スーパーロボット大戦.マクロス二次創作ブログOR日本史教官.長田義家。

マクロスやロボット大好きなブログです。二次創作などを主にやります。最近の政治的問題や最近の出来事も更新します。

可変戦闘機英雄伝説 太平洋の黒き鷹トム・マクガイヤ 中編+

2017-03-20 17:01:28 | マクロスオムニバスシリーズ
トムはその後友軍艦に救助されハワイ基地に到着した。
空母イズモは撃沈され、エカテリーナは消息不明だと聞いた。
イズモの乗員は救助されたが、エカテリーナの名前が名簿になく。
その報を聞いて激しい絶望感に包まれてしまった。

愛するべき人が消えてしまったのだから。

レオン「トム・・・・・・・」

親友であるレオンは黙ってトムの後ろを見るしかなかった。
今のトムは恋人が死んでしまった事実がある。
下手に説得したら逆に悲しむ事になるかもしれない。

ここは黙っておくしかない。

「おい皆来い!!」

突然一人の兵士が叫ぶ。
その声に応じて多くの兵士がモニターに集まる。
当然トムも悲しんでいるが、一応気になるので周りの兵士に呼応するように動く。
すると反統合系ゲリラ組織リーダー、アシモフ・カレードの姿があった。

トム「アシモフ・カレード・・・・・・」

レオン「反統合系ゲリラ組織赤い翼のリーダーだな、奴何する気だ?」

突然の反統合系ゲリラ組織リーダー、アシモフ・カレードの姿を映した放送。
一体何をするかと黙って見ていた。
だがその光景は驚きに変わる。

エカテリーナ『・・・・・・・・・・』

トム「カーシャ・・・・・・・」

カーシャなどの空母イズモの乗員が捕らわれていた映像が出てきた。
どうやら赤い翼に捕らわれているようである。
トムが思った事は・・・・・・・・・・・・・

トム「俺行きます。」

一人で助けに行く事であった。
誰もが映像に気がつかないでそのまま・・・・・

レオン「トム!?」

ブルック「どうした?」

レオン「トムがいねぇんだ。」

ブルック「あの馬鹿が・・・・・・・・」

親友のレオンが誰もが気がつかない中偶然にいない事が分かりブルックに報告する。
報告を聞いたブルックは馬鹿がと呆れ、すぐさま追いかけるようにモニターから離れる。

               ブォォォォォォォン

『おい、何をしている?脱走を銃殺刑と知ってやっているのか?』

トム「分かっている、これよりカムチャッカを襲います。」

『お・・・・・・・・・・・・』

脱走と思われてもおかしくない出撃。
当然、管制塔から警告の通信が入る。
トムは強引に通信を切り、カムチャッカ半島へ向かった。
ハワイからカムチャッカまで遠いが、なんとかして救わなければ・・・・
と無茶をする。

トム「案外遠いな。」

何処を見ても海。
陸地が見えない、それに一体何処を飛んでいるのであろうか?
なんか勢いよく出てきたら後悔する奴ってか。
でも・・・・・・・・・・・今更後悔するわけにはいかない銃殺刑になろうとなんだろうと・・・・・・・

「馬鹿が一人で飛び出すとはど言う事だよ。」

通信機から何か聞こえる。
いや何かではない、聞きなれた声だ。

レオン「よっトム。」

トム「レオン。」

レオンだ、バルキリーに乗っている。
それにレオンだけじゃない。

ブルック「馬鹿を一人戦場に出すのは指揮官としてできないんでな、ここは正規の軍事行動と行くぞ。」

隊長や先の戦闘を生き抜いた隊員までいる。
(トムが太平洋の地図を持たないでぐるぐるしていた間に、合流)
その後、カムチャッカ半島に行き無人島になったアッツ島に野営を取った。
その際、なぜついて来たのか確認した。

それは救出作戦をすると上が決めており、トムが勝手に出て行った事でハワイ基地司令官がある事を思いついた。
それは低空飛行で敵のアジトに接近し基地を襲撃、その隙に潜水艦から上陸艇を出し混乱に乗じて上陸すると言う事である。

トム「いいように使われたな俺。で銃殺刑はどうするんですか?」

ブルック「それは作戦が成功したら取り消すそうだ。」

脱走まがいの無断出撃に関する銃殺刑は作戦成功した暁に取り消すそうである。
なんとも軽い作戦であるが・・・・・・・・

ブルック「だが時間はない、タイムミリットが出ている。」

トム「タイムミリット?」

ブルック「あぁ捕虜は明日の正午までに処断するそうだ。」

トム「なんだって!?」

トムが勝手に出て行った後の放送では、明日の正午までに捕虜の処刑すると新統合軍に通達した。
要求もなしに処断、だがそれだけではない。
捕虜の救出に関する行動を取れば処断する時間が短くなる、統合軍を動けないようにするため。
明日の正午までとは、赤い翼の逃亡先に移るための期間。

レオン「既に位置は分かっているそうだ、偵察衛星によればエリゾヴォ(カムチャッカ半島の街)付近に奴らの地下要塞型に駐屯している。」

ブルック「そこを俺達はレーダーに反応しないように低空から強襲、基地内に侵入する。」

既に強襲して救出する案が出来ており、分かりやすく説明している。
しかし・・・・・・・・・・・・

トム「待てよ、救出する行動をとれば処断する時間が早まるんだろ?」

ブルック「そうだ。」

トム「俺達の行動がばれて処断が早まりタイムアウトしたらどうするんだよ!?」

強襲作戦に異を応えるトム。
正直、不安に感じカーシャを助ける事に自信がなくなった。
だが・・・・・・・・・・・・・

ブルック「一人勝手に飛び出してそれか・・・・・・・・・だったら帰って銃殺されて死ね。」

トム「なっ・・・・・・・・」

レオン「隊長さんよ・・・・・・・・」

ブルック「黙れよおら。」

レオン「はひ(はい)」

ブルックの表情は急に固くなった。
表情はすごく恐ろしく、話しかけようとしたレオンが怯んでしまった。
更にどんどん脅すように話を進める。

ブルック「時間が短くなったくらいでおじけつくとはとんだクズだな・・・・・・・お前はそのまま救出しないで黙ってみているのか!?どちらにしろ死ぬだけだぜ。」

トム「・・・・・・・」

ブルック「そのまま殺されるか、時間が短くなっても助けるか?さぁどっち選ぶ。」

どちらを選択するにしろ、人質が殺されるのが決まっている。
その事実をトムに伝えつつ、どちらを選ぶかを迫る。
トムはブルックの一連の発言を受けて精神的に追い詰めかれられたが・・・・・

トム「分かりました、やりますよ。短い時間内にカーシャを助けます。」

カーシャを助けたい一心で、後者を選ぶ。
黙って救出しないで殺されるよりも。短くなっても救出できるならばいい。
可能性は低下しようが、最後の力を出せばカーシャは助けられるかもしれない。
その思いがトムの心を動かしたのだ。

現在午前0:00 処断まで後12時間。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

可変戦闘機英雄伝説.太平洋の黒き鷹トム・マクガイア 中編

2016-11-07 21:31:43 | マクロスオムニバスシリーズ
西暦2017年
太平洋上でゼントラーディ軍の標準戦艦を発見した新統合海軍空母イズモは可変戦闘機部隊を発進させる。
トム・マクガイアらサンダー・ライト小隊も含まれていた。
2個飛行隊の32機の可変戦闘機部隊がゼントラーディ標準戦艦に向けて飛行する。
標準戦艦に向かう飛行隊にオペレーターからの通信が入る。

『各大隊へ、ゼントラーディ軍の標準戦艦スヴァール・サランはカムチャッカ半島に潜伏していた模様。』

トム「カムチャッカ半島だって!?」

トムはオペレーターの通信の中にあったカムチャッカの用語に反応する。
カムチャッカ半島は統合戦争時代、反統合同盟の勢力下にあった半島である。
戦時、反統合同盟の秘密基地が建設されておりそこからアラスカの地球統合軍総司令部を強襲したり、日本に対し空爆を実行していた。
大戦後も最後まで統合政府に抵抗していて第1次星間大戦時砲撃で消滅したと統合軍は思っていたが・・・・・・・まさか生きていたいたとは・・・・・・

もしかすると・・・・・・

トム「隊長、敵のスヴァール・サランは反統合同盟の残党が運用していると思われます。」

ブレック「何!?」
サンダーライド小隊長ブレック・エンフィールド大尉

サンダーライド小隊長ブレック・エンフィールド大尉はトムの報告に驚く。
今回の掃討目標である標準戦艦スヴァール・サランが反統合同盟の残党が運用している物に対して・・・・・
確かにカムチャッカならば可能性は低くないが・・・・・・・・

ブレック「だが例えそうだとしても、連中は修理する施設や資材はないどうやって・・・・・反応エンジンは何処から入手したんだ?」

反応エンジン、5年前のクリスマスの日。
カムジンは反応エンジンを偉いオギノシティの工場を襲撃した。
その際、双方とも大きな犠牲者を出した事からブラッティ・クリスマスウォーズと言われている。
まるで3年前の反統合同盟がクリスマスの日に南アタリア島を襲撃する事件を思い出させるように・・・
しかし目の前にいる標準戦艦は動いている、反応エンジンが生きておりそのまま来る時まで潜伏していたかそれとも・・・・・・・・・・

その時であった。

レオン「隊長、レーダーに感ありいよいよ敵さんと接敵ですぜ。」

ブレック「来たか!を撃墜しないと飯は食えん行くぞ!」

反統合同盟残党は新統合軍の動きを確認していたらしく。
ジナール空戦ポッドと旧時代のMIM-31カリョービン。
揃いも揃って大したメカではないが、反統合同盟残党とゼントラーディ人が手を組んだというのは事実のようだ。

いや何か様子が違うなんだ・・・・・・・・・
水中に物陰何かいる・・・・・・

ブレック「大した敵ではないが油断するな・・・・・・・全機アタック!」

トム「下方水中より何か来ます。」

ブレック「何!?」

             ビュゥゥゥゥゥゥン

水中からレーザー砲が発射される。
ブレック機に命中、そのまま火達磨になり墜落する。
1機が撃墜され2個大隊の編隊に乱れが生じる。
水中に何かいるそれが事実である。

レオン「野郎、モビーデックかよ!」

モビーデック・・・・白鯨
アメリカの小説家ハーマン・メルヴィルが発表した小説に出てくる鯨である。
統合戦争時代太平洋上で多くの統合軍艦艇を海の藻屑に変えた兵器が存在しており、

トム「レオン、水中に何かいるから気をつけろ!」

レオン「へっ小隊長代理かよ、まぁいいぜ水中のモビーデックなんざ俺の敵じゃないぜ!」

トムはレオンに指示をする。
気前よく返事をする。

トム「こんな時にVAー3インベーダーがあれば、対潜ができるのに・・・・何処だモビーデックめ!」



トム「しまった奴の狙いはイズモか!!」

デストロイド・クリヴェートカを追いかけるが・・・・・
Sv-51改4機の編隊が正面から出てくる。
こいつらはこのモビーデックの護衛機なのか?

トム「邪魔だ退きやがれ!!」

トムは機体を回転させSv-51改の編隊の中へ突っ込み、トリガーを引く。
しかし、その際.肩翼を被弾させる。

トム「くそ。」

後ろから2機が残存しており、トムを追撃する。
肩翼が被弾したトムは彼らからしたら格好の獲物である。
Sv-51改2機はトムのバルキリーに攻撃する。

「旗艦をもらったぞ!!」

デストロイド・クリヴィエートカが空母イズモに迫る。
甲板にいた整備兵たちはすぐさま、退避しようと艦内に入りこもうとする。
護衛のイージス艦を抜けて旗艦へ目指す。

エカテリーナ「あっ・・・・・・・」

「こいつでフィニッシュだ!!」

デストロイド・クリヴィエートカは艦橋に砲を構える。
艦橋にいた乗員は速やかに退避しようとする。
カーシャは恐怖のあまり腰を抜かす。
デストロイド・クリヴィエートはイズモの艦橋に向けレーザー砲を放つ。

