中越地震復興「寅太の山野草」

中越地震で被災した小千谷市と長岡市にある戊辰史跡の復興を応援しています。
寅太の家の庭に咲く山野草などのブログです。

また狭山丘陵へ

2010-09-29 00:19:58 | ぶらり散歩

前回訪れてからまだ数日も経っていないのに、マヤラン(摩耶蘭)の魔力に惹かれて、また狭山丘陵にでかけました。これで今年のマヤラン鑑賞は、打ち上げにしたいと思います。
今回歩いたのは東大和市から瑞穂町の一帯ですが、カラスウリ(烏瓜)も赤く色付き始め、秋を感じました。


マヤランの魔力にまた狭山丘陵へ)

 
 (マヤランもこれで今年の見納め)

 
センニンソウカラスウリの緑と赤の実)

瑞穂町には360度見渡せる高台が2箇所あります。ひとつは六道山公園の展望台で、もう1箇所は町役場の屋上のスカイホールです。
高いところで最初に探すのは富士山ですが、山の手前の厚い雲で遮られていました。展望台は渡り鳥を観察する人達で賑わっていました。しばらくすると山の右の稜線から頂上の半分まで見えました。帰宅して知ったのですが、この日富士山に初冠雪があったとのことですが、白くは見えませんでした。

 
(綺麗なクコの花)          (六道山公園展望台)

 
(左に大室山、右に富士山)    (反対側は左端にスカイツリー)

 
(スカイホールからの横田飛行場、左上は飛行機ではなくトンボ)

(画像は狭山丘陵にて)
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ぶらりと高尾山(6)(後編)

2010-09-27 00:50:15 | ぶらりと高尾山

(つづき)
今回は、小仏城山のフジレイジンソウ(富士伶人草)からです。レイジンソウ(伶人草)と比べると、フジレイジンソウには茎に稜があるなどの特徴があるようです。
レイジンソウを見たことがないので、その違いがはっきり理解できてませんが、次の機会には稜を確認したいと思います。
裏高尾から高尾山一帯にヤブマメ(藪豆)がかなり見られました。

JR高尾駅~裏高尾~日影林道~小仏城山~一丁平~1号路~京王線高尾山口駅


(花は鳥の形にも見えるフジレイジンソウ)

 
(フジレイジンソウ:日影沢)

 
ミゾソバ:日影沢)        (キツリフネ:日影沢)

 
シモバシラ:一丁平)        (カシワバハグマ:もみじ台)

 
ノダケ:もみじ台)        (ヤブツルアズキ:一丁平)

高尾山でよく見る四角形の石柱に、赤いペンキが塗ったものを見かけるが、これは宮内省御料局の名残を留める管理標識なのだそうです。
高尾が植物の宝庫として残されているのは、宮内省の管理下だったこの石柱にありそうです。丸に「g」が入っているようですが、よく見ると「宮」をデザイン化しています。

 
ヤブマメ:裏高尾)       (ミヤマタニワタシ:一丁平)


(宮内省が管理だった高尾山に残る測量指標、8ではなく宮です)

(高尾山)        (おわり)
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ぶらりと高尾山(6)(前編)

2010-09-26 01:20:27 | ぶらりと高尾山
今回の高尾山の目当ては、小仏城山のフジレイジンソウ(富士伶人草)と日影林道のジャコウソウ(麝香草)を撮ることでした。どちらも充分に満足のいく開花状況で、まあまあの画像が撮れました。
本日から2回にわたり載せることにします。

JR高尾駅~裏高尾~日影林道~小仏城山~一丁平~1号路~京王線高尾山口駅


ヒガンバナの蜜を吸うモンキアゲハ)

 
ジャコウソウ:日影沢)

 
オオガンクビソウ:日影沢)       (クサボタン:日影沢)
 
イヌザンショウ:裏高尾)       (ヤマボウシの果実:一丁平)

 
(赤くなり始めたトキリマメ:一丁平)  (コバノカモメヅル:小仏城山)

この日もノハラアザミ(野原薊)の周りには、綺麗なキアゲハが乱舞していました。

 
レモンエゴマ:日影沢)       (ヤマホトトギス:一丁平)

 
ノハラアザミにはいつもキアゲハが集まる:一丁平)

(高尾山)        (つづく)
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ぶらりと狭山丘陵へ(最終回)

2010-09-24 06:25:06 | ぶらり散歩

(つづき)
狭山丘陵シリーズの最終回は、丘陵で出会ったその他の植物です。
放蝶されたとのうわさのあるアカボシコマダラが、この丘陵でも優雅に飛び回っていました。ゴンズイ(権瑞)のサヤの中から黒い種子が顔を覗かせ、猛暑の中にも秋が近づいたことを感じさせてくれました。

