スーパーロボット大戦.マクロス二次創作ブログOR日本史教官.長田義家。

マクロスやロボット大好きなブログです。二次創作などを主にやります。最近の政治的問題や最近の出来事も更新します。

第14話 触れ合いの月面

2017-03-07 13:03:11 | マクロス外伝VOXPストライクウォーズ
祐率いるブレード小隊と護衛対象であるローラは月面アポロ基地VF-X施設に行き、VF-Xシーアンタレス隊長星村和也の元を訪れた。
一体何のようか理解できずにいた祐だが、ローラと一緒に部屋に入ろうとした所.部下であるメルトラン.ミアンに静止される。

態度のきつく険しい態度でなんかムカつくような素振りを見せたミアンに対し、祐は激しい怒りを覚え。
殴ろうと思い始め、それを察したミアンも祐に対し殴りかかる準備をした。

だが、絵里が突然現れ二人を静止する。
絵里の静止によりその場の気まずい雰囲気から脱する事になった。

                 カチャ

新条祐「あ.ありがとうございます。」

絵里はさっきの事で自分からコーヒーを祐に持ってくる。
祐だけではなく、クレアとケイルも貰っている。
コーヒーを飲むとなんか甘い・・・・・・・コーヒーだがチョコレートが入っている。

なんでコーヒーにチョコレートが・・・・・・・・

チョコレートだけならばマシだ、入っているのははちみつである。
それに普通じゃない量の・・・・・・・・・・
口の中が甘さに支配された・・・・・・

ミアン「副隊長、またですね。」

星村絵里「いやぁこの甘さは地球に帰化した時に感動しちゃってね~」

ゼントラーディのお二人も飲んでいるようだが、べ~となる気配がない。
流石、戦闘に特化した人種だけある。
しかし・・・・・・・・この味は答える・・・・・・甘ったるい。

新条祐「星村中尉。」

星村絵里「なぁに?」

新条祐「あなたの部下もメルトランですが・・・・・元同僚ですか?」

祐は絵里に部下でありメルトランであるミアンと同僚かどうか聞いてみた。
もしかしたら、ミアンが彼女の部下にいるのも同僚が故かもしれない。
そんな風に考えていたが、絵里から帰ってきた言葉に予想を裏切られる事になる。

星村絵里「ミアンは私の部下じゃyないわ、別の直衛艦隊に所属していた。・・・・・我々の世界で言うライバル。ボドル基幹艦隊戦では、だった娘よ。」

ミアンは絵里と同じ直衛艦隊に所属していない、まったく別人。
それにボドル基幹艦隊戦では敵同士だったと言う事実。
一体何があったのだろうか・・・・・・・・
祐は更に質問しようとするが・・・・・

ミアン「私はルン・アラン艦隊の兵士として副隊長と対峙しましたが、その話は・・・・言えません・・・・・」

ミアンが先回りして祐の質問のネタを封鎖する。
この女は・・・・・・・
祐は質問できなかった事に関して苛立ちを覚えた。

星村絵里「ごめんなさい、彼女にも深い事情があるから・・・・・・・・それに彼女の上官はあの戦いで行方不明で・・・・彼女の部隊は・・・・・・・」

ミアン「・・・・・・・・・・・・・」

その苛立ちを感じた絵里は彼女が言えない事情を説明する。・・・・・・
ミアンの所属していた部隊は彼女一人残して行方知らずになった。
その影響でかなり傷ついている。

新条祐「そうだったんですか・・・・・・すまいません・・・・・・」

最後まで絵里は言えなかったが、そんな流れでそんな事情があったのだろうと理解し。
祐は謝ってしまう。
ゼントラーディ人も人間である、傷つく感情だってあるはずだ。

ミアン「別にいいです、私は気にしていませんから。」

祐と絵里の配慮に対しミアンはこう呟く。

星村絵里「私達ゼントラーディ人もいろいろ苦労したからね、いろいろ。でも地球人と接触した事で失った事もあるけど、そのおかげで文化とかおいしい食べ物とか出会うこともできたし・・・・後和也と結婚できたし。」

絵里はさり気なくこんな事を独り言のように言ってしまう。
さっきの真面目さとそれを感じさせないような明るさを交えながらも・・・・・
その独り言をきちんと聞いていたクレアは・・・・・・・

クレア「あのすいません。」

星村絵里「なぁに?」

クレア「どのような経緯で今の旦那さんと結婚したんですか?」

絵里と和也がどのように結婚したのかと聞いてきた。
突然のクレアの質問に対し一同はぽかんとする。
その質問を聞いていた絵里は薄ら笑いをして。

星村絵里「ミリア1級空士長とジーナス大尉と同じ経緯かな、私はオセアニア軍管区に配属された後。翌年に月面アポロ基地に転属になり勤務する事になったのよ。そこで新人だけど凄く優秀なパイロットがいると聞いて・・・・」

絵里は和也と結婚した経緯を話し始める。
赤裸々に話すのが普通だが、絵里の場合は淡々と話す。

クレア「それで・・・・・・」

ケイル「クレア、俺の顔をテーブルに押し付けようとするな。」

クレアは絵里が結婚した経緯を興味津々に聞き。
その興奮の勢いでケイルの顔をテーブルにぶつかる直前まで押させる。
抗議するケイルだが、興奮した乙女には聞こえない。

星村絵里「興味持ったので、いつか戦いたいと思って。偶然にも自分の所属部隊と和也の部隊が模擬戦する事になったのよ。当日、どんな腕前かと思ったが・・・・・それが凄い。天才的な動きで、エースである私を撃墜したのよ。その時悔しくて悔しくて、再選を望んで・・・・・・・」

クレア「それは・・・・・・・・・」

星村絵里「あ~ん、それはひ・み・つ

クレア「えぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!」

最後の所は絵里が色仕掛けのような言葉遣いで秘密と言うことでそこで結婚した経緯の話が終了した。
これからいいとこになるのに結婚した経緯を終わらした事にクレアは不服とし・・・・

クレア「納得いきません、続きをお願いします。」

星村絵里「これ以上は無理なのよ、だって~お義父様とお義母様の説得はトラウマだから~」

とここから先の続きを話すことを要求。
絵里はトラウマだからと必死に続きを話すことを拒否する。
さすがにクレアの要求に対し根負けしたのか・・・・・

星村絵里「だけどこれだけは言っておく、和也はどんないい男の中でも強くて銀河一の最強のいい男よ。誰にも譲りたくないほののね

とこんな発言をしてしまう。
絵里にとってそれほどまでにいい男であり、一番好きな男である。
祐とケインそして質問したクレアは絵里の説得力のある声ではいと納得する。
ミアンはいつものことだと、若干笑って済ました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3月6日(月)のつぶやき その3 | トップ | 第15話 ブレードフライト »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL