新統合軍極東・太平洋軍管区司令部

マクロスやロボット大好きなブログです。二次創作などを主にやります。最近の政治的問題や最近の出来事も更新します。

第3話 リターン・マクロスシティ 前編

2017-07-04 23:34:00 | マクロス外伝 メルトラン・ミツルのヤック・デ・カルチャー
第1次星間大戦から1年と数ヶ月ぐらいたった。
地球人とゼントラーディ人の共存は不安定な面もありアゾニア軍団の暴走や反ゼントラーディ抗争などの問題が起きたが。
順調に地球人とゼントラーディの共存が進められていた。

軍人になる道を自ら閉ざし歌と言う道を選んだ元ゼントラーディ軍第1直衛艦隊通称ラプラミズ艦隊ミリア隊の兵士。
ミツル・ファレットは地球の各地を旅をし、各地に散らばったゼントラーディの同胞や元同僚と出会いつつ。
自ら選んだギターを手に歌い続けていた。

金銭面でいろいろと問題はあるらしいが・・・・・
特に変な事ではないらしく、それ以外は楽しくやっていた。
そして・・・・・・・・・・

            【西暦2011年7月4日 新統合政府首都中枢都市.マクロスシティ】
ゼントラーディ人旅する歌手ミツルは久しぶりに新統合政府首都中枢都市マクロスシティに来ていた。
アラスカは北にあるためずっと北米をいろいろと苦労しながら旅をしていたが、流石に夏なので精神的に耐えられなくなり。
避暑地としてマクロスシティで当分過ごそうと思った。

もっともそこで歌を歌って儲けを得ればいいし当分はホテル暮らし・・・・・・
まぁ旅をしているから関係はないけど・・・・・・
いつかは普通に旅しなくても普通に暮らせてマイホームを持ってミリア1級空士長よりいい男を見つけるぞ!!
と普通の乙女らしい事を胸にいつものように軍用機でマクロスシティに入る。

ミツル「あ”づい・・・・・・・・・・・・・・アラスカあ”づいじゃない」

ミツルは勘違いしていたが、実はアラスカは一定期間酷暑になる事がある。
ボドルザー艦隊の総攻撃があったとは言え戦前と何も変わらない・・・・
いろいろと地球の地形を調べているミツルであったが・・・・アラスカが酷暑になる事までは知らなかったようである。
とにかく熱中症になりそうなので近くのコンビニへ退避する・・・・・・

メフィア「ぬっ・・・・・・」

ミツル「ぬっ!?・・・・・・」

メフィア「ぬ・ぬ・ぬ・ぬ!?ミツル?」

ミツル「メフィアじゃない・・・・なんでここに?」

メフィア「最初そこ?」

ミツル「そこ?って?何しているのよなんかTシャツに上着を巻くって腰に巻いて、そして・・・・・・ミリタリーズボン・・・・・」

メフィア「仕事だからしょうがないでしょ!国家公務員なんだし、基地内部のPXが人が多いからこっちに来ているの!!」

退避先のコンビニで陸軍航空隊に勤務しているメフィアと再会する。
マックスとミリアの長女コミリア・マリア・ジーナスが生まれた日以来である。
と言っても周りの客より威圧感があるような・・・・・・
陸軍軍人であり可変戦闘ヘリ.VAH-1コマンチのパイロット。
迷彩服であり戦闘服で代わりはないが、これが飛行服らしい。

飛行服で町中をぶらつくとかメフィアと度胸あるね。
淡々とした笑顔を浮かべる中でミツルは思う。

もっともこの辺は陸軍基地が近くにある。
市街地と巨大な人工林の向こう側に新統合軍陸軍基地がある。
一応住所はマクロスシティじゃないらし・・・・
隣町のアンバードタウン。

人口3千人くらいの小さな町。
マクロスシティ守備軍には含まれていない普通の近くの町の守備隊・・・・・・・

ミツル「まぁ特徴がないのが目立つんだよね。」

メフィア「うるさい!!モーアやエリアーノにも言われた事ないのに!!」

もっとも宇宙軍へ進む中でこれから衰退していくであろう陸軍部隊の航空部隊に入ったメフィア。
軍に入ったミリア隊の面々で唯一の陸軍軍人になったただ一人のメルトランであった。
それに可変攻撃ヘリコプターなんてマイナー兵器だなんて・・・・・・

