散歩から探検へ~政治を動かすもの

自己認識の学・永井陽之助の政治学を支柱に、自由人による主体的浮動層の形成を目指し、政治状況の認識・評価・態度を語ります。

自民川崎市議、遂に市長選挙に立つ~大穴は唯一の女性議員

2013年07月26日 | 地方自治
任期満了に伴う川崎市長選(10/27投票)で、自民党の川崎市議2人が候補者として名乗りを上げた(神奈川新聞)。嶋崎嘉夫(48)川崎区、5期と、吉沢章子(49)多摩区、3期の両市議。新聞社の取材に対し共にノーコメントだ。
 
阿部現市長は自ら提案し、制定した多選自粛条例があるため、おそらく出馬しないだろうと言われている。しかし、筆者は密かにドンデン返しを期待していなくもない。現役4選対強力自民の対決を見たいものだ。

先の横須賀市長選挙において、小泉ジュニアの懸命の肩入れにも拘わらず、自民党候補は現役再選候補に勝てなかった。地方自治体首長選挙では、それほど現役候補は強いのだ。横浜市長選でも林市長、再選出馬へ3党相乗になったが、筆者はこれを“降服的推薦“と呼んでいる。
 
昨年、待機児童が大幅に減って、その帰趨は決定した『保育待機児童数、横浜市激減179人、川崎市「県内最多」615人、相模原市244人』(20130613)である。
 
その横浜市長選に関連して砂原庸介准教授が『「次の4年間で『ポスト林』を育てるのが市議団の使命だ」この発想は悪くないんじゃないか。期待したいところ』と、横浜市自民党の対応に「呟いた」(20130611)のに対して、筆者は、

『単なる負け惜しみですね、昨年の待機児童大幅減で既に勝負有り、大阪で市議団が市長候補を育てました?行政区の代表で、他区の区民には知られていない存在…川崎市も横浜市の直ぐあとですが、こちらはポスト阿部ですが、低調!市議団の大穴は自民・吉沢章子議員かな?』と返信した(20130611)。

大穴は失礼かも知れない。何しろ、『川崎市議会は毎議会で30分全議員に平等に質問時間がある。やるやらないは本人次第。ある元市議→現県議曰く、川崎市議は実力がつくと。恵まれた機会、活かすのは自分次第。』と威勢良く「呟く」からだ。

筆者は『吉澤さんが活かしていることは良く知っているけど、マンネリ議員が圧倒的に多いよ!』と答えた(20130620)。しかし、吉澤議員が勉強家であることは確かだ。一方、嶋崎議員も政策通として知られている。流石に、マンネリ議員は候補者に立候補しなかったのだ。自民川崎市議での唯一の女性が本命に転化するには、強力な道化役が必要、阿部市長は判っているのだろうか?

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 管直人氏、市民運動家の限界... | トップ | 数字から実態が判るアベノミ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。