オリーブオイル スコットランドでヤッホー!

駐在生活7カ国を渡りイギリスはスコットランドにリターン。スコットランドで羊の数を数えましょう☆「ヤッホー隊募集!」

イギリスの進学 その1

2017-02-21 09:21:44 | Weblog
2月23日


イギリスでは16歳で義務教育が終わる。(私立は18歳まで)

公立では16歳で進路が分かれ、大学進学コースかカレッジ(専門コース)を選ぶ。

イギリスの大学進学は日本と違い 大学受験の為の資格コースを学ばなくてはならない。

イギリスなら修了認定GCSE,アメリカならSAT,大学進学受験するならAレベル、IBの段階がある。

例えば日本の高校を卒業して、突然イギリスの大学へ行きたい!と思っても入学は出来きない。

科学などの分野になると実験やレポートなども入る為に参考書だけの勉強はNGが多い。

私立の中学になると、大学が提供している人体解剖などの講義や肉屋が豚や羊の臓器を提供し臓器解剖も行うので、日本の科学の分野とは大いに違い驚いた事がある。

先日、娘は 豚の心臓の解剖をし 人体に大いなる興味がわいてきたそうだ。

っと言っても、肉屋が血抜きをしているので 料理?しているようなもの。と本人は言う。

もちろん、顔面蒼白になり気分が悪くなる生徒も多かったとか。


さてAレベルと呼ばれる専門コースをイギリスで取得たいなら受験となるので有名大学、語学学校が運営するファンデーションコースを1年通う。日本で言うなら予備校だ。

海外、日本のインターナショナルスクールでのイギリス認定学校は、イギリスやアメリカ大学進学用に きちんとプログラムがあり受験が出来るのだが、非認定となると 厳しいものがある。

近年、日本でもインターナショナル・スクールが人気だが だだ英語の授業をするだけでは無く

イギリス基準か?アメリカ基準か?なのかをきちんと知ること。


留学人の為のファンデーション・コースは(1年間コース)寄宿舎制度がある為に年間で500万円くらい掛かる。
※ 留学斡旋料金も入る。

受験後の大学費は、アジア諸国料金になりイギリス人の2倍の金額となる。

英国人パスポートを持っていても 現住所が香港や日本となったら 学費は2倍と見なされる。
※ポイントは英税金を納めているか? 


よく、日本人駐在が言うのは 英検、TOEIC,TOEFLの資格は必要でしょうか?と聞きますが この3つは対象で無くネイティブな試験、国営ビザ試験となるので これが実際に活用できたか?と言う話は ここでは聞かない。

※日本での外資系の企業で働くケースは この3つの資格を対象にしている所は多い。

日本の場合の留学は、まず日本の大学に入り 大学が提携(コネクションがある大学)に行く場合も多い。
※学科・コースによる。

ファンタジーな話では、アメリカよりもイギリスの大学の学費の方が安めなので、行き先をイギリスに変更する人もいるとか。

確かに、イギリス人がアメリカの大学進学費用は年間で日本円で500万ほど・・・と聞くので 普通の家庭では行けないレベルだ。よく聞くのがスポーツなどのスコーラー・シップ。(特待生)

私の知人の息子はゴルフ大会に よく出場し フロリダ大学からスコーラーシップを貰い入学した。

現アメリカの滞在ビザも厳しく大学進学後、就職しビザを獲得する外国人も多い。

数年前からイギリス人ですらもアメリカでの就職が困難となり いわば「アメリカ人・ファースト」なのだ。

スコーラー・シップを貰っても学費はダダでは無く(その人によりディスカウント金額が違う)

生活費などにはお金が掛かるので、留学をあきらめるケースも多い。

現地アメリカ家庭ですらも 大学の学費が高額の為に何とか学費を安くしたい!と思う家庭も多く大学にパートに行く母親も多い。(←実話)

※職員割引制制度がある。 





私は 先日 ある方から こんな話を聞いた。



某名門女子校

学校では進学だけを推薦しているのではなく その子供に合わせた将来性でのアドバイス。

進学だけでは無くプロ(専門)の道へ選ぶ生徒も多いそうだ。

デザイナー、パティシエ、某劇団員、ビューティーなど、自分がやりたい夢がある・・・と言う事は素晴らしい事だ。今人気なのは、栄養士の仕事とか。

子供1人1人をきちんと見て 子供達にアドバイスをしている。

思春期の子供になると、親には言えないケースも多く 将来の道にためらう事もある。

実際、私も18歳の頃は言えなかった1人。


イギリスの私立のケースは 大学アドバイザーのプロを外部から呼び 個人面談で その子に合った大学の紹介、どの大学の分野が強いか?と、適切な指導がある。

学校の教師がアドバイザーになると、生徒の不公平さが出るために第三者を雇い適切な話しが受けられる。

イギリスやアメリカの大学はポイント制であり「大学が生徒を選ぶ」からだ。

日本人の子供と親は「なんとなく大学に行かせる」と言う意見が多く 大学で何を専攻するか?何を学びたいか?何故大学なのか?ぼんやり。

取り合えず 大学行き、大学院に行き、就職はなんとかなるでしょ・・・的な発言も多く 大学とは そもそも専門分野を学ぶ場所。

なんとなくで進学する人は、社会人になっても うまく行けるはずが無い。

高校が大学バスツアーなど組んでいる所もあり観光化?している話を聞きガッカリした。

大学受験も平均で10校、受かれば何処でも良い、子供も分からない状態で大学に進学し、あっと言う間に就職活動。その就職活動も 今で親が仕事を選ぶ・・・と言うから唖然とする。

これは、親が思う教育子供のゴール?なのか???