ミツル「歴史に残らないだろうな~」

メフィア「酷過ぎ酷いって陸軍だって魅力あるんだぞ!可変戦車だろバトルロイドだろ、宇宙軍や空軍や海軍そして海兵隊に負けてたまるもんですか~ミツル、歌手辞めて陸軍入ろうね・ね・ね。」

ミツル「痛ててててて、コンビニでやらないようにね。それに持っている弁当を落とさないように・・・・・首じまる~」

確かにこれから航空戦力や宇宙船力がメインになるのに陸軍は時代遅れすぎる。
だんだん宇宙軍が拡大される一方で陸軍は縮小する運命なのに・・・・・・・
陸軍勤務のメフィアはなんで陸軍を選んだのかまったくわからない・・・・・・・志望理由不明。
結局コンビニコミックを立ち読みしながら涼もうとしたミツルの計画は破たんしてしまう事になる。

メフィア「まだ次の業務に時間はあるし・・・・久しぶりに喋りましょうか。弁当奢るし・・・・」

ミツル「弁当奢る?」

メフィア「うんうん♪」

理由は、弁当を奢ってくれるから一緒に当分おしゃべりしましょうかだったと言う。

メフィアったら・・・・・・

ミツルは弁当を奢ってもらうと機嫌が良くなり。
一体何を話すのか期待と不安を抱きながら近くの公園に赴く。

アンバードシティ陸軍基地の近くになるフィリオ公園。
人工池が作られており、寒さに強い淡水魚や水生生物が暮らしている。
冬になるとスケートリンクになるらしく、去年の冬ぐらいに機能したらしい・・・・・・・

メフィアは初めて見る雪と氷の世界に感動しフィリオ公園の池のスケートリンクではしゃいでいたらしい・・・・・
かつては理解できなかった楽しさらしい・・・・・・・

しかし一体メフィアは一体何を話すのだろうか?
ミツルは気になってしょうがなかった。
だが待っていたのは・・・・・・・・・・・

メフィア「実は・・・・・・・・・・・言えない事があるんだけど・・・・・・・」

ミツル「言えない事って?」

メフィア「ここでは言えないけど・・・・・・・・・軍の情報ではラプラミズ司令がカムジンと共謀して叛乱を起こす話があるらしいわ。」

ミツル「えっ!?」

絶対に信じたくない情報であった・・・・・・・・・・・・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第2話 ラフ・ライダー

2017-04-13 13:33:37 | マクロス外伝 メルトラン・ミツルのヤック・デ・カルチャー
                                 【トロントシティ】
かつてオンタリオン自治区と呼ばれ第1次星間大戦時にSDF-1マクロスの全方位バリアーの暴走で消滅し終盤のゼントラーディ艦隊の砲撃で完全に壊滅した。
戦後は地方中枢都市として軍港と航空基地を建設し同じ旧カナダの都市.バンクーバーシティと共に復興の道を歩み始めていた。
その都市を今ミツルは滞在している。

                            キィィィィィィィィィィィィィィィィン

ミツル「古い戦闘機使っているわね、地球の情報じゃ1世代前の戦闘機のようね。」

オンタリオン湖の湖畔でのんびりギターを弾いていたミツルの上空にかつて統合政府に使用される前の米軍で使用されていたF-15改+が通過する。
バルキリー不足によりバルキリーより安価であるF-15戦闘機などの1世代前の戦闘機を生産し各地の都市防衛飛行隊に配備していた。
このトロントの飛行隊が所有する戦闘機は1世代前の非可変戦闘機かつOTM改良の戦闘機だという。

なんせF/A-18E/Fスーパーホーネットが再生産されているほどである。

ミツル「まぁ今の私には関係のない事なんですけどね。」

ミツルは特に気にする必要もなくそのままギターを弾き続ける。
周りには誰もいないけど、好きなように歌う。
今のミツルにはそれが楽しみである。

                            キィィィィィィィィィィィィィィィィン

オンタリオン湖での歌とギターの練習を終えたミツルはオンタリオン基地の近く付近を歩いていた。
今滞在している宿屋がある場所の近道でありオンタリオン湖湖畔で練習するミツルにとっては楽で済む道と気に入っていた。
この時間は夜勤勤務以外の職員たちの帰宅時間であり基地のゲートからは大勢の人だかりが見える。

