★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

新作映画をメインにちょいミーハーな感想と趣味のひとりごと日記♪

バンクーバーの朝日

2014年12月20日 | ★★★

2014/12/20公開 日本 133分
監督:石井裕也
出演:妻夫木聡、亀梨和也、勝地涼、上地雄輔、池松壮亮、高畑充希、宮崎あおい、貫地谷しほり、ユースケ・サンタマリア、本上まなみ、田口トモロヲ、徳井優、大鷹明良、岩松了、大杉漣、鶴見辰吾、光石研、石田えり、佐藤浩市、

明日も見えない異国の地で、
そのチームは希望になった。

 

戦前のカナダ・バンクーバーで活躍し、2003年にカナダ野球の殿堂入りを果たした日本人野球チーム“バンクーバー朝日”の実話を映画化。
監督は『舟を編む』の石井裕也。

以前「アンビリーバボー」で見ました。
日本人野球チームの物語なのでスポーツ映画を期待して観に行きましたが、わりと淡々としてて静かな展開、カナダに移住した日本人たちの過酷な労働条件や暮らしぶりを描いたという感じでしたね。

個人的には野球チームのお話がメインで観たかったです。
試合のシーンもあまりなくて、「アンビリーバボー」で見た時はとても感動的なものだったのに残念。

カナダチームや審判の嫌がらせに負けずフェアプレイを貫く姿とか、だんだん強くなっていって白人たちにも認められていく....とかとか盛りあがるシーンはたくさんあるのにサラリと流されてしまいました。
せっかく野球経験者の俳優陣もいるというのに......なんかもったいない。

でも、当時の建物や町の雰囲気はよく再現されてたと思います。
やはり映画なんだし多少の脚色はあってもいいから、もっと盛り上げていただいて感動で終わるような作品にして欲しかったですね。
それでラストに2003年に殿堂入りしました....と言われても感動が薄いですわー。

ちなみにバンクーバーのロケは現地のほかに、栃木県足利市に巨大なセットを作ってロケが行われたそうです。期間限定で公開されてたそうで見てみたかったです。

★★★.2

 

[Story]
1900年代初めのカナダ・バンクーバー。貧しい日本から新天地を目指してカナダにやって来た日本人たちは、想像を絶する激しい肉体労働や貧しさに加え、差別にも苦しんでいた。製材所で働くレジー笠原やケイ北本、漁業に携わるロイ永西らは野球チーム「バンクーバー朝日」に所属し、最初は白人チームにばかにされながらも、次第に現地の人々にも認められていく... (シネマトゥディより)



バンクーバーの朝日 DVD 豪華版
妻夫木聡,亀梨和也,勝地涼,上地雄輔,池松壮亮
東宝

 

バンクーバーの朝日 Blu-ray 豪華版
妻夫木聡,亀梨和也,勝地涼,上地雄輔,池松壮亮
東宝

 

【文庫】 バンクーバー朝日~日系人野球チームの奇跡~ (文芸社文庫)
テッド・Y・フルモト
文芸社

 

バンクーバー朝日軍―伝説の「サムライ野球チーム」その歴史と栄光
テッドY.フルモト
東峰書房
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オールド・ボーイ(2013) | トップ | 「ひとりごと」 »

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
野球 (まっつぁんこ)
2014-12-21 06:47:28
野球もサッカー同様映画にはむかない。
つい、クリントのインヴィクタスと比べてしまったのが失敗?のもとか(笑)
激賞してる人もいるし、さほど悪い作品ではないけどやはり平凡だったと思うなあ。
こんにちわ (にゃむばなな)
2014-12-21 10:12:59
そうそう、「アンビリーバボー」の再現VTRの方が遥かに面白かったんですよね。
多分各事務所からの目に見えない圧力があったのでしょう。
監督:石井裕也に脚本:奥寺佐渡子でこの有様では、そう思ってしまいますよね。
Unknown (えふ)
2014-12-21 19:35:17
そういう時代だった・・・とわかっていても、
なんかすごく暗くて盛り上がらなかったわ~。
野球ができる!という躍動感が感じられなかったわ。
Unknown (Nakaji)
2014-12-21 22:40:51
そうなんだ!!!
今から見てくる予定よ!!

