現代児童文学

国内外の現代児童文学史や現代児童文学論についての考察や論文及び作品論や創作や参考文献を、できれば毎日記載します。

児童文学とスマホ

2017-12-07 16:46:26 | 考察
 通信機器が急速に発達している現代では、今までによく使われた設定が通用しなくなっています。
 例えば、公衆電話や駅の伝言板などは、作品の小道具としてよく使われていましたが、携帯電話が普及した現代を舞台にした場合にはもう使えなくなっています。
 例えば、2016年の小学六年生の携帯の普及率は60%以上です。
 しかも、その大半がスマホです。
 特に、児童文学の主要な読者である女子は、携帯の普及率が高くスマホの割合も高いです。
 そのため、前述の小道具が使えなくなるだけでなく、従来よく見られた特定の分野の知識に詳しい登場人物(例えば電車の乗継ぎや時刻表に詳しい鉄道博士など)の活躍も困難になっています。
 なにしろ、最短や最安の乗継ぎなどは、スマホのアプリを使えばたちどころに分かってしまうのですから。
 スマホの登場は、みんながひと昔前のスーパーコンピューターをポケットに入れているようなものだと言われています。
 そんな時代に、特定分野の知識を持っているだけでは、キャラクターの魅力としては描けないのです
 仮に主人公自身はスマホを持っていないとしても、周りの誰も持っていないというのは現在では不自然でしょう。
 また、読者はかなりの確率でスマホを持っているので、スマホのない現代世界はなかなか理解しにくいかもしれません。
 そして、スマホの普及率は年々急速にアップしているのです。
 今に小学一年生でも、全員がスマホを持つ時代が来るでしょう。
 一般に児童文学の書き手はアナログ派で、コンピューター/ディジタル/ネット・リタレシーが低い人が多いので、その面では現実の子どもたちに追随できてないことが多いと思われます。

還暦川柳 60歳からの川柳~スマホ買いかわいい孫を師と仰ぐ~
クリエーター情報なし
宝島社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

児童文学における目に見えない存在

2017-12-06 08:45:51 | 考察
 自分にしか見えない存在があるというのは幼い子たちに共通の特質ですが、児童文学でもよく描かれています。
 有名な作品ではフィリパ・ピアスの「まぼろしの小さな犬」などがありますが、その「見えない存在」は物語の最後に姿を消すことが多いようです。
 それは、幼い日々との別離の象徴なのかもしれません。

存在、そして眼に見えないもの―浅香順一写真集
クリエーター情報なし
ムーンプレス
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モノローグと児童文学

2017-12-05 18:47:52 | 考察
 児童文学の世界でも、モノローグを中心に描かれた作品はあります。
 しかし、そういった作品は、単調で物語があまり動かないことが多いようです。
 また、作家の主張が生に出やすくて、作品が教訓くさくなる恐れもあります。
 やはり、児童文学は、アクションとダイアローグで描かれる文学なのかもしれません。

モノローグ
クリエーター情報なし
講談社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

児童文学を書く動機

2017-12-05 18:47:04 | 考察
 児童文学の作家たちは、なぜ児童文学作品を書くのでしょうか?
 おそらく、皆それぞれの理由があって書いているのでしょう。
 でも、そこには一定のパターンがあるに違いないと思います。
 私自身のささやかな経験をもとに考えてみようと思います。
 初めて作品を書いたのは、大学の児童文学研究会の時ですが、これはサークルの企画でいやいや書かされたので、適当な童話を模倣して書きました。
 この従来の作品を模倣するというパターンは、初心者ではけっこう一般的なのではないかと思われます。
 次のパターンは、同人誌に参加するようになってすぐに始めたようですが、自分の子ども時代の記憶に触発されたものでした。
 おそらくこの時期の作品が、自分では一番できがよかったように思います。
 ケストナーを初めとして、多くの児童文学作家も、子ども時代の記憶をモチーフにしていることが多いと思います。
 私の場合の次のパターンは、少年野球のコーチをしていた時に出会った子どもたちに触発されて書いたものです。
 そして、その後、自分の子どもが生まれてからは、彼らやその友達を題材にするようになりました。
 子どもたちが大きくなってからは、世の中の子どもたちが直面している問題を調べて書くようになりました。
 もちろん、特に子どもたちを意識しないで、物語の面白さだけを意識して書いたこともあります。
 現在の児童文学作家の多くは、この「面白さ」を重要視しているように思われます。
 しかし、私の場合は、エンターテインメント作品を書こうというモチベーションはあまり強くありませんでした。
 その方向へ進むことを主に経済的なメリットの問題で取りやめたことは、別の記事に詳しく書きましたのでそちらを参照してください。


