「芳賀ちゃんのオサカナ釣題」…酒、肴、料理、釣り 

元デイリースポーツ記者の日記だよ。

旬!ホタルイカ&ブリ真子大根………キノコで煮込んだよ。

2017-04-29 00:21:44 | 家庭料理
大きめの大根が一本198円。まあ、普通の、神戸ではこの時期、標準的な値段かな。 辛~い大根おろしが好きなだけに、野菜室に切らしたことはないのだけれど、今回は追加買いするのが早すぎて、青首のところがだいぶ残った。 この青首は甘いので煮物に使うことが多い。本当はよく洗って皮ごとおろせば、辛さはあるんだけどね。 てなわけで、冷蔵庫の野菜室を整理する意味で、青首を煮ることに。 煮る場合は、おで . . . 本文を読む
コメント

イタ飯風の冷や奴サラダ……白トリュフオイルで!

2017-04-27 15:46:11 | 家庭料理
まずは完成品ね。 絹ごし豆腐に、岩塩、貰い物の白トリュフオイル、エキストラバージンオリーブオイル、バルサミコ酢、梅黒酢、レモン汁、ベビーリーフの残骸(^^ )に、ミニトマト、マイクロトマト、カマンベールチーズ、ケイパー、イチゴなんかが入ってまふ。 これが頂き物の白トリュフオイルざぁまふ。好き嫌いはあるでしょうけど、キノコの香りが強いっすわ。なければ、エキストラバージンオイルとバルサミコ . . . 本文を読む
コメント

メカブとろろ冷やし中華!

2017-04-26 16:07:03 | 家庭料理
本日のお昼ご飯ね。冷やし中華の季節っすね。 名城、マルちゃん、co-opさんの順番で、シンプルなしょうゆ味が好きだわ。 ハムやキュウリがなかったから、今回は名城のヤツで、宮城のメカブとろろを投入ね。 あとは紅生姜、薄焼き玉子の千切りのみ。 添付のストレート汁と振りかけに、梅黒酢をばチョロリンコ。 練り辛子をたっぷり目に……。 かき混ぜますてぇ、ズバババババァ~~~!! いっやぁー . . . 本文を読む
コメント

真鯛の白子焼き&スープがけ

2017-04-25 21:27:05 | 家庭料理
養殖ものではあるけれど、真鯛の白子が安うござんしたわ。これって、長崎産のシールが貼ってあるけど、愛媛産の間違いやと思うな。なぜ?って、この売り場に本日は愛媛産養殖真鯛の切り身ばかり。それに、長崎産のヤツは天然と相場が決まってまふ。その長崎産の切り身はどこにもなかったよん。 ま、それはともかく100グラムで200円ちょい。激安! 溶けて、お汁が出ているわけじゃないし、新鮮なんやろなぁ . . . 本文を読む
コメント

鯛粥

2017-04-25 20:33:51 | 家庭料理
まずは完成品ね。 淡路島産の天然真鯛が安かったわ。 33センチで498円。オスでありますた。 産卵前は、ここらの真鯛は美味いのよね。 三枚におろしまひょ。 いつものように、おろす前に軽~く塩をして、一晩寝かせてありんすよ。 これを皮をつけたまんま、カッターナイフで浅い切り込みを。 湯引きまふ。臭み抜きと、同時に旨みがアップしたかな? 定番の湯霜造り。奥に . . . 本文を読む
コメント

練り辛子で食すピーマン3種のみのソース焼きそば!

2017-04-21 09:25:05 | 家庭料理
お昼に作って意外とイケたのがコレ! マルちゃんのソース焼きそばが、たま~に130円台とかスーパーで安売りしてますよね。 オイラはよく焼き派なんで、コメ油で弱火炒めね。 同時に今回の具、赤と黄色の韓国産パブリカ&国産の緑のピーマンの3種も細切りにして炒めます。 お肉は使わずね! 添付の粉ソースは三分の一のみ使用。 麺に薄く焦げ目がつき、ややパリっとしたらお水少々を加え、粉ソースも。混 . . . 本文を読む
コメント

初めてのビーフシチューできたぁ!

2017-04-21 07:40:54 | 家庭料理
完成写真は1枚で勝負! はい、ド~ン!!! このお肉のボリュームね! これだよコレが食べたかったんで、作りますた。もちろん本格的にビーフシチューを作るのは初めて。 豪州産の肩ロース塊が安かったんで………。 ブツ切りにして、肉をやわらかくしてくれそうな刻んだ舞茸、玉ねぎ、トマトをメーンに、セロリ、ニンニク、大さじ1の日本酒、小さじ1のお砂糖、お塩、黒胡椒、リンゴ酢。 さらーに . . . 本文を読む
コメント

朝の始まりは台所から…………。。

2017-04-20 06:05:50 | 家庭料理
4時半に起きちゃいますた。 朝の始まりは台所から…………。。 ビーフシチューのお鍋にまず火をつけますた。 何度も煮返しては冷ますことで、肩ロース、スネ、カルビはやわらかくなり、お味もシミシミするはず? まる3日間、冷蔵庫で寝かせたオニオコゼ4匹をさばきますた。今夜、お刺身でいただきます。 アラは、目覚の吸い物を一杯飲んだあと、味噌汁に。真昆布で一晩水ダシをとったし、オコゼの頭 . . . 本文を読む
コメント