その中には新統合軍に入隊した同胞たちの姿も確認できる。
この中には知り合いはいないが、大勢の同胞もそれぞれの道で満足いっている姿を見るとなんとなく安心できた。
ミツルはいつもと同じように心地やかな感情で宿屋に向かう。

                                    ミツル
後ろからミツルの名前を呼ぶ声が聞こえる。
一体誰なのだろうかと後ろを振り向くミツル。
そこにいたのはかつての戦友でありミリア隊に所属していたメルトランのアリッサムである。

アリッサム「お久しぶり元気にしていた?」
新統合軍軍人アリッサム・ヒスロー

ミツル「元気です、それにしてむアリッサム・・・・お久しぶりです元気そうで何よりです。」

久しぶりに会えた嬉しさなのかお互いにハグをしながら再会を喜びあった。
短い期間とは言えあの壮絶な第1次星間大戦を生き抜いた仲間である。
2年ぐらい会っていないので再会できた事はとうてつもなく嬉しかった。

二人は再会した事を祝してトロントシティの喫茶店まで行った。

ミツル「デワントン2級空士長結婚したんですか!?」

アリッサム「しぃ~声が大きい。」

喫茶店で話題になった事はミリアの副官の一人であるデワントン・フィアロが結婚した事である。
あの真面目な副官の結婚にミツルは一瞬気が抜ける程の衝撃を受けてしまい、大声をあげるほどである。
アリッサムもミツルが大声をあげないように周囲を警戒するが。

ミツルは周囲に言いたくなるように興奮していた。

ミツル「相手は誰なのよ?」

アリッサム「相手は桐原茂人よ、かつての敵であったけど。いろいろと助けられている事から恋仲になり、最終的に相思相愛の仲になって結婚よ!!!」

ミツル「まさか・・・・・・・・」

デワントンが結婚した相手は桐原茂人である。
第1次星間大戦で全方位バリアーの暴走から助けたり、地上戦で助けられたりとデワントンは桐原に恩義を感じるうちに恋仲になり。
一方の桐原はデワントンの真面目で優しい性格に惹かれ最終的に結婚する流れになった。

アリッサム「いろいろと時代が変わったわ、かつての私たちからすれば敵であった人と同じ場所に住み夫婦生活を送るとは信じられない事でヤック・デ・カルチャーな事だったけど。どんどん多くの同胞が地球人と結婚しているわ・・・・・・・・当然同胞同士の結婚もあるけど。」

ミツル「そうですね・・・・・」

かつての彼女たちからすればかつての敵と同じ場所で暮らすのはヤック・デ・カルチャーな程の衝撃的な事であり信じられない行為である。
ただでさえ同じ軍の軍人として同じ釜の飯を食う仲であるのも信じられない行為であるというのに・・・・・・・
それが今では多くの同胞がかつての地球人と結婚して夫婦生活を送っている事が当たり前のようになっていた。

でも・・・・・・・・

アリッサム「なんかさ・・・・・・・・なんかこの話を聞くと心がもやもやするのよね。」

ミツル「あぁ地球でいうジェラシー(嫉妬心)ですね、私も同じです。」

同時に未婚のゼントラン・メルトランは他の同胞が結婚すると何かしらの嫉妬心を持つようになった。
さらに言ってしまえば、結婚に対する焦りを感じ始めるようになった。
今まで歌一筋であったミツルも今回のデワントンの結婚話を聞いて結婚に対する嫉妬心と焦りを感じるようになる。

ミツル「・・・・・結婚か・・・・・・・・・」

ミツルは自分がいつ結婚できるのか考えるようになる。
あと何ターム後に結婚できるのか・・・・

だけど・・・・・・・

ミツル「当分は結婚できるわけないよね、そもそも相手がいないと始まらないって地球の本に書いてあったし。」

アリッサム「むっ!?」

ミツル「なんでもないわ。」

ミツルは相手がいないので結婚はまだないと思う。
そう思ったが、嫉妬心と焦りは消えない。

この会話は4時間ほどになり、ミツルとアリッサムはそれぞれの帰る場所に向かう。

ミツルの嫉妬心と焦りは数年後までミツルを苦しめる原因になることになるそれは別の話。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第1話 製造番号789 

