☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハー感想とたまにお出かけ日記♪
最近はゆる~く更新。

誘拐の掟

2016年01月10日 | ★★★+

【A WALK AMONG THE TOMBSTONES】
2015/05/30公開 アメリカ 114分
監督:スコット・フランク
出演:リーアム・ニーソン、ダン・スティーヴンス、デヴィッド・ハーバー、アストロ、ダニエル・ローズ・ラッセル

誘拐犯に告ぐ。殺したら、殺す。

STORY:1999年、ニューヨーク。かつて酒に溺れ、刑事を辞めた冴えない私立探偵マット・スカダー。ある日、ドラッグ・ディーラーの男から、“妻を誘拐して惨殺した犯人を突き止め、捕まえて欲しい”との依頼が舞い込む。やがて犯人は2人組で、警察に通報できない麻薬関係者の身内ばかりを狙い、猟奇的な凶行を繰り返していることが明らかとなってくる... (allcinemaより)


ローレンス・ブロックの「マット・スカダー」シリーズの“獣たちの墓”をリーアム・ニーソン主演で映画化したハードボイルド・サスペンス。監督は『ウルヴァリン:SAMURAI』や『マイノリティ・リポート』などの脚本を担当したスコット・フランク。

2016年の初DVD鑑賞はリーアム・ニーソンから!!
元刑事で今は私立探偵という役どころ。探偵は似合わないが元刑事はぴったり。
私立探偵なのにかなり刑事よりに大暴れしとりますね 笑
やはり.....リーアムさんをその気にさせたら怖いよーという作品。

物語としてはよくある話だけど、邦題にあるとおり“誘拐の掟”.....というか“誘拐された時の交渉の掟”みたいなのが勉強になりました。
誘拐犯から連絡があった時はある程度は強気にならないとだめですな。相手は身代金が目当てだから、とにかく金が手に入らなければいけないのでそこを逆手に取らないと!!

“人質を生かすための交渉術”は大変勉強になりました!!

グロいシーンはないけど、殺され方がちょっぴり猟奇的でした。
原作ものだけど、忠実に描かれているのかはわかりませんが、リーアムさんの探偵シリーズで続けてくれないかなぁ~地味だけどわりと好きです♪


★★★.7
鑑賞日:2016/01/10


コメント (6)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
« スター・ウォーズ/フォース... | トップ | 人生の約束 »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
交渉術 (ノルウェーまだ~む)
2016-01-10 22:14:21
yukarinさん☆
人質を救出する方法を真面目に勉強しているyukarinさんって!(笑)
アクションなしで地味目に渋いリーアム兄さんだったけど、しっかり地に足がついていい元刑事だったよね。
だけどやっぱり★は少な目なのかな??
私はとっても気に入った映画でした~
ちょっと地味 (ミス・マープル)
2016-01-11 11:04:17
リーアムさんの華麗なアクションを期待するとちょっと地味な展開に感じました。でもやさぐれ感を出したら抜群ですよね。
終盤のセリフがちょっと観念的でなんとなくダレました。なのであまり高評価にしていないんですよ。
こんばんは! (ヒロ之)
2016-01-11 20:42:59
私的には凄くハラハラしながら見れた作品でした。
先ずシリアスに描かれたストーリーがとても良かったです。
それとやはりリーアム・ニーソンのこの人なら解決してくれるだろうとう安心感からくる期待。
結構気に入ったので、シリーズ化して欲しいですねぇ。
ノルウェーまだ~むさんへ (yukarin)
2016-01-13 13:33:06
いやー何があるかわからないですからね!
というか人質じゃなくても何かに使えそうだなぁと 笑
地味でも素敵なリーアムさんでした!
ミス・マープルさんへ (yukarin)
2016-01-13 13:34:45
アクションしてるリーアムさんも素敵なのですが、地味だけど渋さのあるリーアムさんも素敵ですね。
ヒロ之さんへ (yukarin)
2016-01-13 13:35:56
こんにちは。
そうそう安心感がありますよね。
原作もシリーズものだし、ぜひシリーズ化してほしいですよね~