どんなに子供が名門中学、高校通っても 進学アドバイザーが居ない学校は考えようである。



「ビルティング・アップ」な教育と「体験型」教育。

イギリスの教育機関では、早期の段階から将来のプロを作る為に積み重ね教育をしている。


受験校と呼ばれるプレップ・スクールは語学教育は1年生からだ。(5、6歳)

Day私立、公立の2~3倍のスピード学習方法でもあり将来の名門校への進学が目的でもあるので、9歳からの寄宿舎訓練生活を過す事もある。学校+塾形スクール。

勉強だけではダメで、スポーツ、音楽、芸術、マナーと あらゆる分野を学ぶ いわばエリート育成校。

小学1年~3年までは モンテソーリー形式の学習方法であり 4年生から独立型の勉強方法。

学科は専門教師となり 勉強ごとにクラス移動も取り入れいる。

日本では中学から教科専門教師となるが、イギリスでは早期に専門教師が教えるシステムなる。

大学の1コマ授業が1時間なら、受験校も大学時間に合わせて1時間の授業を取り入れている学校もある。

これも、早期訓練の一つ。

教科宿題はゼロに近いくらい無く本を多く読む事が宿題である。

教師免許でも徹底しているのが教員免許だ。

小学生でも大きく分かれてあり 小学1年~3年生まで教えられる免許と小学4年生から~の免許が違う。

小学4年生からの免許扱いはアカデミックと言われ専門教師。 

教師でも低学年の免許しか無い人は、この学年しか受け持ちが無い為に 若い教師はスキルアップの為に再度大学通うケースも多い。



12、13歳になると(日本では中学生)

中国語、ドイツ語、フランス語、古典ラテン&ギリシャ語、スペイン語がの選択科目が入る。

これはイギリスに限らず欧州では欠かせない授業であり語学は大学進学にポイント高の一つ。


例えば、日本人や日・ハーフが日本語の資格を取ったらどうなるのか? 取るのも一つであるが母国語の扱いでポイントは やや下がる。


例  仮名 エリー・鈴木(←あくまでも適当)


大学側は書類だけの文面なので 一目見て 日・英ハーフと思い 日本語を話せる、書けるは当然と見なしポイントが下がる。

あくまでも英国人が受講する「日本語」と言う意味。


日本人に よくありがち受験は早期受験。

GCSEに関しては、年齢は関係なくテストが受けれるシステムでもあり たまに力試し?で受ける大人も居る。

毎年のように天才や秀才な子供が早期受験をし高得点ニュースになるが 語学に関しての早期受験も注意点がある。

ハーフの子供、在住日本人が語学(母国語)のエントリーをするとポイントが下がる。

例えば、中国人の9歳の子供が 中国語受験用のテストで高得点を取ってもポイントが下がる。

話せて、書けて当然!と見なされる。

なので日本語のGCSE,Aレベル受験は なるべく受験の年に受けることを進める。

もしくは、大学が推奨している日本語の資格の方がスキルアップは大。



<オックス・フォード大学に進学させたママさん>


幼い頃から知っている英国人のNさんは、オックスフォード大学で英学科に進学。

彼女は今年の9月に卒業予定。
イギリスでは6月に卒業なので、最後の学年(3年生)は論文、レポート、就職活動とハードな1年を学生は過ごす。

母親が言うのは、この3年間 勉強漬けで遊ぶ暇も無いくらい必死だった。

秀才が集まるだけに、上には上がおり 勉強ペースも早く あっと言う間な大学生活を過ごした。

就職なのか?大学院へ進学か?すらも決められないくらいな忙しさ・・・と話された。

オックスフォードの時間数は週に40時間。

他の大学は週に25~30時間が平均なので いかにハードな大学なのが分かる。

オックス・ブリッチはエントリー後、大学の書類選考→大学側が興味のある生徒に面接のお知らせが入る。

面接後、大学オーファーから来る生徒は一握り。

今年の面接の質問が、あまりにも特殊な質問ばかりで ほぼ答えられないケースが多発しニュースに取り上がったほど。異次元な質問?と言う意味。

面接官だけが聞く内容だけ答え、自分のPRは一切出来ない。

あくまでもオーファーなので、最終試験に合格しないと入学は出来ない。

イギリスの大学では、留年を認めない大学、学科もあるので バイトなんて出来ない。

留年を認めない大学は、証書はどうなるか?

2年通えば「2年間修了しました」証明書がある。(←大学にも寄る)

「卒業」と使わない所が、なんとも皮肉だ。



<大学は5年!?と考え学費は5年分です・・・と話す日本人ママさん>


これは、かなり痛手な話である。

学部にも寄るそうだが、2年生で留年するケースが多い話は よく話題に上がる。

医学部の留年なら・・・合計で7年は通う事になる!?

わが子への将来の投資!と割り切っても親には辛い投資。



<就職が無くGAPイヤーを取る>

イギリスも大学が多い為、イギリスでの仕事希望者がEU籍の人が多い為に就職も困難。

自分が行きたい会社が無い!やりたい事が無い!と大学院やマスターコースへ進学も多い。

GAPイヤーを取り、あちこち旅へ出る人もいれば、違う国でバイトをする人、奉仕活動をする人 さまざまだ。

ここでも取り合えず大学院へ・・・と言う子供も多く 一生 学生で社会を知らず人生が終わるんじゃないか?とい人もいる。

確かに大学院、マスターコースへ行く人の就職率は高い。


GAPイヤーを取ると、リスクが高いので進めていない私立高校も多い。

リスクが高いとは、毎年 大学レベルが上がっている為に 先延ばし後 勉強に追いつかず退学するケースや体験型GAPイヤーを取っている生徒は目的がある為に評価はされるが、自由形GAPイヤーになると厳しいものがある。

GAPイヤーの申告は、進学する1年前に通告し合格した大学を1年先延ばしをする為に 大学側が戻ってきてもいい様にスペースを確保している。

なので、GAPイヤーは突然には取れないので要注意。

その他 浪人を入れない大学もあるので きちんと調べる必要がある。



<職人を目指す>


イギリスは古き よき物を残し伝統を守る為に多くの職人の仕事がある。

モザイク・タイルをする職人の仕事に私は驚いた事があるが、100年前と同じ再現が出来る人間の凄さに驚いた。

ナショナル・トラストと呼ばれる国が指定してある建築、絵画、古書、銅像、などの修復者の仕事も素晴らしい。

見本で言うなら宮工大が有名だろう。

物を作り出すクリエイティブな世界も大切な仕事だ。




次回はプロ選手の話し。



















































































































































































 









































 
























































 





























コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プロを育てる。エンターテーメントの世界~イギリスの演劇より~

2017-02-05 11:10:29 | Weblog
2月6日


イギリスの教育プログラムには「演劇」がある。 

「ドラマ」と言う言い方をする。

(ドラマの授業を取り入れている学校が多く学校クラブなど)