             ズドォォォォォォォン

トム「嘘だろ・・・・・・・カーシャ・・・・・・・カーシャァァァァァ」

トムは目の前の光景を見て絶望する。
この爆発ではイズモは助からないと・・・・・・・・・・
トムはコックピットの中で絶叫する。

その頃。
イズモからは大量のボートが確認でき多くの乗員は退艦する。
どんどん爆発し海の藻屑になろうとしていた。

               パシャン

エカテリーナ「はぁはぁ」

エカテリーナは運よく生きていた。
爆発の際海に投げ出されたが、なんとか生きていたらしく海上に出る。
イズモはどんどん沈んでいく。

「おい大丈夫か!?」

エカテリーナはボートに救助される。
友軍の護衛艦に収容されるべく向かう。

しかし・・・・・・・・・・・・・・

            ボガァァァァァン

「なんだ!?」

護衛艦が爆発し撃沈される。
撃沈した正体は上空に展開するSv-51改である。
すべての護衛艦を破壊し尽くす。

「漂流中の新統合海軍に告ぐ、降伏せよ。既に我々は貴様らの生殺与奪の権利を有している。」

この直後、漂流中のボートは姿を消した。
この出来事が新たな局面を迎える事になる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

可変戦闘機英雄伝説.太平洋の黒き鷹トム・マクガイア 前編 

2016-10-22 22:10:33 | マクロスオムニバスシリーズ
西暦2012年.カムジン・クラヴシェラ率いるゼントラーディ叛乱勢力がマクロスシティを襲撃する事件.第1次マクロスシティ攻防戦が勃発した。
この事件を契機に新統合政府に対し不満を持つ者たちの決起を促す結果になる。

この反乱の同年.超長距離移民船団メガロード01が出港、その翌年には近距離移民船団により惑星エデンが発見され2020年までにさまざまな惑星が発見される。
その一方で反統合系ゼントラーディ人.反統合同盟の残党が結託し、様々な植民惑星にて叛乱を起こす。
この危機に対しVF-Ⅹ部隊を投入する中でも有名なのはマクシミリアン・ジーナス大尉とミリア・ファリーナ・ジーナス中尉のコンビによるVF-Xダンシング・スカルである。

しかし、今あげた事例は辺境惑星の話である。
地球はどうなっているのか・・・・・・

            ズドドドドドドド

地球の一部では新統合軍と反政府ゲリラ組織と交戦する地域が存在する。
旧反統合同盟の勢力下のあった地域である。
この地球上の紛争が完全に終結するのは第2次マクロスシティ攻防戦後の巨人在住禁止法と反統合系ゲリラ組織浄化作戦を待ってからである。

そんな地上戦時代の地球・・・・・・・・・

   【西暦2017年6月5日新統合政府.首都惑星.地球.ミッドウェー島付近】

静かな太平洋のミッドウェー島。
ゼントラーディ軍の砲撃では運よく砲撃が当たらず大戦以前の自然が唯一残る場所になった。
また大戦時のボドル基幹艦隊決戦時にこの島に偶然立ち寄っていた地球統合海軍艦艇こんごう.きりしま.アーレイバーグが偶然生き残ったエピソードが存在する。

この日、新統合海軍太平洋艦隊所属アドバンスド・プロメテウス級3番艦イズモから発艦したサンダー・ライド小隊はいつものように定期パトロールを行う。
単機で様々な地域をパトロールし、周辺海域に航空機がいないか確認をする。

トム中尉「こちら、サンダーライド3からマザー・シップへ、ミッドウェー島洋上25°地点異常なしおくれ!」
新統合海軍.太平洋艦隊飛行隊.トム・マクガイア中尉

『こちらマザーシップ、サンダーライドの報告を確認。サンダー・ライド3.本隊へ合流し、本艦へ帰還せよ!』

トム中尉「了解」

サンダー・ライド小隊3番機のトム・マクガイア中尉のVF-1Aバルキリーはいつものようにパトロールをする。
本人曰く.仕事はいつもこのような仕事ばかりなので暇すぎる仕事だと思っているそうだ。
太平洋はそうだが、インド洋.オホーツク海.日本海.大西洋などはあんまり敵がいない。

トム中尉「平和だけが救いか・・・・・・・」

トム中尉はサンダーライド小隊小隊本隊へ合流する。
隊長のスタンレー大尉.トムとレオンで編成されているサンダーライド小隊。
階級的にも小隊を持てるはずなのだが、人手不足なため中尉くらすでも小隊隊員という身分である。
移民船団とかに新人パイロットが宇宙軍に優先的に配備されるため海軍パイロットの不足は深刻化しているほどである。