中華粥からのイタ飯リゾット風……粉チーズとトリュフオイルの力

2017-04-17 20:37:21 | 家庭料理
ほとんどイタ飯リゾット風でありんすね。 しか~し、最初はコレ、中華粥だったんでおまふ。 つか、比内地鳥ダシのインスタントラーメンのスープの残りを使って、なんか作ろう!とゆふのが発端。 冷蔵庫に七分粥がありますた。中華雑炊かな~って感じすかね。 がぁ、どうせやるなら、本格的な中華粥にしたろ!と思い、顆粒のホタテ貝柱スープの素と、ダシダの浅利スープの素を沸騰したお湯に入れ、七分粥も投入。 . . . 本文を読む
コメント

木曽路御岳そば……珍しい乾麺!

2017-04-16 09:29:49 | お店にて(お買い物編)
神戸市の新長田西友で、初めて見つけたのがこの日本蕎麦乾麺。 木曽路御岳そば! 石臼ひき蕎麦粉を使って、麺の表面に凸凹、縮れがあり、一本一本の幅も異なる……とゆふ変わった製法っすよ。今回は商品整理のためとかで割引コーナーにありますた。 はねるような食感。 元祖乱れづくり……って書いてある。 茹で5分。 裏側の解説なんかを読むと、一度は食べてみたくなるよね。 買いました。 . . . 本文を読む
コメント

ナゴヤフグのブツ湯引きと中骨岩塩焼き……最後は骨酒〆!

2017-04-16 00:39:33 | 家庭料理
先日のナゴヤフグの残りをブツにして湯引きますた。 日本酒と真昆布のダシを温めて、くぐらせてみたわ。 真昆布を敷いて、長崎産の天然真鯛白子湯引きと、養殖平目の白子湯引きや真子も一緒盛りね。 ゆずを添え、ポン酢紅葉おろしで。。。 さら~に、中骨を岩塩焼きに。 冷蔵庫で乾燥させといたヤツに、3億5000万年前といわれるヒマラヤ産、桜岩塩と、100グラム600円のパキスタン岩塩をパラ . . . 本文を読む
コメント

活ナゴヤのテッサは2日寝て待て!

2017-04-14 07:50:58 | 家庭料理
神戸でナゴヤ、ナゴヤフグと呼ばれる標準和名ショウサイフグ(潮際河豚、潮前河豚)を手に入れますた。トラフグ属ね。このお刺身を作りますたぁ。 午後2時40分ごろに運ばれてくる明石昼網ものを板宿の鮮魚店「こうちゃん」で。 ここのところ風が強くて漁が少なめとか。店主も女将さんも渋い顔ね。 でも、オイラが交通費往復1100円はたいて出向いた日は、ガシラなど2~3種類ながら生きのよいのが入荷。 あ . . . 本文を読む
コメント

酒の肴は石鯛のアラ……塩焼きと汁もんで!

2017-04-12 13:59:45 | 家庭料理
お安くて日持ちのする酒の肴の続編(^^ ) 今度は石鯛のアラざますよ。 co-opさんで目をつけていた長崎産の天然1匹ものが、翌朝にはさばかれて、刺身と、オイラがかっさらった?アラに。 頭に中骨などで198円でおますたわ。 石鯛とゆふには、ちと小さい三番叟かな。30センチを少しオーバーしたくらい。 けれど、こんくらいのが美味いんでっせ。 皮の塩焼きや、湯引きは絶品。 アッシは半分 . . . 本文を読む
コメント

酒の肴は鮭の頭

2017-04-10 22:19:24 | 家庭料理
東京の鮮魚店で迷わずに手を出したのは、先日アップした活赤貝と、もうひとつがコレ! 北海道産とき鮭の頭。150円也だわさ。 頭の形からして、小さめの鮭だけれど、一応、とき鮭っす。しかも、甘口ではなく、中辛ね。 粕汁とかにするなら、大辛でしょうがね、酒の肴なら中辛が一番ざましょ。 塩っけがたっぷり入っているし、干されているから、味に深みがある。これ以上の味付けもいらん。焼くだけで上 . . . 本文を読む
コメント

春なのに~「のっぺ」……この里芋さえあれば!

2017-04-09 14:22:52 | 家庭料理
故郷の新潟で仕入れてきたのが通称「五泉芋」つまりは、「帛乙女」だわさ。 この、煮崩れしにくい、白いブランド里芋さえ手に入れば、郷土料理の「のっぺ」ができまする。 んなわけでぇ、帛乙女とニンジン、白こんにゃくを主体に、タケノコ、椎茸、銀杏、蒲鉾、竹輪なんかと、ラストにホタテ貝柱の缶詰を加えましてぇ……筋子をのっけてと、かような煮物が完成しますたぁ。 下味は、お酒、ホタテ貝柱缶詰のお . . . 本文を読む
コメント