よっちんのフォト日記

旅先や日常で感じたことを
写真と文章で綴ってみたい。
そう思ってブログを始めてみました。

夜も更けて-大分県日田市

2016年09月30日 | 大分
Hita City, Oita Pref.

さてさて、大分県日田市の家人の実家に帰って来たワタクシ達ですが、
この日も日田の美味しい地元食材を夕食でたっぷりいただきました


どーですか。ワタクシが大好きな「ウナギのかば焼き」ですな。
日田市を流れる三隈川は鮎の産地でもありまして、鮎の梁場があちこちにあるんです。
ワタクシは鮎をさほど好きではないのですが、鮎の梁では鮎以外の魚も採れるんですよ。
その代表的な魚がウナギでありまして、日田は天然ウナギが美味しいんです。
養殖ものよりも身が締まっていて、脂っぽくなく、実に美味しいんですよねぇ


どーですか。続いては「地鶏の刺身」が出てまいりました。
大分県に行くと(九州の他の県もそうかもしれませんが)、大阪に比べると
すごく鶏肉をよく食べるんですよねぇ。実家の近くにも地鶏を捌いてくれるお店があるそうです。
この「地鶏の刺身」の美味しさは言うまでもありません


どーですか。これは「地鶏のたたき盛り合わせ」なんですよ。
様々な鶏の部位をたたきにしてありました。こちらも絶品でありました

そして、夕食を食べた後、ワタクシ達は歩いてすぐの三隈川畔に向かいました


三隈川畔の日田温泉では夏場になると屋形船が出るんです。
そして、鵜飼いをやっておりまして屋形船の上で鮎を食べさせるんですよ


この日は夏休み最後の土曜日ということもあり、けっこうな数の屋形船が川面に舫っておりました


そして、土日の夜には河畔で花火が打ち上げられるんですよ


観光客の人達にとっては、けっこういい思い出になるでしょうね


一か月前のことなのですが、もうずいぶん以前のことのように思えます


この日も楽しい一日でした。旅先での一日は短く感じますね

使用したカメラ:FUJIFILM X-T1

PS.明日から3日間信州に行きます。登山を予定していますが、天気予報が悪いのでどうなるやら。
ですので、3日間ブログの方もお休みします。皆さんのブログには月曜日には訪ねますね。



私が幼稚園児の頃、親戚の家に泊まりに行ったのですがそこの家では鶏を飼っていたんです。
叔父さんは美味しい鶏肉を私たちに食べさせてやろうと思ったのでしょう。
幼かった私の目の前で生きていた鶏を絞めたんですよ。
私はそれ以来しばらく鶏肉を食べられなくなったのですが、いつの間にか鶏肉が大好きになりました



ブログランキングに登録しています。こちらをクリックしたいただくと嬉しい限りです。
写真(風景・自然)ランキングへ
面倒ですが紋をクリックした後は、ブログランキングのページが開くまでお待ちくださいね

コメント (50)
この記事をはてなブックマークに追加

豊かな流れ-大分県日田市:三隈川

2016年09月29日 | 大分
Mikuma River, Hita City, Oita Pref.

さてさて、長崎県平戸市を後にしたワタクシ達は、途中に佐世保に立ち寄った後、
家人の実家がある大分県日田市へと帰ってまいりました


日田市は「水郷」と呼ばれる水豊かな地です。その中でも、三隈川が町の中央部を東西に流れ
美しい光景を作り出しているんですよねぇ


三隈川といってもピンとこない人も多いと思いますが、
九州で一番長い筑後川の上流部で、大分県では三隈川と呼ぶんです。
川の名前が下流部と上流部が違うのはよくあることで、日本一の大河である信濃川は
信州では千曲川と呼ばれますし、関西では紀ノ川が奈良県では吉野川と呼ばれます


この少し下流部には堰があり、川は大きな淵を作っているんですよ。
天領であった日田の周辺は良質の木材の産地であり、三隈川は切り出された材木の輸送経路として利用され
このあたりが筏流しが行われていたころは木材の集積場所となっていたそうです


川の左側(北側)に見えている大きな建物はホテルでして、日田温泉という温泉地なんですよ。
なにせ大分県は「温泉県」という名前をアピールしているくらい温泉が多いんです。
別府温泉、由布院温泉などが特に有名でしょうが、日田市にも日田温泉、天ケ瀬温泉など
けっこう有名な温泉があるんです


