オリオン村

千葉ロッテと日本史好きの千葉県民のブログです
since 2007.4.16

ハイサイ!石垣 キャンプ篇 四日目の巻

2017-03-29 00:24:48 | 千葉ロッテ

 

石垣島の三日目は練習が休みだったので、すっ飛ばしての四日目です。
この土日は友好関係を結んでいる台湾ラミゴとの国際交流試合で、今季の観戦は石垣島から始まりました。
バックネット裏はフェンスが太めで撮影に不向きなのでパス、ベンチ上には三塁側のようにチアガールが登場はしませんがカメラクルーがいるかもしれないとのスタッフからの事前ヒアリングでこちらもパス、よって前もって狙っていたフェンスが邪魔にならずマウンドからの距離もほどほどな場所をバックネット裏に殺到する人たちを横目にキープです。

入場の列の場所取りだけしておいて、一昨日に続いてのウォーミングアップです。
休み明けということもあってか眠たげな表情がパワーアップ、昨日何時まで呑んでた?みたいな会話がされているのかな~、なんて思いながらパシャリ、パシャリです。
自分が休日に見かけたのは香月と猪本だけでしたが、夜の街で選手と遭遇をしたロッテファンもいたかもしれません。

ウォーミングアップは当たり前ですがメニューが日によって変わるわけではなく、淡々と、淡々とです。
やはり朝からどんより曇り空で風が強く、鈴木や岡田を見れば分かるとおり選手たちが寒そうにしていたのにも変わりはありません。
そうなればダフィーのバランスが悪いのも同じかな、なんて思っていたら場内整理のためか、途中で追い出されてしまいました。

グラウンドには解説のお仕事なのか、立川が姿を見せていました。
この後に球場外でも見かけたので「お仕事中申し訳ありません」と声をかけてサインを頼んだら、「全然、全然、仕事中じゃないから」と笑顔で対応してくれたのが嬉しかったです。
一緒に居たスタッフと思しき方が「いや~仕事中ですよ」と突っ込んでいましたが、「まあいいじゃん」と、立川は大好きです。

開場にはまだ時間があったので、目の前を通っていった投手陣の後を追って陸上競技場です。
開場を待つファンの前を石川や唐川らが普通に歩いていてサインをもらおうとする人もいるかなと様子見をしていましたが、練習中のそれが御法度なのは常識になっているようです。
ノックで足首を痛めた唐川はまだ足を引きずるように歩いていましたが、ブルペンにも入りましたので大事には至っていないようでした。

ようやくに開場をしましたが試合まで一時間以上もあるので、それまでの選手たちをまったりと観察です。
伊東監督は記者からの取材に「秋季キャンプでの厳しい練習から緩めることなく選手たちがしっかりと準備をしてくれていた」と満足そうな表情を見せていました。
平沢と鈴木は地元のメディアなのか、あるいは通訳のような人もいたので台湾からの取材だったのかもしれませんが、ベンチ前でインタビューを受けていて、キャプテンの鈴木はともかくとしても平沢はやはり人気者で視聴者のニーズが高いのでしょう、この笑顔がZOZOマリンでも見られるよう期待をしたいです。

試合前のウォーミングアップやキャッチボールには鈴木やパラデスも参加をしていたので本気モードかと楽しみにしていたのですが、それが終わったらそそくさと消えてしまいました。
パラデスとダフィーの両大砲候補はチームの浮沈を握る鍵ですので実戦でのバッティングを見たかったのは自分だけではないでしょう、残念至極です。
ナバーロがロッテファンの心を躍らせてくれたのは昨年のこの頃でしたので、調整が遅れているのかなと思ったりもして、ちょっとモヤモヤです。

試合のレビューは当日に書きましたので割愛します。
この日はピリッとしなかった大嶺祐がその後に無失点を続けて開幕ローテーションが普通に考えれば確実、伊東監督は第二先発で便利使いをするプランを披露したようなので実際にどうなるかは分かりませんが、それぐらいに安定をしたピッチングが続いているのはかつての推しメンだけに喜ばしいです。
二木もその後に炎上はしましたが浦和での内容からして、地元開幕カードで投げる可能性が高いでしょう。
一二軍のボーダー、あるいはそこに少しでも近づきたい宮崎、信樂、原、黒沢は二軍スタートがこれまた確実ではないかと、地道に積み上げて次のチャンスを狙うしかありません。