JR立川駅~東京都薬草園~狭山丘陵~JR立川駅


ヒヨドリジョウゴガガイモのツーショット)

 
 (ヒヨドリバナ)           (アカボシコマダラ)

 
カラスウリの実)             (テイカカズラの実)

 
ゴンズイの実)             (ネコハギ)

 
(キクイモ)              (ノササゲ

猛暑の中の狭山丘陵の散策でした。最後は鵯になった気分で太陽を利用し、ヒヨドリジョウゴ(鵯上戸)の花を逆光で撮影してみました。茎に毛が密生している様子がわかります。


(逆光撮影のヒヨドリジョウゴ

 

(画像は狭山丘陵にて)      (おわり)
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ぶらりと狭山丘陵へ(その3)

2010-09-23 01:00:27 | ぶらり散歩

(つづき)
高尾山でマヤラン(摩耶蘭)の終わりかけた花を見たのは7月下旬なので、ほぼ2ヶ月ぶりの対面となりました。
花姿を見るまでは半信半疑でしたが、紛れもない本物のマヤランでした。初夏の頃から繰り返し生えてくるとのことでした。

JR立川駅~東京都薬草園~狭山丘陵~JR立川駅


(久しぶりのマヤランとの対面に感激)

 
(かなりの本数)              (花の拡大)

 
コバノカモメヅルの花)      (コバノカモメヅルの袋実)

 
(アズマカモメヅルの花)      (アズマカモメヅルの袋実)

マヤランに会えれば良かったので、あとの花はオマケのようなものですが、ガガイモ科の花は高尾でも人気があるし、袋から弾けた種子を見たくなりました。
次回はその他の花です。

 
ガガイモの花)


(番外:昨晩は中秋の名月   でした)

(画像は狭山丘陵、月は自宅)      (つづく)
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

ぶらりと狭山丘陵へ(その2)

2010-09-22 02:36:15 | ぶらり散歩

(つづき)
東京都薬用植物園の温室では、花の咲いているものは少なかったのですが、いつもながら温室では世界の珍しい植物との出会いがあります。
鮮やかな色のトウワタ(唐綿)の花は、人形のようにも見えますし、年配者だと上下逆にすれば、戦時中の爆弾の形に見えるかも知れません。温室担当のボランティアの説明員が、時には綿がかかると教えてくれました。
毒草のハナトリカブト(花鳥兜)は、厳重に別室に保管してありました。
難しい名前のグロッパウィニティーも、別名の“シャムの舞姫”なら簡単に覚えられます。

JR立川駅~東京都薬草園~狭山丘陵~JR立川駅


(鮮やかな色のトウワタ

 
(押し売り防止にイランイラン)     (シクンシの漢字は使君子)

 
(厳重に管理されたハナトリカブト)  (グロッパウィニティーはシャムの舞姫)

南国産のパパイヤ(蕃瓜樹)は通年性で、実と花が同時に見れますし、ジャポチカバは茎から直接花が咲いているのが面白いと思います。
次回はいよいよ近くの狭山丘陵に向います。

 
(サトイモ科のホウライショウ)       (メギ科のミヤオソウ)

 
パパイヤの雌花)        (茎から花が付くジャポチカバ

(画像は東京都薬用植物園)      (つづく)
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ぶらりと狭山丘陵へ(その1)

2010-09-21 18:08:02 | ぶらり散歩

久しぶりに小平市にある東京都薬用植物園から狭山丘陵を歩いてきました。今回の目当ては、マヤラン(摩耶蘭)です。マヤランは高尾では初夏の花ですが、狭山丘陵では10月頃まで花が咲き続けるとのことです。
高尾では余り見れなくなったガガイモ(鏡芋)なども群生しており、猛暑の中でしたが実りある一日でした。
今回の狭山丘陵シリーズは、4回の掲載です。お付き合い下さい。

JR立川駅~東京都薬草園~狭山丘陵~JR立川駅


メハジキとキアゲハ)

 
(スズムシバナ)             (コガネバナ

 
(チョウマメ)             (ミズキンバイ

背丈もありそうなヘビウリ(蛇瓜)がぶら下がっていましたが、寅太はどうも蛇が苦手ですので、綺麗な白い花だけにします。ホタルサイコ(蛍西胡)がミシマサイコ(三島西胡)と並んで、黄色の花を付けていました。花を見ると蛍の形にも似ています。
最後の画像は水玉の付いた大きなツリバナ(吊花)の実で、もう少しで弾けそうな状態です。
次回は薬用植物園の温室の花です。

 
ヘビウリ)             (ホタルサイコ)

 
(ミヤギノハギ)              (ツリバナ)

(画像は東京都薬用植物園)      (つづく)
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ぶらりと南高尾(4)