「アンビリーバボー」が感動しまくったから期待大なんだよね~
なるほど・・・
Unknown (FREE TIME)
2014-12-23 21:57:33
こんばんは。
確かに野球のシーンが淡々と進んでしまって物足りない部分がありましたが、差別や迫害を受けながらも力強く前を進んでいくところや、戦争によって仲間がバラバラになってしまうなど、当時の歴史を反映していたシーンが多かった事も見逃せないと思います。
まっつぁんこさんへ (yukarin)
2014-12-23 22:44:32
悪くはないと思うのですがやはりスポーツものは感動が欲しいところです。
にゃむばななさんへ (yukarin)
2014-12-23 22:46:36
こんばんは♪
アンビリーバボーで感動したのはよく覚えてます。
せっかく映画製作するのに圧力で描けないものがあるなら作らなくてもいいのにと思ってしまいますが....
やはりスポーツ映画は感動がほしいです。
えふさんへ (yukarin)
2014-12-23 23:05:59
暗い時代だから仕方ないんだろうけど、
それでも試合のシーンは盛り上げてほしかったね。
伝える使命のある映画 (PGM21)
2014-12-23 23:20:29
何時もお世話になっております。

アンビリーバボーは見ていないのでその件は語りませんが、この時代というのは黒人が奴隷として扱われた時代で昨年公開された「42~世界を変えた男~」を観た事があれば理解できると思いますが、そんな面白おかしく観る作品ではないんですよね。
映画は時として面白いじゃなく伝える使命があるので、これまで1度も映画では描かれなかった事を踏まえると当時プレーした人が生きているうちに描けた事は大変奇跡的な事でもあります。
それに当時は今よりプレーのレベルは高くありませんしメジャーリーグではありませんからね。
Nakajiさんへ (yukarin)
2014-12-23 23:28:26
結構アンビリーバボーを見てる人が多いのね。
あれは出来が良すぎたかもね。
なので期待し過ぎたかな。

