見出し画像

☆yukarinの映画鑑賞日記α☆

黄金のアデーレ 名画の帰還

【WOMAN IN GOLD】 2015/11/27公開 アメリカ/イギリス 109分
監督:サイモン・カーティス
出演:ヘレン・ミレン、ライアン・レイノルズ、ダニエル・ブリュール、ケイティ・ホームズ、タチアナ・マズラニー、マックス・アイアンズ

クリムトが描いた、一枚の肖像画。

幸せな記憶を封印したウィーンで、
私は<家族>を取り戻す――

Story:アメリカ在住の82歳のマリア・アルトマン(ヘレン・ミレン)は、グスタフ・クリムトが描いた伯母の肖像画で第2次世界大戦中ナチスに奪われた名画が、オーストリアにあることを知る。彼女は新米弁護士ランディ(ライアン・レイノルズ)の助けを借り、オーストリア政府に絵画の返還を求めて訴訟を起こす... (シネマトゥディより)


ナチスに奪われたクリムトの名画“黄金のアデーレ”の正当な持ち主である82歳の女性マリア・アルトマンが、新米弁護士ランドル・シェーンベルクとともにオーストリア政府を相手に返還訴訟を起こした実話を映画化した人間ドラマ。監督は『マリリン 7日間の恋』のサイモン・カーティス。

最近観た『ミケランジェロ・プロジェクト』もナチスに奪われた美術品を取り戻すお話でしたが、こちらもナチスによって奪われた名画のお話。もしやこの作品に合わせて公開時期を合わせたとか?? ミケのほうは淡々としてましたがこちらはエンタメ性もあって観やすく切なく感動できる作品になってました。

クリムトの描いた“アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 I ”は絵画に詳しくなくても知ってる超有名な肖像画ですよね。そんな肖像画にこんな悲しい経緯があったとは知りませんでした。物語は現代のマリアと過去のマリアとその家族が交互に描かれていました。

肖像画がマリアの手に戻ってくるまでは長い道のりで、当時82歳としては大変だったろうなと。でも間に合って良かった...。過去のシーンは幸せだった家族がナチスによるユダヤ人迫害で家族がバラバラになってしまったりとにかく前に進むしかなかったマリアの生きてきた姿に涙しました、、、。飛行機に乗るまでのシーンはわかっててもハラハラしたー。

マリアを演じたヘレン・ミレンがとても品があって本当に素敵でした。どんなファッションも似合っててたし、現在の元気なおばあちゃんな演技と過去のつらい日々を思い出す切ない演技との演じ分けもさすがでした。最後に映るマリア本人ともかなり似せてましたね。

弁護士を務めたランディははじめは新米で大丈夫か?と思ったけれども、訴訟を通していろいろ経験をしていくことで立派な弁護士に成長する物語にもなってましたね。ライアン・レイノルズの誠実な演技がとても良かったです。

ただ絵画の返還を求めるお話ではなくて、キャッチコピーにあるまさに“家族をとりもどす”お話でした。それにしても国を相手に家族を取り戻す....ってすごいお話。マリアも凄い家系だけれどもランディもすごい家系ですなぁ。

ナチスによって奪われた名画はまだまだ持ち主に返還されていないそう。少しでも早く持ち主のもとに戻りますように...。

★★★★.5
鑑賞日:2015/11/29

 

【早期購入特典あり】黄金のアデーレ 名画の帰還(非売品プレス付き) [DVD]
ヘレン・ミレン,ライアン・レイノルズ,ダニエル・ブリュール,ケイティ・ホームズ,タチアナ・マズラニー
ギャガ

 

【早期購入特典あり】黄金のアデーレ 名画の帰還(非売品プレス付き) [Blu-ray]
ヘレン・ミレン,ライアン・レイノルズ,ダニエル・ブリュール,ケイティ・ホームズ,タチアナ・マズラニー
ギャガ

 

黄金のアデーレ 名画の帰還 [DVD]
ヘレン・ミレン,ライアン・レイノルズ,ダニエル・ブリュール,ケイティ・ホームズ,タチアナ・マズラニー
ギャガ

 