レオン中尉「よぉトム、的三のお姿を確認できたか?」
新統合海軍.太平洋艦隊飛行隊.レオン・J・バーガー.中尉

士官学校時代からの悪友レオン・J・バーガー、お調子者のファイター(戦闘機乗り)が話しかけてきた。
定時パトロールの後、必ずある交流である。
トムはいつものように・・・・・・・

トム中尉「ねぇよ、太平洋には人っ子いねぇて。」

いつものの台詞である、本当に太平洋には敵の姿が確認されない。
の答えに対し・・・・・

レオン中尉「やっぱかぁ、ここパトロールがないほどヒマだな。」

トム中尉「まったくだ・・・・・・・・・ハワイのパールはバーにいるウェーブ(女性士官)の方が見つけやすぜ!」

ハワイ.パールハーバー.1999年まで米海軍の基地が置かれ、2000年以降.地球統合海軍の基地が置かれていた太平洋の重要拠点である。
2010年のゼントラーディ軍ボドル基幹艦隊の砲撃で壊滅したが、戦後新統合軍再編計画により横須賀.サンディエゴ.ニューカレドニア.などの地球各地の軍港が整備され復興している。
そして現在、新統合海軍太平洋艦隊の本拠地である。

現在は復興も進みカメハメハ大王像が再建され以前のオアシスを取り戻している。

       【新統合海軍太平洋艦隊アドバンスド・プロメテウス級イズモ】

      キィィィィィィィィィン ゴォォォォォォォン

サンダーライド小隊が母艦イズモへ着艦する寸前、定時パトロールの交代部隊グレイライトニング小隊が哨戒機ヘビージャガーと早期警戒機キャッツアイⅡを伴って発艦する。
敵もいない平和な海へのんびり飛行ごくろうさん。
トムは出撃する彼らの姿を見て心の中で言う。

そしてトムは太陽がキラッと光る甲板で空を見上げる。

「マクガイア中尉!!」

とトムの事を呼ぶ声が聞こえる。
それに女性の声だ。

トム中尉「カーシャ」

どうやら声の主は知り合いのようだ。
トムが振り返ると黒髪のボブカットの整備兵の格好をした女性兵がいる。
人種的にはロシア人のようである。

エカテリーナ「中尉、いつも平和なパトロール飛行なのに派手に飛びましたね。」
新統合海軍太平洋艦隊.整備兵.エカテリーナ・アバクモア.准尉

トム中尉「カーシャちゃんも分かってくれるか?」

エカテリーナ「はい!分かります、でも整備には余計な手間がかかるので・・・たまにはメカニックの苦労を考えてくださいね。」

トム中尉「はいはい分かっていますよ。」

エカテリーナ・アバクモア.17歳。
統合戦争時.地球統合軍に参加したアシモフ・アバクモアの娘であり、イズモの整備兵である。
小柄であるが胸も大きく、つなぎのしたには胸元をさらけ出すようにTシャツを着ている。
面倒見のいい女性であり、よく喋ってくれる。
トムはエカテリーナに好意を抱いていた。

            ヴィーヴィーヴィー

突然、警報が鳴り出す。
その直後にアナウンスが放送される。

『哨戒機より報告、ゼントラーディ軍の標準戦艦を確認.掃討作戦を展開する、総員戦闘配備!各小隊はスクランブル!!』

平和なはずの太平洋に敵が確認された。
まさか・・・・・・

トム中尉「カーシャ、機体は発進できるか?」

トムはカーシャに対して質問をする?
それにカーシャの返答は・・・

エカテリーナ「一応修理が終わっているわ、でも・・・一部がまだ修理が終わっていなくて、安全性にも問題があるしそれに思うように出力が出ないわ。」

思うように出力が出ない、バルキリーの性能低下がある。
整備が完全にされていないため、思うように出力はでない。

エカテリーナ「だからあまり無茶はしないでくださいね。空中分解を引き起こします。」

トム中尉「了解だ!」

トム・マクガイアは自分の愛機に向かって走りだす。
退屈な日常を抜け出すために。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加