イギリスと言えば誰もが「シェークス・ピア」と思うだろう。

この国ではエンターテーメントを育てる意識の高さは幼少期の頃から身近に存在をする。

この「演劇」だだ「劇」をしているのでは無く

将来に大きく繋がる事を知った。

そう

対人関係の緊張を取る、社会でのプレゼーテンション能力を高めるノウハウの学習方法も言われている。

いかに、その場の空気を読み その人のプレゼン能力を頭に入れるか?は重要なポイント。

ドラマ子役の子供達が堂々としている背景には このノウハウがきちんと生かされているからである。

我が家の娘は学校の演劇から面白くなり10歳から劇場の演劇に通っている。

理由は色々な役の面白さ、舞台衣装好き、そして一番は多くの映画を見ている。

気に入ったものは何度も見て台詞を全部覚えてしまうくらいにハマっている。

日本には あまり聞きなれない劇場お稽古(レッスン)は国、市が運営のサポートが多い。

※イギリスのお稽古の支払いはタームごと。(学期ごとの支払い)

演劇には、道具も必要ではないので 誰もが気軽にお稽古できる。

日本なら歌舞伎座で将来の役者、演奏者、演出家なんかを育てる感じだ。

例えば劇団四季。

こちらは劇場を持つ劇団の1つでも有名である。

入るまでにもオーディションをし、合格し後は歌、お芝居、ダンスのカリキュラムを勉強しステージに立つ。

演劇を目指すなら、誰もが入りたい劇団の1つだろう。

イギリスにはエンターテーメントを目指す学校も多く義務教育と一緒にしている学校、大学の資格も取れるシステムなどもあるり、多くのエンターテーメントの学校はテレビ局、映画会社、雑誌との繋がりがありオーディションも受けれるシステムとなっている。

まさにプロを育てる登竜門だ。

例えば、子供が多く出演するミュージカル アニーやビリーエリオット、スクール・ロックなどの子役などは、劇場劇団、バレエスクールからのオーデションも多く、オーディション番組などで踊るバックダンサーもブリッド・スクールからの生徒を起用したりしている。

イギリスツアーのお芝居となると勉強支障が出てしまい、地方で生活にあるケースも多い為に、主役には何人もいて、交替でスケジュールが組まれている。

本気で将来プロを目指すシステムが完全に作られており世界に通用するスターの育成が完璧だ。

表舞台で活躍をする人もいれば、将来の道が変わり演出家、シナリオライター、演劇指導者、舞台美術になる人も少なくは無い。

劇団員だからこそ出来る仕事はある・・・ってこと。

イギリスで一番有名なのは「ロイヤル・バレエ」ではないだろうか?

娘は演劇のほかに、ダンス、歌、ピアノ、ステージに立つお稽古には欠かせないレッスン
(ピアノは音感に慣れる為)

歌のお稽古はクラシックのオペラの基礎。

音階の勉強、発声、ドイツ語、イタリア語、聖歌隊の簡単な歌を学び ミュージカルでの歌はポップスターのような声はNGとされている。
(ちょっと変わった特徴がある声を出して歌う意味)

子供の頃からの歌の練習は声帯の問題もあり、中々思うように声が出ない事に苦労し挫折を繰り返した。

子供のレッスンと 大人のレッスンの違いは声変わり。

特に男の子は思春期になると声が変わってしまう事もあり役所も大変。

そんな事もありミュージカルコースは14歳以上~に指定にする所も少なくは無い。

娘はミュージカルコースも学んだが、彼女は舞台演劇がお好きみたいだ。

シニアクラス(13歳以上クラス)くらいになると、発表会の演出、シナリオは生徒達で考える。

文章力や言葉の表現力、チームワークが必要となる。

先ほど

ピアノのお稽古は音感に慣れる為と書いたが、もう一つは語学力を高める為にある。

知人のピアニストは3、4ヶ国語の言葉が話せる。

ピアノは語学能力を広げるメロディーと同じだ!と言われた。

音から入る語学が自然に耳に入る・・・と言うこと。

確かに楽器を使う人に語学力が多いのも納得する。




「ドラマ」には多くのジャンルが存在する。

テレビ、映画、舞台、ミュージカル、シェークス・ピア劇(クラシック)ラジオ(声だけの表現演技)

どれをするかに寄って表情や体の動きなどが違う・・・と言うこと。(奥が深いですね~)

これが全てできる役者は「カメレオン・俳優・女優」と呼び

1つの役だけを演じるだけでは無く、話す言葉(アクセント)にも関係するので本物の役者魂と情熱はすごいんです。

イギリスでも、クイーンズ、ロンドンなまり、イギリス南部、北部、スコットランド、北アイルランド・・・とアクセントも違う為にアクセントの練習にも厳しいです。

ハリウッドの役者さんもイギリス映画に出たい為にイギリス発音の練習です。

有名俳優ジョニーデップは その内の1人。

彼のイギリスアクセントは、かなりのものです。本人も好んでいるとか。

自分なりのキャラクターを作ってしまうと、イメージが強くなり 他の仕事が来なくなる為に、多くの俳優さんは、連続シリーズはやりたくありません。

その中でも有名作品は「007」シリーズです。

確かにイメージが強すぎる役ですよね。

あのハリーポッター役のダニエル君は、うまくハリーと言う役から脱出できた1人です。





さて、

中にはお芝居、バレエなどで留学を考えている人は 日本人はきっと居るはずです。

イギリスでは16歳以上~から寄宿舎(寮生活)を儲けてる学校も多く留学するにあたり一番の条件はネイティブな英語が話せることです。

ビザも大変厳しくなり才能だけでは入学も出来ず英語力があるか?もポイントです。

イギリスでは子供に対するルールが厳しく未成年者でも中学生からの留学が出来る場所が決まられており親子同伴ビザ、もしくは完全寄宿舎があるような所でしか受け入れはありません。

たまに、15、16歳がヨーロッパやアメリカに1人で横断し独学で学んで来るお子さんもいらっしゃいます。
これは絶対に真似してはいけません。

経験で・・・と言う親御さんおりますが見知らぬ土地で犯罪などに巻き込まれたりするケースもありますので、必ず現地と何処の会社が提携をしているのか?確認をする事です。

留学先の学校斡旋をきちんと調べる事も必要です。

そこの運営が私立か?公立か?と、お金目的なモヤモヤ経営の所もあります。(他、欧州)

