折にふれて

季節の話題、写真など…。
音楽とともに、折にふれてあれこれ。

1970年の「こんにちは」

2017-05-24 | 旅先にて...

先の週末を利用して大阪へ。

毎月のように仕事で訪れてはいるが、ほとんどが大阪駅周辺で用を終えている。

さらに年に一度はプライベートでも出かけるが、

昼はユニバーサル・スタジオか海遊館、夜は道頓堀界隈といつも同じパターンに落ち着く。

とどのつまり、大阪については限られた知識しか持ち合わせていないのだ。

ということで今回の大阪。

「ディープな大阪を案内してやろう」

そんな友人の言葉に誘われてやってきたわけだが、それはあくまでも夜に限った話。

それなら昼だって、ふだん縁のないところへ行ってやろうと、

いろいろ思いをめぐらせた挙句、

出かける直前にようやく思いついたのが、「この場所」だった。

今は万博記念公園と呼ばれているが、

1970年(昭和45年)にEXPO’70、いわゆる大阪万博が開催されたことは言うまでもない。

日本が国際社会に復帰したのは、国際連合への加盟が認められた昭和31年ということになっているが、

庶民が国際社会への復帰を、明るい未来への予感とともに実感したのは、

東京オリンピックであり、それが決定的となったのが大阪万博ではなかったかと思う。

自分にしてもそう、無数の外国人が会場を闊歩する姿をかなり印象的なシーンとして覚えている。

まさに、大阪万博のテーマが「人類の進歩と調和」で、その象徴だったのが「太陽の塔」だった。

ふだん縁のない場所と書いたが、前にここへ来たのは1970年のこと。

つまりは中学生の修学旅行で訪れた万博以来で、実に47年ぶりとなる。

やがて半世紀。公園として整備された姿を眺めると隔世の感があるが、

それでも、「太陽の塔」はじめいくつか残されているモニュメントからは、

当時の前衛的なパビリオンや最先端の技術、

さらには、ここに集まった人々の熱狂ぶりを鮮明に思い出すことができる。

 

余談ながら。

万博記念公園でもうひとつ印象に残ったのがこの一画。

というか季節、旬の光景。

バラ園ではローズフェスタの真っ最中。

「世界の国からこんにちは」でもないが...

各国から集められた90種ものバラが咲き誇っていた。

金沢のバラの見ごろはこれからなので、ちょっと得した気分でもあったが、

陽ざしを遮るもののない園内は真夏の様相。

その暑さを一瞬忘れさせてくれる粋な心づかいが...

さて。

この日の大阪の最高気温は29.6度だったという。

流れる汗をぬぐいながら、EXPO’70の記憶をたどった万博記念公園。

何度も「太陽の塔」を見上げ、そのたびに「こんにちは」と1970年以来のあいさつを交わしていた。

そういえば、47年前のあの日もうだるような暑さだった。

 


1970年の名作映画「明日に向かって撃て」。

アメリカン・ニュー・シネマにありがちな行き場のないエンディングではあったが、

それでも、アメリカ開拓史上に実在した二人のギャングと

魅力的な女教師の三角関係をコミカルに描いた娯楽作だった。

そして、その主題歌が「雨にぬれても」(BJトーマス)

Rain Drops keep falling on my head

映画は観ていなくてもこの主題歌を知っている人は多いと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments (3)