コメントを投稿

★★★+」カテゴリの最新記事

13 トラックバック

「誘拐の掟」☆周到で憂愁で実に秀逸!! (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
どこか懐かしい時代の、どこか懐かしい刑事サスペンス。 「さらわれた娘を誘拐犯から奪還し復讐する」で毎度お馴染みのリーアム・ニーソンなのに、どこが新しいの??と思ったら、これが大間違い! 憂いを含んだリーアムの本物のハードボイルドは、特殊能力などなくても...
誘拐の掟 (マープルのつぶやき)
JUGEMテーマ:サスペンス映画全般 「誘拐の掟」 原題:A Walk Among the Tombstones 監督:スコット・フランク 2014年 アメリカ映画 114分 キャスト:リーアム・ニーソン      ダン・スティーブンス      デビッド・ハーバー      ...
誘拐の掟 (銀幕大帝α)
A WALK AMONG THE TOMBSTONES 2014年 アメリカ 114分 サスペンス/アクション/犯罪 劇場公開(2015/05/30) 監督: スコット・フランク 原作: ローレンス・ブロック『獣たちの墓』 脚本: スコット・フランク 出演: リーアム・ニーソン:マット・スカダー ダ...
誘拐の掟 (こんな映画見ました~)
『誘拐の掟 』---A WALK AMONG THE TOMBSTONES---2014年( アメリカ )監督: スコット・フランク 出演: リーアム・ニーソン、ダン・スティーヴンス 、ボイド・ホルブルック、アストロ ローレンス・ブロックの“マット・スカダー”シリーズの一....
誘拐の掟 (風に吹かれて)
渋い 公式サイト http://yukai-movie.com 原作: 獣たちの墓 (ローレンス・ブロック著/二見文庫) 1999年のニューヨーク。元刑事で、今は無免許で私立探偵をしているマット・スカ
誘拐の掟 (だらだら無気力ブログ!)
今回もアル中設定なのね。
誘拐の掟 ★★★★ (パピとママ映画のblog)
『96時間』シリーズなどでアクション俳優としての地位を確立した名優リーアム・ニーソンが主演を務め、ローレンス・ブロックの傑作ミステリーを映画化したサスペンス。引退した敏腕刑事が、猟奇殺人犯と激しい頭脳戦を繰り広げる姿を活写する。『ザ・ゲスト』などのダン・...
「誘拐の掟」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「A Walk Among the Tombstones」2014 USA 1999年、ニューヨーク。スカダーはかつて起こったある事件で心を病み酒に溺れた上、刑事も辞めていた。今はしがない無免許の私立探偵。彼は酒と縁を切るためアルコール依存症のサークルに通っている、ある日、そこで知り合っ...
『誘拐の掟』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「誘拐の掟」 □監督・脚本 スコット・フランク□キャスト リーアム・ニーソン、ダン・スティーブンス、デビッド・ハーバー、       ボイド・ホルブルック、ブライアン・“アストロ”・ブラッドリー■鑑賞日 6月1日...
誘拐の掟 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(09) リーアムお得意の捜査モノではあるが、いつもとちょっと傾向が違う。
映画:誘拐の掟 A Walk Among the Tombstones もう少し出演作を選んで欲しいぞ! リーアム・ニーソン... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
ローレンス・ブロックの傑作ミステリーを映画化。 オープニングは快調。 たちまちアクション・シーンに突入する主人公は、おなじみの リーアム・ニーソン。 だがその後、いかにも原作ものらしく、ダークなトーンで一貫され、物語は停滞していく... どうにもサスペン....
誘拐の掟 (A Walk Among the Tombstones) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 スコット・フランク 主演 リーアム・ニーソン 2014年 アメリカ映画 114分 サスペンス 採点★★★ 最近めっきり本を読まなくなってきた私。別に読書欲が無くなったわけでも面倒くさいわけでもないんですが、どうにもこうにも目が疲れてしんどい。っていうか、...
誘拐の掟 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
ローレンス・ブロックの傑作ミステリーを映画化した 主演をリーアム・ニーソンが務めるサスペンス映画 『誘拐の掟』が公開。 『96時間 レクイエム』、『ラン・オールナイト』 に続きニーアム・ニーソン主演作今年3本目の劇場 公開、他2作品と比べて公開規模の小さかかっ...