新設校となると、現地の子供よりも多くの外国人を入れるケースもあり外国人中心とした学校運営は、あまり言い感じではありません。

外国人が多くなり、グダグダする教師も出始めるケースもあったりします。

留学し本気で将来を目指しているのに これは ちょっと困りますよね。

イギリス大学の留学にても、EU価格、EU外価格と大きな違いの学費が発生します。

今の段階ではイギリスはEU脱離後の学費問題は大きな課題が残されているのは事実です。

留学をする前に、サマーコースなどに参加し どんな感じなのか?の体験を一度すると良いでしょう。


ちなみに・・・・。

今、イギリスのドラマのブームはネットフリックスの「クラウン」です。

いや~これ、イギリス王室の歴史ドラマで、ネット配信ドラマなのですが大ヒットし、シリーズ化となってしまいました。ネット配信の為に世界中で見ることが出来ます。

民法放送よりも予算が多い為に、映画なみの迫力があり、実は このプリンス役は娘の友達です。

このドラマ出演者にも徹底しこだわりも半端じゃなく1シーンカットの為にイギリス中の子役探しが1年前から始まりました。

皮肉にもイングランドには純粋な英国人の顔が居ない為にスコットランドの私立の学校にオーディションをお願いしました。

そう、北に行けば行くほど移民や外国人が少ない・・・と言うこと。
(歴史ものとなると、しょうがないですがね。)

条件
※ 見た目がロイヤル ←もう、最初からすごい条件です。(汗)

※ブロンド、ブルーアイズ

※ 話すアクセントはポッシュなイングリッシュ ←ようするにクイーンズを話す。



プリンス役の子・・・・。

ドラマなんて、していません。(失笑) 見た目オーディションで決まってしまったんです。

こんな幸運な持ち主もいるんですよ。

撮影現場では1日長かったとボヤいていましたが、すごい体験が出来たのは事実ですね。












































































 























コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Clean Bandit - Rockabye ft. Sean Paul & Anne-Marie [Official Video]

2017-02-04 18:50:32 | Weblog
Clean Bandit - Rockabye ft. Sean Paul & Anne-Marie [Official Video]
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マックが変わった!? イギリスより~

2017-02-04 09:14:26 | Weblog
2月4日


2?年振りに、マックの商品を口にしました。

ジャンクフードとは縁が無い私ですが、

息子が 

「マックのアップルパイとフレンチフライが食べたい」と言うことで

買い物の帰り道に新しく出来たマックへ・・・。


えーーーーーっ

何とタッチパネル式になっているではありませんか

レジカウンターは2台。

タッチパネルが2台。(両面式使用可能)

オープンカウンター形式で、従来のマックとは大違いです。

タッチパネル式はカードしか使用が出来ません。(クレジットかデービットカード)

会計後にオーダー番号の用紙が(レシート)が出てきます。

その後モニターで番号が呼ばれるシステムです。


従来のマックなら、長いカウンターのイメージがありますが コンパクトさが清潔なイメージに感じました。

レジ打ちをしている従業員よりも、オーダーされた商品を詰める従業員の数の方が多いかもしれません。

ちょっと前にアメリカでの自給を15ドルに上げろなんて、デモ運動がありましたが

いやいや、このタッチパネル使用の方が全てがスムーズであり物が準備されるまで早い事にも驚きました。

世界のマックで一番高く、時給も高いのがノルウェーとスイスです。

その中でもダントツ ノルウェーで食べるマックが高いこと・・・・

子供達が買い食いするレベルの金額じゃ~ありません

ちなみに時給は日本円にて2000円。

ノルウェーの物価の高さが分かりますが、このシステムが導入されたら人権削減も可能です。

時給を上がるならタッチパネル方式は徐々に、あらゆる所に浸透してきます。

今では当たり前のようになったスーパーのセルフ・レジ。

クリニック(診療所)の受付もタッチパネル式となり、病院の窓口で働いている人は予約の受付をする事務数名しかいません。

もちろん、外国人や老人にも分かりやすいタッチパネル方式です。

銀行も同じです。

どんどん店舗の閉店が相次いています。

大きな郵便局でさえ、セルフ・レジがあります。(自分で送り先をパネルに記入し重さを量る)

世の中が便利を求める追求は社会全体がIT化に確実に進んでいます。

私の知人はロンドンの中心部で勤務ですが 買い物は わざわざ店まで行かないと話されました。

行くのは勤務地の近所になるサンドイッチ店くらい・・・と。

観光客があふれるロンドン市内で、混雑している中での買い物よりも ネット注文して配達して貰った方が余程効率がいい・・・・と言います。

だから、今流行の店なんて まったく知りません。

そして相次ぐのは、本屋さん、DVDなどを取り扱う店の閉店です。

今ではレンタルビデオ店はありません。

私はイギリスの本屋さんの空間が大好きで時間があると立ち寄ります。

本だけでは無く、カフェがあったり 面白い雑貨があったり、珍しい、センスがあるアート本、子供の絵本は素敵な物も多く発見が多い場所

プレゼント、お土産に なりそうな商品の穴場ではないでしょうか?

手に取ってみるも大切です。




マックで買った 熱々のアップルパイ・・・。

サイズが小さくなり、ちょっとがっかり。

物足りなさがありますが、やっぱり マックのアップルパイは味も変わらず美味しいのは◎です




































































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

セカウンドハンドの話し

2017-01-27 13:59:24 | Weblog
1月27日


イギリスの1月は大セールです 

セールで自分のお気に入りが変えたら掘り出し物です。

先日、クリスティーズにてエルメスのバックのオークションがありました。

そう

あの超有名高級オークション会社のクリスティーズでもエルメスバックのオークションがあるんですよ

エルメスのバックがオークションになる理由には店で「手に入らないから」だ、そうです。

いや~、エルメスのバックがクリスティーズとなると格式高いですね。


イギリスでのセカウンドハンドと呼ばれる商品には税金が掛かりません。



マジすかっ それっ

実は最近知りました。

アンティークも宝石もです。

その理由が、最初の購入者が税金を払っているので、セカウンドハンド(第二、第三者)の購入者は払う必要が無いとか。

なので、セカウンドハンドで売られている商品には税金はありません。

確かにセカウンド商品に税金が掛かるのはおかしな話ですよね?

