一級建築士事務所 サトウ工務店

自然素材を使い省エネと快適性をデザインする 新潟の家

本日発売の「住まいの設計」に掲載!

2014年07月19日 | 石上のゼロエネハウス
「住まいの設計」9.10月号 本日発売!


2014_9_10g_h1_2

Footer_banner



こちらに石上のゼロエネハウスの記事が掲載されています。

01

是非、書店で見つけてください。

もしくは・・・ こちらで買うと超お得です。 fujisan/co.jp




ランキングの応援お願いします。クリックしてね。
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ







この記事をはてなブックマークに追加

住まいの設計 取材

2014年05月07日 | 石上のゼロエネハウス
この連休中に、平成24年度住宅のゼロ・エネルギー化推進事業の対象となった石上のゼロエネハウスで取材がありました。

「住まいの設計」Footer_banner_5    7月21日発売の9.10月号です。





Img_0761


モデルが良いので ( ご夫婦はちろん、建物も )、いろんなアングルからのカットをたくさん撮って頂けました。

でも一番の主役はやっぱりお子さんでしたね。 




ランキングの応援お願いします。クリックしてね。
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ




この記事をはてなブックマークに追加

サンワカンパニーのカタログに掲載

2013年10月04日 | 石上のゼロエネハウス


このたび 「石上のゼロエネ住宅」の写真が サンワカンパニー2013秋冬のカタログ のアーキナビというページに掲載されています。 小さくですけど

2013

サンワカンパニーさんといえば、タイルやウッドデッキなどの輸入建材をはじめキッチンなどの住設から小物・雑貨まで様々な商品を扱っている会社。 しかもそのどれもがチョーハイセンスな物ばかり。 カタログやウェブは眺めているだけでもとても楽しいですよ。

もちろん当社もよく購入させて頂いておりますが、このカタログは全国の設計事務所などがご用達もの。 そこに掲載させて頂けるのはとても光栄な事です。

実は掲載頂くのは今回で2回目 大変ありがとうございました。


ランキングの応援お願いします。クリックしてね。
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ


この記事をはてなブックマークに追加

石上のゼロエネハウス 竣工写真3

2013年08月03日 | 石上のゼロエネハウス



先回に引き続き、石上のゼロエネハウスの竣工写真紹介。


キッチンの背面には、建具がズラ~と並んでいます。

34

一番右手前が、トイレへつながる前室の建具。 一番左奥が洗面脱衣の建具。それ以外は全て収納になっています。 

お家の方以外は、どこがトイレでどこが洗面か見当がつきませんね。


では、一番奥の洗面脱衣室を見てみます。 

47 45

収納力と清潔感がポイントです。 真北に配置されたお部屋ですが、ちょっとした工夫を施すと、こんなに明るいお部屋が可能です。 室内干しも兼用となっています。

内装材モイスの調湿効果もあり、旧来のジメジメとした暗い水廻りのイメージとは正反対ですね。


次に、主寝室です。こちらも1階にあります。 基本的に1階のみで生活が可能ですね。(お子様以外は)

49 48

たくさんの本が収納できる本棚と、クローゼットがビルトインされています。


次は2階へ、階段の途中には・・・

52

踊り場の位置にバルコニーがあり、ここからも南の良好な日差しがLDKに差し込む計画です。

57_2


階段上がり切ると、吹抜けに架かっているブリッジの上に。 そこは長いカウンターが造り付けとなっているスタディスペース。 

65


2階ホール北側の一番高い所には、電動式のトップライト。(南向きでない事が重要)  ここを開口すると排熱効率が高く、家中の通風が促進されます。 もちろん自然光を得る目的もあります。

77


ホールを挟み、左右対称に子供室。 お子様はまだ小さいので建具や吹抜け窓などは設けず、使用頻度の少ないお部屋でもなるべく温度差を少なくする工夫です。

76

子供室は、天井を高くとって将来的にロフトの造作が可能な様になっています。


また、内装材に使われているモイスのアップの表情です。

02

パッと見には普通の白い壁にしか見えませんが、 間近で良く見てみると、真っ白でもなく平滑でもなく、とっても落着きのある自然なテクスチャ。 

汚れに関してもほとんどが簡単に落す事ができ、もしも落ちにくい汚れや傷がついた場合は、紙ヤスリでこすれば全く分からなくなってしまいます。

これは、表面的に化粧された素材ではなく、無垢のリアルな素材ならではのメリットですね。


今回で、石上のゼロエネハウスの竣工写真紹介は完了。 今回はご紹介できませんでしたが、エネルギーの収支がこの住まいの一番のアピールポイント。

今のところ予想以上の 低光熱費、高売電費 のようですので、一年経過後のまとめが楽しみです。 その頃また改めてご紹介させて頂きますね。


次回からは豊栄の住宅の竣工写真紹介を予定しております。 お楽しみに



ランキングの応援お願いします。クリックしてね。
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ


この記事をはてなブックマークに追加

石上のゼロエネハウス 竣工写真2

2013年07月30日 | 石上のゼロエネハウス


先回に引き続き・・・ 石上のゼロエネハウスの内観を紹介します。


まず、玄関ホールからLDKに入ると・・・

03

巨大な吹抜け空間。 その吹抜けを2つに分ける様に2階の廊下兼共有スペースのブリッジが架かっています。

06

とても大きく開放的なLDKですが、落着きがほしいダイニングテーブル上にブリッジを架け、あえて天井の低い部分を作っています。

リビング南側には、フルオープンできる大開口サッシ。

12

隣接する和室の北側サッシもフルオープンできますので、南側デッキに出て振り返ると・・・

17

こんな感じに↑ 南北が筒抜け状態に。 撮影時には田んぼにまだ雪がありましたが、初夏には・・・ ↓

A12k

こんな感じに 家の中に居ても、豊かな外部空間を感じられてとっても気持ちが良さそうです。


和室は、建具で仕切って個室としても使えますが、リビングの延長的に使う事をメインとして計画。 壁には天然素材のモイス、天井は杉の無垢板、畳表は和紙、カーテンには天然素材、など各所にこだわった素材を採用。

26



そして、この家のためだけに造られたダイニングテーブル一体のオーダーキッチン。

34

ダイニングテーブルはグゥ~ンと持ち出しされた、「脚のないテーブル」です。 お掃除も楽ですし脚がないのでコーナー位置に座ることもできる超便利なテーブルです。

このテーブルの上に大人が載ってもたわまない計算がしてあります。 この薄さで信じられないほどの強度です。 造り方→ 脚のないダイニングテーブルのフレーム



階段は、バルコニーへ出れる踊り場付き。勾配も緩めで昇降が超ラクな階段。

44

半分持ち出しで意匠性を高め、半分収納で利便性を兼ねた、欲張りな「半スケルトン階段」

「脚のないテーブル」も「半スケルトン階段」もお客様のご要望をかなえるべく一生懸命に考えた末にできた当社オリジナルです。(プチ自慢です) 

(もしかしたら、どこかで同じ様な物を考えた人がいるかもしれませんがけど・・・)


続きは、また次回



ランキングの応援お願いします。クリックしてね。
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ


この記事をはてなブックマークに追加