わたしが子どもだったころ (ケストナー少年文学全集 (7))
クリエーター情報なし
岩波書店
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

児童文学に登場する双子

2017-12-02 08:57:39 | 考察
 児童文学にはよく双子が登場します。
 有名な作品では、ケストナーの「ふたりのロッテ」やカニグズバーグの「ベーグル・チームの作戦」などがあります。
 これらは、双子の特性である「よく似ている」ことを活かした「取り違え」が、物語の仕掛けとしてうまく利用されています。
 しかし、安易にこの特性を使っていて、肝心の物語の展開に十分に活かされていない場合も多いようです。
 また、最近は男女の双子が描かれている場合もありますが、それは男性と女性の違いを際立たせるために使われているようです。
 しかし、たいがいは、男の子らしさと女の子らしさ、あるいはその単純な裏返し(外交的な女の子と内向的な男の子)といった古いジェンダー観に縛られたものが多いようです。

ふたりのロッテ (岩波少年文庫)
クリエーター情報なし
岩波書店
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

観念と児童文学

2017-12-01 09:47:52 | 考察
 文学の世界には、観念を中心に描いた作品も数多くあります。
 しかし、こういった主人公のモノローグを中心に書かれた観念小説は、児童文学の世界にはそぐわないことが多いと思われます。
 子どもの読者は、自分が生活している実体社会が描かれた作品は理解しやすいのですが、作者の観念を中心に描かれた作品はそういったものになじみがあまりないので、理解しにくいようです。

観念論の教室 (ちくま新書)
クリエーター情報なし
筑摩書房


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

現代における戦争児童文学

2017-11-28 09:54:25 | 考察
 現代において新しい戦争児童文学を書く意味は、よく考えなければならないかもしれません。
 日本では、戦争児童文学は一つのジャンルとして成立するほど多く書かれています。
 その上で、さらに新しい作品を書くのであれば、従来の作品にはない新しい面がなければいけないのではないでしょうか。
 平和な現代の日本に暮らす子どもたちに、戦争が「遠い過去のこと」でも、「どこかの外国のこと」でもなく、ともすれば自分自身も巻き込まれる可能性があることを想起させるような工夫が必要だと思います。
 「戦争は悲しい」、「戦争は悲惨だ」、「戦争は恐ろしい」といった風に、情緒的に反戦を訴えるだけでは、限界があるのではないでしょうか。

戦争児童文学は真実をつたえてきたか―長谷川潮・評論集 (教科書に書かれなかった戦争)
クリエーター情報なし
梨の木舎
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小説的技法と児童文学

2017-11-25 08:47:50 | 考察
 1980年代ごろから、児童文学でも描写を中心にした小説的手法の書き方の作品が出版されるようになりました。
 従来の現代児童文学では、アクションとダイアローグを中心に描かれることが多かったのですが、それに飽き足らない作家たちがこの手法を好んで用い、それに伴い児童文学の読者の高年齢化や一般文学への越境が盛んに行われてきました。
 これらを支えたのは、1980年代から1990年代初めにかけての出版バブルでしょう。
 実に多様な作品が出版されていました。
 しかし、バブルがはじけて出版される児童書が売れ筋を中心に絞り込まれるようになると、こういった描写を中心とした小説的手法の作品は出版されにくくなりました。
 そのため、多くの児童文学作家が一般文学の方へ越境していきました。
 特に、中学年以下の読者を対象とした作品では、小説的手法ではそれを読みこなされる読者は限定されてしまいます。
 そこでは、従来のアクションとダイアローグを中心として物語をすすめる作品が中心になっています。