2017-04-07 22:22:37 | マクロス外伝 メルトラン・ミツルのヤック・デ・カルチャー
日本が阪神淡路大震災や地下鉄サリン事件が起きていた1995年。
何処知れずの宙域。

              ビキィィィィィン

未知の時空震によって、様々な世界が複数のパラレルワールドの分岐した。
分かれた世界はそれぞれのストーリーとなす。


この影響は地球にはなかく人々はそのまま過ごしたが、それは分岐ルートによって異なる。

その影響はプロトカルチャーと呼ばれる創造主が造った戦闘種族ゼントラーディも何事もなく己の宿命に従い本能に従って戦っていた。

そして・・・・・・・・・・

           【1995年.ゼントラーディ軍自動合成製造衛星】
ゼントラーディ軍の軍人たちを製造する自動合成製造衛星。
無人のまま動いておりプロトカルチャーが打ち込んだプログラムの元。
大勢の兵士を造り出していく。

無数のカプセルには男女のゼントラーディ人達が目覚めの時を待って眠っている。
そのカプセルは自然に下に落とされ、ゼントラーディ軍の軍艦スヴァールサラン級に落とされる。

このスヴァールサラン級は紫色のカラーリング。
すなわち直衛艦隊に所属する婦人兵士の艦である。

直衛艦隊以外にも婦人兵士のみの部隊は存在するが。
婦人兵士の中でも優秀な遺伝子を持った兵士を選出し、直衛艦隊に行くようにプログラムが打たれている。

ラプラミズ「お呼びですか?エゼルケート司令。」

エゼルケート「うむ、優秀な兵士が入ったのだ見ぬか?」

ラプラミズ「見ます、自分達の部下がどのくらいいるか気になります。」

エゼルケート「だったらこい。」

二人のメルトランは数多くの補充兵の入ったカプセルを見る。
この紫のショートカットのメルトランは後にラプラミズ直衛艦隊を率いて戦後カムジンと共に叛乱を起こすラプラミズ。
この時司令官として任官する前にクァドラン隊の指揮官として働いている。
年齢は人間で言う9歳である。

それはいいとして・・・・・
司令官のエゼルケートと一緒に見ているカプセルどれも製造されたての兵士である。
その中には後にエースのミリアと呼ばれるミリア・ファリーナもいた。

そして・・・・・・製造番号789ミツル・ファレットも・・・・・・・・

エゼルケート「ラプラミズ、こいつらを次の作戦に出すか。」

ラプラミズ「し.しかし・・・・・・・・」

エゼルケート「こいつらが戦場で死ねばここまでよ、完全に意識が目覚める前に死ぬのは案外いいかもしれんぞ。」

ラプラミズ「ハッ・・・・・・・・・・・・・」

この時製造されたてのメルトラン達は戦場に投入された。
完全に自芽に目覚める前に戦闘に投入され半数が戦死した。
ミリアは当然のように生き残った。

エゼルケート「どうやら生き残ったな。」

ラプラミズ「半数は戦死しましたが・・・・・・」

エゼルケート「それでいいのだよ。これならばクァドラン隊に配属できるな。

ゼントラーディ人の世の中は非常である。
こうやって戦闘力のいい兵士を残し後の者は死ぬのである。

そして・・・・・・・・・・

その2年後、エゼルケート直衛艦隊司令が自らの船を撃沈され戦死。
ラプラミズが一番功績の高い人物であったため、その後を継ぐ事になる。

                【2009年1月ラプラミズ艦隊】
その生存競争で生き残ったメルトラン達は14歳になっていた。
ミリアが一番競争力があり、キヨラが後に続く感じであった。
ラプラミズが死ねば次の直衛艦隊の司令はミリアと言う程であった。

ミツル「しかし、ラプラミズ司令はなぜキヨラ1級空士長を評価しないのだろうか?」

ラウラ「ミリア隊のミリアを大事にしているからだよ、いつもミリア隊って・・・・」

ミツルも同様に大きくなるキヨラ隊の兵士として数多くの戦場に参戦した。
そして年下であるラウラ・ベルタリアと仲好くなり、ゼントラーディ流の世間話をする。

その1ヶ月後。
地球人類との戦闘第1次星間大戦が勃発する。

ミツルの出番はキヨラ隊がSDF-1マクロスと交戦する事なく補充要員としてミリア隊に配属されボドル基幹艦隊戦でまさかのかつての友軍と戦う事になる。
わけも分からず戦いも・・・・