コメントを投稿

★★★」カテゴリの最新記事

24 トラックバック

『バンクーバーの朝日』 (2014) (相木悟の映画評)
閉塞感を打ち破る、切なき輝き! 史実が訴える重みに圧倒されつつ、深い感動に包まれる至高の一本であった。 本作は、『舟を編む』(12)にて最年少で日本アカデミー賞を制した俊英、石井裕也監督作。齢の割には老成し過ぎとやっかみの対象になりながらも、自主映画....
バンクーバーの朝日 (あーうぃ だにぇっと)
バンクーバーの朝日@有楽町朝日ホール
『バンクーバーの朝日』 (こねたみっくす)
差別にも負けず、野球で日系移民の希望となったチームがあった。ただそれだけで他に何も描いていない映画。 恐らく各事務所の圧力が入り乱れたがために、石井裕也監督を始め製作 ...
「バンクーバーの朝日」スモールベースボールの原点を知った先にみたベースボールを通じて乗り越えた人種の壁と日本人のひたむきなプ... (オールマイティにコメンテート)
「バンクーバーの朝日」は戦前のカナダバンクーバーに実在した野球チームバンクーバー朝日の実話のストーリーである。戦前のカナダバンクーバーで差別に苦しみながらも野球を通じ ...
バンクーバーの朝日 (勝手に映画評)
戦前、カナダ・バンクーバーに実在した日系人野球チーム『バンクーバー朝日』。人種差別の嵐吹き荒れる中、体格に恵まれない日系人達が知恵を駆使して西海岸リーグのチャンピオンまで登りつめる物語の映画化。 う~ん、ちょっと物語に厚みが足りないかなぁ。通り一遍の、...
バンクーバーの朝日 ジャパンプレミア (風に吹かれて)
移民の苦難と忍耐 公式サイト http://www.vancouver-asahi.jp12月20日公開 監督: 石井裕也  「舟を編む」 「ぼくたちの家族」 19世紀末から戦前にかけて、一攫千金を夢
バンクーバーの朝日/全ては彼らから始まった (MOVIE BOYS)
1900年代初頭、カナダに移住した日本人は厳しい差別に晒されながらも野球チーム朝日軍の勝利によって現地の人々に受け入れられていく。しかしそこで起こった第二次世界大戦はそんな彼らの努力を無に帰するものだった…。監督を務めるのは『舟を編む人』や『ぼくたちの家族...
バンクーバーの朝日 (ハリウッド映画 LOVE)
映画館はちびっ子たちであふれていたけど、ここのスクリーンはお年寄りばっかでした
バンクーバーの朝日 ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
1900年代初頭のカナダに暮らす日系人が、過酷な環境にあえぎながらも野球チームを結成、戦術やひたむきさでやがて白人に認められていくさまを実話を基に描くドラマ。メガホンを取るのは『舟を編む』『ぼくたちの家族』などの石井裕也。製材所で肉体労働に就く野球チームの...
バンクーバーの朝日 (花ごよみ)
カナダ・バンクーバーに移住した 日系移民の野球チーム「バンクーバー朝日」が 歴史を残していた。 実話を基にして描いています。 監督は石井裕也。 野球チーム「バンクーバー朝日」のキャプテン、 レジー笠原には妻夫木聡、 メンバーに亀梨和也、勝地涼、上地雄輔、....
バンクーバーの朝日/妻夫木聡 (カノンな日々)
戦前のカナダで日系移民たちによって結成された実在の野球チーム"バンクーバー朝日"の真実の物語を『舟を編む』の石井裕也監督がメガホンをとり妻夫木聡さんを主演に映画化したヒ ...
『 バンクーバーの朝日 』日本の誇り (映画@見取り八段)
バンクーバーの朝日     監督: 石井裕也    キャスト: 妻夫木聡、亀梨和也、勝地涼、上地雄輔、池松壮亮、高畑充希、宮崎あおい、貫地谷しほり、ユースケ・サンタマリア、本上まなみ、田口トモロヲ、徳井優、大鷹明良、岩松了、大杉漣、鶴見辰吾、光石研、石田え...
映画『バンクーバーの朝日』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-102.バンクーバーの朝日■配給:東宝■製作年、国:2014年、日本■上映時間:132分■料金:0円(1ヶ月FP利用)■鑑賞日:12月23日(TOHOシネマズ渋谷) □監督:石井裕也◆妻夫木聡◆亀梨和也◆上地雄輔◆勝地涼◆池松壮亮◆高畑充希◆佐藤浩市◆宮崎...
バンクーバーの朝日 (to Heart)
明日も見えない異国の地で、 そのチームは希望になった。 上映時間 133分 脚本 奥寺佐渡子 監督 石井裕也 出演 妻夫木聡/亀梨和也/勝地涼/上地雄輔/池松壮亮/高畑充希/宮崎あおい/貫地谷しほり/田口トモロヲ/鶴見辰吾/光石研/石田えり/佐藤浩市 戦前のカナダ・バンクー....
『バンクーバーの朝日』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「バンクーバーの朝日」□監督 石井裕也□脚本 奥寺佐渡子□キャスト 妻夫木聡、亀梨和也、勝地涼、上地雄輔、池松壮亮、       高畑充希、宮崎あおい、佐藤浩市■鑑賞日 11月23日(火)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyaz...
バンクーバーの朝日 (ダイターンクラッシュ!!)
2014年12月23日(火) 18:15~ TOHOシネマズ日本橋1 料金:1400円(シネマイレージデイ) パンフレット:未確認 亀梨はトルネード。 『バンクーバーの朝日』公式サイト 野球経験者を役者に集めたとのことで、あまりにヘボいプレーは無い。 カナダで全敗のレベルは...
バンクーバーの朝日 (とりあえず、コメントです)
戦前にカナダへ渡った日本人たちが作った野球チームの活躍を描いた青春物語です。 カナダの日本人たちがどんな運命を辿ったのかは聞いたことがあったので、 今回はどんな作品になるのか気になっていました。 様々な問題に苦しみながらも必死に野球をする若者たちの姿に心...
『バンクーバーの朝日』('15初鑑賞2・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 1月3日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン9にて 11:50の回を鑑賞。
バンクーバーの朝日 (映画的・絵画的・音楽的)
 『バンクーバーの朝日』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)『ぼくたちの家族』や『舟を編む』の石井裕也監督の作品ということで映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、「海の向こうで3年働けば日本で一生暮らしていけるほど稼ぐことができるという話を....
「バンクーバーの朝日」:映像はいいがテンポが悪い (大江戸時夫の東京温度)
映画『バンクーバーの朝日』を観ると、このカナダへの移民たちに現代日本を重ねたくな
「バンクーバーの朝日」:映像はいいがテンポが悪い (大江戸時夫の東京温度)
映画『バンクーバーの朝日』を観ると、このカナダへの移民たちに現代日本を重ねたくな
「バンクーバーの朝日」 (ここなつ映画レビュー)
2015年最初に観た作品。もちろん息子と一緒に、である。公開時から観ることは決めていたが、少年野球の頃から(もっと言えば保育園の頃から)交流のあるママ友さんが、息子さんと観に行って「すごく良かったわよ」と教えてくれたので、一年の初っ端はこれで飾ることに致し...
バンクーバーの朝日 (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[バンクーバーの朝日] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:大吉 2015年2本目です。 【あらすじ】 1900年代初頭。貧しい日本から新天地を目指してカナダ・バンクーバーにやって来た日本人たちは、想像を絶する激しい肉体労働や...
映画 バンクーバーの朝日 (VAIOちゃんのよもやまブログ)
公開前にTVで随分紹介されていた記憶がある映画、「バンクーバーの朝日」。野球観戦が結構好きな‘み’的にはBlu-rayをレンタルするつもりだったんですが、幸か不幸かJALの国際線に乗 ...