魔字句片々

akanonのマジック日記

Change in Direction

2017年06月26日 | Weblog
ジェイ・サンキー氏の
「ANYTIME ANYWHERE」の中の
「Change in Direction」
を見る。

3枚の名刺の裏に縦方向に矢印を描く。
同じ向きにした3枚を検めたのち裏返して
1枚を180度回転させる。
3枚を検めると3枚の矢印は
依然として同じ方向を向いている。
先ほど回転させた名刺を
元通りに直しても
やはり矢印は同じ方向を向いている。
1枚を他の2枚にクロスに挟んで振り、
取り出すと、
矢印が横方向に変化している
というもの。

即席で演じることができる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フォーク・アンド・シュガー

2017年06月25日 | Weblog
沢浩氏の
「フォーク・アンド・シュガー」
を読む。

1杯のコーヒーを前にして、、
左手の1本のフォークを見せる。
ポケットから角砂糖を取り出して
フォークと一緒に右手に握りこむ。
「砂糖にフォークは不似合いです」
と言いながら、
握った手を揉んで、
フォークの柄を引き出すと、
フォークがスプーンに変化して
スプーンに砂糖が乘っている
というマジック。

角砂糖を目にすることが少なくなったが、
入手して演じてみたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリーン・ワープ

2017年06月24日 | Weblog
「世界のクロースアップ・マジック」の
ボブ・カマリスター氏の
「クリーン・ワープ」を読む。

カードを縦に二つ折りにして、
紙幣を四つ折りにした中に挟み込む。
紙幣を開いて
裏向きのカードが挟まっていることを
確認した後、
裏向きのカードを押し込むと
下から表向きになって出てくる。
この裏から表へ、表から裏へ、
裏から表へと、
この確認と変化を三回繰り返す。
最後にカードを二つに破ると
半分が表向きで半分が裏向きに
なっているという
ロイ・ウォルトン氏の「カード・ワープ」
のヴァリエーション。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カラフル・プリディクション

2017年06月23日 | Weblog
タジマジック氏の
「究極のタジマジック」の中の
「カラフル・プリディクション」
を見る。

5枚づつばらばらの二つのパケットを
リボン・スプレッドして、
客に好きな方を選んでもらう。
赤4個、黄3個、青5個、白5個の
玉を並べ、
それぞれの好きな個数を取ってもらい
残りを演者が取る。
取った個数だけトップからボトムに回し、
次のカードをテーブルに出す。
これを続けて五つのペアを作る。
カードを裏返すと、
同じ裏模様のペアになっている
というマジック。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本と1枚のカード

2017年06月22日 | Weblog
上口龍生氏の
「ターベル・システム・
       ガイド・ブック」の中の
「本と1枚のカード」
を読む。

シャフルしたデックから
客に1枚選んで覚えてもらい、
検めた本の好きなところに
差し込んでらい、
他の客にも確認してもらう。
閉じた本を両手で持って、
客に選んだカードを念じてもらうと、
客のカードがせり上がって出てくる
というライジング・カード。

何の準備もなく、
即席に演じることができる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NMC例会

2017年06月21日 | Weblog
昨日、NMCの例会に出席。

ミニ・レクチャーの担当はS・T氏で、
先般レクチャーされた
「ロープの結び目の移動と消滅」
の復習。

当番講師はM・M氏。

赤裏のカード10枚を封筒に入れる。
青裏のカード10枚のうち
3枚を3人の客に覚えてもらい、
別の封筒に入れる。
マジカル・ジェスチャーをして
封筒からカードを出すと
客が覚えた青裏の3枚が
赤裏の封筒に移っているという
「客のカードの飛行」。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サンドイッチ・スプレッド

2017年06月20日 | Weblog
ゆうきとも師の
「monthly Magic Lesson 82」の中の
「サンドイッチ・スプレッド」
を見る。

シャフルしたデックを
客に三つの山に分けてもらい
真ん中の山のトップカードを覚えて
その山の中ほどに差し込み
その山をシャフルしてもらう。
残り二つの山もシャフルして表返し、
その二つのパケットで
裏向きの山をサンドイッチする。
そのデックを数回リフルシャフルし、
更にデックを裏表バラバラに混ぜる。
このような不可能設定の中で、
客のカードを探し出す
というマジック。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

同時出現

2017年06月19日 | Weblog
加藤英夫氏の
「カードマジック・ショーアップ講座」の
「同時出現」
を読む。

デックをシャフルして、
第一の客に半分くらい持ち上げてもらい、
残りを第二の客に渡す。
二人の客はそれぞれ自分のパケットの
半分位を持ち上げてボトムを覚え、
他の客のパケットに重ねてもらう。
二人のパケットを重ねて26枚づつに分け、
二人のカードを同じ枚数目にします
と言って一方を数回カットする。
二つのパケットのトップから
同時に1枚づつめくっていき、
二人に自分のカードが出たら
「これ」と言ってもらうと、
二人同時に声に出すというマジック。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

DIY ACES

2017年06月18日 | Weblog
Patrick KUN 氏の
「PATRIFIED」の中の
「DIY ACES」
を見る。

シャフルしたデックを
客に二つに分けてもらい、
更に、それぞれを二つに分けて
四つの山を作ってもらう。
四つのパケットのトップカードを開くと、
4枚のエースが現れるという
「エース・オープナー」。

巧妙なハンドリングで
易しく演じられるように
構成されている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不思議なタネ明かし

2017年06月17日 | Weblog
「奇術研究 第83号」の中の
チャーリー・ミラー氏の
「不思議なタネ明かし」
を読む。

シルクの色変わりを伝授しますと言って、
予め左のこぶしの中に緑のシルクを入れて
登場する。
赤いシルクを左のこぶしに入れて、
予め入れていた緑のシルクを出して
変色したことを見せると説明する。
でも、こぶしの中に残った
赤いシルクを見せられないので、
マジカル・ジェスチャーをして
こぶしの中の赤いシルクを緑に変色させる
というサカー・トリック。

原題は、
「不思議なネタ晒し」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加