ですのでワタクシは家人の実家に泊まるときは、家からすぐの場所の温泉に入りに行くんです。
家風呂よりも温泉がいいですからねぇ


ではでは、そろそろ家人の実家に戻るとしましょうかねぇ。
紋クンも帰りを待ちわびている(はず)でしょうからねぇ


紋クンは家人の実家でゆっくりくつろいでおりました。
どうやら、お義父さんがちょっと甘えるとお菓子を与えていたようですねえ


そういうところはちゃっかりした奴です。世渡り上手ですな

使用したカメラ:6,7,8枚目はFUJIFILM X-Pro2、他はFUJIFILM X-T1


美しい川の流れとは、無縁な大阪市で育ったので、清流が流れる町を羨ましく思います。
私は川で泳ぐなんていう経験は、大人になるまで無かったんですよ。
都会で育った子供は、自然とのかかわりが薄いんですよねぇ



ブログランキングに登録しています。こちらをクリックしたいただくと嬉しい限りです。
写真(風景・自然)ランキングへ
面倒ですが紋をクリックした後は、ブログランキングのページが開くまでお待ちくださいね

コメント (41)
この記事をはてなブックマークに追加

世界遺産の難しさ-長崎県平戸市:田平天主堂

2016年09月28日 | 長崎
Tabira Church, Hirado City, Nagasaki Pref.

さてさて、長崎県平戸市を訪ねたワタクシ達は平戸城を訪ねました


平戸城は平戸の町を見下ろす小高い丘の上にあるんですよ。
ですので、天守閣に登ると平戸の町を一望することが出来るんです


平戸城は三方を海に囲まれているので、天然の堀に囲まれたようなものですな


海を挟んで先日紹介したオランダ商館を見ることが出来ました。
この場所にオランダの商船がやって来た時はどんな光景だったのでしょう


こちらはザビエル記念教会です。ザビエル教会も高台にありますので、
ちょうど同じくらいの高さになるんですね

ワタクシ達は平戸城を最後に平戸島を後にし、平戸大橋を渡って九州本土に戻りました


平戸島から本土に渡ると、田平という町があります。(今は平成の大合併で平戸市になりました)
そこに田平天主堂という立派な建物があるんですよ


重要文化財にもなっている赤レンガの教会は実に美しく、重厚感や荘厳さを感じます


2007年にこの教会は「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の構成資産として
世界遺産暫定リストへの追加が決定しました。
ところが国際記念物遺跡会議(イコモス)の現地調査を受けたのですが、
「禁教期を主体にすべき」との指摘があり、推薦を一旦取り下げ検討した結果、
田平には隠れキリシタンの歴史がある訳ではなく禁教期との関係性がないことから、
世界遺産の候補から除外されたんですよ


ワタクシが暮らす街には巨大な前方後円墳がたくさんあり、近くの堺市とともに
前方後円墳群が世界遺産の国内暫定リストに追加されました


とはいえ、欧米の歴史とは無縁の前方後円墳をイコモスが
世界遺産に認定するとは思えないんですよねぇ

使用したカメラ:2,8,9枚目はFUJIFILM X-Pro2、他はFUJIFILM X-T1


世界遺産の価値がずいぶん下がったというか、乱発しすぎな印象が私にはあるんですよ。
特に昨年の「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」は無理があるなあと思いました。
佐賀県の三重津海軍所跡なんて、地元の人ですら知らなかった場所のようですね



ブログランキングに登録しています。こちらをクリックしたいただくと嬉しい限りです。
写真(風景・自然)ランキングへ
面倒ですが紋をクリックした後は、ブログランキングのページが開くまでお待ちくださいね

コメント (43)
この記事をはてなブックマークに追加

美味しいコーヒーに満足-長崎県平戸市:「マメルクコーヒー」

2016年09月27日 | 長崎
Cafe“Mameruku Coffee”, Hirado City, Nagasaki Pref.