黄金のアデーレ 名画の帰還 [Blu-ray]
ヘレン・ミレン,ライアン・レイノルズ,ダニエル・ブリュール,ケイティ・ホームズ,タチアナ・マズラニー
ギャガ

コメント一覧

Nakaji
やっぱり、ヘレン・ミレンは素敵だよねー!
クリムトの絵画の話をなんだよね!絵画もの好きだわ!!
ますます見たくなった!
まっつぁんこ
ノイエ・ギャラリー
http://77432090.at.webry.info/
この絵は日本では見られない。
N.Y.に行くしかない。
一度見てみたいものだと思いました。
ノルウェーまだ~む
取り戻した家族
http://nor-madame.at.webry.info/201511/article_6.html
yukrarinさん☆
ヘレンもライアンも見事な演技だったね~
素晴らしかった!!
国を相手取って家族を取り戻す感動的な物語と思ってみていただけに、売っちゃったのはなんともしっくりこない私でした。
せめて相続するまでは手元に置いてほしかったな。
えふ
http://peko.jugem.cc/
胸が痛む内容だったけど、
作品としては良かったよね。
ヘレンも粋なお婆ちゃんで~(笑

しかし、マリアもランディも凄い家系だよね(苦笑
オリーブリー
http://jdyk060911.blog93.fc2.com/blog-entry-1296.html
「ミケランジェロ~」で、マットが持ち主を見つけ、その家にはもう誰も戻ることがないと分かっていても、画を壁にかけるシーンがありましたけど、そういう返却したいという思いがあれば、こんなこともなかったのかもしれないな、と何となく思いました。

ジャスター
http://blog.livedoor.jp/juster1111/
当初はあまり関心なかったんですが、yukarinさんのこのブログ読んで見たくなり、さっき鑑賞してきました。久々に泣いちゃいましたw


マリアもランディも良い味だしてて、見ごたえありましたね!そして、黄金のアデーレについて詳しくしれて良かったです。
yukarin
Nakajiさんへ
ヘレン・ミレンはいいよねー
絵画が絡むおはなしは面白いね。
詳しくないけど映画で知識が増えていくのは楽しいわ。
yukarin
まっつぁんこさんへ
本当に!
N.Y.に行きたいですよー
映画や本とかじゃなくて実際の本物を見てみたいですよね!!
今の生活(ドームとかとか)では行けないですが^^;
yukarin
ノルウェーまだ~むさんへ
二人とも素晴らしい演技でしたね。
同じく私も最後は感動もの!と思ってました。
せっかく取り戻したのに売っちゃったのはえ~と思いますが、持ち主が納得した美術館に飾られてみんなが観ることができるのが一番なのかなと思います。
yukarin
えふさんへ
有名な絵画にそんないきさつがあったとは...
知らないで観るのとは違った感じ方ができそうですよね。観に行けないけど^^;
ヘレンはこういう粋なおばあちゃんが似合いますなぁ。
しっかし、マリアとランディ...びっくり家系だわ、、、
yukarin
オリーブリーさんへ
ミケランジェロのあのシーンは印象に残ってますね。
本当に....返却しようという気持ちがあればよかったのにと思いますね。
yukarin
ジャスターさんへ
あ、よかったです^^
ひとりでも多くの人に観ていただきたいですねー
ボー
感動作!
http://bojingles.blog3.fc2.com/
今年のマイベスト10には入ってくると断言!
いいドラマ観たなーと。よかったよかった。
yukarin
ボーさんへ
http://blog.goo.ne.jp/yukarin_51/
私も入ると思います。
観て良かったですよね!
名画にはドラマがあるんですね。
ふじき78
ヘレン・ミレンはREDだし、ライアン・レイノルズはデッドプールだから、実力行使で取り戻しに行った方が話が早いんじゃないかと。
yukarin
ふじき78さんへ
http://blog.goo.ne.jp/yukarin_51/
あーなるほど確かに 笑
気づきませんでしたわー
名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最近の「★★★★」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事