オリオン村

千葉ロッテと日本史好きの千葉県民のブログです
since 2007.4.16

ハイサイ!石垣 キャンプ篇 五日目の巻

2017-03-30 00:43:54 | 千葉ロッテ

 

朝方は曇り空でしたが昼前からようやくに南国らしい日差しがギラギラと、やっと石垣島に来た感じです。
ただまだ風が強かったので上着を脱ぐほどでもなく、それもあって油断をして紫外線対策を怠ったことで、翌日と併せての一日半で季節外れの日焼けをしてしまいました。
前日とは違って本球場が最初から閉ざされていたのでウォーミングアップなどを見ることはできず、開場とサイン会の整理券の列の場所取りだけをして時間が経つのを待ちます。

うろちょろしていたら、伊志嶺のサインを見つけました。
ルーキーイヤーの2月6日ですからロッテの伊志嶺としてはかなり初期のもので、おそらくは石垣島の後援会の方に頼まれてサインをしたのでしょう。
かなり年期が入っていますが、来年以降に訪れた際には探してみてください。

この日も投手陣は徒歩で陸上競技場に移動です。
周りの動きを窺っている人もいましたので一人が行けばうわっと群がりそうな雰囲気はありましたが、台湾からのファンの方も含めてただ静かに見送りました。
各選手とも目線を合わせずに近寄るなオーラを醸し出していた、というのもあるかもしれません。

試合前のウォーミングアップは前日とは違って障害物のようなものを軽やかなステップで飛び越えていくようなもので、選手たちが自ら拍手をしてテンポを取っていました。
スタンドからもそれに合わせての拍手で一体感のある練習は、これもファンサービスの一つだったのかもしれません。
日差しが強いせいか右を見ても左を見てもグラサン、もといゴーグルをした選手がぞろぞろと、ファッションでやっているのではないのでどうでもよいことではあるのですが、似合っている選手もいれば様になっていない選手もいたりして、誰がどう、は内緒のお話です。

今さらながら気がついたのは角中の背番号3、ではなく、ロングソックスです。
衣替えとなった赤ユニや青ユニの裾が波しぶきをイメージしたデザインになっているところでの「変節」には思わず笑ってしまいましたが、ただその後はまたズルズルスタイルに戻ったようで、いずれにせよ鈴木らのロングソックス派が赤ユニ、青ユニをどう着こなすかが楽しみです。

試合のレビューはこれまた当日のものをご参照いただければと思います。
チームとしては初の対外試合となったラミゴとの国際交流試合でしたが、こと一二軍ボーダーの選手についてはこのキャンプ、そして実戦で感じたままの印象どおりに開幕まできてしまっているような、とは言え例えばこの日に一番に安定をしていたように見えた金森に言うほどのチャンスが無いままだったのが引っ掛かってはいます。
もちろん全てをフラットに競わせるのは無理ですし、そうあるべきとも考えていませんが、好調を維持している大嶺祐や大嶺翔、伊志嶺らがどういった形で開幕を迎えることになるのか、五年目の伊東ロッテが口先番長で終わるようですとCS圏内であっても政権交代の議論がされることになるかもしれません。

試合中には投手陣と、パラデス&ダフィーが試合見学に来ていました。
新外国人選手にとってもルーキーにとっても「見る」ことも大事な練習の一つですから、両外国人選手がプレーに指を指しながら話し込んでいたのが頼もしくもあります。
凡打でも全力疾走を欠かさないパラデスにダフィーは好調な打撃が行き詰まることもあるでしょうが、その真摯な姿勢があればきっと乗り越えられると信じています。
ちなみにトップの写真は同じく姿を見せた涌井で、どこぞのヤンキーが紛れ込んだものではありません。

またしても余談で締めますが、この試合でのラミゴの選手たちは英字を背負っていました。
ネットで調べてみれば実名のユニフォームもあり、前日のそれはサードユニ的なものなのか、はたまたイベント用の特別仕様なのか、疑問がわさわさです。
ああいったニックネームが認められるのであればロッテでもアジャ、とかサンキューとか、いやいや、真面目にやりましょう。


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
一日一クリック応援をお願いします。


【2017年2月 沖縄の旅】
ハイサイ!石垣
ハイサイ!石垣 旅程篇
ハイサイ!石垣 旅情篇
ハイサイ!石垣 キャンプ篇 初日の巻
ハイサイ!石垣 キャンプ篇 二日目の巻
ハイサイ!石垣 キャンプ篇 四日目の巻
ハイサイ!石垣 キャンプ篇 六日目の巻
ハイサイ!石垣 キャンプ篇 サインの巻
ハイサイ!石垣 グルメ篇
ハイサイ!石垣 スイーツ篇
ハイサイ!石垣 おみやげ篇

ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
« いざ出陣! | トップ | 祝杯か、それともヤケ酒か »

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
え~マジですか?! (雅)
2017-03-30 01:47:46
トップの写真は涌井なんですか???(驚)
どう見ても地元石垣の○○キーなんですけど。。。
佐々木のいかにも神経質そうな表情も激しく気になるなぁ。
体よりも先に心が疲弊しちゃうタイプでなければいいけど。
おかげさまで、三家が一目で分かるようになりましたよ(感謝)
えっつ、わくいか (大垣のロッテファン)
2017-03-30 08:08:12
私もびっくりしました。涌井ですか!
私はオリオンさんかと思い、けっこうやるなぁと感激していましたが・・・・・・。

私の子供の頃の野球選手は山○浩二さんとか川藤○三さんとかパンチパーマでにらみを利かせてファンにも威圧感があり、「や」のつく自由業の方とお間違いになる風貌が多かったです。

最近は少し小物になって○ンピラ風ですかね。
出ました! (さんぴん真田十勇士)
2017-03-30 08:09:21
本日も出ましたね…「わたしは誰でしょうクイズ!」が。

クイズ…と言っている時点で…「これは?」という選手がおります。

で答え合わせは…オフの通信簿企画でやります(遅!)
連投すみません (雅)
2017-03-30 11:10:04
実は私も涌井以外にもうひとり、誰だか分からなった
選手がいますねぇ。
オリオンさんの文章と照らし合わせると、どうやらピッチャーらしい。
ひょっとしたら、さんぴんさんが「これは?」と思っていらっしゃる選手と同じかもしれませんね。
オフの答え合わせを楽しみに待ちたいと思います(笑)
お返事 (オリオン)
2017-03-31 01:47:11
>雅さん
あ~、間違いなく涌井です(笑)
佐々木は自信なさげな表情が気にはなりました。
疲れもあったのでしょうね、フォームとかでいろいろと悩んでいたみたいですし。
分からない一人ってきっと・・・なのでしょうが、せっかくなので秘めておきます♪
オフ企画を待たずとも認知されるような、そんな一軍での活躍を期待しつつ。

>大垣のロッテファンさん
こんなに若くないですしイケメンでもありませんし、チンピラ風が自分と思われるのも心外(笑)
福本とか加藤なんかの阪急勢も怖かった、川崎球場で近寄り難いオーラを全身から発していました。

>さんぴん真田十勇士さん
うん、きっと↑と同じ・・・なんだろうな~
一軍で頑張れば認知度アップ、この頃はこんな顔つきだったんだ、なんてぐらいに見違える姿を期待しましょう。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。