一級建築士事務所 サトウ工務店

自然素材を使い省エネと快適性をデザインする 新潟の家

NEWプロジェクト 難易度MAX

2013年04月30日 | NEWプロジェクト

三条市内で計画中のNEWプロジェクトを一つご紹介。

前面道路から見るファサードはこんな感じ ↓

1

敷地南側に無駄なく庭を取るために、2棟に分け北側へ寄せて配置。 南側から見ると、広い庭が整形に広々取られている。↓

2

そして、建物が寄せられた前面道路側や隣地には圧迫感を与えない様に、階高を通常の2階建てより低く設定。

1つの棟は、1階をカーポートとした事で普通の2階より低めの中2階建てに。 

もう一つのLDK棟は、ちょっと背が高めの平屋建て。 天井がとても高くなっているがそれでも通常の2階よりはずいぶん低く設定されている。 

さらに外壁の白いナチュラルな素材がより印象をやわらげている。

LDK棟の内部はこんな感じ ↓ 

N1

大きく開放的なホールの中に、入れ子状に小さなBOXを点在させる。 まるで小さな家々が町並みを形成しているみたい。家と家の間の隙間は路地といった感じにも見える。

開放的でのびのびとした空間も良いが、その中に入れ子状にBOXを設ける事によって、適度にできる壁や死角のおかげで落着きのある空間にもなる。 そして何より、こんな変化のある楽しい空間なら毎日楽しく生活して頂けるにちがいない。

また、雑多なものが見えない様にクローズドされたキッチンBOXは、一見すると閉鎖的にも見えるが、キッチンに立つ奥様からはリビングや食卓、玄関や階段まで見渡せる様に配慮されている。 

N3

キッチンというより、まるで屋台の様にも見えてくる。(お酒がよりおいしくなる・・・

ほかにも様々な仕掛けがある。 構造的にも仕上げ的にも、ひと工夫ふた工夫が必要だ。 設計も施工もいつも以上に難しい物件、難易度はMAX。  しかしながら、それが私にとっては何よりもうれしいのだ 


ランキングの応援お願いします。クリックしてね。
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ


この記事をはてなブックマークに追加

真っ白な浴室

2013年04月26日 | 豊栄の住宅

豊栄の住宅は、浴室の工事中。

ユニットバスではなく造作の浴室です。

FRP防水を施した上に塗装をかけています。 

P4252835

真っ白です。

床と浴槽の立上りは黒いタイルを貼る予定。 シンプルですがとても個性的でな空間になりそう。 

P4252839

室内干しスペースも兼ねた余裕の2坪サイズです。


ランキングの応援お願いします。クリックしてね。
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ


この記事をはてなブックマークに追加

竣工写真2件です。

2013年04月23日 | 石上のゼロエネハウス


竣工写真の撮影でお世話になっている オフィス ワイエスさんからうれしいプレゼント。


まず、「石上のゼロエネハウス」の竣工写真をブログで紹介頂きました。→ http://yskaka.blog33.fc2.com/blog-entry-139.html しかも、とっても細かいコメントも添えて頂いた。 


次に、「長倉の住宅」の竣工写真をギャラリーに追加頂きました。→ http://yskaka16.wix.com/officeys-gallary#!architecture-photo-gallery4/c1zw5 すごくシックでカッコイイ写真になっています。


弊社のHPの施工例は ほぼ休眠状態  お恥ずかしい

と、いう事で、他力本願な竣工写真の公開となりました。 


ランキングの応援お願いします。クリックしてね。
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ


この記事をはてなブックマークに追加

絶好のロケーション。個性ある住まい。

2013年04月17日 | 豊栄の住宅


豊栄の住宅の2階から見た景色。

Cimg5890

そう、ここ豊栄の住宅はお花見には絶好のロケーションなのです。

前面道路の向いがさくら通りになっていて、只今さくらが満開です。

そのロケーションは当然の様に設計に活かされて、道路正面2階はこの大開口です。 

1530

北側にも関わらずこの思い切った大開口。 以前にも紹介させて頂きましたが、この間取りや形状にはこんな理由があります。→ 「外観と間取りの秘密」

設計する上で、その土地のポテンシャルを最大限に引き出すには、日照条件などと同じくらいにロケーションは大切にしたいものです。

ロケーションなどの立地条件を活かす事は、その場所でしか生まれない住まいや暮らしをつくり、それが個性となるわけです。

「個性的な家」っていうと・・・ なんか変わった色を使ったり目立つ装飾をして「ちょっと変わっているでしょ」的な住まいのイメージが強いかもしれませんが、そうではないのです。

その土地、そのロケーション、そのご家族のために 真剣に考えて設計された住まい。それが世界に一つだけの住まい、個性ある住まいとなるわけです。


ランキングの応援お願いします。クリックしてね。
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ


この記事をはてなブックマークに追加

「住まいの設計」の取材でした。

2013年04月15日 | 長倉の住宅


週末に、「住まいの設計Footer_banner の取材がありました。

取材して頂いたお宅は、長倉の住宅です。 とってもお天気も良く気持ちの良い日でした。 (意外に花粉も飛んでなかったし

Cimg5884k

「住まいの設計」さんには、たびたびお声かけ頂き大変感謝しております。

そして結構な確率で、ライターは渡辺さん、カメラマンは後藤さん、このお二人に来て頂く事がとても多く、今回もこのお二人に。

よって、ほとんど私からの説明や要望など言わなくても、サクサクと撮影やインタビューがスムーズに進んでいきます。


インタビューで施主様が「住まいに大変満足している」旨のお話をされていたり、とてもきれいにセンス良く使って頂いている住まいを撮影して頂いているこの空間、この時間。 それは私にとってこのうえない心地良さでした。

原稿が仕上げって来るのがとても楽しみです。 この「住まいの設計」は、7月21日発売。 是非、書店でお手にとって見てください。


ランキングの応援お願いします。クリックしてね。
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

 


この記事をはてなブックマークに追加