途中下車してときどき嵐

ブログ人から引っ越してきました。

韓国ドラマ「ミセスコップ」感想

2017年09月18日 14時11分16秒 | 韓国ドラマ感想
たぶん、女性が好きな“女”が描かれている警察ドラマだと思う。
キム・ヒエさん演じるチェ・ヨンジン、イ・ダヒさん煎じるミン・ドヨン、2人ともカッコいい、“男前”だ。
その上、母親としての愛情、女としての愛嬌、セクシーさ・・・はちょっと控えめ、かも。
普通の男なら引くかもしれないが、ちゃんと2人の良さが分かるパートナーもいる(できる)
キム・ヒエさんは「マイダス」しか観たことがないが、財閥の奥様とか綺麗に化粧して淑やかな役どころが普通に似合いそうな人だが、ナチュラルな化粧で男勝りな刑事役もかなり素敵。
そしてそれ以上に、男勝りな刑事役のイ・ダヒが良い!(私は彼女のファンだし~)
やたら長すぎる手足でのアクションシーンは華やか、食べるシーンではガッツリ口にほおばる、それでもそこがカッコいい。
最後、制服のズボンに手を突っ込んで登場するシーン、あまりにも長い足に唖然とした(はぁ~カッコいい)
出だしから気分が悪い殺人事件、悪の限りを尽くすカン会長。
韓国の警察検察ドラマは“悪”がより気分悪く描かれるから、観ていくのが大変だが、2人のカッコいい女性がいることで、少し良い気分でいられた。
ラスト20分くらいはイチャイチャシーンになっているが、ハッピーに終わるのならいいやと思った。
勧善懲悪、ハッピーエンド、ドラマの最後は気分が良いのが良い。


韓国ドラマ感想 まとめ ドラマタイトル
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キム・ジェウク・映画「蝶の... | トップ | 「アンチェルの蝶」感想 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

韓国ドラマ感想」カテゴリの最新記事