小説読本
クリエーター情報なし
中央公論新社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

児童文学の繰り返しの手法について

2017-11-22 08:39:15 | 考察
 児童文学の世界、特に絵本や幼年童話では、繰り返しの手法が有効です。
 自分自身の幼い頃の記憶でも、自分の子どもたちが小さかった頃も、自分の好きなことを何度でも繰り返して楽しんでいました。
 繰り返しの手法は、そうした幼児の特性を作品の中に取り込んだものです。
 同じような事柄が、少しずつ形を変えながら繰り返していくと、読者の興味はどんどんとかきたてられていきます。
 その盛り上がりをどのよう最後にストンと落とすかが、作者の腕前です。
 そこには、読者の期待通りに終わる場合も、読者の期待を鮮やかに裏切って見せる場合もあります。

三びきのやぎのがらがらどん (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)
クリエーター情報なし
福音館書店
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

児童文学における子ども社会と老人社会

2017-10-09 08:55:49 | 考察
 核家族が一般化した現代では、子どもと老人が一緒に住む機会が極端に減ったために、それぞれが形成する社会が分断されていることが多くなっています。
 子どもたちは、家庭(多くは親世代と子ども世代だけで形成されていて、祖父母以上の世代は子どもたちにとってはたまに会いに行く存在になっていることが多くなっています)と学校を中心にして、いろいろな習い事の場や地域の商業施設や公共施設などで生活しています。
 一方の老人たちは、家の中に孤立している場合(ほとんどが男性です)もありますが、多くは老人同士のコミュニティを形成して生活しています。
 そのコミュニティの場としては、自宅以外は、子どもたちと同様に、習い事の場や地域の商業施設や公共施設などのことが多くなっています。
 しかし、両者は利用時間帯(例えば、多くのスポーツクラブは、午前中や午後の早い時間が老人用で、夕方は子ども用、夜は学生や勤労者用に設定されています)や利用場所が区別されていて、お互いに接する機会はほとんどありません。
 少子高齢化が進む中で、児童文学において、子ども社会と老人社会をどのように結び付ける(協調する場合もあるでしょうし、対立する場合もあるでしょう)かは、ますます重要なテーマになってきていると思われます。

夏の庭―The Friends (新潮文庫)
クリエーター情報なし
新潮社

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

児童文学における童話的資質について

2017-10-09 08:47:37 | 考察
 このブログで繰り返し述べてきましたが、1950年代にスタートした「現代児童文学」(定義などは関連する記事を参照してください)では散文性の獲得を目指していました。
 それは、小川未明たちの近代童話の詩的表現を批判するところからきています。
 そうした表現方法では、しっかりとした骨格を備えた長編の物語を描くことはできないことが主な理由でした。
 しかし、その後も、幼年文学を中心にして、童話は作られ続けています。
 幼年文学の中には、いぬいとみこ「長い長いペンギンの話」や神沢利子「くまの子ウーフ」(その記事を参照してください)のような、「現代児童文学」が目指した優れた散文性を備えた作品もありますが、多くは従来の童話の形式で書かれて、今でも幼年童話という言い方は幼年文学よりも一般的です。
 そうしたおびただしい数の幼年童話は玉石混交で、神宮輝夫や安藤美紀夫などが批判したようなステレオタイプな作品もたくさん含まれています(それらの記事を参照してください)。
 多くの駄作の中でキラリと光る宝石のような童話を書ける作者には、かつて古田足日が今西祐行の「はまひるがおの小さな海」を評して使った「童話的資質」というものが確かにあって、「子ども(人間)の深層に通ずる何かを持っている」のではないかと思わされます。
 古田先生は、童話的資質を持っている書き手として、他に山下明生、安房直子、舟崎靖子をあげていましたが、戦前の宮沢賢治、新見南吉、小川未明、浜田広介なども同様だと思われます。
 私自身には童話的資質が決定的に欠けているのですが、三十年以上も児童文学の同人誌に参加しているので、数はすごく少ないですが明らかに童話的資質に恵まれている人たちと出会っています。
 こうした書き手は、もちろん優れた散文も書けるのですが、その中に他人にはまねのできない詩的な表現をさりげなく紛れ込ませることができます。
 そして、童話的資質が力を発揮するのは、やはり長編よりも短編に多いようです。
 「現代児童文学」が生み出した優れた散文性を持った長編は主として子ども読者の「頭脳」に知的な刺激を与えたのに対して、童話的資質の持ち主が書いた短編は子ども読者の「心」に感性的な刺激を与えてくれたと思われます。

