オリオン村

千葉ロッテと日本史好きの千葉県民のブログです
since 2007.4.16

ラミゴに逆転負け

2017-02-12 00:01:40 | 千葉ロッテ

 

今日は国際交流試合の第一戦です。
かなり並ぶかとは思ったのですが球場を使えないことで早出特打はないだろうと見越して開門の30分ぐらい前に着いてみれば列は100メートルぐらいで、やや意外ではありました。
マーくんがグッズを売るなどして盛り上げてはいましたが、石垣島キャンプも毎年のことで地元の興味が薄れつつあるのか、観客の多くが台湾を含む島外だったようにも思えます。
そんな2017年の初の対外試合、紅白戦もやっていませんから実戦としても初戦なわけですが、終盤の大量失点で見事なまでの逆転負けです。
勝負は度外視をしての継投でしたから仕方がないにせよ、こちらが打線が一軍ボーダー、投手に二軍が混じったオーダーではありながらもラミゴも一軍メンバーばかりというわけではなかったようで、ロッテはノーサインでしたから投打とも素のままではこの程度なのか、アピールできた選手がいる一方でいきなり土俵際に追い込まれた選手も少なくありません。

先発の大嶺祐は3回2安打2失点、中村のエラーに足を引っ張られはしましたが全体的に抜けがちでボールが高く、昨年とさほどに変わっているようには見えませんでした。
先頭打者を見逃し三振に切って取ったのが一番のハイライトだったような、その後はフルカウントになったり四球を出したりとコントロールにも苦しみます。
しかしストレートが走っているわけでもなく、出身地での登板に気負ったなんてことが理由になるような年齢でもありませんし、ベンチの印象も良くなかったのではないかと思います。
二番手の二木は2回2安打ながらも4奪三振の零封、数字は出ていなかったかもしれませんがストレートにキレがあり、こちらは昨年の春先を見るようなピッチングでした。
1イニング目は変化球が甘かったものの次の回には修正できていましたし、先発ローテーションに向けての大きな一歩です。
三番手以降は一軍への挑戦権を得るための熾烈な争い、宮崎、信樂、原、黒沢のリレーは残念ながらチケットに指先でもかかった選手はいなかったように感じました。
宮崎は左の中継ぎとして期待されますが肝心の左打者が苦手なのかテンポが悪く、ただそれでも何となく抑えてしまう不思議ちゃんは昨年もそうでしたから一旦は評価保留です。
試合で投げるところを初めて見た信樂はボールが流れがちで、コントロールに難がありそうな不安定さを露呈しました。
期待をしていた原は被弾を含む4安打3失点で逆転を許しましたがそれでも最後までしっかりと腕が振れていましたので、実戦で経験を積んでいけば楽しみな存在です。
イメージよりも腕が下がっていた黒沢はただそれだけ、面白いように打ち返されての晒し者状態が気の毒でもありました。

打線は両外国人選手を含む飛車角金銀落ちぐらいのオーダーでしたから、まあこんなものではあります。
一番に目立ったのはチーム初アーチに三塁打の平沢で、打った瞬間にそれと分かる特大弾はシャープに振り抜いたからこそでしょう、右中間を破る三塁打もきれいな軌道でした。
中村との併殺プレーも動きにぎこちなさはなく、ショートのレギュラー争いに大きなアドバンテージになったでしょう。
兄の黒星を消す同点打を放った大嶺翔はマルチヒット、逆転をされた八回の裏に接待野球のような二死満塁のチャンスをもらったところで初球を打っての凡退にはスタンドから大きすぎる溜息が出ましたが、厳しいコースをファールでカットするなど成長の跡は見られましたし、ライバルのダフィーが出てくるまでにアピールを続けたいところです。
一年以上ぶりにヒットを打ったところを見た吉田、また加藤、中村、柴田、高濱、肘井、井上などまんべんなくヒットが出たことは気分的によかったと思います。
ただ守備でも走塁でもドタバタぶりを見せた中村、盗塁死は怪しいジャッジでしたので置いておくとしても三塁に走者を置いて打ち上げた柴田、胸板が厚くなりすぎか窮屈なスイングな井上はアウトカウントを間違えるボーンヘッド、など課題も多く、せっかくバットでアピールをしながらも守備でミスった三木は土のグラウンドでも名手ぶりを見せなければなりません。
どこかで聞いた応援が三塁側から聞こえたのは不甲斐ないプレーへのエールだったのか、あるいはロッテの応援を参考にして取り入れているのか、とにもかくにもこれも一つの遠征ですから連敗はないジンクスにすがって明日も観戦、そして少しぐらいは暖かくなってください。


