中越地震復興「寅太の山野草」

中越地震で被災した小千谷市と長岡市にある戊辰史跡の復興を応援しています。
寅太の家の庭に咲く山野草などのブログです。

イタビカズラ

2016-12-28 06:32:13 | 樹木
高尾山系でイタビカズラという、聞くのも見るのも初めての植物に出会った。仲間にオオイタビやヒメイタビがあるが、葉の先端が尖ることで区別できる。


(葉は葉柄があり先が尖る)

 
(イチジクに似た花嚢を付ける)


(花嚢の内部)

崖石榴、薜茘葛/クワ科/イチジク属。
新潟から福島以西の暖地に生える常緑性つる植物。雌雄異株。
葉は長楕円披針形で、先端は尾状に長く尖る。葉柄1~2cmで、葉裏の葉脈は浮き出る。幹は褐色でよく分枝し、不定根を出して石や木にからまりよじのぼる。葉腋または葉痕の腋に1~2個の花嚢を付ける。
名前の由来:イタビはイヌビワの別称で、つる性のイヌビワということでこの名が付いた。
花期:6~7月。
(高尾山)
【山野草の索引(樹木)へ】

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 野鳥と遊ぶ⑬「オナガ」 | トップ | 久しぶりに八王子城跡に登る »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
珍しい植物 (おみや)
2016-12-28 08:47:19
おはようございます。何でもご存じの寅太さんでも
初めてとのこと、大変貴重なしよくぶつですね。
絶対に残ってほしいです。
植物の宝庫高尾山 (寅太)
2016-12-29 20:48:40
おみやさん、こんばんは。
時々珍しい植物に出会い、びっくりすることがあります。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む