☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

映画とLIVEのミーハー感想とお出かけ日記♪
おかげさまで13周年!

光をくれた人

2017年05月26日 | ★★★★

【THE LIGHT BETWEEN OCEANS】 2017/05/26公開 アメリカ 133分
監督:デレク・シアンフランス
出演:マイケル・ファスベンダー、アリシア・ヴィカンダー、レイチェル・ワイズ、ブライアン・ブラウン、ジャック・トンプソン

この子を育てることは、過ちですか?
この子を愛することは、罪ですか?

STORY:1918年、オーストラリア。第一次世界大戦の過酷な戦場から帰還したトム・シェアボーン。心に深い傷を負った彼は、絶海に浮かぶ無人の孤島、ヤヌス島の灯台守となる。3ヵ月後、正式採用の契約を結ぶために町に戻った彼は、地元の名士の娘イザベルに一目惚れし、ほどなく2人は結婚する。孤独で不便な孤島での結婚生活だったが、愛する2人にとっては何者にも邪魔されない幸せな日々だった。ところがイザベルは2度の流産という悲劇に見舞われ、深い悲しみに沈んでしまう。そんな時、1人の男の死体と泣き叫ぶ女の子の赤ちゃんを乗せたボートが島に流れ着く... (allcinemaより)


M・L・ステッドマンのベストセラー小説「海を照らす光」を映画化した感動ドラマ。他人の子供を自分の娘として育てようとする灯台守とその妻の愛と葛藤の日々を描く。監督は『ブルーバレンタイン』『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』のデレク・シアンフランス。

あまり浸透していないプレミアム・フライデーですが、いろいろと仕事でカチッときたことがあって急遽半休取って観てきちゃいました 笑。←初めてのPF満喫?

間違った選択をしてしまったために悲劇へと向かう夫婦のとても切ないおはなしでした。確かに2度も流産して悲しみにくれているところに舟に乗って赤ちゃんが現れたら、そりゃ手放したくなくなるでしょうね。まるでコウノトリさんが運んでくれたようなもんですもん。とはいえ、舟に乗ってた父親が生きていたらまた違ったでしょうね。

映像は美しく、ロケーションも素敵。悲劇ではあるけれど最後は希望の持てる作品でした。登場人物がみんないい人なので、ちょっときれいすぎるかなーとは思うのですが個人的には感動作でしたー。

トムが墓地でハナを見かけなければ、または知ったとしても知らんふりしてたら何事なく暮らしていけたかもと思いつつ、赤ちゃんが成長したらきっと本当の両親に似てくるだろうから、いずれにしても真実がわかってしまったかもしれませんけどね。

トムイザベル夫婦にもハナにも共感できるだけに観てるこちらも辛くなりました。育てちゃったもん勝ちかなーという所もあったんですが最後は究極の選択でしたね。それが一番良い方法だと思ったしラストがホッと出来たので良かったです。ただ、もうちょっと早く来てきて会って欲しかったーそこだけが心残り。

ツッコミどころとしては、孤島に夫婦だけ....それはいいけど奥さんが妊娠したら実家に返すとかできなかったんですかね。産まれそう~って時にまわりに誰にいないのってどうなんだろう。しかも2度目の妊娠だったら前回のこともあるからと心配にならなかったのだろうか。それを言っちゃ小説や映画にはならないんですけど 汗。

もともとはイザベルが言い出したことなのに、全力で妻を守るトムが素晴らしかったです。
はぁ~マイケル・ファスベンダーが素敵だった←やはりココ

鑑賞日:2017/05/26

 

海を照らす光 (上) (ハヤカワepi文庫)

海を照らす光 (下) (ハヤカワepi文庫)

古屋 美登里
早川書房
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
« スプリット | トップ | 美女と野獣(1991) 字幕版 »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ヤヌス島 (まっつぁんこ)
2017-05-27 06:52:15
洋上160キロ絶海の孤島にボートで漂着。
16キロの間違いじゃないかと思いました(笑)
Unknown (efu)
2017-05-27 20:35:03
そういえば昨日はプレミアムフライデーでしたね(汗

前半は美しいい映像にうっとりしてましたが、、、
後半は産みの親、育ての親?!

でもマイケル・ファスベンダーとなら孤島でもOKでしたわ(爆
今晩は~🌟 (kira)
2017-05-31 18:55:51
そうそう!トムがまるっと妻をかばい、
黙って罪に準ずるところはグッときましたねぇ・・・
惚れました
それと、
初めての出産ぐらいはやはり実家に帰るという選択肢はなかったのかと
私も思いっきり突っ込んでました

でも久々素敵なラブストーリー。待ってた甲斐がありました♪
まっつぁんこさんへ (yukarin)
2017-06-09 17:38:41
あんなボートで160キロは遠すぎますね、、、
よく無事で!
efuさんへ (yukarin)
2017-06-09 17:40:53
生みの親より育ての親とはよくいいますが...
生みの親が良い人だったのが余計に切なく。
マイケル・ファスベンダーだったら行くよね 笑
kiraさんへ (yukarin)
2017-06-09 17:43:42
こんばんは。
トムの奥さんへの愛にはグッときますよね。
しかしー 初めてのお産でよく両親がほっといたもんだーと思いました。一番のツッコミどころですよね 汗

コメントを投稿

★★★★」カテゴリの最新記事

9 トラックバック

『光をくれた人』 2017年5月11日 神楽座 (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『光をくれた人』 を試写会で鑑賞しました。 本日は早朝と夜で2本見た。 【ストーリー】  1918年、トム(マイケル・ファスベンダー)は戦争から帰還するものの、心は深く傷つい......
光をくれた人 (あーうぃ だにぇっと)
光をくれた人@アキバシアター
光をくれた人 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4.5点】(11) 女優二人の決死の演技が崇高な作品へと押し上げている。
光をくれた人 ★★★★ (パピとママ映画のblog)
「ブルーバレンタイン」「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命」のデレク・シアンフランス監督がマイケル・ファスベンダーとアリシア・ヴィカンダーを主演に迎え、M・L・ス......
光をくれた人  (to Heart)
上映時間 133分 製作国 アメリカ/オーストラリア/ニュージーランド 原作: M・L・ステッドマン『海を照らす光』(早川書房刊) 脚本:監督 デレク・シアンフランス 音楽 アレク......
光をくれた人 (風に吹かれて)
光を必要とする人たち 公式サイト http://hikariwokuretahito.com 原作: 海を照らす光 (M・L・ステッドマン/ハヤカワepi文庫)監督: デレク・シアンフランス  「ブル
『光をくれた人』('17初鑑賞55・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 5月27日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 15:50の回を鑑賞。
「光をくれた人」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Light Between Oceans」2016 UK/ニュージーランド/USA1918年、オーストラリア。トム・シェアボーンは戦争の英雄として帰国したが心に深い傷を負い、人生を拒むかのように絶海に浮かぶ......
光をくれた人 (こんな映画見ました~)
『光をくれた人』---THE LIGHT BETWEEN OCEANS---2016年(アメリカ/オーストラリア/ニュージーランド )監督: デレク・シアンフランス 出演: マイケル・ファスベンダー 、アリシア・ヴィ......