日本の某ブランドリサイクル店のサイトを見ると「税込み価格」と書かれていました。

同じ商品に対してW税金?え?それは店側の売り上げか? 謎が多い・・・・

例えば、イギリスの宝石店セカウンドハンド店。

イギリスには多くのアンティーク宝石店があります。

外観は ちょっと古ぼけ感はありますが お宝が眠っているんですよ

本物か?盗難品?と、疑うにもありますが かなり念入りの調査が入りますので品物に関してはブランド宝石店の店員さんさえもセカンドハンド宝石店はあなどれない・・・と言います。

その理由はクオリティーが高い・・・って事です。

先日、見せてもらった15カラットのブレスレットダイヤモンドには度肝を抜かれましたわ

これ・・・。

ロンドンのボンドストリートの宝石店で購入したら・・・・。

マンションが買える価格じゃないか

ひゃーーー

イギリスにも多くの鑑定士さんがいますが、鑑定士さん同士で 再度本物かどうか?の確認があります。(でしょうね)

高額な商品となると どんなプロでも見落とす事もありえますから。



とあるアンティーク店にての話し。

ある女性がイギリス観光中に、妹さんから頂いたブレスレットを落としたそうです。

かなりショックを受け、この女性は 頂いたブレスレットと同じ物を探しはじめました。

空港に向う途中、この店のショーウィンドにて似たブレスレットを発見

まさかの?まさかで、その彼女は店に入りブレスレットを手に取りました。

値段を見て仰天。

その輝きの値段は200万円。

この女性は、店員さんに自分ストリーを話したそうです。

大事な妹からのプレゼントを旅の途中で無くしてしまい、合わせる顔が無いから、似たもの商品を探しています・・・。

しばらく話を聞いていると、その似た商品とは「スワロスキー」

思わず、店員さんは

そりゃ~お気の毒に・・・としか言えなかったとか。(でしょうね・・・失笑)

日本にある某リサイクル店じゃ 想い出で話しにプラス金額を提示していますが 

いや~ このイギリスでは まったく通用しません。 

しかも、この女性が店員さんに言った言葉が

「輝きが同じなんです」っと。

ま、スワロスキーなくらいな透明感があるダイヤモンドって事ですよね。


ヨーロッパは 沢山の宝が眠っている国。

ブラブラとお宝探しはお勧めですが

蚤の市や、アンティーク店へ行く時は 素敵な装いではお勧めできません。

スリの対象にもなり 外見でお金を持っている人?と疑われるます。

値段が きちんと書かれてる商品に関しては問題ありませんが、中東などで売られているラグなどには値段があって無い物。

「人を見て値段を決める」と言われています。

なので、購入する時には値切れるか?の交渉です。

これが唯一の楽しみ?とも話された事がありました。



ちなみに・・・・。

私は ドイツのアンティーク屋にて 思いっきり商品すり替えられた経験から商品確認には厳しい目を持つようになりました。

だます方もプロですから。

客の前で、商品を包まないのは 一番危険。

包まれたら、その場で再確認をするくらいの気持ちが必要です。

旅先でだまされるのはイヤですよね






































































































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

それはありか?なしか?

2017-01-03 11:05:19 | Weblog
1月4日


知人の新年のご挨拶にて・・・・

新年早々 夫婦喧嘩が勃発したそうだ。

こんなめでたい日に限り・・・元日から夫婦喧嘩とは、1年が思いやられる。

これでは、福の神ですらも 近寄らない。

事の発端は「初売り」

確かに、初売りやセールになるまで家電や家具などを待つ家庭は多いはず。

だが

本当に欲しい商品なら事前に数件の店をリサーチしたり何処のメーカーが欲しいとか調べるはず。

今なんて、ネットで口コミも簡単に調べる事も簡単だ。

その場で、決めて即決してしまう買い物にも疑問があるが、なんと決めて買ったのが5年前の中古の某メーカーのドラム式洗濯機。

今まで使用していた洗濯機が壊れた訳でなく、ドラム式が欲しかったようだが、

その破格な値段にも驚いた。


中古 5年前 某メーカー 2万8千円。

マジかよ~。大丈夫か~????

例えば、5、6年前の中古の○ンツが10万なら買うか?と言う話と同じだ。(ゾワッ

もしや・・・いわく付き家電か
(家電にはいわく付が無いとも言いますが・・・)

後は価値観の問題です。

知らない人が試用していた洗濯機が使えるか?です。

ちょっと気持ち悪い気もします

例えば

ジンクスで、離婚した人が使用していたものなら、ちょっと縁起も悪い感じもします。

ま・・・あくまでも個人的な意見ですが。


欧米での洗濯機は全てドラム式。乾燥機も付いているのもあるが乾きが遅く、乾燥中に他の物の洗いが出来ないので それと別に乾燥機を買うケースがほとんどだ。

我が家のドラム式と乾燥機は別々に購入している。

例えば、パリでは外観を損なうので バルコニーから洗濯物を干すのは違法とされているしドイツや北欧も家の地下にはユティ二ティールームと呼ばれる洗濯干し部屋と言うのがある。

イギリスでは庭付き家なら外に干す習慣があるが、大都会のアパートは流石にそれは見当たらない。パリと同じで外観の問題で禁止をしているエリアもある。

その他は排気ガスで汚れたくない、花粉症だから乾燥機を使う・・・と言う感じも多い。

さて、

そのドラム式洗濯機。

日本の知人の家へお邪魔すると、よく拝見する家電だ。

確かに見た目はカッコ良いが、何で日本のドラム式は こんなに激高なのだ

20万近くする洗濯機なんぞ、見たことが無いっ

しかもサイズも大きく欧米で売っているものはコンパクトサイズが多い。

イギリスなら最高でも日本円で10万ほど。最新機能バッチリだ。

平均金額では6万~7万円台が売れてる。

もちろんメーカーにも寄るのだが、それくらい洗濯機市場の激戦なのかが分かる。

我が家も 去年 新しく購入したが イギリスでは配送、設置料金、回収、期限以外の保険はオプションとなっており、洗濯機の回収もお願いしているので数千円払えば処分もしてもらえる。処分する洗濯機は、業者が解体し部品はリサイクルになる物と分ける。

※この時点で、引取りの洗濯機の転売は禁止されている。

10年は使用したドラム式の洗濯機はモーターは壊れ、とびらを開けるレバーも破損し、修理の見積もりをしてもらったら新品を買った方が良い・・・と判断。
※プロペラタイプのドアレバーは破損する事が多いと家電屋からも指摘。

おまけに、10年前のモデルとなると廃盤商品も多い為に部品の調達にも厳しい。

ドラム式洗濯機の修理代が馬鹿にならず、業者を呼んで直す箇所、部品に寄って値段が違う。最新式の物になると、そのメーカー専用のエンジニアもいるので実は面倒もある。

購入して11ヵ月後に、新品 洗濯機のモーターが破損して無料で修理をしてもらったが、実はこれはマレなケース。

そりゃ~子供がいたら、毎日 洗濯機はフル回転。

何時、壊れてもおかしくは無い。


なのに、5年前の中古を買うのに疑問は無かったのだろうか???