そこでリン・ミンメイの歌に出会い大きなショックと感動する。

決戦後、オセアニア戦線で戦う事になりそこで終戦を迎える。

新統合軍が創設されると仲間に流される形で入隊しようとするが、本音としては歌手になりたかった。
でも中々踏み切れずに悩んでいたが・・・・・・・
ミリア隊に配属された時に世話になったモーア・カリダムの一一言で歌手になろうと決めその場から離れた。

        【それから2年後、西暦2012年3月.北米大陸.トロントシティ】
ミツル「ThePsychicEnergy 君の鼓動♪Hi これからの未来へ~」

ミツルは軍隊から離れて2年、北米各地を旅をしていた。
去年は生活苦に苦しんだがどんどんペースが乗り始め。
若干生活は苦しいけど、それなりに幸せに過ごしていた。

ミツル「ラプラミズ司令・・・・・・・・・」

しかし、年の初めに訃報がミツルの元に届く。
ラプラミズ司令がカムジンと共に叛乱に参加し戦死した事。
この電報を聞いたミツルは一晩中号泣したほど悲しかった。

でもこうしている場合でもない。
ミツルは悲しみを乗り越えてこれからも歌いながら旅をしないといけない。
その晩のうちに自分が在住していたバークーバータウンから離れる。

              【2月 トロントシティ】

ミツル「今日は泊まれるだけの資金はあるわね。もうそろそろ風呂付きの部屋に泊らないと。」

ミツルは今日稼いだ資金を持ってトロントシティの格安のホテルを探す。
はたして今日は眠れるのだろうか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プロローグ 武器を捨て地球文化を選んだメルトラン。

2017-04-02 23:11:32 | マクロス外伝 メルトラン・ミツルのヤック・デ・カルチャー
                   【西暦2010年】

第1次星間大戦終戦直後、新統合軍の志願する直前に戦いを捨て地球文明を取った一人のメルトランがいた。
自分が製造施設から遺伝子元から製造されてから自分の誇りとして武器を取って戦ってきた。

だが・・・・・・・・リン・ミンメイの歌と言うのに触れ地球文化に強く興味を持ち。
戦うよりも文化を手に入れたい、もっといろんな文化を知りたいと思うようになってきた。

リン・ミンメイの歌に触れた後、仲間や訳知らず共闘する事になった地球人を守るべくかつての同僚と血で争う戦いの1ヶ月間を過ごす。

1ヶ月間が終わり、地球人類とゼントラーディ人の講和で第1次星間大戦が終結。
そのメルトランの人生での戦闘する自分としての最期を迎えた。

新統合軍が地球統合軍残存部隊とゼントラーディ軍部隊の再統合により、新たな国家新統合政府と新統合軍が設立する。

そのメルトランは軍か文化を選ぶか一時的に迷いがあったが同僚の一言で今までの自分を捨て、文化を得ようと新しい自分への一歩を歩き始めた。
そのメルトランはピンクと紫が混ざった長い髪で、グラマーな体系の美人。
それ故か男性兵士からの評判が高ったが・・・・・・
軍に入らなかった事を悔やむが、そのメルトランは気にしない。

ただ自分の取った道を信じ歩く、どんな苦難であろうと。
その覚悟を決め文化的な道を歩み始めた彼女であるが、実際に降りかかる現実との戦い。
そして巻き込まれる戦いの歴史。

それでもなおそのメルトランは自分の信じる道を進むべく歩き、例え傷ついてもめげずに戦い。
戦い抜いたひと有名な歌手だったり女優になった。

そして、そのメルトランは想い人と出会い恋し結婚し子供を数人造った。
その娘の一人は2031年に公開された新統合政府の広報の映画でリメンバー・ラヴでミリア639を演じた14歳の天才女優メルサ・ロッサとなる。

そのメルトランの名前はなんて言うのか・・・・・・
だったら話すしかない、そのメルトランの名はミツル。

ゼントラーディ軍ボドル基幹艦隊ラプラミズ艦隊キヨラ隊の一員であり、ミリア隊に補充兵として入った優秀なクァドラン乗りのミツル・ファレット。

この物語はミツル・ファレットが体験し苦労した経験談のストーリーである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加