2010-09-20 01:38:58 | ぶらりと高尾山
1週間前に訪れた時とはかなり違い、黄色と赤の吊船草、ピンクと白のミゾソバ(溝蕎麦)などが咲き出しました。しかも群生していますので見事でした。
小さな花のオオカモメヅル(大鴎蔓)はたった1輪でしたが、南高尾で見るのは初めてです。

城山湖~三沢峠~西山峠~三沢峠~榎窪山~城山湖


(綺麗な色に撮れたハグロソウ

 
(乱舞するヒヨドリジョウゴ)   (南高尾で初めてのオオカモメヅル

 
(色付いたアオツヅラフジ)       (群生する紅白の吊舟)

 
ツリフネソウ)               (キツリフネ

雨の翌日でしたので、ツリフネソウ(吊舟草)やハダカホオズキ(裸酸漿)に水玉が付いています。

 
(可愛いピンク色)    (ミゾソバ)   (清楚なほぼ白色)

 
(たくさん実を付けたイガホオズキ)  (水玉が付いたハダカホオズキ

揚水発電所の水を貯蔵する城山湖の畔に、丹家健三設計の加藤武雄文学碑が建っています。加藤は南高尾に近い相模原市城山の出身です。
建築家として「世界の丹下健三」が、一文学碑の設計を担当するのは不思議ですが、丹下は加藤の女婿の関係にあるんだそうです。
 
        わが日は暗し わが夢ははるか也 (加藤武雄)


(丹下健三の設計による加藤武雄文学碑)

(南高尾)
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

陣馬から高尾へ縦走(最終回)

2010-09-16 06:55:13 | ぶらりと奥高尾
(つづき)
縦走の最終回は、歩きなれている小仏城山から高尾山口駅までのコースです。8月28日に咲いていたコバノカモメヅル(小葉鴎蔓)には、花は終わり数個の袋果が付いていました。逆V文字の美形ではありませんが、夕日の影がV字をつくってくれました。
フジレイジンソウ(富士伶人草)やタカオヒゴタイ(高尾平江帯)も、もう少しで開花でしょう。

和田(バス)~陣馬山明王峠~堂所山~景信山~小仏峠~小仏城山~一丁平~高尾山~琵琶滝~高尾山口駅


(影で逆V文字をつくるコバノカモメヅル

 
(色が見え始めたフジレイジンソウ)    (まだ蕾のタカオヒゴタイ

 
ヤマホトトギス)              (タムラソウ

 
ヤマハギ)             (ナンテンハギ


(茎葉節ごとにジグザグに曲がり苞が確認できるミヤマタニワタシ)

太陽が届かないところでは少し暗くなり、秋が近づいていることを感じます。たくさんのシオデ(牛尾菜)の実と、やっとヤマホオヅキ(山酸漿)に出会うことができました。
2m四方に広がる大きな株でしたが、周囲が薄暗いので、イマイチの画像です。

 
(たくさんの実を付けたシオデ)    (遂に出会ったヤマホオヅキ

陣馬から高尾までの行程で、特に目に付くのはシモバシラで、今年の冬も自然が造る見事な氷の芸術に期待して、前年のシモバシラにリンクしておきます。

 霜ばしら 我ら高尾の おくりもの(寅太)

(小仏城山から高尾山口駅)    (おわり)

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

陣馬から高尾へ縦走(その3)

2010-09-15 06:41:52 | ぶらりと奥高尾
(つづき)
今回は景信山から小仏峠までです。
景信山の山頂に、「陣馬山に5.7km、高尾山に4.4km」の標識がありました。和田バス停から陣馬山頂まで2.8kmと、高尾山頂から高尾山口駅までの3.6kmを加えると、縦走の全行程は16.5kmということになります。
途中でツルニンジン(蔓人参)の大群生に会いましたが、まだ口の開いてない蕾で、今年はまだ開いた花は見ていません。

和田(バス)~陣馬山~明王峠~堂所山~景信山~小仏峠~小仏城山~一丁平~高尾山~琵琶滝~高尾山口駅


(景信山頂のワレモコウ) 

 
ツルニンジンの大群生もまだ蕾)

 
ツリフネソウ)              (イヌショウマ

 
 (アオツヅラフジ)            (シロヤマギク

アオツヅラフジ(青葛藤)とシロヤマギク(白山菊)は、花の変化する過程がわかる画像で面白いと思います。ノササゲ(野大角豆)とトキリマメ(吐切豆)も判別が難しいのですが、葉の先端があまり尖がらないのがノササゲとなります。

 
モミジガサ)             (ヤブツルアヅキ) 

 
ノササゲ)               (トキリマメ


(景信山頂は陣馬より高尾に近く、中間点を過ぎた) 

(画像は景信山から小仏峠まで)    (次回につづく)
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加