矢張り、安さで購入? お試しで購入?

家電商品は4年のリサイクルと言うくらい進化がある。

売れる商品、売れない商品にも寄るが部品を残していないケースもある。 

それくらいサイクルは早い。

例えば洗濯機の機能を見るときには 何処を見るか?

欧米の大きな家電にはエネルギー表がありAと付いている家電はエネルギー消費が多く電気代も掛かる意味。だから価格が安くても電気代が掛かる。(なるほど~)

実はこれも馬鹿にはならない。洗濯機だけでは無く冷蔵庫にもある。

欧州の電気代は とてつもなく高い。(特に冬場が一番)

従来(欧米)のドラム式は洗濯機の時間が45分、1時間となっていたが 今では最短14分洗いも登場した。

もちろん、ドラム式洗濯機は汚れが落ち、節水もされている。

スポーツで汚した泥、シミ、なども あっという間に綺麗になる

そして、必ず1ヶ月には1度の洗濯機のメンテナンス。

実は、このメンテナンスをしていない家庭がほとんど。

ドラム式の漂白が販売されており、排水、カビ落としの専用洗剤があります。

専用の洗剤を買うのがもったいないな~と思うなら、使用している洗剤を入れ高温で回す事です。これでも洗濯機のメンテンスはOKです。

カビが生えない!と言うメーカーもありますが ヌメリも発生しますので 絶対にメンテナンスはする事。

洗濯後の窓はしばらく開け中を乾燥させてから蓋を閉めるのがポイントです。

使用後、すぐ窓をしめてしまうとカビの原因となります。

※蓋の溝に付いてるゴムからカビが生えるので要注意。(ここに水が溜まる)


っと言う事で中古の洗濯機が壊れない事を願いたい。


洗濯機なら まだ良いが車も要注意だ。年式で10年~中古車。

車の排気ガスが環境汚染に繋がる事で、エコに優しくない中古車のメンテナンスも高い。

最近はパリでもPM2,5発生にて車での外出を控えるようにのニュースには驚いた。

そう これはフランス人が乗るポンコツ車である。

フランス人はポンコツ車しか乗らない。(キッパリ) その理由は信じられないくらいのパリ市民のドラバーの交通マナー、駐車マナーだ。

私も、パリへ行く度に 信じられない光景に驚く。(免許あるのか???)

こんなんじゃ、高級車や新車なんかには乗れない。速攻でボコボコになる。

フランスでも製造から10年~の車には税金を引き上げに決まった。


イギリスの車の車検のケース

新車は3年車検が免除となり道路税のみ支払う。

4年目からは1年に一度の車検に通す。 保険会社の通知と一緒に支払いは郵便局かネットで払う。
これがセットにならないと許可が出ない。

ドイツ車などは内蔵されているシステムで1年に1度のメンテンスのランプが付き専用のメカ・エンジニアでのメンテナンス。(こちらは車検とは関係が無いので別料金)

先日にて・・・。

タイヤが磨り減り勝手にタイヤを変えたらディーラーから怒られたっ

イギリスでは石畳や道路の補正が悪い為に2年に一度のタイヤ交換まで言われている。

タイヤが磨り減り 車検屋から交換して欲しいと告知をされ タイヤは次回でいいや~~~。っと のん気に車を取りに言ったら車検が下りなかった

マジかよっ

こうなると道路税や保険が払えなくなるので もう一度 車検の入れなおし。ガーーーーーン

そして最低1年に一度の点検も必要となるが車検の点検と普通の点検が違う。

車検は国が決めている点検項目なので、それ以外の点検は一切しない。
 
ちょっと、未だにこの2つの仕組みが分からん???

ポンコツに乗れば乗るほどお金は掛かり1度の車検でも30万も掛かる車だってある。

おまけに車検の他、部品交換や道路税を払い保険だって必要だ。

おいおい、これじゃ 新車買った方がいいんじゃないか~?


イギリスの道路税は年式が古くなると支払いは高くなり ガソリン仕様か、ディーゼル仕様、電気仕様でも税金違う。(レウンジ・ローバーみたいな大型車は更に道路税が高い。)

さぁ、こうなると 車は何だって良いと言うような訳にはいかない。

年式が古くなれば車も安く購入だが車検と道路税の激高覚悟だ。

おまけに、車を破棄する場合(廃車)これにもお金が掛かるのだ。(ひゃーーーっ)

まったく いい事が無い。

ポンコツ車が長いと愛着がわいてしまう話を良く聞く。

イギリスに駐在となり、わざわざ日本から車を輸送する人、 もしくはイギリス駐在での思い出で日本へ持ち帰る人・・・・。

やめなさい。

イギリスに到着、日本へ到着後の話しのトラブルは多く聞く。

ちなみに輸送代は100万くらい掛かる。(これは輸送した知人 数名の話し)
※現在は関税も掛かるかも。

ゲージがマイルとキロと違う為に輸送後ストップされ到着しても すぐに車の仕様が出来ない。(ゲージの交換、手続き、保険や道路税などで)

もう一つは、故障をした時に直せるメーカーがあるか?だ。

知人は某フランス車を持ち帰り、輸送後 エンジンドラブルを起こした。

ディーラーに問い合わせたら、日本では その車の取り扱いが無い為に 泣く泣く廃車にしてしまった。

その逆もあり、日本車は何処の国でもあるから 故障しても直せると思わないほうが良い。

海外仕様車は違うケースも多い。

安物買いの銭失い・・・。 

ほんと嫌な言葉ですが、中古を買う前には調べることですね。





















































































































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イギリスの初売り~♪

2017-01-02 17:21:19 | Weblog
1月2日


明けましておめでとうございます。

今年もオリーブのブログをよろしくお願いします


さてさて


新年と言えば初売り~

お年玉を貰い、何を買おうかな~・・・なんて思っていませんか?