夕暮れのマグノリア
クリエーター情報なし
講談社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

絵本における文字の使われ方

2017-10-09 08:34:31 | 考察
 絵本の中に、文字が絵の一部としてそのまま使われることがあります。
 漢字、ひらがな、カタカナ、アルファベット、数字など、使われる文字は様々ですが、使われ方もまた様々です。
 大きさを変えたり、字体を変えたり、色を変えたり、形を生かして文字そのものに意味を持たせたりなど、いろいろなことができます。
 そうした時、一人で文章と絵を創作している場合は問題ないのですが、作家と画家がコンビで仕事をする場合は、どのように意図や狙いを伝達するかが問題になってきます。
 しかし、文章が先の場合は、作家があまり細かく絵の指示を出すと、画家がアイデアを創出する妨げになる場合もあるようです。

ABCの本 (安野光雅の絵本)
クリエーター情報なし
福音館書店
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

児童文学における文学性とエンターテインメント性の両立について

2017-10-08 09:38:07 | 考察
 「現代児童文学(定義などは他の記事を参照してください)」において、もっとも文学性が高まったのは、1980年代から1990年代にかけてでしょう。
 従来アクションとダイアローグを中心に書かれていた児童文学に、描写(情景および心理)を中心にした小説的技法が取り入れられ、作品世界の様子や登場人物の内面などがよりきめ細かく描けるようになり文学性が高まりました。
 当時は児童書出版バブルで出版社に余裕があり、多様な本を出版できたことが、そうした新しい作品の出版を後押ししました。
 また、これらの作品のおかげで、児童文学は新しい読者(若い世代を中心にした大人の女性が主体)を獲得しました。
 その反面、そうした文学性の高い作品についていけない子ども読者(特に高学年の男の子)の児童書離れが深刻になりました。
 児童書出版バブルがはじけた1990年代後半になると、出版する本が売れ筋に絞り込まれて「現代児童文学」が事実上終焉すると、少数派の小学校高学年の男の子向けの本はほとんど出版されなくなり、彼らの児童書離れをますます加速しました。
 そのために、酒学校高学年の男の子たちの物語消費の手段は、従来から主体であった電子ゲームやトレーディング・カード・ゲームやアニメやコミックスに限られてしまいました(中学生以上の男の子たちにはライトノベルがあります)。
 一方、女の子たちの方でも、読書の対象は、ラブコメを中心にしたエンターテインメント作品に偏るようになってきました。
 さらに、この十年間の急速なスマホの普及は、児童書出版社の電子化への対応のまずさもあって、子どもたちの児童書離れを決定的にしました。
 こうした現象による必然の結果として、子どもたちの文学に対する受容力は急速に低下して、文学性の高い(その分、読解力を要求する)作品は読み進めることが困難になっています。
 こうした傾向を少しでも食い止める手段として、他の記事にも書きましたが、エンターテインメント性の高い要素を持った作品(例えば、ファンタジー、ホラー、SF、ユーモア、ミステリーなど)に、文学性の高い表現や文章を散りばめる試みがなされています。
 もちろん、そうした作品を書けるのは、文学性の高い作品とエンターテインメント作品の両方を書ける能力を兼ね備えた書き手に限られます。
 従来は、そうした作家は、文学性の高い作品とエンターテインメント作品を書き分けるのが普通で、初めにとっつきやすいエンターテインメント作品を手にした読者が、同じ作家のより文学性の高い作品へ移行していくのが普通の流れでした。
 しかし、前述したような文学に対する受容力低下の問題が、そうした流れを断ち切ってしまって、文学性の高い作品へ移行できないでいるのが現状です。
 その断絶を再びつなぎ直すためには、書き手にとっては至難の業(へたすると中途半端に終わってしまいます)ですが、文学性とエンターテインメント性を両立させた作品の存在が必要になっています。