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
一日一クリック応援をお願いします。

  1 2 3 4 5 6 7 8 9

ラミゴ

0 2 0 0 0 0 0 3 5 10 16 0

千葉ロッテ

0

0

0 0 3 0 1 0 0 4 12

2

◆2月11日(土) 千葉ロッテ−ラミゴ1回戦(ラミゴ1勝、13時、石垣、それなり)
▽勝 林國裕 1試合1勝
▽敗 原 1試合1敗
▽本塁打 林政億1号(大嶺祐)、平沢1号(林樺慶)、三木1号(鄭佳銘)、王柏融1号(原)、2号(黒沢)

▽バッテリー
千葉ロッテ 大嶺祐、二木、宮崎、信樂、原、黒沢—吉田、宗接
ラミゴ 林樺慶、鄭佳銘、游宗儒、林國裕、陳禹勲—劉時豪

ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   この記事についてブログを書く
« 新ユニは待ちの姿勢 | トップ | ジンクスで今季初勝利 »

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
昨日の台湾ラミゴ戦について (ほのうみ)
2017-02-12 08:49:04
おはようございます。
2点リードしたのにね。勿体無い逆転負けですね。
まあ、しょうがないですね。
今日もあるんですね。
何とか一死を報いないと。
平沢選手はショートのレギュラーになって欲しいです。
出来れば両打ちに挑戦して欲しいですね。
大嶺(佑)選手、原選手、黒沢選手、信楽選手、宮崎選手は二軍ですね。
荻野選手を僕としては上げて欲しいです。
もう怪我も大丈夫でしょうし。
ラミゴ戦 (柏マリン ロッテファン歴44年)
2017-02-12 08:49:37
試合を観るのは楽しいですね。この歳になってもワクワクします。
投手・・・大嶺は高めに抜ける球が多過ぎで残念な内容。二木は制球・キレともまずまず良かった。宮崎信楽は結果ゼロでしたがアピールには至らず。原はまだ力不足。黒沢は頑張らないと戦力外へまっしぐらになるよ!
打者・・・平沢は内角直球をうまく捌いてHR、落ちる球を拾って3塁打と好結果。その他ヒットを打った選手は一安心でしょう。中村三木の失策はいけませんね。
途中出場の宗接は外ばかり要求、内も攻めないと。打撃も一軍では厳しいかな。柿沼も上で見てみたいです。
今日の試合は勝ってほしいですね〜
Unknown (たつろう)
2017-02-12 09:21:47
平沢は今のところ順調そうですね。調整中の井口・福浦・細谷・両外国人がいる内野手は、ベンチ入りのため走攻守全てでアピールが必要なので、エラーは印象が悪くなりますね。
荻野・清田が調整中の外野手も、柴田等はアピールしなければいけませんね。また、捕手では宗接はまだ1軍では厳しいかなという印象です。
投手は沢山新入団選手がいるので、今日安心できたのは二木だけですかね。今日の試合も楽しみです。
ありがとうございます。 (さんぴん真田十勇士)
2017-02-12 09:55:12
レポート、ありがとうございます。

ピッチャー陣でもう少しいいニュースが聞きたかったですね。中継ぎ以降のリリーフ陣のデプスが欲しい所です。

天気…「それなり」笑。という事ですが、今回はおおむね良太のようですね笑。
連投すみません。 (さんぴん真田十勇士)
2017-02-12 10:08:23
それなり…は入場観客数でしたね。笑。

おおむね良太を言いたかった為に、先走りました…。

ついでにおおむね良太と言えば、昨晩のテレ東のスポーツニュースで長尺の特集がOAされていましたね。頑張って欲しいです。
MVPは「大王」 (かっきい~)
2017-02-12 10:35:47
ニコ動で中継していましたので観ていましたが
谷保さんのアナウンスに少し癒されました。


試合は、飛角金銀落ちにしろ今日の試合に出場した中で何人かは開幕スタメンもありえる布陣なのでオリオンさんに飛角落ち位まで認められる働きをしてもらわないと・・・。


印象としては宗接のリードは抜きにしても原は失策が絡んでなので致し方なし。
黒沢は打たれすぎとしか。腕が下がって球威が半減したのか、面白いように打たれまくり、向こうの「大王」(王柏融)に引導を渡された感があります。


それにしてもデスパを失った現状を加味して「大王」、ロッテに来ないかな(笑)

お返事 (オリオン)
2017-02-13 00:08:04
>皆様
大王、は二年目の昨季に台湾リーグ初の200安打、最高打率.414をマークした怪物みたいですね。
まあNPBとのレベル差を考えれば、またKBO以上の打高投低のようですからNPBに、なんて話にはすぐにはならないとしても、今後に注目される打者であることは間違いないでしょう。
それにしても二発は情けない、そして今日の関谷の2四死球も・・・
何にせよ今季がようやく実質的に動き出したわけですから、選手たちにはとにかく一軍に向けてアピールを、外野なんかは余程に目立たなければ生き残れませんし、内野だって細谷が二軍なわけですし。
捕手も田村が守備の練習をしていないようなのが気がかりであり、吉田や宗接、江村にはチャンスでもあり。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。