この試合を皮切りに何としてでも核弾頭に育て上げたかったのであろうベンチの期待を背負った中村は、しかしその不甲斐なさに見切られてしまったのはご承知のとおりです。
おそらくはずっと主軸だっただけに細かい野球を学んでこなかったのではないかと、バントも下手ですし、スイングを改造するなりしてクリーンアップを目指すのがよいでしょう。
好ダッシュだった高濱と平沢もオープン戦に入ってからは失速、力不足を露呈してしまい、平沢にはギリギリ一軍の話もあるようですが、高濱は二軍スタートが濃厚です。
振りはシャープですのでともに変化球への対応をどこまでこなせるのか、一軍の戦力になり得る素材ですので伊東さん、福澤さん、我慢をお願いします。
逆に好調を維持して開幕一軍どころか開幕スタメンを窺う勢いの大嶺翔は今季こそ飛躍をしたいところで、ボール球に手を出さない成長の跡を見せてくれました。

余談ではありますが、ラミゴの選手たちの背中が激しく気になりました。
そのネームがスコアボードのそれとは違っていて、朱育賢が朱哥で王柏融が大王、これはニックネームなのかミドルネームみたいなものなのか、調べてみましたがよく分かりません。
ちなみに王柏融は昨年に台湾プロ野球史上初の4割に200本安打の弱冠3年目23歳のスラッガーで、超打高投低でリーグのレベルを考えると数字をそのまま鵜呑みにはできませんが.414、29本塁打、105打点でこの日も二発、侍ジャパンとの壮行試合でも一発を含む3安打猛打賞ですから、そのうちに身辺が騒がしくなってくるでしょう。
アマチュア球界とプロ球界との対立に絡んでラミゴが選手の派遣を拒否したことでWBCに王柏融は不参加、もし参加をしていたらメジャーも色めき立ったかもしれません。


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
一日一クリック応援をお願いします。


【2017年2月 沖縄の旅】
ハイサイ!石垣
ハイサイ!石垣 旅程篇
ハイサイ!石垣 旅情篇
ハイサイ!石垣 キャンプ篇 初日の巻
ハイサイ!石垣 キャンプ篇 二日目の巻
ハイサイ!石垣 キャンプ篇 五日目の巻
ハイサイ!石垣 キャンプ篇 六日目の巻
ハイサイ!石垣 キャンプ篇 サインの巻
ハイサイ!石垣 グルメ篇
ハイサイ!石垣 スイーツ篇
ハイサイ!石垣 おみやげ篇

ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« ハイサイ!石垣 キャンプ篇... | トップ | いざ出陣! »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (在外Mファン)
2017-03-29 01:46:05
「哥」は中国語で兄の意味です。

朱兄貴、みたいな感じ?台湾ってその辺、そんなに緩いんですかね?それともシーズン前限定?(笑)
Unknown (在外Mファン)
2017-03-29 01:55:57
年上の男性に対し、敬意と共に親しみも込めて、「大○」という様な呼び方をする事も有りますね。

文字通りの「大王」と掛けているのかも知れませんね。
先生 9 (さんぴん真田十勇士)
2017-03-29 08:11:52
ラミゴ戦が行なわれるようになってから、石垣には行っておりませんが、記事を見る限りでは賑わっているようで。

ラミゴファンの一団も多く訪れ、イベントを企画した方は、褒賞もの…と言ったところですかね。

試合の写真。バッターボックスの選手まで、ここまで寄れるのは、村長さんのカメラのズームは結構なものですね、おそらく。

最後に。ラミゴのユニ。ニックネームでしょうか?となれば、マリーンズ版で「先生 9」というのはアリではないかと、球団のグッズ担にプレゼンしておきます。(著作権有るのかな?笑。問答無用のパクりは、かの大国のお家芸だしな。〉
それほしい笑 (9ちゃく)
2017-03-29 11:15:01
さんぴん真田十勇士さん,「先生 9」すばらしいですね。
プレゼンよろしくお願いします笑
ZOZOにアプローチもアリでしょうか。