イギリスではクリスマスの翌日の26日ボクシング・デーから初売りに入ります。

もちろん目玉は某有名ブランドのセールです。 

50%オフと嬉しい悲鳴

きゃ~~~~~っ

あのバックも?あの財布も?ル○タンもと言うくらい出血大サービス

一番は、化粧品のセールがかなりお得だ。


日本では

元日にさい銭以外のお金の出費は その年は浪費する・・・と言う言い伝えがありますが、
(ちょっと・・・矛盾なような気も・・・

新年にお金を使うからこそ、お金は入る?と個人的には思っております。

だったら、元日の営業での初売りはアウトじゃないか~????

新年に買うからこそ、福が笑うのです。(キッパリ)


ここ2年前くらいから、イギリスのセールが少し変わりました。

毎年、ハロッズでの恒例初売りセールには多くの客が並び、開店と同時にお目当ての場所へ走り、現地レポーターが

「すごい人です」と言って居たが

最近は並んで購入者も減ったような気がする。

その理由は、「メンバー様 先行セール」と言うのを どの店も始めたのだ。

セールになる3日前から顧客のみだけのネット販売。

メンバーじゃ無い人はデパートへ足を運ぶのですが、セールになるバックや、財布、靴は 何だが売れなかった物?が陳列されており、ちょっと がっかり。

その理由は・・・。

中国人です。

初売り物に縁起がある・・・と言われているので、一番の売れ筋は財布です。

1つ、2つ、3つ・・・と手にしたら欲しい商品選びまで絶対に3つとも放しません。

これでは、他のお客様に迷惑です。

今まで、定番商品もセールになっていたのですが爆買いを避ける為に セール商品も減らしているのです。

時代の流れでネット販売と思いますが、実は中国人は未だに現金払いが多くネット販売でのお買い物こそお得が詰まっています。


<クリスマス前に見ていたが、クリスマス後に値上げした商品>


クリスマス商品販売にて、あるある話しです。

販売サイト先が予測していた以上に売れた商品を数千円上げるケースです。

もちろん小売店に見られるケース。


<某有名ブランドセール>


いろんなブランドがある中、絶対にセールをしないポリシーを持っているブランドも多いです。

ポリシーに違反してセールをする小売店は怪しい・・・・。

偽者も疑えくらいで買いましょう。

本家がセールをしないのにも関わらず、小売店やセレクトショップがセールをするのは実は違反。 そもそも、販売価格から上乗せをしているからセールがある事を頭に入れてください。

例えば某ブランド靴が定価98000円。セールで6万6千円と言う商品。
この金額は、元々は6万6千円で販売と言う意味。

円高なのでっと言う甘い言葉なので要注意!

本来は、円高なら全ての輸入品が下がるはずなのに それを あえてしない店。

それでも消費者が多い証拠です。



<イギリス人が必ずセールで買う物とは・・・?>


今年(2017年)用のクリスマスカードとラッピングペーパー。

クリスマスを過ぎると売れ残ったクリスマスカードやラッピング関係のセールもあり ラッピングペーパーは50Pで販売もあるので かなりのお得商品。
こうして、次回のクリスマスの準備は すでに始まっているのです。


クリスマスの絵柄が入っているのもは、お菓子でも全てセール!

チョコレートなどは賞味期限が長いので買い溜めもお得


12月25日、1月1日のスーパーのお休みがある為に、野菜もセールになるお店があるので要チェック主婦にはありがたいですね。



何気に、ブラブラとデパートを物色し お目当てのもを見つけられたらラッキー

イギリスは欧州から買い物客が多い為に早く品切れになる事も しばしば。

ブランド買い物の穴場はアムステルダムです。

EU内でもユーロの価格も かなりお手軽で ブランド商品も揃っていアムステルダム。

オランダ国民のブランド意識が薄い為に、かなりの確立でお目当て商品も手に入ります。

パリの老舗ブランドは本家のフランスで買うよりも値段はお得とも言えます。


残り物には福がある

っと、イギリス国民の購買力は止まりません~。

























































































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

購入不可!エ○メスバック!?

2016-12-15 12:26:51 | Weblog
12月15日


さあいよいよ来週はクリスマス

何をプレゼントしようか~なんて考えていませんか?
 
今更・・・リクエストを出しても本当に欲しい商品は手に入らない物です。

先日こんな番組を見ました。

ロンドンに住む豪富のクリスマスは、とてつもない金額を落とし、欧州に住んでいる豪富も何故か?お買い物商品はイギリスにオーダーするそうです。 

クリスマス・ディナーは3星レストランの貸しきりも多いとか。

なので、ロンドンでは豪富による豪富の為のビジネスが非常に多い。

1年に一度のクリスマス・・・。

そう

イギリスのクリスマスはド派手なんです。

この国でのクリスマス・ギフトは1つではありません。

何個も、何個も買い 小さなお菓子から本命まで全てラッピングしてクリスマスツリーの下に飾ります。

ハロッズのウエブを見ても、この100万円(日本円で)詰め合わせ・・・誰が買うんだ~と言う商品ですらも、豪富は惜しまずお買い上げいたします。

クリスマスはケチらずお金を使うはイギリス流でございます。

さて

このシーズン、クリスマス商品目当てに欧州へ旅行へ来る方も多くパリの某ブランド御三家の前では列が作られております。

入場制限を設けているので、普通に中に入り買い物が出来ない状態であり 1人の客に対して接客するのがパリ・ブランドです。

某ブランドに寄っては、入場できる券を配り時間指定がされています。それを逃すと店に入れないシステム。

列に並び、時間券を貰っている客は ほぼ中国人。

80年代のバブル時代の日本人を見ているようだ・・・・と話されました。

もちろん、並んで「はい本日分はおしまいです~」と、かなり意地悪な某ブランド店もある。

おまけに、某ブランドへお買い物に 中国で爆発人気ブランドのM○Mのバックを持って参上と言うには思わず失笑。

あ~・・・確かに日本も流行ったよな~。

ほんと、ブランドの流行まで足跡が同じ?にもウケてしまいました。


観光客の中でも、せっかくパリに来たからにはエ○メス本店にてバーキンが欲しいと思うマダムが一番多いとか。

実は、欧州では この 幻~バックのバーキンは手に入りません。残念ながら。

店頭にも一切出していません。

今、このバックのオーダーは受け付けておらず入荷日、サイズ、色、素材、どの店頭で販売かも秘密となっています。

そんじゃ~なんで芸能人が多く持っているんだ?と思いますよね。

もちろん、それは芸能人だからです。

こんな秘密なバックが、何故 セカウンド・ブランド店にて多く見られるのでしょうか?

