散歩から探検へ~政治を動かすもの

自己認識の学・永井陽之助の政治学を支柱に、自由人による主体的浮動層の形成を目指し、政治状況の認識・評価・態度を語ります。

口述史の“史”はどこで保証されるか~編集者への些細な疑問

2017年04月11日 | 回想

豪華メンバーの編集による山崎正和氏の口述史(オ-ラルヒストリ-)、「舞台をまわす、舞台がまわる」(御厨他編、中央公論新社2017/3/15)を読んでいる最中の疑問だ。それは山崎の口述の中に永井陽之助を「大学紛争のもうひとりの犠牲者」とする部分があるからだ。

京大経済学部の鎌倉昇を過労で非常に早く亡くなった人(1972/7)と指摘した後で、永井を大学紛争のもうひとりの犠牲者として「永井さんが論文を書かなくなったのは、東工大での一戦のあとです。」と述べる。

過労死と執筆中止とは大きな違いだと考えられるが、山崎は鎌倉の前に、九州大学で自殺した先生も引き合いに出している(鬼頭英一、哲学者、1969年9月没)。ちなみに、永井が亡くなったのは2008/12である。

さて、山崎のいう「ある時期からまったく書かなくなった」との時期は何時を指しているのだろうか。共に中央公論社刊行の書物「柔構造社会と暴力」「多極世界の構造」から確認すれば執筆状況は簡単にわかる。少なくとも東工大紛争の後で、執筆が止まっている形跡は全くない。

先ず、東工大紛争の最中に学長補佐を務めながら「ゲバルトの論理」(69/5)を書いた。他の仕事もこなしながらで、病気で二ヶ月間入院したとのことだ。紛争は7月の警察の学内導入、その後の夏季休暇を経て69年9月から授業を再開し、平常に戻った。

永井の論文は以下のごとく、米国の政治社会、外交政策及び政治暴力と精力的に展開されている。筆者も少人数グループでの講義を受講していたから、この時期は山崎の云う「ある時期」ではない。
「米アジア政策の転換とその政治的背景」(70/1)
「ニクソン外交と内政」(70/5)
「現代社会と政治暴力」(70/8)
「解体するアメリカ」(70/9)

筆者の問題意識は口述史の間主観性だ。
即ち、「口述史」は「回想録」とは異なる。それが「史」であるなら、責任の主体である編集者は「口述」を「史」とする役割を背負っているはずだ。一方、「口述」の主体である語り手は、自己の記録をベースに出来るだけ正確な記憶を呼び戻す責任を負うはずだ。

今回の指摘は些細なことであって、全体の記述に影響を与えるものではないと考える。しかし、口述の性格としてあちこちへ飛び火することはあり得ることで、それが一つの面白みでもある。従って、口述の「史」の部分を正確に記述へ変換するのは簡単ではない部分を含むことを示している。今後、多くの人からの批評に関して注目していきたい。

    
コメント
この記事をはてなブックマークに追加