立川はいつでもどこでも誰にでもカジュアルなんですね。素敵。
チアと立川と大王 (雅)
2017-03-29 12:49:34
「老師9」というのもありかもしれません(笑)

この日はニコ生で見てましたが、同じくネット観戦者たちのコメントだと金髪の娘さんの人気が高かったです。
どこかほんわかとした親善試合の空気と朗らかな人柄がにじみ出る立川の解説がマッチしてました。
「ぜひ来年も石垣島に呼んでください」としゃべっていたので、来年石垣島でオリオンさんと再会する可能性もあるのかな。
大王は今季が終わればフリーの身になるらしく、獲得を熱望するネット民が多かったです。
大嶺祐と二木のその後の絶好調ぶりから逆算すると、このころは体がしんどいながらもいい鍛錬を積んでいたことになりましょうか。
虎視眈々とサインゲットを狙うオリオンさんの図が頭に浮かび、思わずニヤけてしまいます(ムフフ)
写真 (笹塚マリーンズ)
2017-03-29 14:58:09
試合中の真剣な表情もいいですけど、油断したオフショットもいいですね。
メールさせていただきましたので、お時間のあるときにお願いします。
  
Unknown (モルト)
2017-03-29 17:55:31
開幕メンバー発表になりましたね。
投手陣にはプチサプライズが。

南はともかく高野も外れるとは。
石川も登録されていますから、開幕カードで使うんでしょうか?
先発陣が涌井、石川、唐川、西野と4枚です。
不思議な構成です。

野手では江村、大嶺翔、伊志嶺おめでとう。よく頑張りました。先生はともかく、細谷は巻き返さないとピンチですね。
平沢はなんとかして羽ばたいて欲しいです。
お返事 (オリオン)
2017-03-30 00:35:20
>在外Mファンさん
なるほど、ニックネームと言いますか、親愛を込めてのものなのですね。
金本が背中に「アニキ」と背負っているようなものなのかしら(笑)
公式戦でもあのユニ、着れるのかなぁ。

>さんぴん真田十勇士さん
石垣島後援会の方々には感謝ですね、いろいろなイベントを企画して盛り上げてくれました。
写真は電子ズームまで駆使してやっと、といった感じです。
一眼レフのもの凄いレンズを構えている人もいて、羨ましい、金も技術も重いものを持ち運ぶ根性もありませんが。
福浦はグッズ展開であれば、福の字をひっくり返した例のデザインを背中にドン!でいかがかしら。

>9ちゃくさん
立川はすっかりロッテで食っていますね。
選手のときには不満があったみたいで、阪神への移籍は本人の希望だったとも聞きました。
福浦の同期でチームに入り込みやすいでしょうから、ロッテレビとかのレポートはいつも楽しませてもらっています。

>雅さん
ラミゴガールズはにこやかに笑顔を振りまいていました。
さすがに日本まで来るファンは顔なじみなのでしょう、ファンとの写真撮影もここそこで。
立川にはまた会いたいなぁ、今度は52でくださいってお願いしたらどうなるかしら(笑)
大王はまたサンスポあたりが「阪神入りへ」なんて報道するのでしょうね、きっと。
友好関係にあるのですから、ロッテを優先してくれないかしら。
あ、サインをもらっておけば良かった~

>笹塚マリーンズさん
吉田の気の抜けたような顔つきがツボにはまりました(笑)
でも二軍スタートになっちゃいましたね・・・
メール受信しましたので、なるべく早めに送信しますので暫くお待ちください。

>モルトさん
東條じゃなくて高野だろ~、と思いましたが、田中靖も外れたんですね。
どのみちスタンリッジ、佐々木と入れ替えの筆頭候補枠ですから、あまりここにこだわる必要はないのかも。
ベンチ枠は25ですからどのみち3人が外れるわけで、石川は地元開幕で福岡には行っていないのだと思います。
まあ無理に登録せずとも27にしておいてもよかったのでしょうが。
スタンリッジが三戦目かと思ったのですが今日に浦和で投げましたね、涌井唐川西野石川スタンリッジ佐々木、が開幕ローテかしら。
二木、諦めずに頑張れ、大嶺祐も。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。