夕暮れのマグノリア
クリエーター情報なし
講談社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

児童文学における文学性について

2017-09-19 10:55:06 | 考察
 児童文学が、「児童」と「文学」の二つの中心を持つ楕円構造をしているとして解説してくれたのは、児童文学研究者の石井直人です(詳しくはその記事を参照してください)。
 他の記事にも書きましたが、「現代児童文学」(定義などは関連する記事を参照してください)は、常に、その二つの中心の間で揺らいできました。
 実際に児童文学を書こうとすると、大体の場合は、「児童」に力点を置くと「子ども読者」を強く意識しますし、「文学」に力点を置くと書き手としての自己表現が中心になってきます。
 そのどちらも意識せずに、すんなりと「児童文学」は書ければ、それに越したことはないのですが、そうした作品は非常にまれな幸福な作品と言えるのではないでしょうか。
 「子ども読者」を意識した場合、その作品の文学性は(子ども読者にも理解できるかという)制限がどうしても付きまとってしまいます。
 一方、自己表現としての「文学」を追及すると、結果として子ども読者には理解できない「児童文学」ではないものになる恐れがあります。
 その折衷案として、最近見かけるようになったのが、エンターテインメント作品の中に、ここぞという箇所だけに「文学的表現」を散りばめる手法です。
 出版される前の作品なので具体的には紹介できないのですが、例えば、子どもの好きなホラー作品の中に、非常に美しい心の琴線に触れるような描写や表現が、作品のクライマックスなどで使われたりしています。
 こうした手法は、文学的な児童文学作品(変な言い方ですが)の書き手が、そうした作品の刊行は現在の出版状況の中では難しいので、より本になりやすいエンターテインメント作品を書くことによって生み出されているようです。
 希望的な仮説にすぎないのですが、そうしたエンターテインメント作品を手にした子ども読者が、美しい心の琴線に触れるような描写や表現を実際に読むことによって、もっと文学的な児童文学にも手を伸ばすようになったらと願わざるを得ません。

夕暮れのマグノリア
クリエーター情報なし
講談社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

児童文学におけるショートショート集のまとめ方

2017-09-15 11:58:48 | 考察
 児童文学の世界でも、同じテーマ(怪談、昔話、メルフェン、ナンセンス、ユーモアなど)のショートショート(400字詰め原稿用紙で5枚以内程度)を集めた作品集が出版されることがあります。
 そうした時に大事になってくるのが、作品集のまとめ方です。
 普通の短編のアンソロジーでは、個々の作品がそれぞれの作品世界を比較的しっかりと持っているのでそれほどでもないのですが、ショートショートの場合にはそれほどはっきりしない(作品によっては既存のイメージに頼っている場合もあるでしょう)ので、その本全体のイメージや方向付けをはっきりさせることが重要です。
 その場合に考えられる有効な方法は、大きく分けて二つあるように思われます。
 ひとつは、作品集の前後にプロローグとエピローグ(あるいはどちらか)をつける方法です。
 プロローグの場合には、この本のイメージや方向付けを、多少説明的になっても構わないので書いておくと、読者はそれに続くショートショートの作品世界に入りやすいでしょう。
 エピローグの場合には、このショートショート集のまとめのような文章をつけると、読者が作品群の余韻に浸っている間に、全体としてのイメージを再確認できるでしょう。
 もう一つの方法は、プロローグもエピローグもつけずに作品だけで勝負する方法です。
 この場合に、最初の作品と最後の作品がもっとも重要であることは言うまでもありません。
 最初の作品では、このショートショート集のテーマに沿った最もインパクトのある作品(例えば怪談だったら最も怖い作品)をおいて、読者がこの本を読み続けたいと仕向けなければなりません。
 また、最後の作品では、このショートショート集の全体のイメージを作り上げられるような(難しいですが)完成度の高い作品が必要です。
 
 
学校の怪談(5) (講談社KK文庫)
クリエーター情報なし
講談社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加