実は正規店ですらも、首を傾げるんです。

ここからは、信じるか?信じないかは?貴方次第のファンタジーなお話です。

私も、地元にある セカウンドハンド店にて エ○ルメスのバーキンを見た事があります。

ショーケースから見るバックは見た目は本物です。 手に取るまで勇気が要ります。

買わなくちゃ行け無い感? 自分でも鑑定したい それも下品な好意だ。

私は一度、某セカウンドハンド店にてアホな事を聞いたことがあります。

「これって、本物ですか????」って。(笑)

正に直球です。

もちろん、「はい偽者です」とは言えません。

私は、そこで言いました。

「ね?値切れる?」って。(笑)

流石に、店員さんも苦笑いし あたふた

値切れるなら買うだだ、値切れないなら買わないの駆け引きをし、

3000円ならディスカウントと乗ってきましたがディスカウントの価格が低い為にキッパリお断りをし店を出ました。

なんて嫌な客だ(爆笑)


某ブランド店の従業員はブランド検定や資格がある訳では無いので働いている自分達も本物の見分け付かない巧妙な作りが多い中、本物だと確信できる自信がすごい・・・と話されました。

要するに、正規店で買わないのは ぼぼ偽造を疑った方が良い・・・と話されました。

まったくごもっともです。

その偽造物に100万円出せますか?です。

正規店は保証があり、某セカンド店ではありません。

ギャランティーカードを出すブランドと出さないブランドがあります。

偽者だと知らず買い お直し、修理が必要となった時に正規店へ持ち込み、偽者だと知ると修理は出来ません。

そこで、お断りされたら・・・・と思うと 恥ずかしいものがあります。

もう一つは、セカウンドハンド店で買い正規店で鑑定お願いしますと言う客も多いとか。

従業員が まず先に客に聞く事は

「どこの店舗でお求めですか?」と聞くそうです。

ほ~っ・・・・なるほどね。

こう言う対応ですか。

確かに購入先の店舗が スラッと言えないのも ちょっと厳しいものがあります。

そこで、知人が本当にエ○メス本店にてバーキンが購入でききるのか?潜入してきました。


店員に 即 「バーキンありますか?」と話すと キッパリ「無いです」と言われます。

ハロッズ内にあるエ○メス店ににても、2組ほど 聞いていた人がいます。

仮に裏の在庫にあっても「無いです」と言います。

買いやすい方法は、(←あくまでもファンタジーで!)

1 夫婦同伴がポイント。

女性だけでのお買い物は (顧客ならともかく)金額設定も低く バーキンを買うのにも ワンクッションが入ります。

よくありがちな、「考えます」「また来て見ますね」の一言です。

バーキンは待ってくれません。

あっと言う間に よその子になってしまします。


2 欲しいバックが無かったら店員さんに名刺を渡す。

バーキンが買いやすい方法は、店員さんに顔を覚えてもらうか顧客になる事です。
御主人が勤務している会社の名刺なら効果は大です。
(会社名、役職のタイトルが大きければチャンスは目の前です)

例え何百万のバックを購入しなくても、何かの商品を買えば顧客リストに入ります。

私は、シャ○ルとヴィ○トンの顧客リストに入っており、ちょいちょいメイルが入ります。

今、完売しているバックもリクエストをすれば世界中にある店舗から取り寄せも可能です。

支払いは電話1本です。

もちろんロッタリー(宝くじ)みたいな出会いもありファッションショーへのご招待もありえます。


3 店へ出向く時は、なるべく上品に着飾る。

イギリスのエ○メス潜入にて、豪富のマダムがチャレンジしました。

スッピン、服はヨレヨレ。

もちろん、門前払い。

この彼女は何個もバーキンを持っているマダムです。

そんなマダムさも店頭にて買えずショックを受けておりました。



4 何度も通う。


2で話した名刺を渡すだけでは無く何度も店へ通うことです。 そして何度も在庫があるか?聞くことで、店員さんは 「このお客様は本当に欲しいんだ・・・」と感じるそうです。

これは、実際に某ブランドで働いている従業員に聞いた話です。


さぁ、貴方は ここまでしてエ○メスのバックが欲しいですか?

最高級のステータスなバックは矢張り女性の憧れの1品です。

親子3代持つ事が出来るバック・・・まで言われています。

親子3代100万するバックは安いか?高いか?の価値観は持つ人しか分かりません。

いやいや、馬鹿みたい 見栄で買うなんて~っと思う人も居ると思いますが欧米の様にパーティーが多かったりすると意外と出番が多かったりもします。

もちろん、パティーに大きなバックは持っていけませんが。


欧米ではブランドセールが一番の目玉です。その中でも一番売れるのは財布。

中国でも初物には縁起があり財布を買う習慣があります。(日本とちょっと似ていますね)

欲しいな~と思ったブランド物は考えずに即決する事。

考えているうちに、隣の客買われてしまうケースも多く のちのち後悔します。


っと言う事で・・・・。

イギリスのセールは12月26日から開始

みな、鼻息荒いぞ~っ






































































































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Hillary Clinton Mannequin Challenge - Hillary Clinton Election Day 2016 - Jon Bon Jovi Mannequin

2016-11-14 20:44:01 | Weblog
Hillary Clinton Mannequin Challenge - Hillary Clinton Election Day 2016 - Jon Bon Jovi Mannequin
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Cristiano Ronaldo & Portugal | Mannequin Challenge

2016-11-14 20:39:03 | Weblog
Cristiano Ronaldo & Portugal | Mannequin Challenge
コメント
この記事をはてなブックマークに追加