアチコチで起こっている。
日本もここらで米軍基地について考える時が来て居るのではないか?と思います。
米国べったりの日本では米国の属国扱いになる事は必然の成り行きとならないとも
限りません。





この記事をはてなブックマークに追加