さてさて、長崎県平戸市の散策を続けていたワタクシ達ですが、
蒸し暑い中を歩いていると冷たいものが飲みたくなりました。
ネットで調べてみると、ザビエル教会のすぐ近くにカフェがあるので
そちらを訪ねてみることにいたしました


「マメルクコーヒー」という住宅地の中にある小さなお店です。
ワタクシ達が訪ねた時は、お店の横に拡張中の店舗の工事をされていました


小さなお店ですが、雰囲気のいいお店でした。
棚にたくさんの本があったのですが、本の好みがけっこうワタクシに近いようでした。
ワタクシの高校の同級生が作家になっているのですが、彼の本がたくさんありました。
「僕はこの人の同級生なんですよ」と言うと、オーナーさんがビックリされていました


コーヒーにはかなりこだわっているお店でした。店内にいい香りが漂っております


家人はアイスコーヒーを注文いたしました。暑い日は冷たいものを飲みたくなりますね


ワタクシはアイスカフェラテをいただきました。このカフェラテが最高に美味しかったんです。
偶然ですがいいお店を訪れることが出来ました

マメルクコーヒー…長崎県平戸市鏡川町308-4


ワタクシ達はその後、平戸城を訪ねました。カトリックの教会を訪ねた後に、
城址を訪ねるというのも平戸らしい旅だと思います


平戸城は安土桃山時代に平戸藩主松浦氏によって築かれました。
現在の天守閣は昭和37年に再建されたものですが、櫓や門は江戸時代のものが残り、
平戸城は日本100名城に選ばれています


ではでは、平戸城を訪ねてみるとしましょうか

使用したカメラ:2,7枚目はFUJIFILM X-T1、他はFUJIFILM X-Pro2


城址、寺院、教会、古い町並み、そして漁港。
平戸の町は実に魅力にあふれていました。
まだまだ私が訪れたことが無い魅力あふれる町が
日本にはいっぱいあるのでしょうね



ブログランキングに登録しています。こちらをクリックしたいただくと嬉しい限りです。
写真(風景・自然)ランキングへ
面倒ですが紋をクリックした後は、ブログランキングのページが開くまでお待ちくださいね

コメント (39)
この記事をはてなブックマークに追加

仏教とキリスト教-長崎県平戸市:平戸ザビエル記念教会

2016年09月26日 | 長崎
Hirado Xavier Memorial Church, Hirado City, Nagasaki Pref.

さてさて、長崎県平戸市を散策するワタクシ達でありますが、
すごく平戸らしい光景が見られる場所があるんですよ


坂道に沿って寺院と教会の見える風景は、平戸市の市街地近くの高台にある
聖フランシスコ・ザビエル記念教会と、周囲の寺院が織りなす平戸ならではの空間です


海岸通りから続く石畳の坂道を上ると、ザビエル記念教会の緑色の尖塔と十字架が望め、
その下に正宗寺・光明寺・瑞雲寺のかわら屋根が見えるんです。
西洋と東洋が融合したこの光景は、平戸の歴史が作り上げた光景ですね


仏教とキリスト教は、こうやって共存出来るのがいいですねぇ。
ワタクシ、仏教という宗教の寛容性はいいなぁといつも思います


お寺の横の坂道を登って行きます。そういえば、平戸ではどの教会も高台にあったんですよ


坂道を登って行くと平戸ザビエル記念教会の裏手に出ました。
ではでは、表の方に回ってみるとしましょうか


この教会はザビエルが建てたというわけではなく、祀られているのは大天使聖ミカエルだそうです。
聖フランシスコ・ザビエルの3度の平戸訪問を記念して1971年(昭和46年)に
ザビエルの像が聖堂の脇に建てられたことから「聖フランシスコ・ザビエル記念聖堂」と
呼ばれるようになり、その後、現在の名称にあらためられたのだそうです


ここも内部の撮影は禁止されていたので、外観だけの撮影となりました。
鉄筋コンクリート造りの教会は立派で、内部も荘厳な感じがする建物でした


ただ、ワタクシは先日のブログで紹介した山田教会宝亀教会
素朴で暖かい雰囲気の方に心を惹かれたように思います

使用したカメラ:6,7,8枚目はFUJIFILM X-T1、他はFUJIFILM X-Pro2


歴史を感じる町を歩くのが好きな私にとって、平戸は興味深い街でした。
今回は一泊二日の滞在だったのですが、もっと訪ねてみたい場所があるんですよ。
五島列島にも足を運んでみたいですし、ぜひとも再訪したい地になりました



ブログランキングに登録しています。こちらをクリックしたいただくと嬉しい限りです。
写真(風景・自然)ランキングへ
面倒ですが紋をクリックした後は、ブログランキングのページが開くまでお待ちくださいね

コメント (41)
この記事をはてなブックマークに追加